プログラマーの年収をあげる方法を徹底分析!

こんにちは!
ITエンジニア・webディレクター・webデザイナーなどのIT人材の自立・キャリアを支援するITプロパートナーズの木村です。
弊社では、独立精神旺盛な優秀なエンジニアの方々の独立・起業サポートや、フリーランス支援を行っています。

こちらでは、日々の現場でサポートさせていただいている中での、プロの目線で、エンジニアに役立つお話をしてまいります。

さて、常に日々変化していくIT業界、その中でも最前線で活躍するのがプログラマーです。

少し前までは過酷な労働環境、そして年収の低さなどが大きく取り上げられ注目されました。

しかし、最近ではプログラマーの需要の高さに反して人材が不足する企業が多く、そのおかげもあり労働環境はかなり改善されてきています。

今回は、プログラマの年収について細かく分析しました!

早速、見ていきましょう。

freelance

普通のプログラマーの平均年収って?

shutterstock_366750500

プログラマーの年収は、ITエンジニア業界の方が一般企業の営業職よりも高くもらえるようになったといわれ流くらいまでになりました。

プログラマーの平均年収は一般的に「350万円~500万円前後」といわれており、一見すると他業種とあまり差はないように思えます。

しかし、プログラマーの場合はプロジェクトの内容や使えるプログラミング言語により大きく年収が変わってくる職業です。

極端にいってしまえば、残業代が出るか出ないかだけでも給与に大きな違いがあります。

また、会社員プログラマーの場合に注目したいポイントがあるのをご存知でしょうか?

会社が自社開発を行っているか否か

自社開発したソフトウェアがある場合、さらに優秀なソフトウェアを作るために優秀な人材を企業は集めようとします。

優秀な人材を集めるには、必然的に給与を高くする必要があるため年収は自然と高くなっていきます。

他にも、大規模なシステムを受注している企業なども年収が高くなるので狙い目です!

また、他にもプログラマの年収をすぐにあげることができる方法もあります。

フリーランスプログラマーという働き方

shutterstock_580933150

会社員にならずに、自分のスタイルで自由に働くフリーランスという働き方があります。

特にプログラマーの方は案件数が多く、フリーランスになっても安定しやすい職種として人気です。

しかも、フリーランスプログラマーの場合は自分がやりたい案件を自分が好きなだけ請け負うことができますし、働けば働くほど年収は高くなります。

それこそ企業で働いた経験があり、ある程度のスキルを身に着けた方なら会社員の時代よりも1.5倍~2倍ほど年収が高くなるともいわれています。

フリーランスプログラマーの単価相場は50万円~60万円

プログラミング言語などによって、多少の幅がありますが一般的にフリーランスプログラマーの単価相場は「50万円~60万円」といわれています。

一般的というのは、最低でも2.3年ほどプログラミング業務に関わっており、現在も現役で活動しているプログラマーのことを指します。

年齢的に見て、会社員プログラマーの場合は40代で平均年収「516万円」なので、フリーランスプログラマーの方が稼げるのは一目瞭然だと思います。

私の周りにも多くいますが、月100万をもらうことも可能です!

また、フリーランスだからこそ働く場所を選ばないメリットがあります。

例えば、アメリカなどのIT先進国の場合ですとさらにプログラマの価値が上がるので、さらなる年収アップが期待できます。

仮に同じ仕事を行ったとしても、海外の方が単価相場は高くなる可能性の方が高いためフリーランスで働くならば海外を視野に入れてるのも賢い選択肢だと思います。

さて、次に年齢や性別など、様々な観点からプログラマの年収について分析していきます!

