未経験も可能!在宅webデザイナーになる方法から求人の探し方まで解説

freelance

こんにちは!ITプロパートナーズ編集部です。

Webデザイナーとして働いている方や、これからWebデザイナーになりたいと考えている方の中には、在宅で働きたいと考えている人も多いのではないでしょうか?近年在宅ワークやテレワークが推奨されていることもあり実際に在宅Webデザイナーとして働いている人も増えています。

しかし一歩踏み出したくても、在宅の場合どのような案件があるのか?在宅Webデザイナーはどれくらい稼げるのか?など疑問も様々な疑問も生じるかと思います。

そこでこの記事では在宅Webデザイナーについて、年収や必要スキル、具体的な案件例など実態を紹介致します。これから在宅Webデザイナーになりたいと考えている人はぜひ参考にしてください。

Contents

在宅webデザイナーの実態

Asian,Woman,Doing,Remote,Work,With,Laptop,At,Dining,Table在宅webデザイナーはどのような働き方をしているのか気になっている人も多いかと思います。

しかし、いざ在宅webデザイナーを目指そうと考えても何から手をつけていいのかわからなかったり、未経験の方でもできるのか不安に感じることもあるでしょう。

そこで今回は、実際の仕事内容や案件の獲得方法、必要となるスキル、更には気になる給料面まで詳しく解説していきます。

そもそもWebデザイナーの仕事とは

Webデザイナーと一口に言っても仕事内容は幅広く、ホームページなどの制作物の構成やレイアウトを決めたり、ホームページに使用するロゴやイラストの制作、ホームページのコーディング、あるいはこれら全てを担当する場合があります。

構成やレイアウトはメニューバーやイラストの配置、全体のページ数、フォントの種類やサイズといったホームページ全体のイメージ像を構成していく工程になります。webデザインの全体を把握していないとできない仕事内容となっており、構成、レイアウトで全てが決まると言っても過言ではありません。

ロゴやイラストの制作はホームページのデザインを決めるのに大切な役割になります。illustratorやPhotoshopなどの画像加工ソフトを用いて、クライアントのイメージにあったロゴやイラストを制作します。

ホームページのコーディングは決定した構成やレイアウト、ロゴ、イラストを実際にホームページを形にしていきます。HTMLやCSSといったWeb制作の基本的な言語の使用はもちろん、JavaScriptやPHPなどのより高度なプログラミング言語のスキルも必要になることが多いです。

webデザイナーが在宅で働くのは難しい?

結論から言うと、Webデザイナーが在宅で働くのは全く難しくありません。

むしろあらゆる職種の中でもPC1つで作業できるWebデザイナーは、在宅ワークに向いている職種の1つです。

もちろん感じ方は人それぞれです。例えば、デザインは言語化して相手に伝える(フィードバックする)のが難しい領域です。そういった部分で「Webデザイナーの在宅ワークは難しいなぁ」と感じる人もいるでしょう。

ただしそれは、テキスト上でやり取りする場合です。Zoom等のアプリを利用しオンライン上で画面を写しながらフィードバックをすれば、それはもうほとんど会っている状態と変わりません。

webデザイナーが在宅ワークに向いている理由

webデザインは在宅勤務とたいへん相性の良い仕事です。その理由として次のようなことが挙げられます。

  • ノートパソコンが1台あればできる仕事
  • Webデザイナーの仕事は在宅でも飽きない
  • 在宅ワークでも十分稼げる
  • コロナ禍で広がる在宅ワーク

ノートパソコンが1台あればできる仕事

webデザイナーの仕事はPC上で完結するものがほとんどです。内職のように発注先から仕事の材料をトラックで送ってもらう必要はないし、部屋の中に材料がうずたかく積み上げられることもありません。納品の際も同様です。

仕事の連絡、資料集めもPC上で行なえます。また、デザインはビジュアルなので、制作物は最終ユーザーが目にする完成品をイメージしながら仕事ができます。

仕事内容は企業サイト全体のデザインから、ランディングページの制作、バナー制作など多種多様です。webデザインの仕事は切り分けて複数のデザイナーに発注することも可能なの、在宅ワークに向いていると言えます。

