Laravelのフリーランス案件の特徴は?単価や求人例、将来性を解説

こんにちは、ITプロパートナーズ編集部です。

Laravelは、Web開発の現場で広く活用されています。Web業界に関わるエンジニアなら、触れたことがある人も多いでしょう。Laravelはフリーランス案件も多く、なかには高単価な案件もあります。独立を目指すLaravelエンジニアの人は、案件の特徴や単価相場が気になるポイントではないでしょうか。

そこで本記事では、Laravelのフリーランス案件について詳しく解説します。実際の案件例や単価相場、高単価の案件を獲得する方法などを紹介しているので、ぜひチェックしてみてください。

弊社では、数多くのエンジニアの方にフリーランス案件を獲得していただいています。経験とスキルさえあれば、週2日から高収入案件をご紹介できます。まずは無料登録をして色々な案件をみて見てください。弊社からおすすめの案件をご紹介することも可能です。

働き方の自由度を高めませんか?
  • 複業/フリーランスで月収80万以上を稼ぐ
  • 週2日、週10時間から働ける
  • フルリモートはもちろん柔軟な稼働時間
  • PM,PdMなど上流案件も多数

自分の強み×週1日〜フルタイム×リモート・フルリモートなど、働き方をカスタマイズして案件を探したい方へ

約6割が週1-3日案件のグラフ

そもそもLaravelとは?

Laravelは、プログラミング言語であるPHPのフレームワークです。2011年に公開されたLaravelはPHPフレームワークとしては比較的新しいものですが、世界中で広く活用されています。

Laravelは、次の3つの特徴を持っています。

  • Web開発に必要な機能をほぼ備えている
  • MVCもモデルが採用されている
  • 周辺ツールで開発環境を簡単に行える

上記3つの特徴について、以下で詳しくみていきましょう。

Web開発に必要な機能をほぼ揃えている

Laravelは、Web開発に必要な機能をほぼ備えているのが特徴です。このようなフレームワークを「フルスタックフレームワーク」といい、幅広い機能が利用できるというメリットがあります。

Laravelは、PHPでWeb開発を行う際によく利用されるデータベース連携や認証処理の自動化など、多くの機能があらかじめ備わっています。

MVCモデルが採用されている

Laravelには、MVCモデルが採用されています。MVCモデルとは、アプリケーションの処理を「モデル」「ビュー」「コントローラー」の3つにそれぞれ役割を分散させた設計のことです。これらはそれぞれ、以下の役割を担っています。

  • モデル:データベースとデータをやりとりする
  • ビュー:HTMLを動的に生成して画面を表示する
  • コントローラー:モデルとビューに指示を出して制御する

このように機能を独立させることで、開発や変更が効率的に行える点や、バグやトラブルが発生しても他の機能への影響が少ないことなどがメリットです。機能ごとにコードが整理されているので、保守や動作確認もしやすくなります。

周辺ツールで開発環境を簡単に行える

Laravelは、周辺ツールが充実しているのも特徴のひとつです。例えば、Laravelの開発環境を簡単に構築できる「Homestead」や「Vagrant」などがよく利用されています。そのほか、ライブラリ管理のための「Composer」やデバッグツールの「Laravel Telescope」など、Laravelの公式ツールも含め多くの周辺ツールが提供されているため、開発の際に便利です。

フリーランスLaravel案件の特徴

Laravelを使った開発スキルがある場合、フリーランス案件を受注したいと思う人もいるでしょう。フリーランスLaravel案件には、次の特徴があります。

  • 自社開発が多い
  • Webシステム開発案件が多い
  • 在宅案件も多い

それぞれの特徴について、以下で詳しく解説します。

自社開発が多い

Laravel案件はSIerのような受託開発だけでなく、自社開発の案件も多くあります。発注者の都合に合わせなければならない受託開発と比べて、自社開発は働き方の自由度が比較的高いのが特徴です。そのため、ワークライフバランスを充実させたい人などは、Laravelの自社開発案件なら求める働き方ができるでしょう。

Webシステム開発案件が多い

LaravelはWebシステム開発によく活用されています。具体的な案件内容として、以下のようなWebサービスの開発案件が挙げられます。

  • Webメディア
  • 予約サイト
  • 口コミサイト
  • 転職サイト
  • ECサイト など

BtoBサービスの開発案件もありますが、上記のようなBtoCサービスの開発案件が多い傾向にあります。

在宅案件も多い

Laravelのフリーランス案件は、在宅で対応できるものも多いです。例えば、フリーランスエージェントの弊社ITプロパートナーズでは、リモート可能なLaravel案件が227件ヒットしました。Laravel案件全体は370件となっているため、半数以上がリモート可能であることがわかります。(2022年4月時点)

Laravelは2011年に登場した比較的新しいフレームワークで、歴史の長い企業よりもベンチャー企業やスタートアップ企業などで多く採用されている傾向にあります。これらの企業は、在宅勤務やフレックスタイム制度などを導入しているケースも多いです。柔軟な働き方をしたい人は、ベンチャー企業やスタートアップ企業の自社開発案件を探してみてください。

