プロジェクトマネージャー(PM)の年収は?収入アップに有利な資格も紹介

freelance

こんにちは、ITプロパートナーズ編集部です。

プロジェクトマネージャー(PM)はITプロジェクト全体の管理者です。転職市場でも需要は高く、高収入も見込めることからプロジェクトマネージャーへのキャリアアップを考えている人もいることでしょう。

そこで、この記事ではプロジェクトマネージャーの年収はどれくらいなのか?を中心に、求められるスキルや収入アップにおすすめな資格を紹介します。さらにプロジェクトマネージャーへのキャリアパスも紹介します。

プロジェクトマネージャーを目指すプログラマーやSE、プロジェクトリーダー職の方はぜひキャリアアップの参考にしてください。

弊社では、数多くの方にフリーランス案件を獲得していただいています。経験とスキルさえあれば、週2日から高収入案件をご紹介できます。まずは無料登録をして色々な案件をみて見てください。弊社からおすすめの案件をご紹介することも可能です。

Contents

プロジェクトマネージャー(PM)とは?

プロジェクトマネージャーはITプロジェクトの中心的役割を果たす人です。

まずはその仕事内容やプロジェクトリーダーとの違い、PMO(プロジェクト管理オフィス)との違いについて説明します。

プロジェクトマネージャーの仕事内容

ITプロジェクトにおいては、プログラマー、SE、デザイナー、ディレクターなどさまざまな職種の人々がチームを組んで仕事をしていきます。プロジェクトマネージャーの仕事は、チームの目標達成に向けてメンバーやモノ・カネを管理し、さらにスケジュールを立てて全体の進捗を管理することです。

また何かトラブルが起きればステークホルダー、つまり利害関係がある人すべてと調整を行い、トラブルを解決する役割も期待されています。

つまり、プロジェクトマネージャーはそのプロジェクトの社長とでも言うべき存在であると考えていいでしょう。

プロジェクトの成否はプロジェクトマネージャーにかかっているともいえるため、優秀な人材に対するニーズは非常に高いです。一方、そのニーズや期待に添えるようなプロジェクトマネージャーが足りないという状態が転職市場では常に起きているのが現状です。

プロジェクトマネージャーとプロジェクトリーダーの違い

プロジェクトマネージャーとよく似た職種に「プロジェクトリーダー」があります。

プロジェクトマネージャーがプロジェクト全体の管理を担当するのに対し、プロジェクトリーダーが担当するのは現場の実行・管理です。

たとえばシステムを構築する場合、プロジェクトリーダーは実際にプログラミングを行なうチームのリーダーとして、メンバーに指示を出すなどの仕事をします。一方、プロジェクトマネージャーはプロジェクト全体のスケジュールやコスト、人員管理を行ないます。

この役割の違いから、プロジェクトリーダーには現場寄りのスキルが、プロジェクトマネージャーにはマネージメント寄りのスキルが求められます。

プロジェクトマネージャーとPMOの違い

PMOとはプロジェクト管理オフィス(Project Management Office)の略語で、プロジェクトマネージャーをバックアップする部門です。「プロジェクトオフィス」「プロジェクト支援部門」とも呼ばれます。

プロジェクト全体のマネジメントは、規模によっては工程が多くプロジェクトマネージャーひとりでは管理ができないケースもあります。そのような場合に工程ごとにPMOを設置し、管理します。

プロジェクトマネージャーの年収は?

プロジェクトマネージャーの平均年収

転職大手DODAが公開しているデータによると、プロジェクトマネージャーの性別・世代別の平均年収は以下のとおりです。

世代年収
全体664万円
男性690万円
女性535万円
20代463万円
30代669万円
40代774万円
50代~849万円

この数字を、国税庁が作成した令和元(2019)年分「民間給与実態統計調査」で報告されている「1年を通じて勤務した給与所得者の給与総額」と比較しました。なお「1年間を通じて勤務した給与所得者」には非正規雇用も含まれることに注意してください。

 全体男性女性
プロジェクトマネージャー(doda調べ)664万円690万円535万円
1年を通じて勤務した給与所得者の給与総額(国税庁調べ)436万円540万円296万円
差額228万円150万円239万円

この数字から、プロジェクトマネージャーは全体の給与所得者平均に比べると高い収入が得られることがわかります。

プロジェクトマネージャーとその他IT職種の平均年収との比較

プロジェクトマネージャーと他のIT系職種の平均年収を表にまとめました。

職種平均年収
プロジェクトマネージャー664万円
ITコンサル584万円
SE・プログラマー417万円
ITスペシャリスト555万円
ITアーキテクト717万円
ヘルプデスク349万円
運用/監視/保守381万円
データサイエンティスト516万円

※ITスペシャリスト、ITアーキテクトの年収は求人ボックス 給与ナビを参考。あとの職種はdodaを参考。

この表を見てもわかるとおり、IT職全体の中でもプロジェクトマネージャーは比較的高い年収を得られる職種です。SE・プログラマーと比較するとその差は250万円近くに達します。IT系の仕事をする人であれば、最終的に目指すべき職種のひとつだといえるでしょう。

