PM(プロジェクトマネージャー)・PMOの求人案件探す際のあれこれ。年収相場は?

こんにちは。

ITエンジニア・webディレクター・webデザイナーなどのIT人材の自立・キャリアを支援するITプロパートナーズ編集部です。

弊社では、独立精神旺盛な優秀なエンジニアの方々の独立・起業サポートや、フリーランス支援を行っています。
こちらでは、日々の現場でサポートさせていただいている中での、プロの目線で、エンジニアに役立つお話をしてまいります。

今回は、PMの案件を探す際や、年収相場について詳しくみていこうと思います。

freelance

そもそもPM(プロジェクトマネージャー)ってなに?役割は?

PMとはプロジェクトマネージャーの略としてIT業界ではよく用いられている略語です。(以降は略語のPMの方で記載させていただきます。)

ITプロジェクトではプログラマー、SE、デザイナー、ディレクターなど様々な職種の人々がチームで仕事をしていきます。

この中でPMはプロジェクトの計画や管理を行う立場でありプロジェクトの中心的な存在です。
PMはチームに与えられた目標を達成するためにヒト・モノ・カネを管理し、さらにスケジュールを立てて全体の進捗を管理する立場と言えます。

また何かトラブルがあればステークホルダー(利害関係がある人すべて)と調整を行いトラブルを解決する役割も期待されています。

つまり、PMはそのプロジェクトの社長とでも言うべき存在でありプロジェクトの成否はPMにかかっているのです。

なので、優秀なPMへの求人は多々ありますが期待に添えるようなPMが足らないという状態が転職市場などでは常に起きています。

PMOって何?

project management office / プロジェクト管理オフィスの意味です。

IT用語辞典によると、以下という定義となっています。

大規模な組織において、組織全体のプロジェクトマネジメント(PM)の能力と品質を向上し、個々のプロジェクトが円滑に実施されるよう支援することを目的に設置される専門部署。「プロジェクトオフィス」「プロジェクト支援部門」などともいう。

出典:情報システム用語事典

いわゆる製造業やメーカー工場における生産管理や生産技術的な役割の部署という事と思います。

PM(プロジェクトマネージャー)ってどんなスキル・資質が求められるの?

PMの求人情報は転職サイトなどでは常に見られます。

ではPMに求められるスキルとは何でしょうか?

いったん優先度は置いておいて必要なスキルを考えてみましょう。

①コミュニケーション力

ステークホルダー(関係者)と適切なコミュニケーションをとるスキルです。

円満に人間関係を構築する意味でのコミュニケーション力は必須ですが、時には説得や解雇をしたり、より権力を持っている上司を動かすなどの政治力が求められる場合があります。

また相手の知識レベルや理解度に合わせた形でコミュニケーションをとる力が求められます。

②明示化力

WBSを作成したり、それを元にスケジュールやタスク割り当てをしてゆく能力です。

これら基礎資料を基に全体の段取りを明確にしメンバーに各自の役割を理解させる必要があります。

それ以外にも抽象的なことをわかりやすい例えで表現したり、資料に落としこんだりする能力なども求められます。

特にIT開発プロジェクトは目に見えないトラブルが多発するので、見えないものを見えるようにしてステークホルダー全員の認識を合わせてやる必要があります。

③決断力

プロジェクトを成功させるためには何が必要かを理解し、感情に流されずに実行する決断力です。

例えば、生産性が低いエンジニアがいて全体の足を引っ張っている場合、どんなにその人が性格的にはいい人間であってもプロジェクトから外してより生産性の高い人間を入れるという決断が求められます。

④業界や技術に関する知識

プロジェクトで必要となる業務に関する専門知識です。

専門家になる必要はないのですがその業界に関する最低限の知識は学習しておく必要があります。

またプロジェクトで使用するIT技術もエンジニアのように使いこなす必要はないのですがエンジニアの言っていることが理解できる程度の知識は必要です。

全く何も知らない人間がプロジェクトのトップに立った場合、ステークホルダーの信頼は得ることはできません。

⑤人脈

意外と思うかもしれませんがPMにとって人脈は重要なものです。

例えば炎上プロジェクトではプログラマが突然いなくなるケースが多々ありますが、社内の開発部門長や人材派遣会社などに人脈があれば代わりのエンジニアを速やかに調達することができます。

このほかにリーダーシップや交渉力なども必要となってきますが、これらはコミュニケーション力の1つの形と考えていいでしょう。

この中で最も重要なスキルはコミュニケーション力だと言えます。知識や人脈などはサポートしてくれる人が別にいればPMのスキルが足らなくてもなんとかなります。

しかしコミュニケーション力が低いPMではプロジェクトを運営管理することは絶対にできません。

PMに期待される役割は何か特定のタスクを行うことではなくプロジェクト全体を適切に運営することです。

そのための最重要スキルはコミュニケーション力であると言っても過言ではありません。

PM(プロジェクトマネージャー)って資格は必要?

