Webデザイナーの平均年収っていくら?フリーランスとして活躍して年収を上げよう!

smiling businessman with computer relaxing on the beach
freelance

Webサービスを扱う企業が飛躍的に増えたことで、Webデザイナーの需要はぐんぐんと増しています。

しかしながら、決して高額な年収とは言えません。では、どうすればWebデザイナーとして高額な年収を得られるのでしょうか。

今回は、Webデザイナーの平均年収やフリーランスとして働くことで高額な年収を得られることについて詳しく紹介します。

なお、フリーランスのデザイナーになる方法など総合的な情報については「フリーランスデザイナーになるには?年収や注意点、案件獲得方法も解説」で、Webデザイナーの総合的な情報は「フリーランスWebデザイナーになるには?年収・スキル・案件獲得法も紹介」で解説していますので、併せてご覧ください。

Webデザイナーの平均年収

将来のために何かスキルを身に付けて働こうと思ったら、まず思い浮かぶ職業の1つがWebデザイナーです。

スキルを学ぶスクールがたくさんあり、ハローワークによっては無料の職業訓練としても受けられます。そして、Webデザイナーなら、自宅でも仕事ができるフリーランスとしても働けます。

では、Webデザイナーは、どれくらいの収入が期待できるのでしょうか。次から、Webデザイナーの平均年収の実態について、詳しく解説します。

  • 勤務形態別
  • 地域別
  • 条件別
  • 年齢別

勤務形態別

Webデザイナーは、会社に所属している方もいれば、フリーランスとして働いている方もいるなど、様々な勤務形態がある仕事です。そして、その勤務形態によって、平均年収が違っています。

例えば、Webページの制作を請け負うことの多い広告代理店に所属するWebデザイナーの平均年収は、450万円ほどです。

しかし、その下請けになりやすいWeb制作会社やデザイン会社に所属するWebデザイナーの平均年収はそれより低い年収となり、350万円から380万円ほどです。

また、広告代理店と契約して常駐で働くフリーランスや人材派遣会社所属のWebデザイナーの平均年収は、450万円ほどですが、在宅で働くフリーランスのWebデザイナーの平均年収は、250万円ほどしかありません。

なお、在宅で働くフリーランスは、フルタイムで働く方ばかりではなく、副業や内職としてやっている方もいるので、在宅で働くフリーランスの年収が低いという訳ではありません。

むしろ、週5フルタイムで働くエージェント経由のフリーランスWebデザイナーの平均年収は、雇用されているWebデザイナーの方よりも高額である場合が多いです。

地域別

地域別で見た場合、Web制作の仕事が最も多い東京のWebデザイナーの平均年収が最も高く500万円近くもらえます。

さらに東京周辺や大阪、名古屋などの大都市を含む地域のWebデザイナーの年収は高い傾向があり、350万円から400万円程度です。

一方、地方では東京や大都市圏よりも低い年収の方が多く、平均は280万円から315万円ほどです。

これは、地方では仕事の数が少なく東京などの大都市の仕事を下請けしているケースがあるからで、プログラマーなど他のIT系の職種でも同じ傾向が見られます。

条件別

比較的なりやすい職業のWebデザイナーは、同程度のスキルを持つ方が多く、案件による報酬の差はほとんどありません。しかしWebデザイナー以外のスキルを持っている方なら、より高い報酬が得られます。

例えばWebページを制作できるだけでなく、JavaScriptなどでフロント側のプログラムができる方は、プログラマーと同程度の報酬が期待できます。さらに、チームをまとめられるWebディレクターの仕事もできる方なら、Webディレクターと同程度の報酬がもらえるでしょう。

このようにフリーランスのWebデザイナーの方は、他の人を同じスキルだけでは低い年収のままですが、プラスアルファのスキルを持ちその条件に合った案件を受注することで、年収をアップが可能です。

年齢別

年齢別に見た場合、経験が少ない20代前半のWebデザイナーの平均年収は300万円に達しておらずかなり低いと言えます。

そしてその後、経験を積む毎に年収が上がり30代なら400万円以上、40代なら500万円以上の年収が可能です。

ただし会社に所属していると、年齢が上がれば管理の仕事を任され役職に就くことで年収もアップします。

しかし、フリーランスで働く場合は自分のスキルで評価されます。そのため、フリーランスの方は経験年数ではなく、Webデザイナーとしてのスキルの他にプログミングスキルやディレクションスキルなどを身に付けることで、高い年収を実現できるようにしましょう。

