フリーランスデザイナーにおすすめのエージェント7選【比較表付き】

freelance

こんにちは、ITプロパートナーズ編集部です。

デザイナー案件を獲得する為、フリーランスエージェントの利用を検討している人もいるでしょう。初めてサービスを利用する人では、自分にあったエージェント選びに悩んでしまうものです。

デザイナー向けのフリーランスエージェントは多くあります。しかし、その中から1つのサービスに絞るのはおすすめしません。複数のサービスに登録し、案件の幅を広げるのが上手な方法です。

そこでこの記事では、フリーランスデザイナーが登録すべきおすすめエージェント7選を紹介します。エージェントの選び方や利用するメリット・デメリットも解説するので参考にしてください。

弊社では、数多くの方にフリーランス案件を獲得していただいています。経験とスキルさえあれば、週2日から高収入案件をご紹介できます。まずは無料登録をして色々な案件をみて見てください。弊社からおすすめの案件をご紹介することも可能です。

デザイナーがフリーランスエージェントを選ぶポイント

まず大前提として、フリーランスエージェントは複数のサービスに登録するのが基本です。各サービスはそれぞれ非公開の案件を取り扱っているので、複数のサービスに登録すれば自分にあった案件を見つけられる可能性が高まります。

ただ、フリーランスエージェントの種類は多いため、サービス選びが難しいと感じる人も多いかもしれません。フリーランスエージェントは、以下の4つのポイントを意識して選びましょう。

  • 案件の種類
  • 案件の単価
  • 募集エリア
  • サポート・福利厚生

扱う案件の種類

デザイナー案件にはWeb案件やグラフィック案件などさまざまな種類があるので、自分の職種にあわせて選ぶのがポイントです。

フリーランスエージェントによって、得意とする案件の領域や分野は異なります。自分が得意とする案件が少ないサービスだけに登録するのは効率的ではありません。そのため、各エージェントでどのような案件を取り扱っているのか事前に確認しておくことが大切です。

案件の単価

フリーランスエージェントは、同じような仕事内容でも案件の単価が異なることがあります。自分の希望単価を設定し、その条件にあった案件が募集されているか確認しましょう。

フリーランスエージェントによって、クライアントの種類も異なります。例えば、大企業の高単価案件を得意としているサービスもあります。

自分の希望単価を設定しておけば、フリーランスエージェント選びの基準にできます。

募集エリア

フリーランスエージェントによって募集エリアが異なるケースもあります。サービスを選ぶときは、自分が住んでいるエリア内で案件が募集されているかチェックするのもポイントです。

どのサービスも案件の募集地域は首都圏が中心で、地方の案件は多くありません。ただ、フリーランスエージェントはリモート案件の取り扱いが多いのも特徴です。リモート案件の有無や取り扱い件数などでサービスを選ぶ方法もあります。

サポート・福利厚生

フリーランスエージェントによっては、フリーランスへのサポートや福利厚生が充実したサービスもあります。フリーランスは税金面や健康管理など不安になりがちな要素が多いため、安心して働ける環境が整備されているサービスを選ぶのも重要です。

例えば、確定申告に役立つ会計ソフトや税理士・弁護士への無料相談、スキルアップサポート、健康診断などを提供しているサービスがあります。エージェントによってサポート内容は異なるので、自分が必要とする内容から選ぶのも一つの方法です。

デザイナーにおすすめのフリーランスエージェント7選【比較表付き】

まずはオススメのフリーランスデザイナー向けエージェントの比較表を作成しました。

名前 案件の数 単価相場 サポート 特徴
ITプロパートナーズ
週2〜3日の案件多数
Midworks
手厚いサポート体制
レバテッククリエイター
関連サービス多数で案件豊富
クラウドテック
高単価案件が多数
DYMテック
転職サポートあり
Workship
報酬先払いなどサポート多数
ギークスジョブ
リモート案件が豊富

スマの方は表を横にスクロールできます。

ここからはそれぞれ対象職種や案件例などを詳しく紹介するので、エージェント選びの参考にしてください。

1.ITプロパートナーズ

ITプロパートナーズ
運営会社株式会社Hajimari
対象職種デザイナー
エンジニア
マーケター
プロデューサー
広報
サポート内容案件紹介
確定申告代行
小規模企業共済
損害保険及び各種生命保険相談
保険関係トラブル無料相談
弁護士保険
税理士による確定申告無料相談
対象エリア全国
手数料非公開
案件例UI、UX改善:50万円/月
デザイン・コーティング:80万円/月

