【現役SEが語る】RPAエンジニアの将来性と今後の需要

皆さんは「RPA」を知っていますか?

SEやプログラマなどIT関係の仕事に就いている方ならもちろん、理解されていると思います。

「RPA」は、今多くの企業から注目されているのです。

業務を「RPA化」することにより企業にとっては、様々なメリットがあります。

そんなニーズの高さから、RPAエンジニアが今、市場でのニーズが高まっています。

というわけで、今回は現役SEである筆者がRPAエンジニアの将来性と今後の需要について解説していきます。

freelance

RPAエンジニアの役割と仕事内容

RPAエンジニアの役割と仕事内容をここでは、説明していきますが、その前にRPAについて簡単にふれてみましょう。

まず基本的な事ですが、RPAとは、ロボティック・プロセス・オートメーション= robotic process automationの略です。

RPAはソフトウェアのロボットということで、パソコン上の作業を自動化し業務の効率化をはかることです。

そんなRPAを活用する為のエンジニアの役割と仕事内容について触れてみます。

  • RPAの導入
  • RPAによるロボット開発作業
  • 業務設計

 

RPAの導入

RPAエンジニアには、実に多くの役割を求められます。

単にエンジニアとしての役割を求められるだけでなく、RPAを広める為の導入支援業務を求められることもあります。

一企業において、まだRPAのことをよく知らない人に対しての指南役としての一面も求められます。

 

RPAによるロボット開発作業

実際にRPAを導入する企業の業務効率において、ロボット開発を行います。

RPAの開発は、基本的にプログラミングは必要ない為、誰でもロボットの製造はできるとされています。

しかし、実際にはシステム開発経験者でなけれは難しいのも事実となります。

 

業務設計

RPAエンジニアにもSEとしての役割は求められます。

特に業務設計においては、そもそも業務がロボット化できるか、効率的なロボットが、どのようにして製造できるのかなどを設計します。

クライアントとしては、効率化したい業務は把握していても実際にどのようにすればRPA化できるかのかを考えるのは、また別の問題なのです。

気になるRPAエンジニアの将来性と今後の需要

RPAというと企業にとっては、まだまだ未知の世界であり、今後導入を検討される企業が本格的に増加すると思われます。

そのような意味からするとRPAエンジニアのニーズもこれからが本番というところです。

今後の将来性と需要についてふれてみます。

  • RPAエンジニアの現状
  • RPAエンジニアの需要
  • RPAエンジニアの将来性

 

RPAエンジニアの現状

現在のところのRPAエンジニアの現状というのは、どのようになっているのでしょうか。

実際のところRPAエンジニアの需要は増加傾向にあり、市場の案件としては2018年頃よりRPAエンジニアの需要が上がっています。

実際にRPAに早くから携わっている開発企業などは、2013年頃からより着手している企業もあります。

RPAは商品により様々な種類が存在する為、使用するRPAに応じて特徴を知る必要があります。

そのため、現在でもRPA案件に実際携わってから、はじめてRPAツールに触れるエンジニアが意外に多く現状としてRPAエンジニアは不足しています。

 

RPAエンジニアの需要

RPAエンジニアの需要そのものは、実際どうかと言えば現状不足しているのが事実です。

前述した通り、開発業務の歴史からすれば、RPAの歴史はまだ浅く、現実の市場のニーズの本格化は、これからです。

となるとRPAエンジニアの需要は、さらに増加するでしょう。

 

RPAエンジニアの将来性

RPAそのものの注目度や関心度は、これからが本番といったところです。

現在、大企業を中心とした一部の企業が積極的にRPAを導入していますが、この動きがさらに加速すれば、中小企業でも導入することになるでしょう。

そうなるとRPAの将来性は明るいと言えます。

RPAエンジニアの年収相場は上昇傾向?

近年ではフリーランスのエンジニアも増加しており、スキルが高い人ほど報酬や条件も高くなります。

では、気になるRPAエンジニアの報酬面は、どうなのでしょうか。

実際にRPA案件に関わった筆者がお伝えします。

  • RPAエンジニアの年収は高い?
  • 他のスキルと比較すると?
  • RPAエンジニアの年収は増加傾向?