Webデザイナーの仕事は在宅でも飽きない

webデザインは、同じパソコン仕事でもデータ入力のような単純作業ではないので、飽きたり退屈することがなく、経験を積むことでスキルアップを実感することもできます。

また、webデザインはユーザーがスマホやPCで日々目にするもので、サイトの使い勝手、利用のしやすさを大きく左右するやりがいのある仕事です。

在宅ワークでも十分稼げる

webの在宅ワークの代表といえばwebライティングですが、日本語は誰でも書けるので「初心者歓迎 1文字0.5円」というような低単価の仕事があふれています。それに引っ張られるのか「経験者に限る」という仕事でも、さほど単価が違わなかったりします。

在宅ワークで仕事を受けると、意外と稼げない事が多いです。

その点webデザインは、一定のスキルがないとできない仕事なので単価もそこそこ高く、「飯が食える」だけのお金を稼ぐことが十分可能なのです。

コロナ禍で広がる在宅ワーク

コロナ禍で「在宅」「リモートワーク」が一躍時代のキーワードになりました。上記のように在宅ワークに適しているwebデザインは、この潮流に乗って「会社でやる仕事」から「在宅でやる仕事」に大きくシフトしていきそうです。

今後も更にWebデザイナーの在宅ワークが加速するでしょう。

在宅Webデザイナーの種類と働き方

Youtuber,Editing,Video,On,Laptop,For,Up,To,Worldwide,Through在宅Webデザイナーも様々な働き方があり、企業に属して在宅をする場合やフリーランスとして案件を受注して活動する場合など多岐に渡ります。主な在宅デザイナーとしての働き方は下記のような種類があります。

  • 在宅OKのWeb制作会社のWebデザイナー
  • 在宅OKのインハウスWebデザイナー
  • 在宅勤務のフリーランスwebデザイナー
  • 副業としての在宅Webデザイナー

それぞれの特徴について詳しく解説していきます。自身の理想の働き方に適している種類があるか参考にしてみてください。

在宅OKのWeb制作会社のWebデザイナー

先ほど紹介したようにWebデザインの仕事は元々在宅勤務と相性の良い仕事内容であることもあり、在宅勤務可能なWeb制作会社も増えてきています。

案件は会社が受注してくれるため、安定して給料を稼ぐことができ、また周りにもWebデザインに長けている人がいるため、大きな成長が見込まれます。

Web制作会社で実力をつけてからフリーランスとして独立する方法をとる方も増えてきており、未経験の方はまず、Web制作会社に属して経験を積むことをおすすめします。

在宅OKのインハウスWebデザイナー

インハウスでのwebデザイナーは社内のデザイナーとして活躍するため、自身の意見が通りやすかったり、制作の全行程を担当することができるメリットがあります。

一方で社内のサービスや特定の商品のデザインを担当することが多いので、幅広いデザインや有識者に出会える機会は少ないです。

売り出すサービスや商品が好きであったり、その商品を育てていくことに楽しさを感じることができる方におすすめの働き方です。

在宅勤務のフリーランスwebデザイナー

在宅勤務可能な案件をエージェントから紹介してもらい、フリーランスとして働く方法も人気があります。

フリーランスの場合、自身の頑張り次第で上限なく稼ぐことも可能なため、企業に属するより高給になる場合が多いです。

その反面、継続的に案件を受注するためには自身でエージェントから案件を紹介してもらったり、所得税、十味税といった税金を納めたりしないといけないため、面倒な事務作業が増えてしまいます。

副業としての在宅Webデザイナー

在宅Webデザイナーは副業としても人気の高い仕事となっており、クラウドソーシングサイトなどを利用して案件を受注する場合が多いです。

ホームページの規模にもよりますが、1件5〜10万円の案件も存在し、毎月1件こなすだけでも十分な副業収入となります。また、企業の勤務時間に縛られることなく、休日に対応することが可能な点が魅力的です。

ただし、単発の案件が多く毎月安定して副業として稼ぐためには、毎月案件情報を確認して応募しないといけないため、マネジメントは自身でする必要があります。

在宅webデザイナーの年収と案件相場

Businessman's,Hands,With,Financial,Data,Analyzing,On,Wood,Desk.Webデザイナーの平均年収は、「賃金構造基本統計調査」によると約430万円となっています。