プロジェクトマネージャ試験(Project Manager Examination)という資格があります。

情報処理技術者試験 – IPAのHPによると、

プロジェクト全体の意思決定を実行し、品質・コスト・納期に全責任をもち、前提・制約条件の中でプロジェクトを確実に成功に導き、プロジェクトメンバを成長させるマネージャを目指す方に最適です。

情報処理技術者試験 – IPAのHP

平成28年の実績数値としては、16,173名が応募され、合格率は14.5%であったそうです。

応募者の数は割と多く、合格率から見ると難易度は割と高そうな印象ですね。

PM(プロジェクトマネージャー)の給与・年収相場は?

転職大手DODAが公開している『平均年収職種別詳細データ』によると、プロジェクトマネージャーの世代別の平均年収や同世代の別業界・職種との比較は以下のようになっているようです。

  • 20代  (平均年収)491万円  (同年代比)+137万円
  • 30代  (平均年収)650万円 (同年代比)+183万円
  • 40代  (平均年収)701万円 (同年代比)+87万円
  • 50代  (平均年収)792万円 (同年代比)+63万円

各年代ごとの比較を見ても、100万以上と若くして高めな給与水準である事がわかると思います。

そのため、多くのエンジニア・SEの方々が、プロジェクトマネージャー、プロジェクトリーダーを目指す傾向にあるかと思います。

ただし、Sir・システム開発業界ではなくWeb業界においては、プロジェクトマネージャーではなく、ギーク的な技術オリエンテッドで開発工程を追求したキャリアステップもあるので、一概には言えないかもしれません。

PM(プロジェクトマネージャー)のキャリアステップとは?

一般的に、SE・システムエンジニアの方のキャリアステップというのは、下流工程から上流工程に向かってキャリアステップを踏んでいくものと言われています。

以下が、上から順番に下流工程と〜上流工程へのキャリアステップとなります。

Sir業界においては、上流にいけばいく程、難易度が高く、給与レンジが上がっていく傾向にあります。

  • システム運用保守
  • テスト工程
  • 開発・製造工程
  • 詳細設計工程
  • 基本設計工程
  • 要件定義
  • プロジェクトリーダー
  • プロジェクトマネージャー
  • ITコンサルタント

ただし、最近の傾向としてはWeb業界を中心に、より手を動かして開発実装ができるエンジニア(プログラマ)が偉いといった文化もあり、その影響もあってか上流工程に上がって行ってしまい、開発ができない事を理由にSirからWeb業界へ転職を考えるエンジニアの方は多くなっている傾向があります。

PM(プロジェクトマネージャー)を求める会社ってどんなフェーズ?

企業がPMの求人を出すきっかけとして、これからなんらかのプロジェクトを始めたいが社内には適切な人材いないので転職市場や人材紹介市場にPMの求人を出すという形が多いかと思います。

なので、プロジェクトのフェーズとしてはプロジェクトが始まる前段階となります。

場合によっては会社の中でプロジェクトに対する合意形成がまだ得られていないケースもあり、この場合はPMに合意形成の役割を期待するケースもあります。

さらに、プロジェクトが炎上し今いるPMが更迭された場合の後釜を探すために求人を出すというケースもよくあります。

このケースではプロジェクトがどのフェーズにあるかは案件次第となります。

既に実装のフェーズの過半を過ぎた段階でPMに任命されるケースもめずらしくありません。

当然ですが炎上してしまっている状態なのでメンバーのモチベーションも最悪で、クライアントからの信頼は地に落ちたところからのリカバリーを求められるため、PMの力量が問合われるケースとなります。

PM(プロジェクトマネージャー)を求める企業の思惑は?

