クラウドワークスはやめた方がいいと言われる5つの理由と本当の実態

freelance

こんにちは、ITプロパートナーズ編集部です。

クラウドソーシングサービスの大手である「クラウドワークス」は、誰でも仕事を受注できる便利なサービスです。しかし口コミにはよい評価も悪い評価もあり、登録を迷っている人も多いのではないでしょうか。

この記事では、「クラウドワークスを利用してみたいけれど、使って大丈夫なのか知りたい」「やめたほうがいいと言われた」という人に向けて、クラウドワークスのサービスをさまざまな面からご紹介します。利用前に、自分に合ったサービスかどうかを判断する材料として活用してください。

弊社では、数多くの方にフリーランス案件を獲得していただいています。経験とスキルさえあれば、週2日から高収入案件をご紹介できます。まずは無料登録をして色々な案件をみて見てください。弊社からおすすめの案件をご紹介することも可能です。

クラウドワークスはやめた方がいいって本当?

「クラウドワークスを使うのはやめやほうがいい」という意見があるのは事実です。実際に利用したうえで苦い思いをし、後発の人に向けて注意喚起をする目的でこのように言う人もいます。しかし、実際にクラウドワークス経由で仕事を受注して継続的に稼いでいるワーカーがいるのもまた事実であり、一概に「誰もが使うべきではない」というものではありません。自分の役に立つかどうか、稼げるか否かは、個人の使い方や使う目的次第です。

なお、クラウドワークスについて、評判や体験談について詳しく知りたい方は以下の記事も合わせてご覧ください。

クラウドワークスの評判って実際どう?リアルな口コミや体験談を公開

「クラウドワークスはやめたほうがいい」と言われる5つの理由

クラウドワークスはやめたほうがいいといわれるには、それなりの根拠があります。クラウドワークスにはプラス面もあればマイナス面もあり、マイナス面が大きいと感じる人にとってはおすすめできないサービスに見えるからです。クラウドワークスのマイナス面について知っておきましょう。

1.低単価案件が多い

クラウドワークスに掲載されている案件は、単価の低いものが非常に多く、労力に見合った報酬を得られない可能性があります。例えば、誰でも簡単に取り組める「アンケート」の仕事を見てみると、「作業目安時間15分で報酬55円」という案件があります。15分かけて回答してこの報酬では、稼げるとは到底いえません。

副業として人気の「ライティング・記事作成」のジャンルでは、執筆した文字数に応じて報酬が支払われるのが一般的です。しかし、ここでも「1文字あたり0.1円」など、単価の低い案件が多数掲載されています。4,000文字という原稿用紙10枚分に相当する案件を受けたとしても、1文字につき0.1円では400円にしかなりません。

2.単発案件が多い

クラウドワークスには「1回仕事をしたらそれで終了」という単発の案件が多く、継続的な収入になかなかつながりません。仕事をしたいと思ったら、そのたびにまず案件を探してクライアントへの営業や提案から始めなくてはならず、仕事が全くない時期がどうしても発生してしまいます。

コンスタントに案件を獲得するには、仕事をこなしながら別の案件を探す必要がありますが、かなりの時間や労力がかかることを覚悟しなくてはなりません。単発案件から継続案件へとつながる可能性はゼロではないものの、最初から継続案件を獲得して安定収入を得ることは困難です。

3.案件のライバルが多い

テレビCMも流れるなどしてクラウドソーシングサービスが一般的になった結果、利用者が増え、どのジャンルの仕事でもライバルが増えています。副業が一般的になったことも無関係ではないでしょう。ライバルが増えれば案件を獲得しにくくなるのは明白で、特に条件のよい案件や高単価の案件は争奪戦になっています。

特別なスキルや実績を持つ人であれば、ライバルが何人いようが大きな問題ではないかもしれません。しかし、特筆すべきスキルがない人が、大勢いるライバルに勝つことは至難の業です。

4.手数料が高い

クラウドワークスは利用するのに手数料(システム利用料)がかかります。手数料はクライアントが支払う報酬から引かれるシステムで、10万円以下の案件やタスク形式の案件は報酬の20%と決まっています。例えば、手数料込みの契約金額が5,000円(税抜)の場合、税込金額である5,500円の20%に消費税をかけた1,210円の手数料が引かれてしまうのです。

手数料の割合は一律ではなく、10万円超20万円以下の部分は10%、20万円超の部分は5%と、高単価の案件になれば低くなります。しかし、それだけの高額案件を獲得するのは簡単ではありません。このほか、報酬を銀行口座に振り込んでもらうのにも500円(楽天銀行の場合は100円)の振込手数料が発生します。

5.悪質なクライアントも存在する

クラウドワークスには、利用規約に違反することを平気で行う悪質なクライアントが存在します。

  • 成果物を納品したのに報酬を支払わない
  • 個人情報を聞き出そうとしてくる
  • 商品の代理購入を依頼してくる
  • クラウドワークスと無関係のビジネスやサロンへ勧誘してくる

こういった行為は全てクラウドワークスの規約違反です。しかし、クラウドソーシングに慣れていない初心者の場合、違反と知らずに相手の指示に従ってしまい、被害を受ける可能性があります。

実際にあった危ない案件の例やその口コミなどを知りた方は以下の記事を参考にしてください。

クラウドワークスがやばいと言われる理由は?危ない案件例とその対処法

クラウドワークスで稼ぐにはどうしたらいい?