 

RPAエンジニアの年収は高い

スバリ、RPAエンジニアの年収は高いのでしょうか。

実際には年収は高めではありますが、これはエンジニアによるスキルにもよるでしょう。

既にRPAエンジニアとして5年以上のキャリアがあれば、それ相応の年収となります。

その他の開発案件と比較しても高めである傾向であるでしょう。

 

他のスキルと比較すると?

RPA案件と、その他のスキルの案件とを比較するとどうでしょうか?

これは、案件にもよりますし、エンジニアのスキルにもよりますから比較すると、一概に高いか低いかは言えません。

例えば言語によっても報酬面での違いはあります。人気の言語やエンジニアのニーズが高い案件については、やはり収入は上がります。

RPA案件については、未経験でも参画することもできます。

なぜならRPAエンジニアというのは、それほど多くはないからです。

RPAのスキルや経験よりも、どちらかというと判断されるのは、エンジニアとしてのキャリアが問われます。

設計、開発などの経験値が問われます。

なぜならRPA未経験であっても、プログラミングを習得するわけではないので、システム開発経験者であれば対応できるであろうという判断がなされるからです。

 

RPAエンジニアの年収は増加傾向?

結局のところRPAの年収は、増加傾向なのでしょうか?

ズバリお答えすると、この先5年は、RPAエンジニアの年収は確実に増加するでしょう。

なぜならこの先は、さらにRPAは浸透しニーズが広がるからです。

それに応じてエンジニアのニーズも高まり、価値が上がれば年収は増加します。

むしろこの先5年がRPAエンジニアのピークとなるのではないでしょうか。

これまでのRPAエンジニアの年収相場は以下の通りとなります。

経験者: 年収500万円~最高3000万円
未経験者: 400万円~500万円前後

未経験でも500万円前後というわけですから相場的には非常に高いと言えます。

年収相場が高いだけが注目されやすいのですが、エンジニアとしてキャリアチェンジしやすいのも特徴です。

RPAエンジニアとして生き残るために必要なスキル

RPAエンジニアとして仕事をしていく為、そして生き残る為には、どのようなスキルが必要なのでしょうか?

プログラミング言語によるアプリケーション開発とは、またひと味違うRPAエンジニアに必要なスキルについて説明します。

  • RPAそのものについての知識と理解
  • RPAで出来ること、出来ないことを明確に
  • これまでの経験が活きるとは、限らない

 

RPAそのものについての知識と理解

RPAエンジニアとして当然のことですが、まずはRPAのことをよく理解する必要があります。

RPAを企業などに積極的に活用する為に導入プランを提示したり、導入においてのサポートやアドバイザーとしての役割も求められることもあり、たんにエンジニアとしてだけのポジション以上のことを要求されたりします。

RPAそのものや、システム関係や開発について詳しくないような顧客に対してもわかりやすく説明する為、広く豊富な知識が必要となります。

 

RPAで出来ること、出来ないことを明確に

RPAは、現在人手によって行っている業務をロボットにやらせることで自動化し業務改善し効率化するのが狙いです。

しかし、そんなRPAでも、全てのことができるわけではないのです。

業務を効率化させることは、もちろん可能ですが、かといってRPAかなんでもかんでもできるわけではないないのです。

RPAは人間が手で行うパソコン作業については、対応できるとされていますが、実は苦手なこともあります。

例えばスクロールバーの制御やマウス操作は苦手分野なのです。

RPA化するにおいてキー操作を多様することなど、RPAならではの特性を理解しておく必要があります。

RPAの開発においては、まず、RPAで何ができて何ができないかを理解しておくことがファーストステップとしては必要です。

 

これまでの経験が活きるとは、限らない

RPAエンジニアとして案件に関わる場合、これまでの開発経験が活かせるとは、限りません。

これは意外なことかもしれませんが、現役SEである筆者が実際に実感したことです。

確かに通常の開発案件と同様に業務を自動化しシステム構築することには、変わりありません。

しかし、RPAは独特であり特徴があります。

ロボットを構築することは、プログラミングの知識は不要で誰でもできるとされています。

確かにコーディングの必要はありませんので、プログラ厶は理解していなくてもロボットは作れます。

しかし、誰でも作れるようなロボットとなると、レベル的には簡易なものとなります。

複雑な処理となるとプログラミング知識というよりシステム的知識は必要となります。

またコーディングが不要ということが、エンジニアにとっては逆に面倒と感じる場合もあります。

なぜならコードなら単純に数行で済むものを、RPAの場合は、1つ1つステップを組まなければならないからです。

RPAエンジニアが案件を探す方法

RPAエンジニアの案件を探すには、どのようにしたらよいのでしょうか?

