Webエンジニアが副業で稼ぐには?案件単価や獲得方法を解説

freelance

こんにちは、ITプロパートナーズ編集部です。

「収入をアップさせたい」「将来的にフリーランスになりたい」などの理由で、副業に興味を持っているWebエンジニアの人も多いのではないでしょうか。また、未経験からWebエンジニアとして副業にチャレンジしたいと考えている人もいるかもしれません。

この記事では、Webエンジニアの副業で稼ぐ方法について徹底解説します。Webエンジニアの副業事情や案件の獲得方法、案件獲得におすすめのサービスなどを詳しく紹介しているので、ぜひチェックしてみてください。

弊社では、数多くのエンジニアの方にフリーランス案件を獲得していただいています。経験とスキルさえあれば、週2日から高収入案件をご紹介できます。まずは無料登録をして色々な案件をみて見てください。弊社からおすすめの案件をご紹介することも可能です。

Webエンジニアの副業事情と働き方

副業を始めようと思ったら、「どれくらいの人が副業に取り組んでいるのか」「副業にはどんな働き方があるのか」などが気になるポイントではないでしょうか。

はじめに、Webエンジニアの副業事情と具体的な働き方をみていきましょう。

Webエンジニアの副業が増えている

Webエンジニアとして副業する人は増加傾向にあります。2020年8月にTECH Streetが実施した「ITエンジニアの副業実態調査」では、ITエンジニアの40%が副業をしたことがあるという結果が得られました。

また、副業をする人だけでなく、IT関連の副業人材を受け入れる企業も多くなっています。

こちらは、2021年3月にパーソル総合研究所が実施した「第二回 副業の実態・意識に関する定量調査」の結果です。副業人材をすでに受け入れている、もしくは受け入れを検討している副業者の職種を調査したところ、ITエンジニアが15.6%で上位に入っています。

IT関連の副業人口と受け入れ企業の両方が増えていることから、Webエンジニアの副業も増えていると考えられます。

Webエンジニアとして副業する際の働き方

Webエンジニアとして副業する際の働き方は、人によってさまざまです。本業の出勤日や忙しさに応じて、無理のない副業のスケジュールを立てる必要があります。

例えば、平日の日中時間帯に本業のある人がリモート可能な副業をする場合、以下のような働き方が考えられます。

  • 週末のどちらか1日を副業にあてる
  • 平日の夜と週末を副業にあてる
  • 平日の夜のみ副業する

本業が忙しい人は週末だけ副業に取り組む、本業に余裕のある人は平日の夜も副業にあてる、といった働き方の違いがあります。

また、本業が繁忙期のときは副業を少なめにするなど、時期によって副業の働き方を変えている人もいるでしょう。エンジニア全般の副業については、以下の記事をチェックしてください。土日や週1からできる副業について詳しく解説しています。

エンジニアにおすすめの副業と探し方!週1案件が取れるサイトも紹介

Webエンジニアが副業するメリット・デメリット

Webエンジニアの副業には、メリットもあればデメリットもあります。副業を始めるなら、メリットとデメリットの両方を理解しておきましょう。

ここでは、Webエンジニアが副業するメリットとデメリットをそれぞれ解説します。

Webエンジニアが副業するメリット

Webエンジニアが副業するメリットとして、以下が挙げられます。

  • 収入アップにつながる
  • スキルアップできる
  • 人脈が広がる

副業すると報酬がもらえるので、収入アップにつながります。先程紹介した「ITエンジニアの副業実態調査」でも、副業をする理由として「収入を増やしたいから/収入の柱を増やしたいから」という回答がトップでした。本業以外に収入を得られるのは、副業の大きなメリットです。

スキルアップができるのも、メリットのひとつです。より難易度の高い案件やトレンド技術を扱う案件に副業で取り組めば、本業だけでは習得するのが難しい知識やスキルを得られます。

副業によって人脈が広がるというメリットもあります。クライアントや他の副業ワーカー、フリーランサーなど、多くの人と知り合う機会があるので、将来的に独立したいと考えている人にもおすすめです。

Webエンジニアが副業するデメリット

Webエンジニアの副業は、本業に支障が出る可能性がある点がデメリットです。副業の仕事量が多すぎると休息時間や睡眠時間を削って対応しなければならないケースもあり、疲れが溜まって本業に影響が出てしまうかもしれません。

疲労による業務効率の低下や過重労働を懸念して副業を禁止している企業もあり、副業が本業に悪影響を与えてしまわないように注意が必要です。

本業の合間に無理なく対応できるように、副業を調整しましょう。本業と副業の納期が重ならないように受注する副業案件を選んだり、本業が忙しい時期は副業を休んだり、自分でうまくコントロールすることが大切です。

Webエンジニアの副業案件例や単価相場を種類別で紹介

Webエンジニアは副業案件の種類が豊富なのが特徴です。一口にWebエンジニアといっても、専門で取り組む分野が違うと案件の内容や単価も違ってくるので、具体的な案件例と単価相場をチェックしておきましょう。

