【プロが伝授】フリーランスエンジニアに30代未経験からなる方法とポイントを紹介

新型コロナウィルスの影響でテレワークを検討する人が増えています。

特にフリーランスのエンジニアはテレワークしやすく多くの方に注目されています。

フリーランスエンジニアは場所や時間にとらわれないため病気の感染や災害、交通トラブルといったリスクは少なる上に、時間を有効活用できるので子育てや介護との両立もできるでしょう。

また、未経験からフリーランスエンジニアを目指す人もいますが、未経験からでもフリーランスエンジニアになることは可能なのでしょうか?

特に30代で未経験ではフリーランスエンジニアとして活躍することは難しいのでは、と思う人も多いでしょう。

結論から言うと、エンジニアとしての実務経験が3年以下だとフリーランスとして働く事は難しいです。

そこでこの記事では、「エンジニアとしての実務経験が無い方が、30代からどのようなキャリアを踏めばフリーランスエンジニアになれるのか」という趣旨でご紹介します。

freelance

30代未経験からフリーランスエンジニアにはなれる?

結論から言うと、実務経験さえあれば30代未経験でもフリーランスエンジニアになることは十分に可能です。

正直に言うと、私自身フリーランスエンジニアの方を支援する企業で働いていますが、相談頂ければすぐにでも案件をご紹介できます。(実務経験3年以上)

なので、もしこの段階で実務経験がある方はぜひ弊社「ITプロパートナーズ」へご相談ください。

しかしながら、実務経験0の未経験エンジニアだと正直フリーランスで活躍するのは難しいです。

それでも30代未経験からでもフリーランスエンジニアになれる方法はあるので、これ以降ご紹介致します。

※これ以降は「フリーランス未経験者」へ向けた内容では無く、「エンジニアの実務経験が無い方でフリーランスを目指す方」向けの記事ですのでご留意ください

30代未経験からフリーランスエンジニアになるためには最短でどれくらいかかる?

30代未経験からフリーランスエンジニアになるためにはどのくらいの期間が必要でしょうか?

結論から言うと、クラウドソーシングなどを利用したフリーランスエンジニアであれば、6ヶ月程度で仕事を受注できるでしょう。

ただし、HTMLやCSSなどのマークアップ言語を使ったWeb制作のような比較的難易度の低い案件から始める事になります。

それらを滞りなくこなしていく事ができれば、RubyやPHPなどのWebアプリ言語を習得を前提に約3年程度の実務経験を経て一般企業でフリーランスとして常駐ができるレベルになるでしょう。

一方、業務システムの開発はハードルは高いです。
業務システムはチーム体制での開発が多く、テレワークを認めていないケースがほとんどで、少なくとも1度は正社員や派遣社員として現場を経験していおく必要があるでしょう

業務システムの開発でフリーランスエンジニアになるためには、最低でも実務経験3年の経験は必要だと心得てください。

30代未経験からフリーランスエンジニアになるための方法・手順

実際に30代未経験者がフリーランスエンジニアになるためにはどのような方法・手順を踏めばいいのでしょうか。

20代と違い、30代からのスタートは決して生易しいものではありません。
できるだけ無駄なく効率のよい手順で進めていきたいのものです。
そのための方法・手順について解説していきます。

  • 0.独学・スクールでプログラミングを学ぶ
  • 1.正社員・アルバイト・クラウドソーシングなどで仕事を請ける
  • 2.フリーランスエンジニアとしての独立手続きをする
  • 3.スキルシートを作成する
  • 4.フリーランスエンジニア専門のエージェントを経由して仕事を探す
  • 5.フリーランスエンジニアとして仕事をスタートさせる

0.独学・スクールでプログラミングを学ぶ

まずは独学でスキルを身につける事にトライしてみましょう。

今は「ドットインストール」「progate」のような安価で学習できるサイトもあります。
また、プログラミングに関する書籍は多数ありますので、自分に合った参考書を見つけることもできるでしょう。

しかし、独学は自制心が求められますので、忙しい人や自分に甘い人には難しいかもしれません。

そういう方には、プログラミングスクールに通うことをおすすめします。
現在、多くのプログラミングスクールがあり、社会人向けに夜間や週末のみでも受講できるコースや、オンラインで受講できるコースもあります。

もちろん、プログラミングスクールへ通うにはお金がかかりますが、短期でスキルを身に着けたい人や独学が苦手な人はぜひ、検討してください。

1.正社員・アルバイト・クラウドソーシングなどで仕事を請ける

独学やスクールでプログラミングを学んだら、実際にエンジニアとしての仕事をしてみましょう。

この時点では多くのお金をもらえることを期待してはいけません。
お金をもらってエンジニアとして仕事をする。という経験を体験しましょう。

正社員として転職してプログラミングをするのが効率がよいですが、様々な事情で
転職が難しい場合もあるかもしれません。
その場合は副業としてクラウドソーシングを利用して仕事を受注しましょう。