RPAと言っても、通常の開発案件を探すのと、それほど変わりません。

しかし、特定のプログラミング言語やデータベースなどの明確なスキルによりピンポイントにRPAの案件を探すのは、少し難しいかもしれません。

  • エージェントを利用する
  • RPA推進企業に問い合わせる
  • 人脈を活かし案件を得る

 

エージェントを利用する

エンジニアが案件を探す際に、近年で最もポピュラーな方法がエージェントを利用することです。

近年は、フリーランスのエンジニアが増加に伴い、エージェントそのものも増加しています。

エージェントを利用するメリットは、様々ありますが、最も有効なのは、営業をせずに済むということです。

いくつかのエージェントに登録しておけば、自分のスキルにあった案件を紹介してくれます。

もちろんRPAの案件もエージェントは保持しています。

実際に利用したいエージェントをご紹介します。

エージェント名: BTC エージェント for RPA
参考: https://freeengineer.btcagent.jp/rpa/

RPA案件に特化したエージェントであれば、こちらのエージェントがおすすめです。

エージェント名にも「RPA」という言葉が含まれているように、多数のRPA案件を取り扱っています。

サイトからのエンジニア登録も可能なので、RPA案件を探している方は、アプローチしてみましょう。

 

RPA推進企業に問い合わせる

RPA製品を開発している企業に需要を直接確認するという手段もあります。

RPAの歴史は、まだそれほど長くなく、RPAを経験したエンジニア自体も貴重となります。

一方でRPAを世の中に広めたいと思う企業は多く、RPAを広める為の活動などを積極的に行っています。

RPAエンジニア自体の育成も行っていることから、RPA開発推進企業に積極的にアプローチしてみましょう。

 

人脈を活かし案件を得る

エンジニア経験が長い方であれば、これまでな人脈を活かし案件を探すのも1つの手段です。

市場に出回っている案件だけではなく、人脈やクライアント会社、パートナー企業から案件の話しをもらえるケースも実は多いのです。

このことは、エンジニア全体の人材不足という現状を露呈していることになります。

まとめ:

いかがだったでしょうか。今回は「【現役SEが語る】RPAエンジニアの将来性と今後の需要」について詳しく解説しました。

RPAは、まだまだこれからが本番と言えるように、今後はさらにニーズが高まることは間違いありません。

現状では、RPAエンジニアの人材は、明らかに不足しています。

一般企業としても今後、本格的に検討するところがほとんどなのが現状です。

新型コロナウイルスにより、テレワークという働き方が進むことと同じく、企業は業務の効率化を必ず検討するはずです。

働き方も含め様々な面での業務改善が今後、企業が生き残る為には、戦略的な要素として非常に重要となります。

そして業務効率化の最たる手段としてRPAは広がっていくでしょう。

bn04

もし、今あなたが

・フリーランスになるか悩んでる
・自分に合った案件があるのか不安
・そもそも何から始めればいいのか分からない

などお困りであれば、ぜひ弊社ITプロパートナーズのサポート内容を確認してみてください!

登録後、専属エージェントに無料相談もできますよ!

※週2日 / 30万〜のフリーランス案件を紹介中です
※ご経験やご希望によっては案件を紹介できない場合がございますのでご了承ください。


よく見られてる関連案件

b80c977483d024c14549510e194361fe 2_anken 3_anken
The following two tabs change content below.
株式会社ITプロパートナーズ

株式会社ITプロパートナーズ

「IT起業家・フリーランスの自立を支える」というビジョンの元、「週2日からの業務委託案件を紹介する、ITプロパートナーズ」を運営。 ■BestVenture100に創業初年度で選出 ■取材記事:自立する覚悟が、働き方を変える
freelance