クラウドワークスで稼ぐのは簡単ではありませんが、案件を受注して労働に見合った報酬を得ている人がいるのも事実です。クラウドワークスでどうすれば稼げるのかを解説します。

スキル・実績を積んでプロクラウドワーカーになる

「プロクラウドワーカー」とは、クラウドワークスが定めた基準を満たした人に与えられる肩書きです。認定を受けると、各ページにマークが表示されたり、プロクラウドワーカーの専用ページにリストアップされたりと、クライアントの目にとまりやすくなります。認定基準は以下の6つです。

  • 納品完了率(90%以上)
  • 総合評価(4.8以上)
  • 獲得報酬額(月間200位以内)
  • スカウト数(5回以上)
  • コミュニケーション評価(4.8以上)
  • プロフィール&自己PRが入力済

認定を受けることが高単価案件獲得につながり、多くの人が報酬アップに成功しています。

高単価案件に取り組む

数ある案件のなかから高単価の案件だけを受注すれば、自ずと報酬は上がります。ただし高単価案件にはライバルも多いため、自分の実績やスキルを上手にアピールし、クライアントに選んでもらえるよう工夫しなくてはいけません。

営業力・交渉力を身につける

仕事を獲得し、条件を調整するための営業力や交渉力は、案件獲得や単価アップのために必要不可欠です。まずは仕事を得るための営業力や自己PR力を身につけましょう。

クラウドソーシングでは単価の交渉や納期の調整といった交渉がごく一般的に行われているため、交渉力も重要です。クライアントといえども、実際に案件の依頼や調整をするのは1人の人間ですので、コミュニケーション能力を磨いておいて損はありません。

継続案件を掴む

半年、1年と長期にわたって定期的に仕事がある継続案件を獲得できれば、営業や提案に時間を取られることがなくなり、仕事に集中できる時間が増え収入も上がります。

継続案件を掴むには、案件を受注した際に「また依頼したい」と思ってもらえるような仕事をすることが重要です。クライアントとしても案件が発生するたびに新しいワーカーを探すのは骨が折れるため、仕事ができる人には続けてお願いしたいと考えています。クライアントが望む以上の成果を出せるのであれば、継続案件の獲得は難しくありません。

クラウドワークス初心者の方の稼ぎ方は以下の記事でまとめていますので、詳しく知りたい方は参考にして下さい。

クラウドワークス初心者の稼ぎ方と注意点!獲得しやすい仕事も紹介

クラウドワークスの利用をやめたほうがいい・向いていない人

クラウドワークスは誰もが利用しないほうがいいというわけではなく、利用する目的や得意・不得意によって向き不向きがあります。クラウドワークスの利用をやめたほうがいい人の特徴を解説します。

クライアントとの交渉が苦手な人

クライアントとの交渉が苦手な人は、そもそも案件が獲得しにくく、条件の調整も失敗に終わることが多いため、クラウドワークスに向いていません。案件を受注しても「継続して欲しい」「単価をアップして欲しい」といった交渉ができなければ、いつまでも安い報酬で働き続けなくてはならない可能性があります。

クライアント・案件の見極めが難しい人

悪質なクライアントや、報酬が見合っていない案件が見分けられない人には、クラウドワークスはおすすめできません。報酬未払いや勧誘といったトラブルに巻き込まてしまったり、膨大な時間を消費してもわずかな報酬しか得られなかったりするからです。理不尽な目に遭うと、時間を無駄にするだけでなく精神的にも消耗してしまいます。

高収入・安定収入を得たい人

余裕を持って生活できるような高い収入を得たい人や、毎月安定した収入が欲しい人は、就職や起業を考えたほうがよいでしょう。

ITエンジニアなら、クラウドワークスではなくエージェントを利用してフリーランスになるという選択肢もあります。「ITプロパートナーズ」では、週2日から取り組める高単価の案件を紹介可能です。

専門性を活用したい人

専門性があると、高単価の案件を受注しやすくなります。しかし、需要が高い専門的なスキルを持っているのであれば、報酬が安めで手数料も取られるクラウドワークスで案件を探すメリットがありません。