Webデザイナーとして年収アップを狙うためのキャリアパス

先ほど簡単に触れたように、経験の少ないWebデザイナーの年収は高いとは言えません。むしろ、Webエンジニアなどと比べるとかなり低いのが現実です。

ではどうやったら年収アップを実現できるのでしょうか。

  • まずは3年間同じスキルセットを極める
  • 条件の良い会社へ転職する
  • フリーランスのwebデザイナーになる

まずは3年間同じスキルセットを極める

Webデザイナーに求められる基本的なスキルを身に付けて就職したとしても、ベテランのWebデザイナーと同じ仕事ができる訳ではありません。顧客の要望を自分なりのイメージに具体化し、それをWebページで表現するためには、高いスキルが求められます。

Webデザイナーとして仕事をする以上、ベテランの方と比べて大きく見劣りするようなものは作れません。そこで、まずは3年間同じスキルセットのスキルアップを目指しましょう。

条件の良い会社へ転職する

多くのフリーランスが活躍するWebデザイナーの働き方は、一つの職場で長く働けば良いというものではありません。

待遇に不満があったり、自分のスキルの価値を認めてくれない場合はもっと条件の良い企業に転職したり、フリーランスになるのが普通の働き方です。

Webデザイナーとしてのスキルにある程度自信が付いたら、年収アップのために転職を検討してください。

なお転職を考えることとは、自分のスキルを見直すいい機会です。これからどんなWebデザイナーを目指すか、またそのためにどんなスキルを学ぶべきかを考えて、転職先を選びましょう。

フリーランスのwebデザイナーになる

会社に勤めていると、顧客が払うお金の全てをもらえる訳ではありません。とはいえ、自分はこれだけの仕事をやっているのにそれが給料に反映されていないと感じる方はたくさんいます。

Webデザイナーとして収入アップを目指すなら、いつかは独立してフリーランスとして働くべきでしょう。

なお、一口にフリーランスのWebデザイナーと言ってもその役割は人によって大きく異なります。

Webページの制作全般に関わるWebディレクターのような役割をされる方や、Webエンジニアと同じようにJavaScriptのプログラミングをこなす方もいます。

また、マーケティングが得意でコンサルタントのような仕事をされる方もいます。もし、高収入なフリーランスを目指すならWebデザイナーの基本的なスキルの他に、このようなより稼げるスキルも習得しましょう。

フリーランスWebデザイナーの単価相場

経験が少なくても比較的簡単にフリーランスとして働けるWebデザイナーの仕事ですが、最初から平均年収ほど働けるとは限りません。中には、会社員時代よりも使えるお金が減ってしまう方もいます。

次から、フリーランスWebデザイナーの単価相場について紹介します。

  • 経験年数1年 初級者レベルの年収は200万円から400万円
  • 経験年数3年 中級者レベルの年収は400万円から600万円
  • 経験年数5年以上 上級者レベルの年収は600万円以上

経験年数1年 初級者の年収は200万円から400万円

Webデザイナーの仕事は、スキルさえを学べば経験がほとんどなくてもできます。(ポートフォリオに載せられる程度の成果物は必要)これはちょうどクライアントから言われた通りのWebページを作っている初心者のレベルで、年収は200万円から400万円程度です。

言われた通りのものを作りそれをクライアントに見て判断してらもっている段階は、作業をやっているだけで仕事をしているとは言えません。

プロとしてWebデザイナーとしてやっていくには、クライアントが欲しいデザインを自分で考えて提案し、採用してもらえなければなりません。

このレベルの方は、デザインを学びスキルをアップさせて自立できるプロを目指しましょう。

経験年数3年 中級者の年収は400万円から600万円

中級者ではクライアントと交渉してデザインを検討したり、初級者の方に対する仕事の指示を担当します。

中には、Webディレクターと同じ仕事もできる中級者もいます。そのようなWebデザイナーとしてバリバリ仕事ができる、中級者のフリーランスの方の年収は400万円から600万程度です。