在宅Webデザイナーの年収を調査した公的な情報はありませんが、案件の単価相場をみる限りwebデザイナーと遜色ないくらいの年収は見込めます。

また、対応できる技術や案件の規模によっても単価に大きな違いがでてくるため、稼げるwebデザイナーであれば年収1000万円も目指すことができます。

実際の案件内容の単価相場について紹介します。webデザイナーとしてどのような作業ができればいくら報酬がもらえるのか参考にしてみてください。

年収1000万も可能?Webデザイナーの平均年収と収入を上げる5つの方法

バナー・ロゴ・イラスト受注程度

バナー・ロゴ・イラスト受注程度の単価相場は、1件あたり1万〜5万円程度になります。

単価としてはそこまで高いものではありませんが、元々絵やイラストを描くことが好きな方であれば、趣味の延長としても対応できるものとなっています。

バナー・ロゴ・イラスト制作には主にillustratorやPhotoshopのような画像編集ソフトを使い編集するため、これらのソフトを使えるスキルが必要となります。

実際の案件事例としては下記のようなものがあります。

スクリーンショット 2021-02-25 20.09.59引用元:クラウドワークス

Webサイトのデザインのみ受注

Webサイトのデザインのみ受注の単価相場は、1件あたり3万円〜10万程度になります。

バナー・ロゴ・イラストで使用するillustratorやPhotoshopに加えてWebデザインの基本的な知識やHTML/CSSといったプログラミングの知識も必要となってくるため、よりWebデザイナーとしてスキルが必要となります。

HTML/CSSのみのWebサイトデザインであれば習得まで1、2ヶ月あれば可能なので、そこまでハードルの高いものではなく、未経験者の方にもおすすめです。

実際の案件事例としては下記のようなものがあります。

スクリーンショット 2021-02-25 20.12.23引用元:クラウドワークス

Webサイトの構築を含むデザイン受注

Webサイトの構築を含むデザイン受注の単価相場は1件あたり3万円〜20万円程度になります。

基本的にはHTML/CSSが使えればWebサイトの構築は可能ですが、それに加えて動きのあるWebサイトやアニメーションを用いてより高度なWebデザインをするためには、JavaScriptやPHP、jQueryのスキルが必要になります。

また最近では、スマートフォンやタブレットの普及に伴い、既存のWebサイトをそれぞれの画面サイズに対応したWebサイトに構築するレスポンシブ対応の案件も増えてきています。

実際の案件事例としては下記のようなものがあります。

スクリーンショット 2021-02-25 20.13.41引用元:クラウドワークス

スクリーンショット 2021-02-25 20.14.42引用元:クラウドワークス

在宅webデザイナーに必要なスキル

Woman,Hand,Holding,White,Mobile,Phone,On,A,Table,With本記事でも何度が記載していますが、在宅webデザイナーにはデザインスキル以外にもプログラミングや画像編集など様々なスキルが必要になります。

在宅webデザイナーに必要なスキルについてそれぞれの特徴について詳しく説明していきます。

最低限必要なスキル

未経験から在宅webデザイナーになるためには、まずWebデザイナーとしての武器を持たなければなりません。

Webデザイナーとして活躍するのであれば以下のスキルは最低限必要なものとなりますので、まずは身につけましょう。

Webデザインの基本知識

webデザインをする際の用語やどのようにしてwebサイトが構築されていくかなどwebデザインの基本知識がないとwebデザイナーにはなれません。

また、これらの基本知識を身につけておくとその後の学習もスムーズに行うことができ、効率的にwebデザインを学ぶことができます。

webデザインの基本知識は書籍で学ぶこともできますし、Youtubeやブログなどの無料コンテンツでも十分学べるので、まずはWebデザインとは何かについて学ぶことをおすすめします。

