プログラミング講師の副業は稼げる?必要スキルや案件獲得サイトを紹介

freelance

こんにちは、ITプロパートナーズ編集部です。

プログラマーの副業として人気があるプログラミング講師。副業としてできるプログラミング講師の仕事には、どのような案件があるのでしょうか。

この記事ではプログラミング講師の副業について、案件の種類や報酬、必要なスキルやおすすめの資格などを紹介します。案件の探し方も解説しますので、プログラミング講師の副業を検討している方は最後までチェックしてみてください。なお、講師以外の副業にも興味がある方は、「プログラミング副業の稼ぎ方を経験別で紹介」を参考にしてください。

弊社では、数多くのエンジニアの方にフリーランス案件を獲得していただいています。経験とスキルさえあれば、週2日から高収入案件をご紹介できます。まずは無料登録をして色々な案件をみて見てください。弊社からおすすめの案件をご紹介することも可能です。

プログラミング講師の副業案件の動向や収入目安

プログラミング講師の副業にはどのような案件があるのでしょうか。まずは、実際の案件と報酬の相場を確認してみましょう。

副業のプログラミング講師案件の募集動向

IT/Web分野のフリーランス案件を扱う弊社「ITプロパートナーズ」で「講師」というワードを検索してみると、2022年4月時点で約40件の案件がヒットします。内容を見ると、個人向けのプログラミング教室だけでなく、法人が主催する新人社員研修の講師募集も多く掲載されています。

注目なのは「一部リモート」「フルリモート」の案件も多いことです。「スキマ時間」「副業OK」と記載されている案件も多く、副業向きの案件が豊富といえるでしょう。

副業プログラミング講師の年収目安

ITプロパートナーズ」の案件を見ると、月収10万~100万円とかなり幅があることがわかります。

勤務日数が週1~2日で、副業参加が可能な案件に絞ってみてみると、月収10万~20万円が相場となっています。必須スキルや授業の難易度によって報酬が上下する模様です。

加えて、週末だけでなくフリーランスとして週3日以上稼働すると、もちろんその分高い報酬となります。

プログラミング講師の副業案件の種類と募集例

プログラミング講師の案件には、どのような種類があるのでしょうか。主な種類と実際の案件例を紹介します。

企業内新人研修の講師

最も多いのが、企業が自社の新人社員向けに開催している研修の講師です。プログラミングやITの基礎知識を教える内容になるため、難しいスキルを求められない案件が多く、講師初心者にも向いてます。

ただし、拘束日数や時間が長いものも多いので、副業よりもフリーランスとしての稼働がメインとなります。

以下はITプロパートナーズに掲載されているフリーンランス案件例です。

企業内における専門人材育成研修の講師

次はIT関連の専門人材を育成する講師の募集です。専門知識を教えられるだけの高度なスキルや専門性が求められるため、ある程度経験のあるプログラマー向きです。

その分、他の案件に比べると高単価な案件が多くなっています。

以下がクラウドワークスに掲載されている案件例です。

エンジニアスクールの講師

エンジニアスクールやオンライン学習サービスで、チューターやメンターを務める案件です。スクール講師の案件は、フルリモートや週1~2日勤務の案件が多く、最も副業向きといえます。

それほど専門的なスキルも求められず、「未経験歓迎」との案件も多数見られます。

以下もクラウドワークスに掲載されている案件例です。

副業でプログラミング講師をするために必要なスキル・経験や資格

プログラミング講師を副業にするうえで、必要なスキルや経験、おすすめ資格などを紹介します。

プログラミングスキル

もちろん必須となるのがプログラミング言語のスキル。ただし、求められるレベルは案件によってまちまちです。

専門人材を育成する研修では高度な専門性を求められることもありますが、通常のプログラミングスクールならば、特定の言語やフレームワークの知識があれば経験年数を問わないものも多くあります。

プログラミング理論への理解

プログラミング理論とは、プログラムの処理速度や工数を向上させるために必要な理論です。特定のコーディング基準やコーディング標準に従ってモジュール分割を行い、メインルーチン・サブルーチンの独立性や信頼性、可読性、可用性を高めることをいいます。