弊社ITプロパートナーズは、リモート案件を豊富に取り扱っています。ほとんどの案件がエンド直なので、高単価であることも特徴です。

案件例を紹介するので、参考にしてください。

Webデザイナーの案件で、UI、UX改善がメインです。

  • 週稼働日数:3日
  • 想定月収:50万円

マーケターとエンジニアと3名のチームでプロジェクトに取り組む案件です。多少のコーディング作業も必要になります。

WEBデザイン・コーディングの案件です。

  • 週稼働日数:5日
  • 想定月収:80万円

フルリモートで受けられる案件なので、エリアを選ばず対応できます。CMSの実務経験が条件の案件です。

弊社では数多くのフリーランス案件を紹介しています。どのような種類のデザイナー案件があるか気になる方は、ぜひご相談ください。

2.Midworks

引用元: Midworks
Midworks
運営会社株式会社 Branding Engineer
対象職種デザイナー
エンジニア
ディレクター
サポート内容案件紹介
リロクラブの福利厚生
給与保障制度(審査あり)
保険代理店の紹介
会計ソフトの無料提供
など
対象エリア関東・関西
手数料非公開
案件例Webサイトの改修:45万円/150〜200h

Midworksは、正社員並みの保障が受けられるのが特徴です。保険代理店の紹介など、フリーランスにとって魅力的なサポートが用意されています。また、案件が途切れたときの給与保障制度(審査あり)もあるので安心です。

Midworks(ミッドワークス)の評判は?リアルな口コミや体験談を公開

3.レバテッククリエイター

レバテッククリエイター
運営会社レバテック株式会社
対象職種Webデザイナー
グラフィックデザイナー
イラストレーター
ディレクター
など
サポート内容案件紹介
キャリア相談
福利厚生
対象エリア関東・関西
手数料非公開
案件例UIデザイン:50万円/月

レバテッククリエイターは、多くの案件を扱っているのが特徴です。またレバテックフリーランスなど関連サービスを多く展開しているので、豊富な種類の案件から選ぶこともできます。

4.クラウドテック

クラウドテック
運営会社株式会社クラウドワークス
対象職種デザイナー
エンジニア
マーケター
ライター
サポート内容案件紹介
福利厚生
ベビーシッター
対象エリア全国
手数料非公開
案件例ディレクション・デザイン:96万円/月

クラウドテックは、高単価案件を多く取り扱っているのが特徴です。100万円/月のデザイナー案件もあるので、スキルに自信があるなら正社員よりも稼げる可能性が高いです。

クラウドテックの評判は?体験談・口コミや案件の特徴と活用ポイント

5.DYMテック

引用元:DYMテック
DYMテック
運営会社株式会社DYM
対象職種デザイナー
エンジニア
マーケター
ディレクター
サポート内容案件紹介
転職サポート
対象エリア関東
手数料非公開
案件例70〜120万円/月

大企業からスタートアップまでさまざまな企業の豊富な案件を受けられるのが特徴です。

また、DYMテックは正社員への転職サポートにも対応しています。定職に就きたいフリーランスの方にもおすすめです。

6.Workship

引用元:Workship
Workship
運営会社株式会社GIG
対象職種デザイナー
エンジニア
ディレクター
など
サポート内容案件紹介
報酬の先払い
賠償責任保険
福利厚生
対象エリア関東・関西など
手数料非公開
案件例バナーデザイン:2,000円/h

報酬の先払いや賠償責任保険の無料付帯、充実した福利厚生などサポートが手厚いのが特徴です。

ただ、2018年にサービスを開始した新しいエージェントなので、案件数が少ない傾向があります。ほかのエージェントと併用しつつ利用することをおすすめします。

7.ギークスジョブ

ギークスジョブ
運営会社ギークス株式会社
対象職種デザイナー
エンジニア
ディレクター
サポート内容案件紹介
フリノベ(福利厚生)
対象エリア関東・関西・中部・九州
手数料非公開
案件例UIデザイン:45〜65万円/月