WordPress構築スキル

日本の3分の1以上のwebサイトはWordPlessを元に作成されているため、webデザイナーとしてWordPlessの知識は必須です。

HTML/CSSなどのプログラミングを学ぶ前にWordPlessでwebサイト構築や運営についての基本的なwebサイトの仕組みについて学ぶこととおすすめします。

WordPlessの操作自体はそれほど難しいものではないため、GUI操作ですぐに取り組みことができるのでまずは触ってみると良いです。

Photoshop/Illustrator

Photoshopとillustratorは主にWebサイトのロゴやイラスト、画像の編集・加工に使用するソフトになります。

これらのソフトを利用できるようになるとデザインの幅や質が格段にアップし、よりユーザーを惹きつけることができるwebサイトの構築が可能になります。

どれだけHTMLやCSSなどのプログラミング言語のスキルがあってもデザインが良くないとユーザーはすぐ離脱してしまうのでPhotoshopとillustratorは必須スキルと言えます。

ただし、それぞれ月額利用料金が必要となり、Photoshopは月額2480円、illustratorは980円またはライセンス購入の費用がかかりますのでご注意ください。

HTML/CSS/Javascript

HTML/CSS/Javascriptは、webサイトを構築するために必須のプログラミング言語です。

それぞれの役割のイメージとしては、HTMLでwebサイトの形を作り、CSSでwebサイトを装飾し、Javascriptで動的な操作を実現します。

webデザイナーとしての核となるスキルとも言えるため、これら3つプログラミングスキルはは最優先で学ぶ必要があります。

覚えると仕事の幅が広がるスキル

先ほど紹介した最低限必要なスキル以外にも覚えておくと仕事の幅が広がるスキルを紹介します。

プログラミング言語

java、C++、Pythonなどのプログラミング言語のスキルがあるとバックエンドの処理も構築することが可能になるため、会員登録制のサイトやショッピングサイトなど幅広いサイトのデザインに携わることができます。

また、プログラミング言語を知っておくとwebデザインだけではなく、様々なシステム構築案件も対応可能になるため、仕事の幅が広がります。

SEO関連の知識

webサイトを作成しても閲覧者がいなければサイトそのものが無駄になってしまいます。そこでSEO関連の知識を備えていれば検索順位の高いwebサイト構築が可能になります。

SEO関連の知識があるだけで、個人でのサイトやブログ運営も可能になるため、ブロガーとしての活躍も期待できます。

未経験から在宅webデザイナーになる方法

shutterstock_753613000未経験からでも在宅webデザイナーになれるか?疑問を抱いている人もいるかもしれませんが、結論から言うと未経験からでも在宅webデザイナーになることは可能です。

その方法はいくつかあるので、具体的な手段を紹介したいと思います。

独学で習得する

最近ではProgateやドットインストールといったプログラミングを学習できるコンテンツの人気も高まってきており、これらのコンテンツで独学する方も増えてきています。

プログラミングの概念を学ぶために学習コンテンツを利用することは非常に有効的ですが、実際の案件でコーディングや制作物の作成については独学では限界があります。

まずプログラミングとは何かということを学び、その後自身のポートフォリオや知人のホームページなどを作成し、それを実績として案件受注に繋げることをおすすめします。

スクールへ通う

Tech academyや侍エンジニア塾などを代表とするプログラミングスクールが増えてきています。

独学よりも現役のwebデザイナーのメンターに相談でき、わからないところはすぐに解決することができます。

また、スクール卒業後に就職サポートをしてくれる場合も多くあるため、すぐに学んだスキルを活かすことができます。

ただし、プログラミングスキルはすぐに身につくものではないので数ヶ月費用をかけないといけず、数十万円かかる場合がほとんどです。

主婦で在宅webデザイナーになった方の実例

先ほど、お伝えした方法で未経験から在宅Webデザイナーになる方法が最適である一方で、「そこまで本気になれないよ!」なんて思われる方もいらっしゃるでしょう。

そこで、もう少しゆっくりと在宅Webデザイナーを目指したい方は、ぜひ未経験から在宅Webデザイナーになった主婦の方のブログを参考にしてみてください。

「週3日だから、より活躍できる」4つの案件をこなす、WEBデザイナー徳田さんのインタビュー

ペース配分という観点で、とても参考になるでしょう。

在宅webデザイナーの求人の探し方

African,Man,Browsing,Work,Opportunities,Online,Using,Job,Search,Computerフリーランスや副業でwebデザイナーをする場合は、まず「在宅でできる案件」を見つける必要があります。

webデザイナーの求人で在宅勤務可能な案件の探し方としては下記のような方法が挙げられます。

  • 未経験の場合はクラウドソーシングがおすすめ
  • 一定スキルがある場合はエージェント型がおすすめ
  • 知人や友人の紹介も活用
  • SNSも活用

スキルや経験によっておすすめの探し方がありますので参考にしてみてください。それぞれ詳しく解説していきますね。

未経験の場合はクラウドソーシングがおすすめ

未経験の方が案件を探す場合、クラウドソーシングサイトを利用することをおすすめします。

クラウドソーシングサイトは企業または個人が作業者を募集して、その作業内容に対して報酬を支払う仕組みのサービスになり、未経験の方でも比較的案件が獲得しやすい傾向にあります。