企業がPMの求人を出す理由は様々で一言では説明できませんが、共通点としては社内では適切な人材が見つからなかったために、外部に人材を求めていると考えられます。

ここではPMの求人が出る理由をケース別に考えてみたいと思います。

①社内にPMを担える人材がいないケース

会社の規模が小さかったり、あるいは企業規模はそれなりでも開発部門が小さく、ITプロジェクトを管理するスキルを持った人材が社内におらずPMの求人を出したというケースです。

ポジティブに考えれば今後社内の教育係や、将来的には開発部長候補になることを期待した上で求人を出していると見ることもできます。

しかしネガティブに考えれば、開発の管理はよくわからないからPMにすべて丸投げしてしまおうという思惑で求人を出している危険性もありますので注意が必要です。

もちろん予算や権限、社内のサポートがあれば丸投げでもやりがいがありますが、そうでない場合は責任だけとらされて最終的にはクビになることもありえます。

②前任のPMが更迭されたケース

既に進んでいるプロジェクトが炎上してしまいPMが急遽必要となったケースです。

当然ながら炎上しているプロジェクトの立て直しは至難の業です。

確かにPMの中にはそのような状態を立て直すことが楽しいと感じるタイプの方もおられますが、普通は敬遠したい案件です。

私もPM経験はありますが正直言ってPMだけの問題でプロジェクトが炎上することはめったにありません。

それでもPMを変える理由としてはPMを変えることで、クライアントと条件の仕切り直しをしたいという企業側の思惑があります。

つまり新しいPMに第三者的な立場で現在のプロジェクトの問題点を指摘してもらい、新しい条件(納期や見積もり)で再度プロジェクトをスタートし直したいというのが企業側の本音だと思います。

③将来の業務拡大を考えPMの求人を出すケース

明確なシステム案件が決まっていなくてもPMの求人を出すケースがあります。スタートアップ系の企業では当初はプログラマが数人で回していたシステムであっても成長につれてプロジェクトとして管理していかなくてはならなくなるフェーズが来ます。

そんな時にPM経験豊富な人材の求人を出すことがあります。もちろんスタートアップでなくても規模拡大に伴い将来のPM需要を見越して求人を出すケースがあります。

いずれにしてもこの場合は緊急性が低いのでスキルの高い人材をじっくり選ぼうという姿勢になります。

PM(プロジェクトマネージャー)として活躍するために、どんなスキルを身につけるべき?

PMに求められるスキルとしては、コミュニケーション力、明示化力、決断力、業界や技術に関する知識、人脈というものを先に記載しました。

ここでは具体的にそれらを身につけるにはどうしたらよいかに視点を移して考えてみたいと思います。

まず一番重要なコミュニケーション力ですが、これはマニュアル的に身につけることが難しいものだと思います。

決まったマニュアルがあるわけではなく、独力で獲得していくものだからです。

なので、何をすればよいのかと言えば、まずはPMの下で働きPMのやることをよく観察することです。

サブリーダーという形でPMを補助できればよいのですが、そうでなくてもPMの発言や作成した資料をよく観察し良いところはまねることです。

なおコミュニケーション力が積めるのはITプロジェクトだけとは限りません。

普段の仕事でも、あるいは趣味の世界でもよいので何らかの目標を立てて、自分が中心になって仲間を巻き込んで達成していく過程はそのままPMの経験と重なります。

さらに、これはPMになりたての時に行ったことですがPM関係の本はすべて読むことです。

特に現場のPM経験者が書いた体験本などは非常に為になります。次に明示化力に関してですが、これはある程度学習が可能です。

WBSの書き方を説明した本は書店で見つけられますので1冊買ってやってみれば、すぐにできるようになります。

スケジュール作成やタスク割り当てなどもお手本があれば学習が可能です。

これら基礎資料を基にプロジェクトの段取りを立てていくノウハウなどについても、PM関連の書籍が豊富にありますので読んでみてはいかがでしょうか。

アメリカの資格ですがPMPというプロジェクトマネージャ関連の資格があり、ノウハウに関しては網羅的に記載されていますので一度この資格にトライされてみてもよいかもしれません。

このように知識の面では十分自習可能ですのであとは経験となります。

PM業務をやることが一番効率的ですが、それが難しければ普段の仕事や、あるいは趣味の世界でもよいので自分でプロジェクトというものを立ててみて、このPMのノウハウを実践することで概念化や明示化力のスキルは向上させることができると思います。

