Reactフリーランス案件の特徴は?単価や必要スキル、獲得方法

freelance

こんにちは、ITプロパートナーズ編集部です。

「Reactのフリーランス案件を受けたい」と検討している人も多いでしょう。Reactは稼ぎやすい技術の一つですが、案件を探す前に案件の特徴や単価、必要スキルなどを把握しておくことが大切です。

そこで、この記事ではReactフリーランス案件の特徴や案件例、単価相場などを紹介します。あわせて、必要スキルや案件獲得方法、高単価案件を獲得するためのポイント、将来性なども解説するのでぜひ参考にしてください。

弊社では、数多くのエンジニアの方にフリーランス案件を獲得していただいています。経験とスキルさえあれば、週2日から高収入案件をご紹介できます。まずは無料登録をして色々な案件をみて見てください。弊社からおすすめの案件をご紹介することも可能です。

Reactとは?

React(リアクト)は、WebサイトやアプリケーションのUIを構築するためのJavaScriptライブラリのことであり、Facebook社が開発元です。JavaScriptでのシステム開発を効率的にするために、汎用性の高いプログラムコードがまとめられています。それぞれのコードや関数を、一つのパーツとして使用できるイメージです。

Reactは、JavaScript・HTML・CSSを1つのコンポーネントベースで管理できるので、例えばある動きや機能を1つのパーツとして他システムに取り回すこともできます。管理しやすく再現性が高いため、作業時間を大幅にカットすることも可能です。

React Nativeとの違い

React Native(リアクトネイティブ)は、iOSとAndroidどちらでも動かせるクロスプラットフォームのアプリ開発フレームワークです。

React Nativeはモバイル用アプリのシステム構築に使われるのに対し、ReactはUIパーツとサーバー上で実行するWebアプリの構築に使用されるライブラリなので、構築するものが異なります。

フリーランスReact案件の特徴

世界中で人気の高いReactですが、案件はどのような傾向があるのでしょうか。以下で、React案件の特徴について解説します。

単価相場は比較的高い

Reactのフリーランス案件は、比較的単価が高い傾向にあります。

弊社ITプロパートナーズが扱っているフリーランス案件でも、月の想定収入が週3日の稼働で〜60万円、週5日稼働で〜90万円ほど見込める案件が多数あります(2022年3月時点)。

Reactは、世界で人気のある有名なJavaScriptライブラリの一つです。大小さまざまな規模のアプリケーション開発などに使用されておりニーズがあるため、単価は高いです。具体的な案件例と報酬単価については後に詳しく紹介します。

案件数が多い

案件数が豊富なので、フリーランスとして働きやすいのも魅力です。ITプロパートナーズで、「React」のキーワードで案件を検索してみると、「770件」見つかりました(2022年3月時点)。

Reactはアプリ、ゲーム、AI、予約システムなど幅広い分野で採用される言語です。そのため、案件数が多く、自分が興味を持てる分野を選んで案件を受けられるでしょう。

フリーランスReactエンジニアの案件例・単価相場

Reactエンジニアの具体的な仕事や報酬をイメージするため、実際にITプロパートナーズで掲載されている案件例と単価相場などを紹介します。

週2・3日の案件例・単価相場

フルリモートOKの、フロントエンド開発案件です。

  • 稼働時間:週に3日勤務
  • 想定月収:〜60万円前後

業務内容は、Reactを使った社内デザイナー向けWebサービスのフロントエンド開発です。
ReactによるWebフロントエンド開発ができる、ユーザーの理解や課題解決への興味がある、Gitで開発フローを実践できるなどのスキルが求められます。