Webエンジニアの副業案件には、以下のようなものがあります。

  • フロントエンジニア
  • バックエンドエンジニア
  • インフラエンジニア
  • プログラミング講師

ここでは、上記のそれぞれの案件例と単価相場を紹介します。紹介する案件は、弊社「ITプロパートナーズ」に掲載されているものです。

フロントエンジニアの副業案件例・単価相場

こちらは自社サービスの開発・運用を担当する案件で、フロントエンド開発で使われるJavaScriptフレームワークでの開発経験が求められます。また、開発チームの拡大を視野に入れた組織作りやメンバー教育も対応業務に含まれます。

稼働日数は週2日で、想定月収は40万円です。

バックエンドエンジニアの副業案件例・単価相場

こちらの案件では、受託開発案件でバックエンドの開発や設計を行えるWebエンジニアを募集しています。PHPでの開発経験やPHPフレームワークが使えるスキル、MySQLの使用経験などが求められます。

稼働日数は週2日で、想定月収は30万円です。

インフラエンジニアの副業案件例・単価相場

こちらは、クライアントが運営するアプリの高速化や高負荷に耐えられるようシステムを改善する案件です。PHPやJavaといった開発言語に加え、システムの負荷の解消や高速化に対応した経験が求められます。

稼働日数は週2日で、想定月収は30万円です。

プログラミング講師の副業案件例・単価相場

Webエンジニアとして開発経験があれば、プログラミング講師を副業にすることも可能です。こちらは受講者からの質問に随時対応する仕事で、講義を行うわけではないので講師経験は不要です。

稼働日数は週1日、隙間時間に対応可能で、想定月収は9万円です。弊社ではこの他にも数多くの案件をご紹介しています。興味のある方はお気軽にご相談ください。

未経験からWebエンジニアの副業案件を獲得することは可能?

ITエンジニアの副業案件は実務経験が必要とされるものが大半で、Webエンジニアも例外ではありません。そのため、未経験からいきなりWebエンジニアの副業案件を獲得するのは難しいでしょう。未経験の場合は、まずは転職して実務経験を積むことが大切です。

ただし、内容をエンジニア案件に限定しなければさまざまな副業があるので、副業にあてられる時間があるならチャレンジできそうなものを探してみるのも良いでしょう。実際、ITエンジニアとして働きながら副業として投資などに取り組んでいる人もいます。

Webエンジニアが副業案件を獲得する方法

いざ副業を始めようと思っても、初めての場合は案件の獲得方法がわからないという人もいるでしょう。Webエンジニアが副業案件を獲得するには、以下のような方法があります。

  • 副業・フリーランスエージェントを活用する
  • クラウドソーシングを活用する
  • 知人の紹介
  • SNSを活用する

ここでは、それぞれの案件獲得方法について、詳しく解説します。

副業・フリーランスエージェントを活用する

副業案件の獲得には、副業ワーカーやフリーランサーとクライアントをマッチングしてくれるエージェントサービスの利用がおすすめです。エージェントの担当者に実績や希望を伝えると、自分に合った案件を紹介してくれます。

エージェントを利用すると自分で営業活動をする必要がないので、案件に集中できるのがメリットです。Webエンジニアは営業経験がない人も多いので、自分で営業して案件を獲得できるか不安な人は、エージェントを活用してみてはいかがでしょうか。

おすすめエージェントは後で詳しく紹介しますが、弊社ITプロパートナーズでもさまざまな案件を取り扱っています。

フリーランスエージェントおすすめ18選!職種別に比較して一覧紹介

クラウドソーシングを活用する

クラウドソーシングを活用して、副業案件を獲得している人も多いです。大手のクラウドソーシングサイトは掲載されている案件数が多く、クライアントとのやりとりがすべてWeb上で完結する場合も多いので、副業でも取り組みやすい案件を見つけられます。また、経験の浅いエンジニアでも副業案件を獲得しやすいでしょう。

利用者の多い代表的なクラウドソーシングサイトは、ランサーズとクラウドワークスです。どちらも掲載されている案件のカテゴリは200種類以上で、豊富な案件の中から自分の経験やスキルにあったものが選べます。

クラウドソーシングおすすめ15選!初心者が副業で稼ぐ具体的な方法を紹介

知人の紹介

知人や友人から仕事を紹介してもらっている人も少なくありません。これまでの実績やスキルを伝えて、Webエンジニアを探している人がいないか聞いてみましょう。Webエンジニアの需要は高いので、周囲に声をかけてみると副業案件が見つかる可能性は十分あります。

SNSを活用する

日頃からSNSで情報発信していると、SNS経由で仕事が見つかるケースもあります。経験やスキルをプロフィールに載せておけば、クライアントの目に留まるかもしれません。また、副業ワーカーやフリーランサーとSNSで交流していると、その人脈が仕事につながることもあります。