企業別プロジェクトマネージャーの平均年収

有名企業のプロジェクトマネージャーの平均年収について調べました。なお、企業別のプロジェクトマネージャーの年収は公開データがないため、Indeedの口コミ情報をもとにしています。

企業名平均年収
富士通株式会社603万円
日本電気株式会社738万円
株式会社エヌ・ティ・ティ・データ821万円
楽天682万円
野村総合研究所958万円

有名企業であっても、その規模などによってプロジェクトマネージャーの平気年収には大きな違いがあります。おおむね600~800万円を中心に、企業によっては900万円以上が見込めるようです。

プロジェクトマネージャー(PM)になるためのキャリアパス

プロジェクトマネージャーになる代表的なキャリアパスは、プログラマーやシステムエンジニア職から経験を積む方法です。以下、詳しく紹介します。

1.プログラマー・システムエンジニアとして働く

まずは、プログラマーもしくはシステムエンジニアとして現場の経験を積みます。

とくにシステムエンジニアは、要件定義などの上流工程を担当する仕事です。顧客から要望をヒアリングしたり、システムを提案したりすることも多くあります。この経験を積むことで、現場の理解はもちろん顧客とのコミュニケーションスキルなどを磨きます。

2.プロジェクトリーダーとして経験を積む

ある程度現場の経験を積んだら、今度はプロジェクトリーダーとしてさらに経験を積みましょう。

プロジェクトリーダーは現場に指示を出し、進捗管理などを行います。この仕事を経験することで、マネジメントスキルやリーダーシップを磨いてください。

3.プロジェクトマネージャーになる

プロジェクトリーダーの経験を積んだら、プロジェクトマネージャーを目指しましょう。

それまでのキャリアで培ったコミュニケーションスキル、マネジメントスキル、リーダーシップなどを存分に発揮してください。

なお、近年はプロジェクトマネージャーのキャリアパスも多様化してきました。プログラマー・システムエンジニアからではなく、ITスペシャリストやITアーキテクトからプロジェクトマネージャーになるケースも見られるようになっています。

プロジェクトマネージャー(PM)に求められるスキルとは?

プロジェクトマネージャーに求められる主なスキルは「コミュニケーション能力」「明示化力」「決断力」「業界や技術に関する知識」「人脈」の5つです。それぞれのスキルについて解説します。

コミュニケーション能力

まずは、ステークホルダー(関係者)と適切なコミュニケーションをとれる能力です。

コミュニケーション能力は、第一にステークホルダーと円満に人間関係を構築するために必要です。場合によっては相手を説得することや、より大きな権限を持つ上司を動かす政治力も求められます。

また、交渉時には相手の知識レベルや理解度に合わせた形でコミュニケーションを取る力が求められます。

明示化力

求められる明示化力は大きく2つあります。

ひとつめは、WBSを作成し、それを元にスケジュールやタスク割り当てをしてゆく能力です。全体の段取りを明確にし、メンバーに各自の役割を理解させるために必要な能力だといえるでしょう。

もうひとつは、抽象的なことをわかりやすいたとえで表現し、資料に落としこむ能力です。

IT開発プロジェクトはトラブルが多発します。そのトラブルの原因の中には目に見えないものも少なくありません。トラブルを防ぐために、プロジェクトマネージャーは見えないものを見えるようにしてステークホルダー全員の認識を合わせていかなければいけません。

決断力

決断力とはプロジェクトを成功させるために必要なことを理解し、実行する能力です。

たとえばプロジェクトの進捗状況が遅れがちであった、調べたところその原因は生産性が低いエンジニアだったというケースがあったとしましょう。その場合、どんなにそのエンジニアがいわゆる「いい人」であっても、プロジェクトから外してより生産性の高い人間を入れるという決断がプロジェクトマネージャーには求められます。

業界や技術に関する知識

プロジェクトで必要な業務に関する専門知識も必要です。

まったく何も知らない人間がプロジェクトのトップに立っても、ステークホルダーの信頼を得ることはできません。

その業界の専門家になる必要はありませんが、最低限の知識は学習しておく必要があります。

プロジェクトで使用するIT技術についても、エンジニアのように使いこなすレベルではなくとも、エンジニアの言っていることが理解できる程度の知識は必要です。

人脈

プロジェクトマネージャーには人脈も重要です。

たとえばプロジェクトの遂行途中にプログラマに突然欠員が出たとしても、社内の開発部門長や人材派遣会社などに人脈があればすみやかに人員を補充することもできます。

プロジェクトマネージャーに期待される役割は、何か特定のタスクを行うことではなくプロジェクト全体を適切に運営することです。人脈があれば、トラブルが起きたときにスムーズに誰かの力を借りて対応することもできるでしょう。

プロジェクトマネージャー(PM)の年収アップにおすすめの資格

プロジェクトマネージャーの年収アップを目指すなら、以下のような資格を取得することもおすすめです。

  • プロジェクトマネージャ試験
  • ITストラテジスト試験
  • 応用情報技術者試験
  • PMP試験

それぞれの資格について簡単に説明します。

PM(プロジェクトマネージャー)に資格は必要?おすすめの資格を調査!

