Webデザイナーが食いっぱぐれないために身につけるべきスキルとは?

freelance

こんにちは。ITエンジニア・webディレクター・webデザイナーなどのIT人材の自立・キャリアを支援するITプロパートナーズ編集部です。

Webデザイナーが、仕事を続けていくためにはどんなスキルが求められるのでしょうか?
一般的にWebデザイナー必要なスキルから、年齢別で求められるWebデザイナーのスキルを見ていきましょう。

Webデザイナーが仕事を続けていくために必要なスキルは?

Webデザイナーは基本的に多くのスキルを持っていた方が重宝されます。
なので、今回はWebデザイナーが仕事を続けていく上で、いくつか必要になるスキルについて記述します。

1,デザインの知識

なんと言ってもまずは、デザインの知識が必要です。デザインセオリーやタイポグラフィー、色彩などの知識は必須と言っても良いでしょう。

2,Webデザインツールを使用するスキル

Photoshop、Illustrator、Dreamweaver、Flash、FireworksなどのデザインツールはWebデザイナーの仕事をする上で確実に必要になります。

3,コーティング、プログラミングの知識

HTML、JavaScript、ActionScript、PHP、jQueryなどのコーディング技術やプログラミング技術は最近では必須スキルとなりました。

4,Webマーケティングの知識

マーケティングの基礎知識、SEO、SEMなどの知識があると、Webマーケティングの観点から、Webデザインのアプローチができるので、職場では、非常に重宝されます。

5,コピーライティングの技術

Webデザイナーは業務の中で、文字を書くこともあります。なので、コピーライティングの技術があると良いでしょう。

6,ビジネススキル

コミュニケーションスキルやプレゼン能力は、どこの職場でも求められるスキルなので、当たり前のように会得しておいた方が良いでしょう。

7,マネージメント力

Webデザイナーとして成熟した頃には、チームでプロジェクトを任されることもあります。その時にマネージメント力があれば、引く手数多な人材になることができるでしょう。

 

さて、どの年代にも共通するWebデザイナーが身につけるべきスキルをを見てきたところで、次は年代別に身につけるべきスキルを見ていきましょう!

20Webデザイナーに求められるスキルとは?

20代でWebデザイナーへの転職を考えている場合は、これから先の40年近くをWebデザイナーとして働く意気込みで、先を見据えた上での自身のスキル構築が必要となります。

経験が浅いからこそ、斬新なデザインを提供し、新しいトレンドを習得しつつ、クライアントの希望に沿うようなWebデザインを作り上げるスキルが求められてきます。

Webデザイナーが身につけているべき基本的なスキルを既にマスターしていなければ仕事になりません。例えば、コーティング、プラグラミィングのHTML、JavaScript、Wordpressなどがスキルとしてあげられます。

HTMLは、最近ではオーサリングツールを使用することにより、HTMLを使用しなくてもデザインを完了出来ることもあります。しかしWEBデザイナーとしてHTML、HTML5は、必要不可欠な基本的スキルとなるので、マスターしておくことオススメします。

20代だからこそ、最新のトレンドや流行りを身につける

若手のWebデザイナーとして、最新のトレンドを把握しておくことも、転職にプラスに働くことになります。経験少ない分、今までにない斬新デザインをクライアントも求めていることが多いのです。他の誰かにはない感性を上手く引き出して自分のものにしておきたいものです。

最近では、レスポンシブWebデザインが注目されています。

最近のスマートフォン普及により、WebはPCで見るものから、携帯やタブレットで閲覧する時代になってきています。より日常的にWebデザインが溢れているのです。

日常的にWebデザインがあふれているからこそWebデザインのマルチデバイス化が求められているのです。レスポンシブWebデザインの手法は、ブラウザの横幅をWebサイト表示の基準として、ページレイアウトを調整できる手法になっており、業界では注目を浴びてきてます。こういったところも抑えておきたいことろですよね。

20代のWebデザイナーとして、身につけておくのは技術スキルだけでは不十分!

