UI/UXデザイナーの平均年収は高い?年収1,000万を超える方法も調査!

こんにちは。ITエンジニア・webディレクター・webデザイナーなどのIT人材の自立・キャリアを支援するITプロパートナーズ編集部です。

弊社では、独立精神旺盛な優秀なエンジニアの方々の独立・起業サポートや、フリーランス支援を行っています。

UI/UXデザイナーと呼ばれる職業をご存知でしょうか?

近年WEBサイトは数えきれないほど公開されており、WEBサイト制作において他のサイトとの差別化を測ることが重要になってきています。

ユーザーが直接触れることになる画面デザインや操作性・使用感など、より見やすく・より快適にWEBサイトを利用できるように設計することがWEB製作者として必須となりました。

アプリケーションにおいても同様で、ユーザーに選んで頂くためには他のアプリとの差別化は欠かせません。

そこで現在ではUI/UXデザイナーと呼ばれる専門家を配置することにより、より多くのユーザーが快適に、WEBサイトやアプリケーションを利用して頂けるようなシステム開発を進めています。

本記事では、IT業界でも需要の高まっているUI/UXデザイナーについて、平均年収や年収を上げる方法についてご紹介していきたいと思います。

ぜひ現役のUI/UXデザイナーの方も含めて、本記事でご紹介する情報を元に、UI/UXデザイナーとしての年収アップを目指していきましょう。

freelance

UI/UXデザイナーの平均年収

年度 UI/UXデザイナーの平均年収 クリエイティブ業界の平均年収
最新年度 400万円 350万円

「このデータは編集部独自で算出したデータです。正確な情報ではないのでご了承ください」

参照:平均年収.jp

UI/UXデザイナーの年収は、平均に比べて若干高い結果となりました。

UIデザイナーとUXデザイナーをそれぞれ分けて考えると、UXデザイナーの年収は平均よりも高い傾向にあり、UIデザイナーの年収は平均とほぼ同じと考えるのが良さそうです。

UXデザイナーの年収が高い理由としては、ユーザーや流行の調査・分析を行うことが主な業務となり、企画や要件定義などの上流工程から参画することが多いためと推察出来ます。

UI/UXデザイナーの仕事は、これからのIT業界の需要拡大に伴い、より増加していくことが予測出来ます。

UIデザイナーの業務やUXデザイナーの業務のみを担当するのではなく、UI/UXデザイナーとして双方の業務をこなせるようになることで、より各分野から必要とされるUI/UXデザイナーとなることが出来るでしょう。

UI/UXデザイナーの年齢別年収(20代・30代・40代・50代・60代)

年齢 平均年収 平均月給 ボーナス
20代 262.4万円 16.4万円 65.6万円
30代 342.4万円 21.4万円 85.6万円
40代 433.8万円 27.1万円 108.6万円
50代 489.6万円 30.6万円 122.4万円

「このデータは編集部独自で算出したデータです。正確な情報ではないのでご了承ください」

参照:平均年収.jp

UI/UXデザイナーの年収は、20代~40代まではおよそ10万円ずつ毎年昇給していくようなイメージで良いでしょう。

月給に換算すると、毎年約1万円程度の昇給が見込めます。

50代に関しては、昇給ペースは落ちますが会社により役職などにつくことも多くなることが考えられますので、役職手当が期待出来ます。

UI/UXデザイナーの年収としてのピークは50代で迎えることが予想されており、定年を迎えるまで順調に年収は上がっていくものと推察出来ます。

キャリアプランとしては、20代~30代前半頃までをUIデザイナーとしての業務をメインに担当し、30代中盤以降はUXデザイナーとしての業務をメインに担当するキャリアプランが一般的となるでしょう。

UI/UXデザイナーの企業年収ランキング

順位 企業名 想定年収 仕事内容
1位 ・FACTO PTE LTD. ・360万円~1500万円 ・UI&UXデザイン・ディレクション
・LPのデザイン・ディレクション
2位 ・株式会社 パンク・オブ・イノベーション ・480万円~1200万円 ・UI/UXデザイン
・効果/演出の設計
・各種サイト用素材制作
3位 ・株式会社 JOY-NER ・400万円~1200万円 ・WEB制作/コンサルタント業務におけるデザイン業務
・企画/設計
4位 ・株式会社 SEVEN ・240万円~1200万円 ・WEBサイト/スマートフォンサイトのデザイン
・プランニング・企画設計
5位 ・株式会社 ライブナビ ・345万円~1110万円 ・デザイン業務全般