年齢別で見るプログラマーの平均年収

shutterstock_376400584

まずは、プログラマーの年齢別の平均年収を見ていきます。

国内の平均年収推移などを独自に調査している「平均年収.jp」によると以下の通りになっています。

年齢 平均年収
20~24歳 239.4万円
25~29歳 248.2万円~298.2万円
30~34歳 227.6万円~327.6万円
35~39歳 269.8万円~373.8万円
40~44歳 299.0万円~420.0万円
45~49歳 348.4万円~470.4万円
50~54歳 394.0万円~504.0万円
55~59歳 389.8万円~499.8万円
60~65歳 240.2万円~499.8万円

出典:平均年収.jp

20代プログラマーの年収事情

他の職種と比べても、平均的な年収となっています。

20代の場合、ヘルプデスクなどのサポート業務が多いためそこまで年収が高くならない傾向があるようです。

反対に、20代でもある程度年収を受け取っている方は、プログラミングスキルの他に経営スキルやビジネススキルを多数兼ね備えているプロジェクトマネージャーなどの管理職が考えられます。

30代プログラマーの年収事情

ITエンジニアにとって、30代は自分のキャリアを決める重要な時期でもあります。

現在フリーランスとして活動している方は、この年齢付近からフリーランスになった方達も多いのではないでしょうか?

会社員プログラマーの場合に、最も多いキャリアパスの流れとして、
「プログラマー→SE→プロジェクトリーダー(PL)→プロジェクトマネージャー(PM)」というのが一般的です。

PLやPMになるにつれ、経営する側の視点など必要なスキルも増えてくる分業務も難しくなるでしょう。

40代プログラマーの年収事情

この年代になると、会社芯の方はある程度役職に付いている方が多いと思われます。

そのため、この年代から受け取る年収額も大幅に増えています。

フリーランスで活動している方も、ある程度のスキルやプログラマーとしての経験がある方が多いことが考えられ、それが平均年収の底上げに繋がっています。

50代~60代以上の年収事情

会社の役職に付いている方も、フリーランスとして活動している方もある程度の年収は受け取れている年代です。

IT業界では、50代後半から年収が下がる傾向にあります。

次に企業の規模別でプログラマーの平均年収について見ていきましょう!

企業の規模別で見るプログラマーの平均年収

shutterstock_572542648
規模 平均年収
大企業 487.2万円
中企業 403.2万円
小企業 365.4万円

ベンチャーや大手企業により、やりがいや労働環境は変わってきますが、ここではあくまで大企業・中企業・小企業別の年収について見ていきたいと思います。

同じく「平均年収.jp」によると規模別の平均年収は大企業が一番高く「487.2万円」、続いて中企業の「403.2万円」、最後に小企業の「365.4万円」になります。

規模が大きくなるにつれ年収が高くなるのは、プログラマーも一緒のようです。

それでは、企業別で年収が異なるのはなぜなのでしょうか?

大企業と中小企業の年収の差はどこから発生するのか?

shutterstock_367910456 (2)

厚生労働省が行った「賃金構造基本統計調査」の内容によりますと、中小企業と大企業では働く時間にあまり差は見受けられなかったようです。

では、いったいどういった理由で差が発生したのか?その理由は「残業代」にありました。

この残業代ですが、中小企業と大企業では約2倍近いほどの差があります。

その理由に、大企業の場合は「所定労働時間」が短い傾向にあり、その結果残業代が中小企業よりも多く支払われるということです。

プログラマーの場合、1つのプロジェクトがすぐ終わるということはまずありません。

長期的な案件がほとんどです。

例えそれが1日0.5時間だけの残業だったとしても、積み重なっていくうちに年収に大きな差ができてしまうのです。

もちろん、これ以外にも基本給やボーナスも関係してきます。

参考:賃金構造基本統計調査

http://www.mhlw.go.jp/toukei/list/chinginkouzou.html

ここまで読んでいただきありがとうございます。

少し疲れてきましたよね。お疲れ様です!

もう少しだけ、お付き合いください!

男女別で見るプログラマーの平均年収

shutterstock_407643964

転職支援サイトの「マイナビAgent」の調べによりますと、プログラマーの平均年収は20代男性が「393万円」、女性が「399万円」となっており女性の方が高くなっていることが分かります。

この結果はIT系の職種の中では、珍しい傾向ではないでしょうか。

30代になると男性が「509万円」、女性が「482万円」になり逆転します。

これは、男性はこの年齢になると役職に付く方が多くなるためと考えられます。

さて、ここまでプログラマの年収について見てきましたが、最後にプログラマが年収をあげる方法をまとめました!