ギークスジョブは、経験豊富なアドバイザーから自分にあった案件を紹介してくれます。

案件の80%以上がリモート案件なので、自分のペースで始められるのも魅力です。オンライン学習も受けられるので、案件をこなしつつスキルや知識を身につけることもできます。

デザイナーがフリーランスエージェントを活用するメリット・デメリット

デザイナーがフリーランスエージェントを活用することには多くのメリットがあります。またデメリットもあるため把握しておくことが大切です。メリット・デメリットそれぞれ紹介するので、参考にしてください。

デザイナーがフリーランスエージェントを活用するメリット

デザイナーがフリーランスエージェントを活用するメリットは以下3点です。

  • 高単価案件を獲得できる
  • 本業に集中できる
  • 収入が安定しやすい

自分では探し出せないような高単価案件も仲介してくれるので、収入が安定しやすいのがメリットです。営業活動が不要なので、本業に集中しながら仕事を受けられます。

デザイナーがフリーランスエージェントを活用するデメリット

デザイナーがフリーランスエージェントを活用するデメリットは以下の2点です。

  • 契約まで時間がかかる
  • 仲介手数料が発生する

フリーランスエージェントの登録は公式サイトから無料でおこなえます。しかし、案件の契約までには時間がかかるのが一般的です。ポートフォリオやスキルシート、職歴書などの提出、アドバイザーとの面談が必要です。

また仲介手数料が発生するため、企業から直接案件を受けるより報酬が低くなるのもデメリットです。

ただ、自分で営業して案件を受けるのは簡単なことではありません。ある程度の経験や実績、人脈などが必要です。本来必要な営業活動を代行してくれ、さまざまなサポートを受けられるメリットを考えれば手数料のデメリットをカバーできるでしょう。

駆け出しフリーランスデザイナーはクラウドソーシングサイトの登録もおすすめ

フリーランスエージェントではありませんが、クラウドソーシングでもデザイナー案件を多く取り扱っています。おすすめは以下2つのサービスです。

  • ランサーズ
  • クラウドワークス

フリーランス駆け出しの際に利用でき、単発案件をこなせば継続案件も舞い込んでくる可能性もあるため実績づくりに活用できます。

ランサーズ

引用元:ランサーズ

ランサーズは単発の案件も多いので、副業から始めて実績や経験を積めます。

ランサーズは、案件を探す以外にもフリーランスに特化したサービスがあるのも特徴です。大企業の正社員も利用している福利厚生プログラム「Lancers クラブオフ」、税務サポートなど、手厚いサポートを受けられます。

ランサーズの評判はどう?口コミや手数料・副業体験談まで徹底調査

クラウドワークス

クラウドワークスに掲載されている案件のほとんどは在宅ワークです。本業を抱えていても、自分のペースで案件を受けられます。

フリーランスになりたての時期でも受けられる初心者向け案件も取り扱っているので、実績づくりにも活用できます。

クラウドワークスの評判って実際どう?リアルな口コミや体験談を公開

まとめ

デザイナーのフリーランスエージェントの選び方やおすすめのフリーランスエージェントを中心に解説しました。

デザイナーのフリーランスエージェントを利用することで高単価案件を獲得できる可能性がありますが、ある程度のスキルや知識、経験などが求められます。エージェントによっては経験などによって案件を受けられないケースもあるので、エージェントは1つに絞らずに複数のサービスに登録するのがポイントです。

ITプロパートナーズは、週2日からのデザイナー案件も多数取り扱っています。フリーランスデザイナーとしての経験を積みたい方、高単価案件を獲得したい方はぜひ活用してください。

フリーランスの方でこのようなお悩みありませんか?
  • 高額案件を定期的に紹介してもらいたい
  • 週2日、リモートワークなど自由な働き方をしてみたい
  • 面倒な契約周りはまかせて仕事に集中したい

そのような方はぜひ、ITプロパートナーズをご利用ください!

フリーランスの方に代わって高額案件を獲得
週2日、リモートなど自由な働き方ができる案件多数
専属エージェントが契約や請求をトータルサポート

まずは会員登録をして案件をチェック!