編集部、記事執筆時の求人サイトからの情報になります。
全ての企業を調査した正確な情報ではありませんのでご了承ください

UI/UXデザイナーの企業年収を見ると、年収を高く設定している企業程、ディレクションやプランニングなど企画/設計の段階から戦力となる人材を探しているようです。

年収1000万円を目指すとなると、UXデザイナーとしてのスキルが必須となることが確認できます。

また、UXデザイナーとしてのスキルだけでなく、自身で各種サイト用の素材を作成したりモックアップを作成出来るようなUIデザイナーとしてのスキルも必要となります。

求人サイトの情報を見る限り、UIデザイナー/UXデザイナーのどちらかの業務だけを行うのではなく、両方を担当できる人材を企業は欲していることが確認出来ます。

WEBサイトだけでなく、スマートフォンアプリケーションのUI/UXデザインの対応が可能となると、より幅広い企業から求められる人材となるでしょう。

UI/UXデザイナーが年収を上げる方法

UI/UXデザイナーが年収を上げる方法としては、これからご紹介する3つの方法が一般的です。

最終的にはご紹介する全ての方法を試していただくことをオススメしますが、ご自身の環境から最適なものを選んでみてください。

では、それぞれの内容について、詳しく確認していきましょう。

  • 資格を取得する
  • マーケティング・SEO知識を身につける
  • ブランド戦略の実践経験を得る

資格を取得する

初心者の方や業界経験の浅い方には、資格を取得することで信頼度が高まります。

有名な資格としては、「ウェブデザイン技能検定」「ユニバーサルデザインコーディネーター認定資格」「アドビ認定エキスパート(AXE)」などが挙げられます。

これらの資格を取得することだけでは、実践ですぐに役立つスキルを身につけることは出来ませんが、就職や転職、資格手当など様々な方法での年収アップが期待出来ます。

マーケティング・SEO知識を身につける

マーケティングやSEOの知識は、各企業が求めている非常に需要の高いスキルとなります。

どれだけ良いデザインのWEBサイトやアプリケーションを作成しても、ユーザーに使ってもらわないと意味がありません。

UXデザイナーとして、マーケティングの知識を身につけることで、作成したWEBサイトやアプリケーションを多くのユーザーにご利用いただくことが可能となります。

また、SEO知識を身につけることにより、googleやその他検索エンジンの検索結果として上位に表示されるようになり、多くのユーザーの目に止まるようなWEBサイトを作成することが可能となります。

ブランド戦略の実践経験を得る

ブランド戦略とは、ブランド価値を高めるために企業が行う様々な施策で、市場での優位性を高めるために実施されます。

主にUXデザイナーの業務となりますが、ブランド戦略の結果はWEBサイトやアプリケーションの売り上げや訪問ユーザー数に直結します。

そのため、有意義なブランド戦略が可能なUI/UXデザイナーは、企業からの需要が非常に高く、年収も高く設定されるケースが多くなります。

UI/UXデザイナーが年収1,000以上を目指す方法

UI/UXデザイナーが年収1,000万円以上を目指すことは可能なのでしょうか?

ここからは年収1,000万円以上のUI/UXデザイナーになるためには、どのようなスキルや方法が必要になってくるのかについてご紹介していきます。

  • 企画設計やディレクションの出来るUI/UXデザイナーを目指す
  • 海外または外資系のUI/UXデザイナーを目指す
  • フリーランスのUI/UXデザイナーを目指す

企画設計やディレクションの出来るUI/UXデザイナーを目指す

年収1,000万円を目指すとなると、UIデザインだけを担当するのでは難しいのが実情です。

UI/UXデザイナーとして、最上流工程に当たる企画設計やディレクション・お客様との打ち合わせなども含めた、全行程を担当出来るスキルが必要となります。

ブランド戦略なども合わせて担当出来る人材になることで、より企業からの需要は高まります。

代わりの効かない人材になることで、企業からより高い年収を提示してもらえるようになり、年収1,000万円も可能となります。

海外または外資系のUI/UXデザイナーを目指す

UI/UXデザイナーの職業の重要性は、日本国内よりも国外の方が認識されているのが現状です。

日本企業での需要も近年高まってきていますが、年収の面ではまだまだ反映されていません。

海外や外資系企業は、能力により非常に高額な年収が提示されることが少なくないため、能力次第では上限なく稼ぐことが可能になります。

解雇されるリスクは日本企業よりも遥かに高いですが、年収1,000万円を目指す場合、国内企業よりも海外に目を向けた方が、より高い確率で達成することが可能となるでしょう。

フリーランスのUI/UXデザイナーを目指す

国内での年収1,000万円を目指す場合、最短の道となり得るのがフリーランスのUI/UXデザイナーとして活動することです。

様々な種類の案件を担当出来るため、努力次第で会社員に比べてスキルアップが早くなります。

クライアントとの直接のやり取りも増えるため、信頼を得ることで、高単価の案件を獲得することが可能となります。

会社員よりも不安定な一面もありますが、腕に自信のあるUI/UXデザイナーにとって、フリーランスとして活動することは最も効率的に年収1,000万円に到達する方法となるでしょう。

まとめ:UI/UXデザイナーの年収は今後も増える

本記事では、UI/UXデザイナーの年収事情についてご紹介してきました。

UI/UXデザイナーの需要はこれからもますます増えていきます。

IT業界は今後も成長が期待される分野であり、専門性や経験が問われるUI/UXデザイナーの仕事は、増えることはあっても減ることはないでしょう。

一方で、IT業界は流行の移り変わりが激しい業界です。

常に最新の情報をキャッチしてご自身のスキルを磨いておく必要があります。

流行や最新のトレンドをきちんと把握し、必要な技術を身につけることでUI/UXデザイナーの年収はますます上がることが期待できます。

bn04

もし、今あなたが

・フリーランスになるか悩んでる
・自分に合った案件があるのか不安
・そもそも何から始めればいいのか分からない

などお困りであれば、ぜひ弊社ITプロパートナーズのサポート内容を確認してみてください!

登録後、専属エージェントに無料相談もできますよ!

※週2日 / 30万〜のフリーランス案件を紹介中です
※ご経験やご希望によっては案件を紹介できない場合がございますのでご了承ください。


よく見られてる関連案件

b80c977483d024c14549510e194361fe 2_anken 3_anken
The following two tabs change content below.
freelance