プログラマーが年収を上げる方法はこれだ!

shutterstock_586060925

フリーランスプログラマになる

まず一番簡単なのが、フリーランスとして活動していくことです。

ある程度のスキルさえあれば、会社員のときよりも年収が上がる方が多いといわれています。

もちろん、フリーランスとして活動するために営業や経理といった事務作業も増えるので、それを考慮した上でどうするか決断しましょう。

上流工程の仕事を選ぶ

会社員プログラマーの方にもいえることですが、プログラマーとして年収を上げるためにはできるだけ上流工程にいる必要があります。

何故なら、建築業界と同じように元請けから離れるに連れて収入が減ってしまうからです。

例えそれが中小企業だったとしても、元請けや下請けの上流工程で働けていれば大手企業よりも収入が高い場合もあります。

企業側がプログラマーに高い価値をおいているか

プログラミング言語が複数使えないなど、個人のスキルが関係する場合は仕方がありません。

ですが、ある程度のスキルや経験があるのに企業側のプログラマーに対する価値が低かったらせっかく覚えたスキルも意味がありません。

また、そういった企業ほどキャリアアップが望めずいつまで経っても年収が低いままになってしまいます。

転職や独立には勇気が入りますが、将来のことを考え早めに行動に移しておくことを検討しましょう。

キャリアパスをしっかりと見据える

これはプログラマーの方ならば、誰しもが通らなくてはいけない道でもあります。

プログラマーの場合、主に2つの道から選択します。

その2つとは、クライアントの立場で1からプロジェクトを立ち上げる「マネージャー」、専門性をさらに高め多くの問題を解決することができる「スペシャリスト」です。

そんな仕事をするのか、次に詳しく見てみましょう!

・マネージャー

1からプロジェクトをマネジメントしていくには、プロジェクトマネージャー(PM)を目指す必要があります。

プロジェクトの目標を達成するために、チームをまとめプロジェクトがスムーズに進むように全体の管理を行う人です。

PMに必要なのはプログラミングスキルだけではなく、リーダーシップやクライアントの問題を理解し交渉する渉外能力が必要になります。

もちろん、チーム内のコミュニケーションも重要になるためプログラマーのとき以上に多くのことに目を向けなくてはいけません。

・スペシャリスト

スペシャリストとは、1つの分野に関しての知識や問題解決能力が非常に高い人のことをいいます。

例えば、普通のプログラマーでは時間がかかる作業もスペシャリストなら1日~2日で終わらせてしまうスキルを持っています。

近年は最新言語を扱えるプログラマーの供給が追いついていないため、最新言語が扱えるスペシャリストの方なら案件単価も高額になる可能性が高いです。

まとめ

shutterstock_589999421

いかがでしたでしょうか?

近年はプログラマーの市場価値も高くなっており、平均値よりも高い年収を期待することができると思います。

しかし、基本的に会社勤めの方よりもフリーランスとして活動するプログラマーの方の年収が高い傾向にあるようです。

また「マネージャー」「スペシャリスト」、どちらを選ぶにしても自分の得意分野を正確に理解し選択するようにしましょう。

プログラマーとして成功した人は、必ず自分の得意分野や強みを理解しています。

そうすることにより、年収1000万プレーヤーも夢ではなくなります!

この記事が皆様のお役に立てば幸いです。

bn04

もし、今あなたが

・フリーランスになるか悩んでる
・自分に合った案件があるのか不安
・そもそも何から始めればいいのか分からない

などお困りであれば、ぜひ弊社ITプロパートナーズのサポート内容を確認してみてください!

登録後、専属エージェントに無料相談もできますよ!

※週2日 / 30万〜のフリーランス案件を紹介中です
※ご経験やご希望によっては案件を紹介できない場合がございますのでご了承ください。


よく見られてる関連案件

b80c977483d024c14549510e194361fe 2_anken 3_anken
The following two tabs change content below.
株式会社ITプロパートナーズ

株式会社ITプロパートナーズ

「IT起業家・フリーランスの自立を支える」というビジョンの元、「週2日からの業務委託案件を紹介する、ITプロパートナーズ」を運営。 ■BestVenture100に創業初年度で選出 ■取材記事:自立する覚悟が、働き方を変える
株式会社ITプロパートナーズ

最新記事 by 株式会社ITプロパートナーズ (全て見る)

freelance