業界や技術に関する知識に関しても、実は本を読むことだけである程度はカバーできます。実際問題PMに求められる専門知識はメンバーやクライアントの言っていることがわかればよい程度の知識で実務経験までは求められていません。クライアントが保険業界なら保険業界に関する本を10冊読んでおけば、クライアントに無知なPMだと見なされることはないでしょう。逆に言えばプロジェクトごとに必要な知識を貪欲に吸収していく学習力が求められます。

また先に人脈も重要なスキルと書きましたが、これは一朝一夕では作れるものではありません。

人脈の構築には名刺交換会や異業種交流会への参加がよいと言われますが私はそうは思いません。人脈は無理に作るのではなく、今いる人との関係を保ち続けることで大きくなっていくものだと考えています。

今いる会社の飲み会に参加したり、以前一緒に働いたフリーのエンジニアさんの近況を聞いてみるなど身近なところから始めたらよいと思います。

最後に決断力ですが、これはなかなかスキルとして覚えることはできないものです。

私自身もいくつもトラブルを経験して乗り越えてるうちに身についてきたものだと思います。

ただ、ヒントを言えば、自分の感情と選ぶべきベストな解は相反することが多く、そのときにベストな解を選ぶ勇気が必要だと思います。

つまり自分がやりたくないことでもプロジェクトの為にやれるかどうかだと思います。

PM(プロジェクトマネージャー)求人情報

ITプロパートナーズではPMの求人を多数取り揃えております。弊社では特にスタートアップ系企業とのパイプが強く、技術的にも企画的にもチャレンジングな案件のご紹介が可能です。

またフルタイムの案件だけでなく、あくまでクライアント企業との調整となりますが週2~3日の出勤と言う案件もご紹介できます。例えばPMの求人であればこのような案件がご紹介可能です。

  • 週3可 ブロックチェーンの最先端技術活用したサービスのPM職
  • フルタイム 自動車関連のシェアリングエコノミービジネス向け新規事業におけるWebサービス開発PM
  • フルタイム ソーシャルゲームのスマートフォンデバイス開発のPM
  • 週3可 注目のアドテクノロジー業界で自社ソリューションの開発を牽引するPM

週2〜3日でできるPMの新しい働き方を実現しませんか?弊社(ITプロパートナーズでは、週2日からこなせる仕事を紹介しております。まずはこちらより、弊社のサービスにご登録後、お仕事の詳細をごらんください!

PM(プロジェクトマネージャー)についてのまとめ

いかがでしたでしょうか?冒頭でも書かせていただきましたがPMと言うのはプロジェクトを管理運営に責任を負った重要な職務です。

それゆえに元請け企業やクライアント企業からは良い意味でも悪い意味でも大きな期待が寄せられています。

なのでプロジェクトがうまく行かないと一番先に叱責されるのはPMであり、うつ病などのメンタルをやられてしまう残念なケースも見られます。

しかしプロジェクトが無事成功すれば一番評価されるのはPMであり、その見返り(昇給、出世、ボーナス)を一番受けることができる職種とも言えるでしょう。

私もIT系の会社に勤めていた期間が長いのですが、部門長などに出世する人の多くはプロジェクトのPMとして、会社に貢献をしてきた人が多かったように思います。

少なくとも純粋なエンジニア職の方が部門長になるケースは少ないと思います。

PM職が上でSEやプログラマーが下であるとか、職種に上下をつけるわけではありません。

でもご自身の適正として技術的な部分よりもチームをまとめることが好きであったり出世に興味があるのであれば、PM職というものを目指すのもよいのではないでしょうか。

bn04

もし、今あなたが

・フリーランスになるか悩んでる
・自分に合った案件があるのか不安
・そもそも何から始めればいいのか分からない

などお困りであれば、ぜひ弊社ITプロパートナーズのサポート内容を確認してみてください!

登録後、専属エージェントに無料相談もできますよ!

※週2日 / 30万〜のフリーランス案件を紹介中です
※ご経験やご希望によっては案件を紹介できない場合がございますのでご了承ください。


よく見られてる関連案件

b80c977483d024c14549510e194361fe 2_anken 3_anken
The following two tabs change content below.
株式会社ITプロパートナーズ

株式会社ITプロパートナーズ

「IT起業家・フリーランスの自立を支える」というビジョンの元、「週2日からの業務委託案件を紹介する、ITプロパートナーズ」を運営。 ■BestVenture100に創業初年度で選出 ■取材記事:自立する覚悟が、働き方を変える
株式会社ITプロパートナーズ

最新記事 by 株式会社ITプロパートナーズ (全て見る)

freelance