実際の案件例

クラウドソーシングの実際の案件例をみてみましょう。

スクリーンショット 2021-02-25 20.18.32引用元:クラウドワークス

こちらは、WordPlessを用いたwebサイト制作の案件になります。

約1ヶ月ほどで5ページのwebサイトとなっており、募集要項にはポートフォリオの提出や実績の記載が必要とされています。

スクリーンショット 2021-02-25 20.20.06引用元:クラウドワークス

こちらは、既存のwebサイトに1ページ追加する案件になります。1ページだけの作成でも5万円〜と好条件な案件も存在しています。

魅力と注意点

クラウドソーシングの魅力は、案件の全てがフルリモート対応可能であることと未経験の方でも比較的案件受注がしやすいという点が挙げられます。

クラウドソーシングの注意点は、案件単価が低く、クラウドソーシングサイトの利用手数料も報酬から引かれるため、フリーランスとしてがっつり稼ぐというよりは副業として未経験や駆け出しの方におすすめです。

一定スキルがある場合はエージェント型がおすすめ

ある程度webデザイナーとしてプログラミングスキルや、画像編集スキルが身についている方にはエージェント型の案件探し方法がおすすめです。

エージェント型はエージェントが案件を紹介してくれたり、エージェントが掲載している案件に募集して仲介としてエージェントが対応してくれます。

実際の案件例

エージェント型の実際の案件例をみてみましょう。弊社ITプロパートナーズで募集している案件の一例をご紹介します。

スクリーンショット 2021-02-25 20.21.15

上記は、バナーやLPの作成をメインとしている案件になります。

月収40万円も狙えることからもクラウドソーシングよりも高単価であることが分かるかと思います。。

スクリーンショット 2021-02-25 20.23.32

こちらは、フルリモート可能で週2日〜の勤務だけで良い好条件な案件です。

能力があれば週2日だけ作業をすれば良いので更なる追加案件も対応可能ですし、休みとして満喫することも可能です。

魅力と注意点

エージェント型の注意点としては、フルリモート案件が少なく、常駐になる場合が多い点です。完全にリモートで働きたい人は、まずは常駐として働き関係性を築いたり、そもそもフルリモートを前提としている案件に絞って探す必要性があります。

しかしその一方でエージェント型は、長期的な案件が多く安定して稼ぐことができることとクラウドソーシングを利用するよりも高単価な案件が多いとが魅力として挙げられます。安定性を求める方はエージェント型の利用を検討するといいでしょう。

弊社「ITプロパートナーズ」では、週2、3日から働ける高単価の案件を数多く扱っています。「フル稼働はちょっと難しいな…」と考えている独立希望のWebデザイナーの方はぜひ弊社サービスをご利用してみてはいかがでしょうか?

興味のある方はまず下記から無料で案件をご覧ください。

知人や友人の紹介も活用

webデザイナーであれば、webデザイナーのコミュニティに属していたり、共通の友人がいるのではないでしょうか。

その友人がフリーランスのWebデザイナーであれば、自らが捌き切れない仕事を回してくれたり、案件を持っている会社を紹介してくれることが期待できます。

友人が会社員の場合でも、フリーランスへの委託も行なっている会社なら、案件が生じたときに声をかけてくれるでしょう。

そういった意味では、Webデザイナーの友人を積極的につくる事が非常に重要となります。

SNSも活用

最近であれば、TwitterやFacebookといったSNSを活用した求人の探し方も主流となってきています。

SNSを活用する場合、仲介を挟むことなく案件受注まで結びつけることができるため、不要な手数料がかかることなく、高単価な求人を見つけることができます。

また、SNS内で実績を上げて発信活動を続けていくと新規案件の獲得にも繋がりやすく、将来的なマネジメントも楽になります。

しかし、実績や実力がないとなかなか案件受注まで結びつかないというデメリットもあるため、単価交渉や納期など自身でマネジメントしたい方におすすめの方法となります。

在宅webデザイナーとして収入アップ&安定して稼ぐ為のポイント

Multiracial,Young,Creative,People,In,Modern,Office.,Group,Of,Young在宅webデザイナーをする場合、単発のwebサイト構築案件が多く、毎月安定して稼ぐことが難しいという事実があります。

