【現役SEが解説】AzureとAWSの違いについて徹底比較

AzureはMicrosoft社の、また、AWSはAmazon社のクラウドサービスの名称です。

IT業界で働く方なら、一度は目にしたことがあるのではないでしょうか。それだけ有名なクラウドサービスです。

フリーランスとして、クラウドに関わる案件を受けるなら、AzureとAWSの違いを知っていなければなりません。

そこで今回は、AzureとAWSの違いについて解説します。

freelance

Azureとは

IT業界では、Azureと言えばMicrosoft Azureを指すくらい、広く知られているクラウドサービスです。かつてMicrosoft社は、Windowsなどのパソコン用OSを開発しているアメリカの大手IT企業という時代もありました。しかし、今はクラウドの最大手企業であり、その代表と言えるのがAzureです。

次から、全世界で利用されているMicrosoft社のクラウドサービス、Azureについて解説します。

  • Microsoft社はクラウド業界のトップ企業
  • Microsoft Azureは高い成長率が特徴
  • クラウド上のインフラとサービスとの連携が可能

 

Microsoft社はクラウド業界のトップ企業

Microsoft社は、当初はMS-DOSというパソコン用OSを開発するソフトウェア開発企業でした。今では、世界中のほとんどのパソコンのOSがMicrosoft製です。しかし、今ではパソコン用OSは、事業の一部でしかありません。

Microsoft社は、今はOffice365やoneDriveなどの多くのサービスを提供している、クラウドの最大手企業です。そして、そのサービスの一つがAzureです。

なお、「Azure」とは、英語の「青空」や「空」を意味する言葉で、「アジュール」と発音します。また、他のクラウド上のサービスと同じく、初期費用がかからず、使った分の費用を払う従量課金制が特徴です。

 

Microsoft Azureは高い成長率が特徴

Microsoft製の製品が最も多く使われているが、オフィスの中です。パソコンのOSはもちろん、そのパソコンで動作するOfficeのほか、パソコンが接続するサーバーでも、Microsoft製品が使われています。そして、多くの企業では、サーバーにアクセスする際の認証のため、Microsoft製のアカウント管理を実施しています。

もし、社内で使っていたアカウントで、クラウドの様々なサービスが使えるようになったら便利ではないでしょうか。既に、そうやってOffice365やoneDriveの他、テレビ会議ができるTeamsなどを会社のアカウントで活用している方もいるかもしれません。

そして、Azureでも、会社で使っているアカウントをそのまま利用できます。そのため、クラウドへの移行先として、Azureを検討する企業が数多くあり、高い成長率を実現できます。

 

クラウド上のインフラとサービスとの連携が可能

先ほど説明したように、Microsoft社のサーバー用アカウントは、Azureのサービスでも利用でますが、メリットはそれだけではありません。Microsoft社は、クラウド上でサービスを提供している多くの企業と協力しています。そのため、Azureで使えるアカウントは、そういったMicrosoft社以外のサービスの認証にも利用できます。

今後、ニューノーマルな働き方では、リモートワークが必須です。その点、社内で使えるアカウントが、そのままクラウド上のAzureのサービスや、提携している他のサービスで利用できるなら、リモートワークするうえで、大きなメリットと言えるでしょう。

AWSとは

AWSとは、Amazon Web Serviceの略で、アメリカのAmazon社が提供するクラウドサービスプラットフォームです。現在、全世界のクラウドインフラの1/3をAWSが占めるほど大きなシェアを持っており、最近はクラウド上でサーバーレスのサービスを作れるプラットフォームとしても注目されています。

次から、業界最大のクラウドプラットフォームである、AWSについて解説します。

  • AmazonはGAFAの一角
  • クラウドインフラ市場のトップ企業
  • サーバーレスを牽引するAWS

 

AmazonはGAFAの一角

IT業界における巨大でかつ独占的な企業の4社をGAFAと呼びます。そして、GAFAの4社とは、Google、Apple、Facebook、Amazonの4社です。なお、Amazonは、競合する企業が無いくらい巨大なeコマース企業ですが、クラウドプラットフォームAWSでも、他を圧倒するシェアを持っています。