PM(プロジェクトマネージャー)に資格は必要?おすすめの資格を調査!

プロジェクトマネージャ試験

プロジェクトマネージャ試験は、IPA(独立法人情報処理推進機構)が主催する試験です。

プロジェクトマネージャーの業務・役割を円滑に遂行するための知識や能力を問うものです。プロジェクトマネージャーとして必要なスキルがあることを示せる資格です。

ITストラテジスト試験

ITストラテジスト試験も、IPAの主催する試験です。

経営戦略に基づき、IT(情報技術)を活用した基本戦略を策定・推進するために必要な知識・能力を問うものです。

ITを経営にどう活用するかについての知識を持つことを示せる資格です。この資格を持っているとプロジェクトマネージャーはもちろん、そのさきへのキャリアアップも視野に入れることもできます。

応用情報技術者試験

応用情報技術者試験も、IPAが主催する試験です。

情報技術だけでなく、経営戦略の策定や情報収集、提案力も問われる試験で、年に2回開催されます。

ITストラテジスト同様、プロジェクトマネージャーはもちろんその一歩先のコンサルティング職も視野に入れることができる資格です。

PMP試験

PMP試験は、一般社団法人PMI日本支部が主催する試験です。

PMPはPMI本部が認定する国際資格です。プロジェクトマネージャーとしての経験や知識をはかる内容の試験が実施されます。

合格後はスキル維持のためにCCRというブログラムに参加し、3年ごとに資格を更新する必要があります。

年収1000万稼ぐプロジェクトマネージャー(PM)になるためのポイント

プロジェクトマネージャーとして年収1000万円を稼ぐには、いくつかポイントがあります。

大手企業で働く

まずは、大手企業や大手SIerで働く方法です。大手の企業だと高報酬が見込める大規模プロジェクトを担当しやすくなります。

実際、先に見たとおりIT大手の企業であれば平均年収は700~800万円、企業によっては900万円以上と、1000万円が視野に入る年収も期待できます。

ギブバック活動に参加する

ギブバック活動は、プロジェクトマネジメント関連のボランティアなどを行います。

このようなプロジェクトマネージャーを中心としたコミュニティに参加することで、活動の場や人脈を広げてみましょう。活動の場や人脈が広がれば、転職や独立も有利になる可能性が高くなります。

フリーランスとして独立する

フリーランスとして独立するのも、年収1000万円を目指す方法のひとつです。

フリーランス向けのエージェントのサイトをいくつか確認すると、月収70~80万円から90万円、100万円以上の条件での募集も見つかります。月収80万円だと年収は960万円、90万円だと1080万円になります。

スキル次第ですが、年収1000万円も充分狙える働き方です。

フリーランスのプロジェクトマネージャー(PM)におすすめのエージェント

フリーランス向けのエージェントはいくつかありますが、その中からおすすめのエージェントを紹介します。

ITプロパーナーズ

ITプロパートナーズ

弊社ITプロパートナーズでも、プロジェクトマネージャーの案件を取り扱っています。

ITプロパートナーズの特徴は、フルリモート案件や週3日程度の稼働の案件も多く扱っていることです。プロジェクトマネージャーの案件についても同様で、フルリモートで働きたい、週数日の稼働で働きたいという希望を叶える案件があります。

クライアントとは直接契約しているので、フルリモートや週数日稼働でも高単価案件が多いです。しっかり働いて年収1000万円を達成したい人にも、プライベートを大切にしつつ十二分に余裕ある生活をしたい人にも対応できます。

また、大都市在住の方はもちろん、地方在住の方や、介護や育児などプライベートも大切にしつつ働きたい方にもおすすめです。

案件例

ITプロパートナーズでご案内している案件を一部紹介します。どのような案件が紹介されているか、ぜひ参考にしてください。

まとめ

プロジェクト全体の管理を行うプロジェクトマネージャー職は、一般的なIT職種と比較しても高い収入が見込める仕事です。代表的なキャリアパスはプログラマーやSEから少しずつステップアップすることですが、近年ではITスペシャリストなどからプロジェクトマネージャーになる例も増えてきました。

高いスキルや資格を持つプロジェクトマネージャーであれば、フリーランスとして独立する選択肢も出てきます。独立した場合はエージェントを活用し、自分に合った高報酬案件を探していきましょう。

フリーランスの方でこのようなお悩みありませんか?
  • 高額案件を定期的に紹介してもらいたい
  • 週2日、リモートワークなど自由な働き方をしてみたい
  • 面倒な契約周りはまかせて仕事に集中したい

そのような方はぜひ、ITプロパートナーズをご利用ください!

フリーランスの方に代わって高額案件を獲得
週2日、リモートなど自由な働き方ができる案件多数
専属エージェントが契約や請求をトータルサポート

まずは会員登録をして案件をチェック!