クラウドワークスの利用に向いている人

クラウドワークスは絶対に利用しないほうがいいというわけではなく、向いている人には非常に有益なサービスです。どのような人であれば向いているのかを解説します。

お小遣い稼ぎをしたい人

1ヶ月に数万円程度のお小遣い稼ぎをしたいのであれば、クラウドワークスだけで達成可能です。家事の合間などの手の空いている時間を利用して仕事をこなしていけば、ある程度の収入を得ることができます。子どもの世話や家族の介護などで外に働きに出るのが難しい人でも、自分の都合のつく時間にコツコツと働けばよく、家にいながらお小遣いを稼げます。

スキルや経験を積みたい人

とにかくスキルや経験を積みたいという人は、クラウドワークスの利用に向いています。クラウドワークスには「未経験OK」「経験や実績を積みたい方歓迎」といった案件が多く、受注して実績を作るだけなら難しくありません。報酬は低めではあるものの、実務をこなしつつスキルアップできます。

スポット案件を探している人

スポット案件とは1回の取引ごとに報酬が支払われる案件のことで、継続案件よりもスポット案件をこなしたい人にはクラウドワークスがおすすめです。クラウドワークスは受注から完了までの時間が短いスポット案件の割合が高く、空き時間を活用できます。また、提案不要ですぐに取りかかれるタスク形式の案件もあります。

自分の市場価値を確認したい人

クラウドワークスでは、提案が通る確率や成果物に対するクライアントの評価をチェックすることで、自分の実績やスキルでどの程度の仕事を受注できるのかを確認できます。「独立する前に自分がどのくらいの仕事を請けられるのか知りたい」「副業したいが今のスキルで通用するのか不安」という人は、さまざまな条件の案件にチャレンジして自分の市場価値を判断しましょう。

クラウドワークス以外にも!在宅・副業案件の獲得におすすめのサービス

在宅での仕事や副業案件を獲得するのが目的であれば、選択肢はクラウドワークスだけではありません。クラウドワークスの代替となり得るおすすめのサービスについて紹介します。

クラウドワークス以外の大手クラウドソーシング

市場に存在するクラウドソーシングサービスは、クラウドワークスだけではありません。総合的なクラウドソーシングサービスとしては、クラウドワークスよりも前にリリースされた「ランサーズ」がよく知られています。このほかにも、主婦向けの案件が多数掲載されている「シュフティ」、手数料が低めに設定されている「Bizseek」などもチェックしてみましょう。

特定のジャンルに特化したサービスもあり、ライティングであれば「Shinobiライティング」や「Sagoooワークス」、イラスト制作専門の「MUGENUP」などが知られています。

クラウドソーシングおすすめ9選!初心者が副業で稼ぐ具体的な方法を紹介!

スキルシェアサービス

スキルシェアサービスとは個人が持つスキルを売買するサービスのことで、「ココナラ」や「ビザスク」がよく知られています。売る側が自分のスキルを出品し、買う側は実績や成果物を見て誰のスキルを買うかを判断するというシステムになっています。

売買されるスキルは多岐にわたり、手相鑑定や占い、似顔絵の作成といったものからマーケティングやカウンセリングまで、何でもあるといっても過言ではありません。サイト内で人気や知名度が上がれば、営業をしなくてもコンスタントに仕事が舞い込んできます。

スキルシェアサービスおすすめ30選!初心者が副業で稼ぐコツも紹介

フリーランスエージェントという選択肢も

ITエンジニアとして働くなら、フリーランス向けのエージェントを利用するという選択肢もあります。クラウドソーシングやスキルシェアサービスでは、自分で仕事を探したり自らを売り込んだりする必要があり、営業や交渉が苦手な人にとっては大きな負担でしかありません。さらにクライアントと直接契約し、やりとりをするのが一般的で、本音や要望を伝えにくいこともあります。

フリーランスエージェントの「ITプロパートナーズ」では、専門スタッフがワーカーのスキル・経験・希望などをもとに最適な案件を提案。月30万〜80万円といった高単価案件も豊富で、培ったスキルや実績を存分に生かせます。

まとめ

クラウドワークスの利用は、おすすめできる人とできない人がいます。お小遣い稼ぎや空き時間の有効活用が目的であれば親和性が高いものの、安定収入や高収入にはつながりにくいのが現状です。

高い専門性を生かして仕事をしたい人や、高収入を目指す人は、フリーランス向けのエージェント「ITプロパートナーズ」も利用してみてください。

フリーランスの方でこのようなお悩みありませんか?
  • 高額案件を定期的に紹介してもらいたい
  • 週2日、リモートワークなど自由な働き方をしてみたい
  • 面倒な契約周りはまかせて仕事に集中したい

そのような方はぜひ、ITプロパートナーズをご利用ください!

フリーランスの方に代わって高額案件を獲得
週2日、リモートなど自由な働き方ができる案件多数
専属エージェントが契約や請求をトータルサポート

まずは会員登録をして案件をチェック!