そして、Amazonの特徴は、巨大なeコマースの需要を支える大規模なデータセンターを世界各地で運用しており、そのリソースの一部をAWSとして活用できる点です。そのため、Amazonが提供しているAWSは、クラウドとしては比較的安価で、しかも、多くの優秀なエンジニアがサポートしているサーバーが利用できます。また、新しい技術の導入にも積極的なため、安価に安全に、しかも最新のWeb技術が利用できるのがAWSの特徴です。

 

クラウドインフラ市場のトップ企業

クラウドサービスは全世界で利用されており、世界各地でデータセンターが稼働しています。そして、そのようなデータセンターの運営は、国際的な巨大IT企業が何社も関わっており、寡占化が進む成熟産業です。そして、中でもここ数年、最大のシェアを維持しているのがAWSです。

シンガポールの調査会社Canalys社の資料によると、2019年のクラウドインフラ市場のAWSのシェアは36%でした。これは、世界のクラウド上のサービスの1/3が、AWS上で稼働している、ということです。

 

サーバーレスを牽引するAWS

以前なら、Webサービスを始めるためには、データセンターでサーバーを借り、Webサービスに必要な機能を組み込む必要がありました。しかし、今は、いろいろな選択肢があり、サーバーを借りずにWebサービスを開始することも可能です。

このようなクラウドの仕組みをサーバーレスと呼びますが、そのサーバーレスでWebサービスを開始するのに最適なのがAWSです。AWSでは、サーバーを丸ごと借りることも可能ですが、Webサービスに必要な機能だけ、しかも、使った時間だけ借りれるサービスも使えるのが特徴です。

つまり、必要最低限の機能だけ借りてWebサービスを開始し、利用者が増えた時点で必要な機能を増設し、さらにサービスを充実させていく、といった賢い利用が可能です。

AzureとAWSの特徴を徹底比較

AzureとAWSは、先ほど説明したように、今のクラウドを支える2大サービスとも言える存在です。とはいえ、それぞれ特徴に違いがあり、得意とするサービスが違っています。次から、Microsoft AzureとAWSのそれぞれの特徴について解説します。

  • Azureの特徴とメリット
  • AWSの特徴とメリット

 

Azureの特徴とメリット

Azureのメリットとして挙げられるのは、Microsoft社が提供するクラウドサービスであるOffice365と連携できる点です。例えば、Webサービスでユーザーに登録してもらったデータを、oneDriveに書き出せたり、そのままExcelなどのOfficeアプリで使えるとしたら、かなり便利ではないでしょうか。さらに、Azureなら、そのデータを同じアカウントで従来の情報システムやファイルサーバーにも持っていけます。

Azureは、このように企業の情報システムとの連携に優れているのが特徴です。そのため、企業独自をデータセンターを廃止または縮小し、Azureを活用した情報システムの再構築を実現している企業が増えています。

 

AWSの特徴とメリット

クラウド上のサービスは多くの企業にとって魅力ですが、その構築と運用ができる人材がいるとは限りません。さらに、日本ではクラウドを活用できるITエンジニアが不足しています。そのため、AWSを利用するためには、外部の専門家を活用するのが一般的です。

その点、AWSは、主にWeb業界で使われるクラウドサービスとして有名であり、実績も多いことから、日本にも開発や運用に慣れたITエンジニアがたくさん働いています。そのため、フリーランスのITエンジニアとして働くなら、AWSの案件が見つかりやすいのもメリットです。

AzureとAWSの市場シェア

クラウドサービスの市場シェアは、サービスに着目するかインフラに着目するかによって、シェアの大きな企業が違います。そして、Azureを提供するMicrosoft社とAWSを提供するAmazon社は、どちらも大きなシェアを持っていますが、それぞれ違いがあり、よく特徴が出ています。次から、両者の市場シェアの違いについて解説します。

  • Microsoft社は企業向けSaaSのトップ企業
  • クラウドインフラはAWSがダントツ
  • AzureとAWSの2強を追うサービスは?