フリーランスLaravel案件の経験年数別の単価相場

フリーランスLaravel案件は、経験年数によって単価相場が異なります。以下は、フリーランススタートが調査した経験年数ごとの単価相場です。

・Laravel経験1年未満:35万円前後 (年収420万円)
・Laravel経験1年~2年:42万円前後 (年収504万円)
・Laravel経験2年~3年:60万円前後 (年収714万円)
・Laravel経験3年~5年:70万円前後 (年収840万円)
・Laravel経験5年以上:84万円前後 (年収1008万円)

引用:フリーランススタート

当然ながら、経験年数が長くなるほど単価相場は上がっていきます。ただし、こちらはあくまでも目安です。例えば経験年数が短くても十分なスキルがあれば、高単価案件を獲得できる可能性はあります。

フリーランスエンジニアとして高単価案件を獲得する為のポイントは以下の記事でまとめているので、併せて参考にしてください。

フリーランスエンジニアとして案件を獲得・継続できる人の6つの特徴

フリーランスLaravelエンジニアの案件例

ここでは、実際のフリーランスLaravel案件をみていきましょう。紹介するのは、いずれも弊社ITプロパートナーズに掲載されている案件です。

「週2日・3日」「リモートOK」「客先常駐」の3つの案件を紹介するので、内容や単価をチェックしてみてください。

週2日・3日の案件例

こちらは、新規Webサービスの開発案件です。週2日勤務で想定月収は30万円と、少ない稼働でも十分な報酬が得られます。LaravelによるWebアプリの開発経験が必須の案件で、少人数での開発経験があれば尚良しとされています。一からサービスを立ち上げた経験のある人におすすめの案件です。

リモートOKの案件例

こちらは、自社サービスの機能設計・実装を行う案件です。週3日勤務と稼働日が少なめなうえにフルリモート可能なので、柔軟に働きたい人におすすめです。想定月収は40万円で、Laravelでの開発経験が2年以上あることが条件となっています。

客先常駐の案件例

こちらの案件では、自社サービスの管理システムの開発チームでデータベース周辺の設計や整備ができるLaravelエンジニアを募集しています。週3日勤務で、想定月収は50万円です。AWS環境で構築しており、データベースはAmazon Auroraを使用しているため、これらのスキルも求められます。

なお、PHP全般のフリーランス案件については以下で紹介しているので、あわせてチェックしてみてください。

2022年最新!PHPフリーランス案件の種類や動向・単価相場を解説

フリーランスLaravelエンジニアに必要なスキル

フリーランスLaravelエンジニアとして活動するなら、以下のスキルを習得しておきましょう。

  • Laravelの基本スキル・開発経験
  • コミュニケーションスキル
  • 自己管理力

それぞれのスキルについて、以下で詳しくみていきましょう。

Laravelの基本スキル・開発経験

フリーランスLaravelエンジニアとして案件を受注するためには、Laravelの基本スキルは必須です。PHPを使いこなせたとしても、フレームワークを使った開発ができなければLaravelの案件には対応できません。

実務経験が求められる案件も多いため、Laravelでの開発経験も必要です。ただし、Laravelは学習のための書籍やサイトが充実しており、特有のルールが比較的少ないため、習得しやすいという特徴があります。そのため、他のフレームワークの実務経験があれば、Laravelでの開発経験がなくても受注できる案件も多いです。

コミュニケーションスキル

Webシステムの開発は基本的にチームで行うため、コミュニケーションスキルも必要とされます。複数のエンジニアで分担して作業を進めるため、周囲とペースを合わせてひとつのシステムを構築することに慣れておくことが大切です。

また、フリーランスエンジニアの場合は、開発だけでなく営業や単価交渉なども自身で行わなければなりません。クライアントとスムーズにやりとりし、案件を獲得するためにもコミュニケーションスキルは重要です。

自己管理力

自己管理力も、フリーランスエンジニアにとって身につけておくべきスキルのひとつです。特に在宅案件の場合は一人で仕事をすることになるため、自分で自分を管理して仕事に取り組まなければ、作業が遅れて開発チームのメンバーやクライアントに迷惑をかけてしまうかもしれません。

また、休みなく働き続けて体調を崩してしまうおそれもあるので、メリハリをつけて働くことや、作業量を考えて案件を受注することなども大切です。フリーランスエンジニアとして働くなら、タスクやスケジュールを自分でしっかり管理しなければなりません。

フリーランスLaravelエンジニアの案件獲得方法

フリーランスLaravelエンジニアが案件を獲得する方法として、以下のようなものがあります。

  • フリーランスエージェントを活用する
  • クラウドソーシングサイトで仕事を探す
  • 知人・友人から紹介してもらう
  • SNS経由で仕事を探す など

スキルや実務経験があって高単価な案件を獲得したいなら、フリーランスエージェントの活用がおすすめです。ITプロパートナーズでも、Laravel案件も多く取り扱っています。