クラウドソーシングでは低単価の案件が多いですが、まずは経験を積むのが目的ですので
多くの仕事を受注して経験をつみながらスキルを磨いてください。

2.フリーランスエンジニアとしての独立手続きをする

エンジニアとして仕事の経験し、そろそろ独立しても大丈夫と自信がついてきたらフリーランスとして独立する手続きしましょう。
フリーランスで仕事をするためには「開業届」の提出が必要になります。

開業届けとは「個人事業の開業・廃業等届出書」が正式名称です。
個人が事業を始める際に税務署に提出して事業を開始する必要があります。

個人で事業を行う場合、所得に応じた税金を納める必要があります。
税務署に所得を報告する必要があるので、開業届は必ず出してください。

屋号で申請するか、株式会社にするのかは所得などによって異なってきます。
迷ったときは税理士に相談してみましょう。

(※ フリーランスエンジニアとして独立する前に必ず、フリーランスとして仕事を受ける事ができるかどうかを確認しましょう!)

3.スキルシートを作成する

独立の手続きができたらスキルシートを作成しましょう。

スキルシートとは、エンジニアとしての経歴をまとめた履歴書のようなものです。

クライアントははじめにエンジニアのスキルシートをチェックして仕事を発注するかどうかを判断しますので、フリーランスエンジニアにとってスキルシートはとても重要です。

どんなプロジェクトにかかわったのか、開発規模はどれくらいかなどできるだけ具体的に記述しましょう。

4.フリーランスエンジニア専門のエージェントを経由して仕事を探す

スキルシートが作成できたら、早速仕事を探しましょう。
フリーランスエンジニアが仕事を探すならフリーランスエンジニア専門のエージェントを利用することをおすすめします。

現在、多くのフリーランスエンジニア専門のエージェントがあります。
あなたの経歴や希望などをヒアリングしてくれて、おすすめの案件を紹介してくれます。

それぞれのエージェントによって扱っている案件が異なることも多いので、1つのエージェントにこだわらずに複数のエージェントに登録したほうが、仕事は早く見つけられるでしょう。

5.フリーランスエンジニアとして仕事をスタートさせる

エージェントから仕事を紹介して頂き無事に受注できたら、いよいよフリーランスエンジニアとしての仕事が始まります。

フリーランスエンジニアは技術も大切ですが、コミュニケーション力も大切です。

クライアントの求めるものを正しく理解しているか、進捗報告はまめにしているかなど連絡は密にとるようにしましょう。

30代未経験がプログラミングのスキルを学ぶ最適な方法

フリーランスエンジニアとして30代未経験者が独立する方法・手順についてはご理解頂けたでしょうか。

ここでは、30代未経験者がプログラミングスキルを学ぶためにはどうしたらいいか。その方法について解説していきます。

  • プログラミング学習サイト「progate」で勉強する
  • プログラミング動画サービス「Udemy」で学ぶ
  • 実際にWebアプリを開発してみよう

プログラミング学習サイト「progate」で勉強する

プログラミングの勉強の第一歩は、学習サイトを利用することをおすすめします。

特に「progate」はおすすめです。

アニメーションや動画をふんだんに利用し、初心者でも学びやすいように工夫されています。
学習を進めるとレベルアップするシステムになっておりモチベーションを継続しやすいと思います。
progateである程度学んだら、よりレベルの高い学習サイトなどを利用していきましょう。

プログラミング動画サービス「Udemy」で学ぶ

プログラミングの動画学習サイトや書籍で学ぶことも有効です。

プログラミング動画学習サービスは、「Udemy」がおすすめです。
有料になりますが、コースごとに動画を購入し視聴することができます。
動画であればスマホを利用してすきま時間を利用できるので、忙しい社会人には特におすすめです。

また、書籍での学習はより深い知識を得ることができますが、プログラミング関連の書籍は比較的高額であり、読みづらいケースもありますので合わない方は無理に書籍で学習しなくてもよいかもしれません。

実際にWebアプリを開発してみよう

ある程度プログラミングの学習が進んだら、実際にWebアプリを開発してみましょう。

Webアプリの開発は何よりもスキルがつきます。とはいえ、初心者がゼロからアプリを作るのはハードルが高いので、まずはアプリのデモ作成からはじめましょう。

「Ruby on Rails チュートリアル」というサイトでは効率よくアプリの実装ができますので、Rubyで開発する人はぜひお試しください。

>>>「Ruby on Rails チュートリアル

30代未経験からフリーランスエンジニアになった際の年収は?