 

Microsoft社は企業向けSaaSのトップ企業

パソコンでよく使うアプリといえば、何を思い浮かべるでしょうか。WebブラウザとOfficeアプリを挙げる方が多いと思います。そして、Microsoft社のOfficeアプリである、Office365は、アプリをインストールしても使えますが、Web版でも利用可能です。さらに、oneDriveやSkype、Teamsなど、パソコン用の多くのサービスが、オフィスで使われています。

このようにMicrosoft社は、法人向けを中心に多くのクラウドサービスを提供しています。そのため、個人で利用するのはChromeやgmailだが、会社ではパソコンのEdgeとOutlookという方も多いのはないでしょうか。

なお、このようなクラウド上のサービスをSaaSと呼びますが、Microsoft社ほど企業向けのクラウドサービスを提供し、高いシェアを持っている企業はありません。そして、Synergy Research Group社の2019年の調査結果によると、Azureのサービスの一部を含むMicrosoft社の企業向けにクラウドサービスの売上は、市場シェアの17%であり、その成長率は34%だそうです。

 

クラウドインフラはAWSがダントツ

クラウドのシャアに関する正確な情報が少なく、統計を発表している会社によって、数字アが違っていたりします。しかし、クラウドインフラに限れば、AWSのシェアは圧倒的です。数年前には、世界中のクラウドインフラの売上の半分がAWSと言われたこともありました。

しかし、巨大IT企業の多くがクラウドに積極的に投資しており、Microsoftの他、Googleや中国のAlibaba、IBMなど、有力なライバルがしのぎを削っています。

Gartner社の調査結果によると、2018年のクラウドインフラのシェアは、AWSが47.8%、Azureが15.6%です。また、先ほども紹介したCanalys社の調査では、2019年のクラウドインフラのシェアは、AWSが32.7%で、Azureが14.2%でAWSがトップです。

 

AzureとAWSの2強を追うサービスは?

クラウドで有名な企業としては、GAFAの筆頭とも言えるGoogleが挙げられます。また、中国のAlibabaも成長率はAzureよりも上です。さらに老舗のIBMや企業向けサービスとして有名なSalesforceなど、AzureとAWSを追うサービスは幾つもあります。

しかし、それぞれのシェアは小さく、AzureやAWSには遥かに及びません。そのため、フリーランスの案件としては、AzureとAWSの2つに着目することをお勧めします。

azureとawsの違いを理解し使い分ける

クラウドを利用するなら、2大サービスとも言えるAzureとAWSのいずれかを利用するのをおすすめします。しかし、どちらでも良いという訳ではありません。それぞれ特徴があるので、利用したいサービスに合わせて選びましょう。

次から、AzureとAWSを利用するうえで、ぜひ、理解してほしい違いを解説します。

  • Azureを利用した方が良いパターン<
  • AWSを利用した方が良いパターン

 

azureを利用した方が良いパターン

ネットを探すと、クラウド上に多くの便利なサービスが見つかります。しかし、それぞれアカウントとパスワードを設定しなければなりません。個人向けのサービスなら、GoogleアカウントやFacebookのアカウントを利用し、ログインを省略して使っている方も多いでしょう。

しかし、ビジネスでは、セキュリティが重視されることから、会社で作ったアカウントとクラウド上のサービスで利用するアカウントを同じにはできません。

その点、Azureの仕組みを使えば、会社で作ったアカウントをAzureの認証にも利用できます。また、Azureを運営するMicrosoft社の技術サポートは充実しており、それを受けられるのもメリットです。そのため、企業の情報システムをクラウドに移設するなど、企業向けの案件は、まずはAzureの利用を検討してください。

 

AWSを利用した方が良いパターン

一口にクラウド上のサーバーを利用する、と言っても、サーバーを丸ごと利用するケースから、CPUやDISKだけを利用するケース、さらにデータベースなど特定のアプリの機能だけを利用するケースと様々です。Webサービスの構築するなら、利用者が増えた場合、どのように拡張していくかを含めて設計しなければなりません。