そこで在宅webデザイナーとして収入をアップさせたり、単発ではなく毎月安定して稼ぐためのポイントを紹介します。

スキルの幅を広げる

本記事で紹介している最低限必要なスキルの他にスキルの幅を広げると対応できる案件が増えるため安定して案件獲得に繋がります。

具体的にはPhotoshopやillustrator以外のAbstract/Zeplin/Figma/Sketchなどのデザインツールも使用できると良いです。

また、プログラミング言語もHTML/CSS/Javascriptだけではなく、PHPやjavaなども対応できると作業の幅が広がります。

コミュニケーションスキルを磨く

在宅webデザイナーの場合、クライアントとの連絡手段は全てリモートとなるため、随時相談や報告をできるコミュニケーションスキルが必要になります。

また、リモートでも認識齟齬がなく適切に意見を相手に伝えることができる必要があり、高いコミュニケーションスキルを持っているとクライアントとの信頼関係を構築しやすいです。

信頼関係が構築されると継続案件を頂けたり、別の案件を紹介してくれることもあるので収入の安定にも繋げることができます。

ポートフォリオの更新と情報発信

自分が今まで積み上げてきたスキルや実績をポートフォリオとして更新していくと案件を探す際に効率良く進めていくことができます。

また、Twitterやブログなどで情報発信を続けていくとそこから案件の依頼が届いたりするため、営業する必要がなくなり継続的に案件を受注することができます。

在宅webデザイナーの将来性

小学生から高齢者までほとんどすべての人がスマホを持ち、生活のさまざまなシーンでその利用範囲が広がりつつある時代に、Webデザイナーの仕事が減っていくことは考えられません。将来性はかなり明るいと言えるでしょう。

コロナ禍の影響で在宅で働くWebデザイナーはかなり増えており、今後も柔軟な働き方を推進する企業が増えていくと予想されています。

ただ、1つだけ注意したいのは、「誰でも簡単にWebサイトが作れる」「あなたも今すぐネットショップが立ち上げられる」というような便利なシステムが開発されつつあることです。

つまり、Webライターが「日本語は誰でも書ける」というとっつきやすさのせいで低単価圧力に苦戦しているような状況が、Webデザイナーにも生じる可能性があるのです。

それに対応するには、素人にはないプロフェッショナルなクオリティーを備えて、そのクオリティーを評価するクライアントと仕事をする必要があります。

まとめ

在宅Webデザイナーの仕事はホームページ制作だけではなく、LP制作、ロゴやバナーの作成、スマホ用のレスポンシブ対応など多岐に渡ります。

コロナ禍である現在、フルリモートで対応可能な在宅webデザイナーの需要は非常に高まってきており、今後もその需要は加速していくことが予測されます。

簡単ではありませんが、在宅webデザイナーは未経験の方からでもなることが可能で、週2日から高単価で働くことも可能なので非常に魅力的です。

手に職をつけると場所や時間に縛られることなく、仕事ができる時代のため興味のある方はまずは本記事で紹介した学習方法やスキルについて調べてみると良いでしょう。

bn04

もし、今あなたが

・フリーランスになるか悩んでる
・自分に合った案件があるのか不安
・そもそも何から始めればいいのか分からない

などお困りであれば、ぜひ弊社ITプロパートナーズのサポート内容を確認してみてください!

登録後、専属エージェントに無料相談もできますよ!

※週2日 / 30万〜のフリーランス案件を紹介中です
※ご経験やご希望によっては案件を紹介できない場合がございますのでご了承ください。


よく見られてる関連案件

b80c977483d024c14549510e194361fe 2_anken 3_anken

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です