なお、フリーランスのWebデザイナーの中ではこの年収は高い方ではありません。

より、高い年収を目指す場合はWebデザイナーとしてのスキルの他に高い報酬が得られるスキルを身に付ける必要があります。

経験年数5年以上 上級者の年収は600万円以上

IT業界で働く方の中で、Webデザイナーの平均給料は高い方ではありません。それでも年収1000万円を超えている方がいます。

同様にフリーランスのWebデザイナーの報酬も他の業種の方に比べると低い方ですが、年収1000万円以上の上級者もいます。

多くの日本人がインターネットにアクセスできる今の時代、企業のWebページはその企業のイメージを決定する重要な広告媒体です。

しかしながら、Webページをうまく活用できていない企業も少なくありません。上級レベルのWebデザイナーは、そのような企業に対してコンサルタントのように企業イメージを向上させるWebページを提案できる方です。

フリーランスのWebデザイナーのキャリアアップ先として、ぜひこのような働き方を検討してください。

フリーランスのWebデザイナーが高単価案件を獲得する方法

Webデザイナーのフリーランスになった場合、最初から単価の高い案件が受けられるとは限りません。むしろ、単価の低い案件しか受けられない方の方が多いくらいです。

では、高い単価の案件を受けるには、どうすれば良いのでしょうか。次から、フリーランスのWebデザイナーが高単価案件を獲得する方法について紹介します。

  • SNSでポートフォリオを公開する
  • フリーランスエージェントへの登録

SNSでポートフォリオを公開する

未経験からWebデザイナーのフリーランスになった方が、なかなか高い案件を受けられません。

これはあなたにどれだけのスキルがあるか、注文される方が解らないからです。もし高いスキルを持つことを証明できれば、高い単価の案件をお願いしたいと思うでしょう。

Webデザイナーが自分のスキルを紹介するために使われるのがポートフォリオです。なお、ポートフォリオとは元々「紙ばさみ」や「書類入れ」という意味があり、フリーランスのクリエイターにとってはクライアントに自分の実績や力量を評価してもらうための作品集という意味で使われます。

ぜひ今のスキルで作れる最高の作品をポートフォリオとしてSNSなどで公開して、フリーランスとしての営業活動に役立てましょう。

フリーランスエージェントへの登録

フリーランスになったら、仕事をどうやって獲得するかが重要な課題です。しかし、知り合いからの紹介だけでは高い単価の仕事ができずに悩んでいる方もおられるでしょう。

ここ数年フリーランスで働くエンジニアが増えたことで、仕事を探しているフリーランスとフリーランスに仕事を依頼したい企業とのマッチングを行うエージェントが増えています。ぜひ、そのようなフリーランス向けのエージェントを活用してみてください。

エージェントを利用すると報酬の一部を手数料として引かれてしまいますが、あなたのスキルに合った単価の高い案件を紹介してもらえます。ぜひ、Webデザイナーの案件を多く扱うエージェントに登録して活用しましょう。

手前味噌ですが、弊社サービス「ITプロパートナーズ」ではWebデザイナーのフリーランス案件を数多く取り揃えております。

ぜひご相談ください。

フリーランスのWebデザイナーとして働く際の注意点

会社に勤めているとミスをしても会社が守ってくれますが、フリーランスは誰も助けてくれません。全て自分の責任でやるのが基本です。もしフリーランスのWebデザイナーを目指すなら、この点をしっかり考えて仕事に取り組んでください。

次から、フリーランスとして働く際に特に注意してほしい点について解説します。

  • フリーランスは信用が第一
  • 仕事を切らさない工夫を
  • スキルアップの機会を作る

フリーランスは信用が第一

フリーランスとして働くうえで、最も注意してほしい点が信用を失うことをやってはいけないという点です。信頼は得るには時間がかかりますが失うのは一瞬です。信頼を失うような行動をしてはいけません。

なお、フリーランスが信頼を得る方法とはクライアントが納得できる仕事を心がけることです。些細なことでも隠さずに必ずクライアントと相談して、仕事に対する誠意を見せるようにしましょう。

仕事を切らさない工夫を

会社に所属していれば会社が仕事を用意し、毎月給料を払ってくれます。しかし、フリーランスは自分で仕事を探していかないとお金がもらえません。フリーランスを続けるためには仕事を切らさない工夫が必要です。