在宅OKの案件例・単価相場

在宅ワークOKの、自社プロダクト開発の機能設計・実装の案件です。

  • 稼働時間:週に3日勤務
  • 想定月収:〜40万円前後

業務内容は、チームで自社プロダクトの新規実装やテストをおこないます。

ReactとReduxでの実務経験が1年以上ある、GitHubでブランチモデルを用いた運用経験がある、チームでの開発経験があることなどが求められます。

客先常駐の案件例・単価相場

上場企業に常駐するエンジニアの案件です。

  • 稼働時間:週に5日勤務
  • 想定月収:〜90万円前後

業務内容は、運用開始済みのマーケットプレイスの機能追加・改善です。ReactやNodeでの開発経験がある、AWS環境での開発経験があることなどが求められます。実際の案件例をもっと見たい方は以下からどうぞ。

フリーランスReactエンジニアに必要なスキルや実務経験

フリーランスReactエンジニアとして安定して案件を得るには、さまざまなスキルや実務経験が必要です。

  • Reactの基本的な知識・スキル
  • フロントエンド開発言語
  • コミュニケーションスキル・自己管理力
  • 1年〜3年以上の実務経験

それぞれのスキルや経験について解説します。

Reactの基本的な知識・スキル

ライブラリReactの基本的な知識・スキルはもちろんですが、他のライブラリ・フレームワークの知識を持っておくことも大切です。

例えば、Vue.jsなどのJavaScriptフレームワークの知識やスキルがあれば、案件の幅を広げられるでしょう。

フロントエンド開発言語

Reactを扱うフロントエンドエンジニアの場合、主にHTML・CSS・JavaScriptを使ってWebサイトの構築などをおこないます。そのため、一定以上のHTML・CSS・JavaScriptスキルは必要です。

また、後にも説明しますが、PHPやGo、あるいはRuby on Railsのスキルもあると、さまざまな仕事で応用がきくでしょう。

コミュニケーションスキル・自己管理力

フリーランスReactエンジニアとして活動する場合、コミュニケーション力や自己管理力も必要です。

案件でプロジェクトを進める際には、クライアントの要望を理解し実行することや、クライアントの意向を汲んで提案するなどのコミュニケーション力が必要です。また、チームで進める案件も多いため、円滑なやり取りができるコミュニケーション力も求められます。

さらに、案件管理や時間管理など、自己を管理する能力も必要です。仕事を入れすぎて複数の案件に遅れが出たり対応できなかったりした場合、複数のクライアントから信用を失います。対応できたとしても体調を崩してしまえば、仕事に穴を開けてしまいます。現状を把握しながら、適切に行動するスキルが求められます。

1年〜3年以上の実務経験

フリーランスReactエンジニアとして活躍するには、実務経験が必要です。

完全未経験では、案件を受けられる可能性はほとんどありません。そのため、Reactを扱える企業に転職し、1〜3年以上の実務経験を積んでから、フリーランスを検討しましょう。

また、経験により単価相場も変わります。マネジメント経験など上流工程の経験があれば、大きく報酬は変わるのが一般的です。フリーランスとしてすぐに高単価案件を受けるなら、企業で働きながらさまざまな経験を積んでからのほうが有利になるでしょう。

フリーランスReact案件を獲得する方法

効率的にフリーランスReact案件を獲得するなら、フリーランスエージェントの利用を検討しましょう。フリーランスエージェントとは、案件を獲得したいエンジニアと、案件を依頼したいクライアントをマッチングするサービスです。

フリーランスエージェントでは自ら営業することなく、自分が持つスキルや知識、求める働き方に合った案件を紹介してくれます。継続して案件を受けられるので、収入を安定させることも可能です。

おすすめのエージェントは、弊社ITプロパートナーズです。

弊社では、多数のフリーランスReact案件を扱っています。週2日稼働からの案件も多く、自分に合った働き方ができ、サポート体制も充実しているのでぜひチェックしてみてください。