プログラムの品質に関わるため、プログラマーには必要な知識といえます。

開発の実務経験

基本的にはプログラマーとしての実務経験を求められることが多くなります。講師として扱う内容によって、求められる経験年数はさまざまです。

エンジニアスクールの一般的な講師案件であれば「プログラマーとしての実務経験1年以上」を募集要項としているケースが多く、それほど長期の実務経験は求められません。

コミュニケーションスキル

プログラミング講師は生徒に教えるにあたって、コミュニケーションスキルが求められる仕事です。生徒のやる気を引き出し、わかりやすく質問に答える能力が必要になります。

ただし、講師としての就労経験は不問とする案件が多くなっています。生徒とのやりとりに不安がある場合は、研修がしっかりしたスクールを選ぶとよいでしょう。

プログラミング講師におすすめの資格

プログラミング講師に必須の資格は特に定められていません。しかし、資格を持っていることで自分の能力を客観的に証明できるので、案件獲得でも有利になることが期待できます。

基本情報技術者試験

基本情報技術者試験」は、ITエンジニアの基礎知識が詰まった試験です。

プログラミングだけでなく、OSやデータベース、ネットワーク、セキュリティ、WebといったIT関連分野から、マネジメントや経営戦略など幅広い分野で出題されます。試験に合格することで、これらの分野の「基礎」が身についていることが証明できるのです。

講師としては、上位資格である「応用情報技術者試験」を取ると、プログラマーあるいはエンジニアとして一定の知識があることを証明できます。

言語別の認定資格

特定言語の専門知識がある人は、言語別の認定資格を取ることがおすすめです。例えば、以下のような資格が挙げられます。

特に、PHPやRubyは講師としても引き合いが強く、取得しておくと有利に働くかもしれません。

その他専門資格

他におすすめの資格としては「ORACLE MASTER(オラクルマスター)」が挙げられます。こちらはデータベースに関する資格で、取得することでOracle Databaseの構築に必要な知識を体系的に有していることを証明できます。試験の出題範囲は、データベースの管理・運用の知識のほか、データベース言語のSQLについても対象です。

また前述で紹介した「基本情報技術者試験」「応用情報技術者試験」はIT知識を網羅的に問われる試験でしたが、より専門性を問われる上位資格もあります。「ITストラテジスト試験」や「プロジェクトマネージャ試験」「データベーススペシャリスト試験」などです。

いずれも国家資格となりますので、よりスキルアップを目指すのであればこれらを取得するのもよいでしょう。

副業でプログラミング講師をするメリット

プログラミング講師の副業には、どのようなメリットがあるのでしょうか。代表的な3つのメリットを紹介します。

本業のスキルアップになる

プログラマーとしてのスキルを生かして副業ができるだけでなく、人に教えることがスキルアップにもつながります。

プログラミング講師の仕事では、実際の授業だけでなくカリキュラムの作成や質問対応なども業務範囲になります。プログラミングの知識を体系立てて説明したり初心者にもわかりやすく噛み砕いて言語化することは、これまで習得してきた知識の棚卸しになり、自分自身の理解促進になる側面もあるのです。

自宅からのフルリモートもできる

前章で紹介した通り、プログラミング講師の案件にはフルリモートのものが多く存在しています。

ビデオ通話と画面共有でレッスンを行うので、カメラ付きのPCや通話用の機器が揃っていれば仕事が可能です。副業をするうえで困難となるのが本業との両立ですが、フルリモートであればわざわざ職場に出向く必要がありません。

基本的には自宅で完結するため、カメラに映る範囲だけ部屋を片付ければ仕事をすることが可能です。プログラミング講師以外の在宅案件も知りたいとというプログラマーの方は以下の記事も参考にしてください。

在宅プログラマーになるには?働き方や必要スキル、案件例を紹介

スキマ時間を使って稼げる

フルタイム勤務ではなく、自分の都合に合わせて働き方を選べる点もメリットです。

特に、エンジニアスクールの講師業はスキマ時間を生かして授業を組むことができます。生徒と直接連絡を取りながら、お互いの都合のよい時間にレッスンを入れるため、1~2時間の空きがあれば副業ができるのです。

スクールの制度にもよりますが、週何時間くらい業務が可能か伝えれば、それに応じた人数を割り当ててもらえます。

本業が忙しい時は調整もしやすく、柔軟な働き方が可能です。

プログラミング講師の副業案件を探す方法

プログラミング講師の案件を探すには、どのような方法をとればよいのでしょうか。主に4つの方法を紹介します。

副業・フリーランスエージェント

最も手軽に案件を探す方法は「エージェント」を利用する方法でしょう。

エージェントとは、人材を探している企業と求職者を仲介するサービスです。エージェントを利用することで、プログラミング講師になれる人材を探している企業や案件と、効率的に出会うことができます。

