在宅Webデザイナーの年収っていくらくらい?年収を上げる3つのコツも解説!

こんにちは。ITエンジニア・webディレクター・webデザイナーなどのIT人材の自立・キャリアを支援するITプロパートナーズ編集部です。

弊社では、独立精神旺盛な優秀なエンジニアの方々の独立・起業サポートや、フリーランス支援を行っています。

こちらでは、日々の現場でサポートさせていただいている中での、プロの目線で、エンジニアに役立つお話をしてまいります。

今回は、在宅webデザイナーの年収についてお話しします。

最近では少しずつではありますが在宅、リモート案件が増えてきています。

そんな中、年収について気になる方は多いのではないでしょうか?在宅でも食べていけるだけの年収は欲しいですよね。

そこで、今回はwebデザイナーがどれほどの年収をもらえるのか細かく説明します。

これを読めば、在宅webデザイナーの年収についてイメージができるでしょう。

それではみていきましょう!

freelance

Webデザイナーの年収相場パターン3つ

shutterstock_313380641

専門知識が必要なため、単価の高いイメージのあるWebデザイナーの仕事。

会社勤めの場合、だいたい年収300〜400万円が相場なようです。

では、実際のところ、在宅でWebデザイナーの仕事をしている人の年収はどれくらいなのか?3つの仕事のパターンで調査しました。

  • コンペ形式の案件の場合
  • 求人募集に応募する場合
  • プラスαのスキルがある場合

それぞれ見てきましょう。

1.コンペ形式の案件の場合~在宅Webデザイナーの年収~

クラウドソーシングサイトでよく見かけるタイプですが、ひとつの案件にたくさんのWebデザイナーが応募するというものです。

多数の応募作品の中から採用されるのは一人だけなので、競争率が高くなっています。採用されれば数万円の報酬になりますが、採用されなければゼロです。

2.求人募集に応募する場合~在宅Webデザイナーの年収~

インターネットで検索すれば、在宅Webデザイナーの求人情報は数多く出てきます。

実務経験やある程度のスキルはどこも問われますが、うまく採用に結び付けば、スキル・経験により月収20万円〜(年収240万〜)の収入が見込めます。

熟練したベテランになると、年収400万円程度になることもあるようです。

3.プラスαのスキルがあるとさらに年収アップ!?~在宅Webデザイナーの年収~

さらに、日常会話以上のレベルの英語力など、プラスαのスキルがあれば、年収450万以上を目指すことも可能です。

また、プログラミングの技術があったり、ディレクションも手がけたりしていると、年収500万円を超えることもできます。

在宅Webデザイナーの年収は高報酬の案件獲得が大切?

shutterstock_401371993

在宅Webデザイナーの年収は高報酬の案件を獲得できているか?で決まってきます。

案件獲得のために大切なことを、ここでは解説していきます。

ポートフォリオで存在をアピールする

在宅Webデザイナーが収入を得られるようになるには、まず自らの存在をアピールしないといけません。

自分がここにいるんだということを知らせないと、仕事はやってこないからです。

そのためには、まずポートフォリオを作成することが必要です。ポートフォリオがあれば、自分の実力を証明することができます。

友人や知人・SNSなどで営業する

次に、積極的に営業することも必要です。

まずは、身近にいる友人や知人にWebデザイナーをやっていることをSNSやメール、電話などで広く知らせましょう。

人脈を作るためにも、異業種交流会などのビジネスの集まりに出て、周りの人に自分の制作物を見せたりして、積極的にアピールすることも必要です。

すぐには無理かもしれませんが、いつか「Webデザインが必要になったからあの人に連絡しよう」と思ってくれる人が現れるかもしれません。

やり方によっては、家にいながら会社員並みかそれ以上に稼げるWebデザイナーの仕事。会社勤めが難しくても仕事をしたい方は、ぜひスキルや知識を身につけてチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