フリーランスが仕事を得るには、知り合いやクライアントから仕事を紹介してもらったり、エージェントを利用するといった方法が一般的です。

そのような仕事を紹介してくれる方やエージェントを複数持つなど、今の仕事が終わる前に次の仕事を紹介してもらえるようにしましょう。

スキルアップの機会を作る

先ほど説明したように、フリーランスは信用が大事です。そのため、親しい顧客からの依頼は簡単には断れません。

しかし、そのような仕事の中には今のスキルでは対応できない難しい仕事も含まれているでしょう。そのような仕事は、ぜひ自分のスキルアップの機会として活用しましょう。

フリーランスは、自分で仕事を選べる点がメリットの1つですが、仕事に追われていることが多くなかなか学ぶ機会を作れません。

しかし、スキルアップできなければライバルが多いことからやれる仕事も減ってしまいます。フリーランスとして働くならできるだけスキルアップの機会を作りましょう。

未経験からフリーランスのWebデザイナーになることは可能?

Webデザイナーに必要とされる基本スキルは比較的習得が簡単なことから、多くの方がWebデザイナーを目指しています。

その中には、未経験からフリーランスを目指す方もいるでしょう。では、未経験からフリーランスのWebデザイナーになれるのでしょうか。

次から未経験からWebデザイナーを目指す方方法を紹介します。

  • スキルはスクールでも学べる
  • 仕事を獲得する方法をどうするか

スキルはスクールでも学べる

Webデザイナーに必要なスキルは、デザインについての知識とツールを使いこなすスキルです。

そして、このようなスキルは専門学校などのスクールで学べます。むしろWebデザイナーとして就職するには、スクールなどでこのようなスキルを習得していなければなりません。

未経験からWebデザイナーを目指すなら、この2つは最低限マスターしておきましょう。

最近では、youtube等の無料アプリケーションでWebデザインのスキルアップについて解説している動画もあります。

もし自学自習が得意であれば、スクールに通う必要は無いでしょう。

なお、フリーランスのWebデザイナーとして活躍するためには他にも覚えておきたいスキルが数多くあります。

ツールを使ってWebサイトのデザインができるようになったからと言って安心せず、必要と感じたスキルを積極的に学ぶ習慣を身に付けておきましょう。

仕事を獲得する方法をどうするか

フリーランスになった場合、最も重要なことは仕事を切らさないことです。会社勤めの場合、営業が仕事を取ってきてくれて、毎月給料がもらえます。しかし、フリーランスは自分で仕事を見つけないとお金がもらえません。

特にフリーランスになったばかりの方は知名度と信用が無いことから、仕事の獲得に苦労します。会社に勤めていた方なら、前の会社から仕事を紹介してもらうということも可能ですが、未経験からフリーランスになった方はそうはいきません。

そのため、もし未経験Webデザイナーからフリーランスとして働く事を目指す場合には、ランサーズやクラウドワークスなどのクラウドソーシングサービスで簡単な案件をこなし知名度と信用を稼ぐことから始めましょう。

Webデザイナーの平均年収っていくら?フリーランスとして活躍して年収を上げよう! まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回はWebデザイナーの平均年収を紹介した流れで、どうすれば年収を上げる事ができるのかについてご紹介しました。

基本的にはWebデザイナーとして転職を繰り返す中でキャリアアップし、年収を上げていくというのがオーソドックスなスタイルでしょう。

しかしながら、Webデザイナーとしてのスキルに自信が付いてくる3年目〜5年目には、ぜひフリーランスとして挑戦してみてはいかがでしょうか?

Webデザイナーとしてフルスタックを目指す過程で、Webディレクター・PMなどを任されるようになれば年収1,000万も決して夢物語ではありません。

もし「Webデザイナーとしてフリーランスで食っていこう!」と決心された方、または「挑戦はしてみたいけど、少し悩んでるなぁ」なんて方がいましたら、弊社ITプロパートナーズへご相談ください。

お待ちしております!それではまた!

フリーランスの方でこのようなお悩みありませんか?
  • 高額案件を定期的に紹介してもらいたい
  • 週2日、リモートワークなど自由な働き方をしてみたい
  • 面倒な契約周りはまかせて仕事に集中したい

そのような方はぜひ、ITプロパートナーズをご利用ください!

フリーランスの方に代わって高額案件を獲得
週2日、リモートなど自由な働き方ができる案件多数
専属エージェントが契約や請求をトータルサポート

まずは会員登録をして案件をチェック!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です