言葉通り、主に副業専門の案件を扱っているのが副業エージェント、フリーランス案件をメインで扱っているのがフリーランスエージェントになります。

副業エージェントおすすめ14選【職種・目的別で徹底比較】

フリーランス専門のエージェントとしておすすめさせていただくのが弊社「ITプロパートナーズ」です。フリーランス向けの案件に特化していますが、週1~2日で働ける副業向けの案件も多く扱っています。

もちろん、フルリモートOKの案件も数多く扱っています。気になる方はぜひチェックしてみてください。

エンジニアスクールのWebサイト

エンジニアスクールのWebサイトでも募集を行っているところがあります。エンジニアスクールの多くはオンラインで授業を開催しており、リモートで働きやすいところがメリットです。

また大手スクールなら研修制度も充実しているため、講師未経験の方でもチャレンジしやすいでしょう。

例えば、以下のスクールでは実際にプログラミング講師を募集しています。

クラウドソーシングサービス

クラウドソーシングサービスでも、プログラミング講師の案件を見つけることができます。

例えば大手クラウドソーシングサイト「クラウドワークス」で、「プログラミング講師」とキーワード検索すると、約200件の案件がヒットします。

案件の内容は小中学生向けのスクールから法人向けの講義まで幅広く、単価もさまざまです。数が多い分、自分に合う案件を見つけるのは苦労するかもしれません。

クラウドソーシングおすすめ15選!初心者が副業で稼ぐ具体的な方法を紹介

人脈・SNS

少し難しい手段ですが、仕事仲間からの紹介やSNSを経由して案件を探す方法もあります。事実、「フリーランス白書2021」によれば、フリーランスが仕事獲得した方法のうち、「人脈」との答えが69.2%で1位でした。

とはいえ、紹介は一朝一夕で得られるものではありません。プログラミング講師に興味があることを積極的に周りに伝え、人脈を少しずつ広げていきましょう。

プログラミング講師の副業をする際の注意点

副業に適した仕事であるプログラミング講師ですが、実際に取り組む時には気をつけるべきポイントもあるのは事実です。最後に、プログラミング講師の注意点を紹介します。

未経験者に教えるには根気が必要

エンジニアスクールや新人研修で講師を担当する場合、全くの未経験を教えることが多々あります。

なかには高齢者や小中学生といったITリテラシーの低い生徒を担当することもあり、基礎からプログラミングを教えるのは根気が必要です。

やる気はあっても、なかなか知識が身につかず、同じことを何度も繰り返し教える羽目になってしまうこともあります。どのような生徒を担当するかは未知数ですので、ある程度覚悟しておきましょう。

時間外対応が発生する場合も

講師の業務は授業だけでなく、教材の準備や予習、生徒ごとの進捗管理、カリキュラム作成、質問に回答するための調査なども含まれます。

これらが就労時間内に終わればよいのですが、時間労働となる場合も少なくありません。
授業の準備に時間をとられて本業に支障をきたしては本末転倒です。契約の前に業務範囲についてよく確認をとるようにしましょう。

生徒から信頼されるよう努める

講師業は生徒から評価を受ける職業です。スクールによっては、生徒からの人気度を公表するケースや、評価が給料に反映される制度を採用している場合もあります。

熱心に教えるあまり態度が高圧的になることもあるかもしれませんし、生徒のレベルを考えずに難しい授業をしては評価が下がってしまいます。それぞれの生徒の進捗度を管理し、コミュニケーションを取りながら授業を進めることがポイントです。

まとめ

プログラミングスキルと実務経験があれば、講師業の経験がなくてもプログラミング講師を副業にすることは可能です。リモートでスキマ時間を使ってできる案件も豊富なため、副業に適した仕事といえます。

ITプロパートナーズでは、プログラミング講師以外にも、さまざまな副業向け案件を掲載しています。無料登録して頂くと全ての案件の詳細まで確認できるので、ぜひチェックしてみてください。

フリーランスの方でこのようなお悩みありませんか?
  • 高額案件を定期的に紹介してもらいたい
  • 週2日、リモートワークなど自由な働き方をしてみたい
  • 面倒な契約周りはまかせて仕事に集中したい

そのような方はぜひ、ITプロパートナーズをご利用ください!

フリーランスの方に代わって高額案件を獲得
週2日、リモートなど自由な働き方ができる案件多数
専属エージェントが契約や請求をトータルサポート

まずは会員登録をして案件をチェック!

この記事を書いた人
ITプロパートナーズ編集部
ITプロパートナーズはITフリーランスの方に案件紹介をしているエージェントです。当メディア「アトオシ」では、フリーランスの働き方から仕事探しまで幅広い情報を日々発信しています。