その点AWSは、どのようなシステムの拡張にも答えられるほどメニューが豊富であり、しかもその多くを利用した分だけ費用を払うシンプルな課金で利用できます。ただし、その分、システムの設計には、AWSのメニューに精通したエンジニアの参加が必要となるなど、技術力が問われる案件が多いとも言えます。

azureとawsの将来性と今後の需要

クラウドの2大サービスとも言えるAzureとAWSですが、フリーランスのエンジニアとして、どちらにフォーカスすればよいか、気になるのではないでしょうか。次からAzureとAWSの将来性と今後の需要について解説します。

  • クラウドは成熟しつつある
  • 企業向けのサービスはAzureが優位
  • AWSはサポートがネックに

 

クラウドは成熟しつつある

AzureとAWSの将来性を分析するには、今のクラウドの状況を検討しなければなりません。なお、今のクラウドは、まだまだ成長しているものの、何社かの巨大なIT企業に独占されつつあり、既に成熟産業になりつつあると言えます。

そして、その巨大なIT企業には、Azureを運営するMicrosoft社と、AWSを運営するAmazon社が含まれます。今後も、巨大なIT企業間のシェア争いは続くものの、AzureとAWSはこの先も利用でき、さらに競うように新しいサービスが増えていくでしょう。

 

企業向けのサービスはAzureが優位

Microsoft社と言えばパソコン用のOSの開発をほぼ独占していた企業でした。そのため、企業向けのパソコン用のOSは、Microsoft社が独占していたと言っても過言ではありません。そして、Microsoft社には、企業向けにパソコンやサーバーを販売するパートナー企業がたくさんあり、日本ではその多くが大手IT企業です。

従来、企業内で使うMicrosoft製品は、そういった大手IT企業などが、サポートも担当していました。今後、クラウドへの移行が増えれば、当然、Azureに関しても、そのパートナー企業がサポートを担当します。そして、そのようなサポートがあることで、Azureの利用がさらに増えると予想されます。

 

AWSはサポートがネックに

AWSには、多くのメニューが用意されており、その多くが時間単位の課金で利用できます。そのため、資金に乏しいWeb業界のスタートアップなどを中心に、利用が拡大してきました。

また、AWSには、利用スキルを認定する制度などもあり、AWSの運用をサポートできるエンジニアは増えています。さらに、AWSを利用するには高いスキルが必要なので、Web業界で働くフリーランスの需要は、今後も減ることはないでしょう。

しかし、AWSはAzureと違い、Microsoft社のパートナー企業のようにサポートを分担できる企業が日本ではまだ少数です。そのため、AWSを利用できる企業はそのまま使い続けるものの、導入できない企業はAzureなど、企業向けのサポートが充実しているサービスを採用すると考えられます。

まとめ:

これまで解説したように、AzureとAWSは、トップシェアを争う2大クラウドサービスです。そして、今はAWSの方がシェアも多く、フリーランス向けの案件も豊富ですが、成長率はAzureが上回っています。さらに、今後は、Azureを対象とした企業案件が増えると予想されます。そして、これまで解説したように、AzureとAWSにはそれぞれ特徴があるので、フリーランスとしてクラウド上の案件を受けるなら、その特徴の違いを理解しておきましょう。

bn04

もし、今あなたが

・フリーランスになるか悩んでる
・自分に合った案件があるのか不安
・そもそも何から始めればいいのか分からない

などお困りであれば、ぜひ弊社ITプロパートナーズのサポート内容を確認してみてください!

登録後、専属エージェントに無料相談もできますよ!

※週2日 / 30万〜のフリーランス案件を紹介中です
※ご経験やご希望によっては案件を紹介できない場合がございますのでご了承ください。


よく見られてる関連案件

b80c977483d024c14549510e194361fe 2_anken 3_anken
The following two tabs change content below.
株式会社ITプロパートナーズ

株式会社ITプロパートナーズ

「IT起業家・フリーランスの自立を支える」というビジョンの元、「週2日からの業務委託案件を紹介する、ITプロパートナーズ」を運営。 ■BestVenture100に創業初年度で選出 ■取材記事:自立する覚悟が、働き方を変える
freelance