SNS上でエンジニアを募集しているクライアントもいるので、「Webエンジニア 募集」といったキーワードで検索してみるのもおすすめです。

Webエンジニアの副業案件獲得におすすめのサービス

Webエンジニアが案件を獲得する方法をいくつか紹介してきましたが、その中でもおすすめのサービスは、次の3つです。

  • ITプロパートナーズ
  • Workship
  • リモートビズ

ここでは、上記3つのサービスの特徴を紹介します。

ITプロパートナーズ

弊社ITプロパートナーズはフリーランスエージェントですが、週2〜3日勤務の案件を多く取り扱っているのが特徴です。リモート可能な案件や勤務時間がフレキシブルな案件も多いので、実務経験やスキルがある方は自由な働き方を実現できるでしょう。

また、仲介会社を挟まないので、高単価を実現しているのもポイントです。記事前半で実際に掲載されている案件を紹介しましたが、週2日勤務で月収30万円を超えるものもあります。一般的な副業案件よりも明らかに高い単価なのが弊社のフリーランス案件の魅力です。

そのほか、トレンド技術を扱える案件も多く、エンジニアとして興味をそそられる仕事に巡り会えるかもしれません。フリーランスとしての独立を検討している方はぜひお気軽にご相談ください。

Workship

引用元: Workship

Workshipは、フリーランスやパラレルワーカー、副業ワーカーとクライアントをマッチングするサービスです。掲載されている案件に自分から応募する、エージェント機能を使って自分に合う案件を紹介してもらうなど、仕事の探し方が複数用意されています。

週に数日から対応できる案件や土日可能な案件など、副業やパラレルワークでも取り組みやすい案件が多いです。

リモートビズ

引用元: リモートビズ

リモートビズはエンジニアやデザイナーのための、リモートワーク専門のエージェントです。週2日から稼働できる案件や土日だけの案件などもあり、在宅で副業にチャレンジしたい人におすすめです。

案件のほとんどがクライアントとの直接契約のため、報酬が高いのも特徴です。定期的に案件を紹介してもらえるので、安定して副業案件を受注できます。

Webエンジニアが副業で収入アップするためのコツ

Webエンジニアが副業で収入アップするコツは、できるだけ固定報酬の案件を選ぶことです。時給制の案件は、働く時間が短いとあまり高い収入にはなりません。副業は限られた時間で働くので、固定報酬の案件を効率よくこなすことで高収入が見込めます。

より高い報酬の案件を狙って受注することも大切です。そのためには、上流工程の案件に対応できる経験を積む、トレンド技術や需要の高いツールなどを使いこなせるようになるなど、継続的にスキルアップを目指しましょう。

Webエンジニアが副業する際の注意点

Webエンジニアが副業する際は、次の3点に注意してください。

  • 副業可能か確認する
  • 確定申告を行う
  • 対応範囲を明確にしておく

それぞれの注意点について、詳しくみていきましょう。

副業可能か確認する

副業を始める前に、本業の就業規則を確認しましょう。副業解禁の流れはあるものの、まだ副業を全面的に禁止している企業も少なくありません。就業規則で禁止されているのに副業を始めてしまうと会社側とトラブルになる可能性があるので、事前に確認しておく必要があります。

確定申告を行う

副業で収入を得たら、確定申告が必要です。副業収入から経費を引いた所得が年間20万円を超えると、確定申告をして税金を支払わなければなりません。確定申告は毎年申告期間が決まっているので、忘れずに行いましょう。期限内に申告しなければ、延滞税など余分に税金が課される可能性があります。

対応範囲を明確にしておく

Webエンジニアはフロントエンドやバックエンドなど、対応範囲が広いのが特徴です。もしフロントエンドからインフラまで対応できるスキルがあったとしても、対応範囲を広げすぎると副業では手が回らなくなるおそれがあるので注意してください。

副業にどのくらいの時間があてられるのか確認し、対応する範囲を明確にしておきましょう。

まとめ

副業をするITエンジニアや副業ワーカーを受け入れる企業は増えており、Webエンジニアとしてスキルがあれば副業で収入アップが目指せます。未経験の人は、転職して実務経験を積むことから始めましょう。

副業をするときは、本業とのバランスが大切です。納期や作業量などをチェックして、無理のない範囲で対応できる案件を選びましょう。週2日から働けるものや、土日で対応できるものがおすすめです。エージェントなどを活用しながら、自分に合った副業案件を探してみてください。

フリーランスの方でこのようなお悩みありませんか?
  • 高額案件を定期的に紹介してもらいたい
  • 週2日、リモートワークなど自由な働き方をしてみたい
  • 面倒な契約周りはまかせて仕事に集中したい

そのような方はぜひ、ITプロパートナーズをご利用ください!

フリーランスの方に代わって高額案件を獲得
週2日、リモートなど自由な働き方ができる案件多数
専属エージェントが契約や請求をトータルサポート

まずは会員登録をして案件をチェック!

この記事を書いた人
ITプロパートナーズ編集部
ITプロパートナーズはITフリーランスの方に案件紹介をしているエージェントです。当メディア「アトオシ」では、フリーランスの働き方から仕事探しまで幅広い情報を日々発信しています。