【Webデザイナーの平均年収が低すぎる!】Webデザイナーの年収を飛躍的に上げる方法とは!

初めまして、ITプロパートナーズ木村です。

IT人材・フリーランス人材のキャリア支援のプロ目線から皆さんへアドバイスできる事があるのではないかと思い、「すべらない起業論」で記事を書かせてもらっております。

「Webデザイナーの年収って少なくない?」と思われている方って多いのではないでしょうか。

確かに、実際Webデザイナーの年収は少ないというデータもあります。

今回は実際にWebデザイナーの年収に関して、実際年収が低い事の裏付けや年収を上げるための対処方をレクチャーしていきたいと思います。

freelance

Webデザイナーの平均年収っていくらくらい?

Webデザイナーは他のIT専門職と比較して平均年収が低いイメージが定着しているかと思います。

実際のところ平均年収はどれくらいになるのでしょうか。

日本ではWebデザイナーの年収は大体300万円程度と言われてます。

月25万円ほどなので、新卒の初任給に負けてしまう可能性すらあります。

他職種と比べ、平均年収だけを見てみると、決して高い水準とは言えません。

他のデザイナー職の平均年収はどれくらいになるのでしょうか。

プロダクトデザイナーは約440万円、グラフィックデザイナーは約340万円と言われています。

工業系のプロダクトデザイナーの年収はwebデザイナーより高く、他のデザイナー職はwebデザイナーより少しだけ高い水準となっています。

全体の平均年収が約440万円と言われているので、一般的なデザイナー職自体が平均から少し低い収入水準となっています。

Webデザイナーと言っても、個々でスキルは変わってきます。

あくまで平均年収ですので、webデザイナーが全く稼げないというわけではありません。

一般的に平均年収を稼ぐwebデザイナーは、フォトショップやイラストレーターなどを使い、ある程度のデザインができるといったスキルになります。

Webデザイナーの中でも、コーディングもできる方やマーケティングの知識がある方などは年収が上がってきます。

今はwebサイトを制作して終わりではなく、公開してどのように活用していくかが求められており、webデザイナーもそのようなスキルを身につけていく必要があります。

Webプロデューサーやwebディレクターは年収が上がり約440万円と言われています。

そのような職業では、クライアントとのコミュニケーション能力が求められるなど、よりスキルアップが必要になります。

ですが、スキルアップを図ることでwebデザイナーでも平均年収を上げていくことは可能になります。

弊社(ITプロパートナーズ)では、Webデザイナーのフリーランスとして活躍する方に対して案件を紹介したり、無料相談にのったりしております。まずは弊社のサービスにご登録ください。

なんでWebデザイナーの年収ってこんなに低いの?

では、なぜWebデザイナーだけ年収がこんなに低いのでしょうか?

ここからは、その理由について説明していきますね。

年収は、需要と供給のバランスで決まります。

webデザイナーの年収が低いのは、このバランスが崩れていることが原因になってきます。

その多くの原因は以下の二つになります。

  • webデザインしかできない
  • 未経験からwebデザイナーになる人が多い
  • webデザインしかできない

今はwebサイトを制作するツールなども便利になってきており、簡単にデザインもできるようになってきています。

デザインに対するハードルが下がってきている中で、webデザインしかできないwebデザイナーの需要は減っていっています。

そのような現状の中でも、webデザインにプラス@で技術を持つwebデザイナーは収入を上げていくことが可能です。

今のwebデザインはスマホ化が求められています。

UIの知識を持って、アクセス解析も見ることができ、PDCAを回してデザインができる人は需要も高く、年収も飛躍的に上がっていきます。

また、他の職種の方のことまでできるwebデザイナーも求められています。

サイト制作に当たっては、ディレクターやエンジニア、ライターなど多くの方が関わります。

そのサイト制作に関わる他の技術もできることで、webデザイナーに任せることができ、案件の単価も向上します。

Webデザイナーとして価値を高めていくために、時代の変化に合った複合的なスキルを身につけると年収も上がっていきます。

常に時代の変化を読み解く能力が最も重要になってきます。

・未経験からwebデザイナーになる人が多い

Webデザイナーになるにあたり、必要な資格等はありません。

ですので、webデザイナーになろうと思えば誰でもなることができます。

なので、いわゆる修行弟子のような身分で、未経験からwebデザイナーの方も多いです。

そういった方も含めた平均年収になっているので、どうしても平均年収は低くなってしまいます。

さらに今ではクラウドソーシングも主流になってきております。

営業が苦手なフリーランスの方がそれらを利用して案件を獲得するのはいいのですが、どうしても単価が低くなってしまいます。

そのようにフリーランスwebデザイナーでジリ貧になってしまっているのも現状としてあります。

そのようなwebデザイナーはより早くスキルを身につけ、転職や独立などステップアップを目指しましょう。

海外のwebデザイナーの年収は?