20代のWebデザイナーはまだ経験も浅く、身についているスキルも少ないことが現実です。

クライアントからの信頼も、これから得て行く状況下にあります。クライアントからの信頼を得るということも重要なスキルです。期限を守ることはとても重要なことですし、感じの良い挨拶ができるのも重要なスキルです。クライアントや職場でのコミュニケーションを取るのも必要なスキルと言えるのです。

これらのことを考えても、20代のWebデザイナーは、Webデザイナーとしての専門的スキルよりも、これから仕事を広げていく上での社会人的スキルを重要視されることも少なくありません。

Webを媒体としての宣伝に、投資する企業は増えてきますので、他の誰かとの差別化するためにも、20代のWebデザイナーが身につけつべきスキルをしっかりと理解していきたいものですね。

30代のWebデザイナーにまず求められるものとは

まずはWeb制作の力をつけましょう。なんでも作ってみる事が大事です。

フォトショップでバナーを作ってみる。HTMLとCSSを使ってホームページを作ってみる。

私がWebデザイナー採用の面接をしている時、「Webの職業訓練校にいきました」「Webデザイナーとして3年働いていました」などなど…。

一番大切なことは、あなたは何ができるかという事が重要なんです。

私はフォトショップでバナーが作れます。

HTML5でコーディングができます。

javascriptでこんなものを作りました。

Webデザイナーとして3年働いたとしても、ただ言われた事だけやっていた人は正直雇い主からしたら物足りないでしょう。

30代Webデザイナーの面接官は実績以外ほとんどみない。20代のWebデザイナー面接とはここが違うところです。

製作の現場に人柄なんてあんまり重要じゃありません。とにかくスキルです。実績が重要です。肩書なんてはっきり言ってどうでもいいんです。資格なんていらないんです。

まずはWebデザイナーとして、何を作れるのかがとても大切です

多くの経験が必要です。どんなことができるか、まずは多くの作品を作りましょう。

沢山の作品を作ることが一番大事で、逆に言うとそれ以外は特に必要ないんです。

その次の段階で、「正確性」や「スピード」が求められますが、まずはスキルが求められます。

間違えないで欲しいのは、Webディレクターとなると話は別です。Webディレクターはコミュニケーション能力がとても大事です。

Webデザイナーである技術者はとにかくスキルが重要です。コミュニケーション能力はその次の段階と思っていて問題ないでしょう。

30代Webデザイナーが必要とされる、4つのスキル

30代でWebデザイナーが身につけるべきスキルは「スピード」「質」「技術」「ディレクターとのいい関係」。とにかく勉強のため、多くの作品を作りましょう。そして制作と同時にスピードや技術、質を意識して組んでいくことが重要です。この4つスキルを身につけたら、3年後には高給取りになります。

30代のWebデザイナーに求められるスキルについてのまとめ

Webデザイナーという職業は、最初は本当に過酷です。ですが、その過酷な状況を一つずつ解決していけば、とても楽しくてやりがいのある職業だと思います。誰にも真似できないWebデザインをことができることは素晴らしいスキルです。30代で4つのスキルを身に付けたWebデザイナーはやりがいだけでなく、納得いくだけの収入を得ることができるでしょう。

弊社(ITプロパートナーズ)はWebデザイナーの魅力的な働き方」を追究しております。Webデザイナーに対しての週2日からの案件紹介はもちろん、無料で悩み相談なども承っております。まずは簡単に弊社のサービスにご登録下さい!

まとめ

いかがでしたでしょうか。
今回は【Webデザイナーが食いっぱぐれないために身につけるべきスキルとは?】
ということで記事を書かせて頂きました。

Webデザイナーのスキルは、なかなか定量的に判断することが難しいので、「自分はWebデザイナーとしてやっていけるんだろうか?」などの不安がつきまとうと思います。

ですが、しっかりとしたスキルを身につけることで、現実的に活躍することが可能です。
しっかりと活躍することで、仕事への不安に打ち勝っていきましょう!

bn04

もし、今あなたが

・フリーランスになるか悩んでる
・自分に合った案件があるのか不安
・そもそも何から始めればいいのか分からない

などお困りであれば、ぜひ弊社ITプロパートナーズのサポート内容を確認してみてください!

登録後、専属エージェントに無料相談もできますよ!

※週2日 / 30万〜のフリーランス案件を紹介中です
※ご経験やご希望によっては案件を紹介できない場合がございますのでご了承ください。


よく見られてる関連案件

b80c977483d024c14549510e194361fe 2_anken 3_anken

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です