会員登録いただくことで専属エージェントが、スキルや希望にあった案件をご紹介します。週2〜3日から働ける案件も取り扱っており、「まずは副業から始めたい」「掛け持ちできる案件を探している」といった人にもおすすめなので、ぜひ活用してみてください。

高単価のフリーランスLaravel案件を獲得するためのポイント

高単価なフリーランスLaravel案件を獲得したいなら、以下のポイントを意識しましょう。

  • 上流工程の経験を積む
  • データベースのスキル
  • フロント周りの技術を習得する
  • 他のPHPフレームワークを習得する
  • AWSの知識とスキルを身につける

それぞれのポイントについて、以下で解説します。

上流工程の経験を積む

Laravel案件に限らず、システム開発のフリーランス案件は上流工程に関わるほど高単価な傾向にあります。そのため、高単価な案件の獲得を目指すなら、上流工程を担当できるようにマネジメント経験を積みましょう。

先述のとおり、Webシステムの開発は基本的にチームで行います。チームを統括できるマネジメントスキルのあるエンジニアは、クライアントから重宝されるでしょう。

データベースのスキル

データベースを使用しないWebシステムはほとんどなく、Laravelエンジニアにとってデータベースの知識は必須ともいえます。PHPは特にMySQLとの相性が良いため、MySQLを扱えるようになっておくと良いでしょう。

データベースのスキルを習得しておくことで対応できる案件の幅が広がり、高単価案件の獲得が目指せます。

フロント周りの技術を習得する

より幅広い案件に対応できるようになるには、HTMLやCSS、JavaScriptといったフロント周りの技術を身につけるのもおすすめです。バックエンドとフロントエンドの両方に対応できるLaravelエンジニアは重宝されます。フロント周りは新しい技術が登場するスピードが速いため、最新のトレンドを常にチェックしておきましょう。

他のPHPフレームワークを習得する

LaravelとほかのPHPフレームワークを併用して開発する案件もあるため、複数のフレームワークに対応できると受注できる案件の幅が広がります。CakePHPやFuelPHPと組み合わせたLaravel案件も見受けられるので、Laravelを習得したらこれらのPHPフレームワークの習得も目指してみてください。

AWSの知識とスキルを身につける

近年はクラウド上でサーバーを構築する企業が増えており、AWS上で開発するLaravel案件も少なくありません。AWSの知識とスキルがあれば、Laravelエンジニアとしてのステップアップにつながります。

今後さらにクラウドの利用が進むと考えられるため、フリーランスエンジニアとして長く活動していくためにも、AWSをはじめとするクラウド上での開発スキルを習得しておくことをおすすめします。

未経験からフリーランスLaravel案件を獲得するには?

CakePHPなどほかのPHPフレームワークを使った経験があれば、Laravelの使用経験がなくても案件を獲得できる可能性があります。Laravelは特有のルールが少なく、ほかのフレームワークの経験があれば比較的簡単に習得できるためです。

ほかのフレームワークも使ったことがないなど、完全に未経験でLaravel案件を獲得するのは難しいです。完全に未経験の人は、まずはPHPの習得を目指しましょう。そして実務経験を積んでから、フリーランス案件の獲得を目指してください。

Laravelの副業で稼ぐには?案件獲得方法やフリーランス求人を紹介

フリーランスLaravelエンジニアの将来性

フリーランスLaravelエンジニアの需要は、今後も続くでしょう。W3Techsの調査からPHPの市場シェアが過去10年間80%付近と安定して高い水準を維持していることがわかります(2022年時点)。

Laravelは、PHPフレームワークのなかで最も人気の高いフレームワークです。そのため、Laravelは今後も多くの開発現場で使用されることが予想され、フリーランスLaravelエンジニアの将来性も高いといえます。

まとめ

LaravelはPHPフレームワークのひとつで、多くのWeb開発の現場で活用されています。今後もLaravelの人気は続くと予想され、在宅可能な案件もあるため、フリーランスLaravelエンジニアを目指してみてはいかがでしょうか。

Laravel自体の経験がなくても、ほかのPHPフレームワークのスキルがあれば受注できる案件もあります。また、Laravelは比較的習得しやすいフレームワークのため、PHPやほかのフレームワークの知識がある人は、Laravelにもぜひチャレンジしてみてください。

フリーランスの方でこのようなお悩みありませんか?
  • 高額案件を定期的に紹介してもらいたい
  • 週2日、リモートワークなど自由な働き方をしてみたい
  • 面倒な契約周りはまかせて仕事に集中したい

そのような方はぜひ、ITプロパートナーズをご利用ください!

フリーランスの方に代わって高額案件を獲得
週2日、リモートなど自由な働き方ができる案件多数
専属エージェントが契約や請求をトータルサポート

まずは会員登録をして案件をチェック!

この記事を書いた人
ITプロパートナーズ編集部
ITプロパートナーズはITフリーランスの方に案件紹介をしているエージェントです。当メディア「アトオシ」では、フリーランスの働き方から仕事探しまで幅広い情報を日々発信しています。