WEBデザイナーの案件を確認したい方はこちらからどうぞ。

在宅Webデザイナーの年収ってどうやってあげたらいいの?

shutterstock_572542648

海外ではWebデザイナーの年収はかなり高い事がわかりました。

在宅Webデザイナーとして年収を上げるために海外で働くのは、1つの手ですが、もっと現実的にWebデザイナーの年収を上げる方法が3つあります。

1.Webデザイナーとして転職して年収を上げる

一番手っ取り早いのがこの方法かと思います。転職をする事でWebデザイナーの年収が上がるケースは数多くあります。

転職以外にもおすすめなのが、Webデザイナーとしてフリーランスになる道です。

フリーランスでしたら、好きな時に好きな単価の案件をこなす事ができます。

自分次第で上限無く稼げてしまうのがフリーランスです。

もしフリーランスのWebデザイナーとして活躍されたい方は、弊社のエージェントにご相談ください。

2.様々なソフトを使えるようにしたり、他の言語の習得に挑戦する

Webデザイナーが主に使うソフトはphotoshopやillustratorでしょう。

もちろん、photoshopやillustratorだけで、デザインを補えればいいですが、積極的に他のソフトを使うことによってディテールにこだわれる幅が広がる可能性があります。

加えて、CSSやHTML、Javascriptができれば、Webデザイナーとしてかなり重宝されますし、phpやJavaなどのプログラミングも習得すれば年収を上げる事は難しくありません。

3.マーケティングについての理解を深める

もちろん、Webデザインはカッコいいデザインや可愛いデザイン、イケてるデザインであった方が良いですが、クライアントの要望通りに作らなければならない事も多くあります。

クライアントがどのようなものを求めるのか。という事をマーケティングの観点で見れるだけで

Webデザイナーとしての市場価値は上がります。その結果、Webデザイナーの年収も上がるのです。

webデザイナーで年収の良い「在宅正社員」案件ってあるの?

shutterstock_334693031

ところで、Webデザイナーの在宅求人案件ってどうやって探せば良いのでしょうか?

色々なサイトを調べてみましたが、アルバイトや派遣スタッフ案件が多いような印象です。

もし在宅でWebデザイナーとしてお仕事をされたい場合は、アルバイト、派遣スタッフ、もしくはフリーランスでお仕事をするのが現実的なのかもしれません。

まとめ:Webデザイナーの年収を上げるにはスキルとアピールが大切

Webデザイナーとして年収を上げるには、スキルとそれをいかにアピールできるか?が大切です。

あなたのWebデザイナーとしての価値を再認識して、積極的にアピールして年収を上げていきましょう。

bn04

もし、今あなたが

・フリーランスになるか悩んでる
・自分に合った案件があるのか不安
・そもそも何から始めればいいのか分からない

などお困りであれば、ぜひ弊社ITプロパートナーズのサポート内容を確認してみてください!

登録後、専属エージェントに無料相談もできますよ!

※週2日 / 30万〜のフリーランス案件を紹介中です
※ご経験やご希望によっては案件を紹介できない場合がございますのでご了承ください。


よく見られてる関連案件

b80c977483d024c14549510e194361fe 2_anken 3_anken
The following two tabs change content below.
ITプロパートナーズ 代表取締役 木村 直人

ITプロパートナーズ 代表取締役 木村 直人

「すべらない起業論」編集長であり、エンジニアの起業・独立・フリーランス支援のプロエージェント。大手損害保険会社を経て、I&G Partners(現アトラエ)入社。成功報酬型求人サイト「Green」の立ち上げから関わる。その後、「IT起業家・フリーランスの自立を支える」というビジョンの元、「週2日からの業務委託案件を紹介する、ITプロパートナーズ」を立ち上げる。 ■BestVenture100に創業初年度で選出 ■取材記事:自立する覚悟が、働き方を変える
ITプロパートナーズ 代表取締役 木村 直人

最新記事 by ITプロパートナーズ 代表取締役 木村 直人 (全て見る)

freelance

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です