高単価のフリーランスReact案件を獲得するためのポイント

フリーランスReactの高単価案件を獲得するには、以下のようなスキルを身につけたり、経験を積んだりすることが求められます。

  • SPA・Reduxのスキルを身につける
  • サーバーサイド開発のスキルを身につける
  • スクラム開発の経験を積む

それぞれのスキルについて以下で解説します。

SPA・Reduxのスキルを身につける

SPAの開発経験や、Reduxのスキルを身につけましょう。

SPAはSEOに有利とされているので、多くの案件で開発経験が求められています。Reduxは大規模な開発案件で必要になるスキルです。高単価案件では、Reactのスキルとセットで必須とされていることが多くあります。

サーバーサイド開発のスキルを身につける

Reactの開発現場では、フロントエンドとサーバーサイドで開発チームが一つになっているケースもあります。サーバーサイドの開発言語もあわせて保有していれば、どちらの領域も任せることができるため、企業から重宝されやすいです。両方の領域を担当できれば、単価アップを狙えるでしょう。

サーバーサイド言語には、PHPやPerl、Javaなどがあります。フリーランスReactエンジニアとして活動しながら、扱える言語を増やしておきましょう。

スクラム開発の経験を積む

Reactは比較的新しい技術であるため、開発体制も従来のウォーターフォールモデルにこだわることなく、スクラム開発を採用するケースが多くなります。スクラム開発とは、チームを組んでタスク分けし、コミュニケーションを取りながら進める開発です。

割り振られたタスクを同時に進められるメリットはありますが、チームワークがなければスムーズに進められません。そのため、スクラム開発の経験が豊富で進め方を理解していれば、案件を受けやすくなります。

未経験からフリーランスReact案件を獲得するには?

未経験からフリーランスReactエンジニアを目指すなら、まずは正社員として実務経験を積み、副業案件を獲得しましょう。案件に慣れて会社の収入よりも稼げるようになったうえで、フリーランス案件を獲得する流れがおすすめです。

ただ、JavaScriptの経験がなくても、PHPやgoなどWeb周辺で使用される言語を使えれば、React自体未経験でも案件獲得できる可能性もあります。

Reactの副業で稼ぐには?案件の単価や取り方、おすすめサイトを紹介

フリーランスReactエンジニアの将来性

Reactは将来性のある技術です。Reactは世界的に導入されているため、今後日本でも需要の高まりが期待できます。現状Reactは、予約システムなどさまざまなWebアプリケーションの開発ツールとして活用されているため、Webシステムが存在する限りは、Reactエンジニアの将来性は明るいといえます。

ただ、周辺環境はさらに変化していくため、常にスキルアップを図ることや、どのようなスキルや経験に需要があるか日々研究する必要はあります。

まとめ

Reactとは何か、React Nativeとの違いや案件の特徴、案件例・単価相場、必要スキル、獲得方法などを中心に解説しました。

Reactは、今後も需要の高まりが期待できる稼ぎやすい技術です。ただ、高単価のフリーランス案件を受けるには、ある程度の実務経験が求められます。未経験でフリーランスReactエンジニアを目指すなら、1〜3年の実務経験を積んでからのほうが高単価案件を受けやすくなるでしょう。

ITプロパートナーズでは、React案件を多数取り扱っています。フリーランスReactエンジニアを目指すなら、ぜひ活用してください。

フリーランスの方でこのようなお悩みありませんか?
  • 高額案件を定期的に紹介してもらいたい
  • 週2日、リモートワークなど自由な働き方をしてみたい
  • 面倒な契約周りはまかせて仕事に集中したい

そのような方はぜひ、ITプロパートナーズをご利用ください!

フリーランスの方に代わって高額案件を獲得
週2日、リモートなど自由な働き方ができる案件多数
専属エージェントが契約や請求をトータルサポート

まずは会員登録をして案件をチェック!

この記事を書いた人
ITプロパートナーズ編集部
ITプロパートナーズはITフリーランスの方に案件紹介をしているエージェントです。当メディア「アトオシ」では、フリーランスの働き方から仕事探しまで幅広い情報を日々発信しています。