では、日本と比較して、海外のWebデザイナーの平均年収を見てみましょう。

  • アメリカ:約780万
  • カナダ:580万
  • イギリス:420万
  • オーストラリア:680万
  • ニュージーランド:600万

全体的に日本より平均年収が高くなっています。

海外では専門技術に対する評価が高いため、日本より平均年収が高くなっています。

海外の専門技術を学ぶ学校は、卒業するのも大変なほど勉強が難しいです。

さらに企業からは即戦力を求められるので、どの学生もインターンなどを経て入社します。

しかも、リストラなども日本に比べて多いので、常に技術を学んでいなければ解雇される可能性もあるので、常にwebデザイ

ナーは技術を磨いています。

そのような背景もあり、日本よりwebデザイナーの平均年収は高くなっています。

日本と海外のwebデザイナーの平均年収の差は、そういったスキルの部分の差になっています。

弊社(ITプロパートナーズ)では、Webデザイナーのフリーランスとして活躍する方に対して案件を紹介したり、無料相談にのったりしております。まずは弊社のサービスにご登録ください。

Webデザイナーの年収ってどうやってあげたらいいの?

海外ではWebデザイナーの年収はかなり高い事がわかりました。

Webデザイナーとして年収を上げるために海外で働くのは、1つの手ですが、もっと現実的にWebデザイナーの年収を上げる方法が3つあります。

1.Webデザイナーとして転職して年収を上げる

一番手っ取り早いのがこの方法かと思います。

転職をする事でWebデザイナーの年収が上がるケースは数多くあります。

転職以外にもおすすめなのが、Webデザイナーとしてフリーランスになる道です。

フリーランスでしたら、好きな時に好きな単価の案件をこなす事ができます。

自分次第で上限無く稼げてしまうのがフリーランスです。

もしフリーランスのWebデザイナーとして活躍されたい方は、弊社のエージェントにご相談ください。

2.様々なソフトを使えるようにしたり、他の言語の習得に挑戦する

Webデザイナーが主に使うソフトはphotoshopやillustratorでしょう。

もちろん、photoshopやillustratorだけで、デザインを補えればいいですが、積極的に他のソフトを使うことによってディテールにこだわれる幅が広がる可能性があります。

加えて、CSSやHTML、Javascriptができれば、Webデザイナーとしてかなり重宝されますし、phpやJavaなどのプログラミングも習得すれば年収を上げる事は難しくありません。

3.マーケティングについての理解を深める

もちろん、Webデザインはカッコいいデザインや可愛いデザイン、イケてるデザインであった方が良いですが、クライアントの要望通りに作らなければならない事も多くあります。

クライアントがどのようなものを求めるのか。という事をマーケティングの観点で見れるだけでWebデザイナーとしての市場価値は上がります。その結果、Webデザイナーの年収も上がるのです。

Webデザイナーの年収を上げるためにフリーランスになった方がいいって本当?

結論から言うとフリーランスのWebデザイナーになれば、年収が上がる可能性は高いです。

ただ、フリーランスのWebデザイナーになると色々と困難もあります。

例えば、営業を自分でこなし、案件を取らなければなりません。

Webデザイナーとして会社に勤めていた時は、自動的に降りてきた仕事ですが、フリーランスになると仕事を取ってくれる人は自分以外にいません。

そこで、おすすめなのが、フリーランス専門のエージェントに案件を取ってもらうことです。

そうすれば、Webデザイナーとして年収も上がりますし、今まで通り、仕事もスムーズにできるようになります。

弊社(ITプロパートナーズ)では、Webデザイナーのフリーランスとして活躍する方に対して案件を紹介したり、無料相談にのったりしております。まずは弊社のサービスにご登録ください。

フリーランスのWebデザイナーは年収1000万稼げる?

結論から言うとWebデザイナーとして年収1000万は稼げます。

ただ、普通にフリーランスのWebデザイナーとして働いているだけではかなり厳しいです。

Webデザイナーとして業界で有名である、や、自分の会社を持っている等でない限り、Webデザイナーとして年収1000万を稼ぐのは難しいでしょう。

Webデザイナーの年収についてのまとめ

いかがでしたでしょうか?

日本ではWebデザイナーの年収が低いという現状から、どのようにすればWebデザイナーとして年収アップに繋がるかというノウハウを紹介させて頂きました。

もし本気でWebデザイナーの年収をあげたいと思うなら、結論、フリーランスとして挑戦するのが一番良いのかもしれませんね。

bn04

もし、今あなたが

・フリーランスになるか悩んでる
・自分に合った案件があるのか不安
・そもそも何から始めればいいのか分からない

などお困りであれば、ぜひ弊社ITプロパートナーズのサポート内容を確認してみてください!

登録後、専属エージェントに無料相談もできますよ!

※週2日 / 30万〜のフリーランス案件を紹介中です
※ご経験やご希望によっては案件を紹介できない場合がございますのでご了承ください。


よく見られてる関連案件

b80c977483d024c14549510e194361fe 2_anken 3_anken
The following two tabs change content below.
ITプロパートナーズ 代表取締役 木村 直人

ITプロパートナーズ 代表取締役 木村 直人

「すべらない起業論」編集長であり、エンジニアの起業・独立・フリーランス支援のプロエージェント。大手損害保険会社を経て、I&G Partners(現アトラエ)入社。成功報酬型求人サイト「Green」の立ち上げから関わる。その後、「IT起業家・フリーランスの自立を支える」というビジョンの元、「週2日からの業務委託案件を紹介する、ITプロパートナーズ」を立ち上げる。 ■BestVenture100に創業初年度で選出 ■取材記事:自立する覚悟が、働き方を変える
ITプロパートナーズ 代表取締役 木村 直人

最新記事 by ITプロパートナーズ 代表取締役 木村 直人 (全て見る)

freelance