30代未経験からフリーランスエンジニアになった人の年収ですが、結論からいうと
言語や経験によって大きく変わりますが、エージェント経由(実務経験3年以上)で案件を獲得した場合には600万円〜1,000万円程度でしょう。

また、実務経験3年以下でクラウドソーシング等で簡単な案件を受ける場合には〜250万円程度になってしまう可能性もあります。

このトピックでは、もう少し詳しくフリーランスエンジニアの年収を経験年数ごとに説明していきます。

  • エンジニア実務経験1年程度
  • エンジニア実務経験3〜5年程度
  • エンジニア実務経験3〜5年程度

エンジニア実務経験経験1年程度

経験1年程度では多くの収入は望めません。
当然、フリーランスのエージェント経由で仕事を貰う事も難しいため、クラウドソーシング等で簡単な案件を受注する事になります。

この時期は働きながらスキルを高めていく時期だと割り切って、実績を積んでいきましょう。

年収は250万円〜400万円程度になります。

エンジニア実務経験3〜5年程度

経験が3~5年のフリーランスエンジニアは、クライアントからみたらかなりの生産性が期待されます。

スキルも充実し言語以外のツールや開発感覚も身に着けているでしょうから、それなりの収入が期待できます。
現場や言語にもよりますが、600~800万円程度は見込んで問題無いでしょう。

エンジニア実務経験5年以上

エンジニア経験が5年以上であれば人にもよりますが、800万円〜1,000万円以上の年収も見込めます。

経験が5年以上になるとプレイヤーとしてだけでなく、マネージメント能力も期待されることも少なくありません。

また、ある業種に特化した知識があればさらに高額な年収も期待できるので、得意分野は積極的に伸ばしていくとよいでしょう。

30代未経験からフリーランスエンジニアになる際の注意点

30代未経験からフリーランスエンジニアになることは、厳しい現実もあります。

20代からエンジニアをしている人にはどうしても経験としてのハンディがありますし、習得スピードも遅くなってしまうかもしれません。

30代未経験から始めてもフリーランスエンジニアになることは可能ですが、注意したい点がいくつかありますので、紹介していきます。

  • フリーランスは即戦力!教育をしてもらえる事はほとんどない
  • 未経験からフリーランスになるためには言語の選び方が重要
  • フリーランスの仕事内容を理解して自分に合うか吟味しよう

フリーランスは即戦力!教育をしてもらえる事はほとんどない

エンジニアに限らず、フリーランスで仕事をすることは、即戦力を期待されます。
クライアントが教育してくれることはほとんどありません。
そのため、クライアントに納得してもらう仕事ができないと次回以降に仕事をもらえない、あるいは途中で契約解除、ということもあります。

また、仕事を教えてくれる上司や仲間がそばにいません。
請け負った仕事は自分の力で完成されなければならない、という厳しさがあります。

未経験からフリーランスになるためには言語の選び方が重要

未経験からフリーランスエンジニアになるためにはどの言語を勉強するか、ということが重要です。

ニーズのない言語をいくら勉強しても仕事がなければ意味がありません。
なるべく多くの案件が出回っている言語を勉強するようにしましょう。

おすすめはPHPやRubyです。習得も比較的容易で、WEB制作でよく使用されるので、テレワーク可能な案件も多数あります。

フリーランスの仕事内容を理解して自分に合うか吟味しよう

受注する仕事は内容をよく確認して、吟味してから受注してください。

フリーランスエンジニアは自分が受注する仕事を選ぶことできます。
単価の高い案件もありますが、無理な要求をしている案件も多数あります。
金額など条件だけでなく自分が得意か、キャリアとしてプラスになるか等も考慮して
仕事を受けるようにしましょう。

まとめ:30代未経験からフリーランスエンジニアを目指してみよう!

30代未経験者がフリーランスエンジニアになる方法について解説してきました。

働き方の多様化はこれからも進んでいき、フリーランスという働き方がより一般的になるでしょう。
会社に頼った生き方ではなく「個」のスキルや能力が求められる時代になっています。
スキルがあればフリーランスエンジニアは収入アップもプライベートの時間も手に入れることができます。

この記事を参考にぜひ、フリーランスエンジニアという生き方を勝ち取ってください。

bn04

もし、今あなたが

・フリーランスになるか悩んでる
・自分に合った案件があるのか不安
・そもそも何から始めればいいのか分からない

などお困りであれば、ぜひ弊社ITプロパートナーズのサポート内容を確認してみてください!

登録後、専属エージェントに無料相談もできますよ!

※週2日 / 30万〜のフリーランス案件を紹介中です
※ご経験やご希望によっては案件を紹介できない場合がございますのでご了承ください。


よく見られてる関連案件

b80c977483d024c14549510e194361fe 2_anken 3_anken
The following two tabs change content below.
株式会社ITプロパートナーズ

株式会社ITプロパートナーズ

「IT起業家・フリーランスの自立を支える」というビジョンの元、「週2日からの業務委託案件を紹介する、ITプロパートナーズ」を運営。 ■BestVenture100に創業初年度で選出 ■取材記事:自立する覚悟が、働き方を変える
freelance