営業いらず?!常駐型フリーランスとは?

freelance

こんにちは。

ITエンジニア・webディレクター・webデザイナーなどのIT人材の自立・キャリアを支援するITプロパートナーズ編集部です。

常駐型フリーランスとは、どこかクライアントの会社と契約して、その会社の中で働くフリーランスのことです。

このスタイルで働くには、まずエージェントに登録した上で希望条件についてすり合わせをし、案件の紹介を受け、クライアントと面談、契約という順序を踏むことが必要です。

では、具体的には常駐型フリーランスだと、どのような生活を送ることになるのでしょうか?

フリーランスになると、生活リズムが乱れがちになるという人もいますが、常駐型フリーランサーの場合は会社の勤務時間に合わせて出社して仕事をしなければならないので、一定の生活リズムを保つことができます。

②周りの社員と一緒に仕事をする

基本的に、一人で仕事を自己完結させるのがフリーランスというものですが、企業に常駐することで、周りの社員と一緒に仕事をすすめることになります。

休憩時間にちょっとした雑談をしてリフレッシュすることもできるので、一人でいるのが苦手な人にはおすすめです。

③基本的に細かい指示は出されない

クライアントの社員ではないので、基本的に上司からの細かい指示はありません。作業中は何も言われないので仕事に集中でき、必要な場合は席を立っても大丈夫です。

自由にやらせてもらえるのがフリーランスというものですが、本当に自由にさせてくれるかどうか事前に確認しておきましょう。

④経済的に安定した生活が送れる

正社員で働くよりも、フリーランスとして常駐したほうが収入は多くなる傾向があります。

また、長期間同じクライアントで一定の時間仕事をすることになるので、他のフリーランスより経済的に安定した生活を送ることが可能です。

⑤人脈が広がる可能性もある

同じ職場に長期間働いていれば、同じ部署やチームの人と食事に出かけることもあるでしょう。

また、取引先の方と飲みに行くチャンスもあるかもしれません。

そんなところから、人脈が広がり、意外なところから次のクライアントになってくれる人が現れる可能性もあります。周りの人とは積極的に交流を深めるようにしましょう。

常駐型フリーランスは、エージェントの契約社員や派遣社員という立場ではないので、当然ながら社会保険や厚生年金などの保障・福利厚生はありません。

しかし、ひとりで黙々と作業をしているよりは、はるかにメリットがあると言えるでしょう。誰かと一緒に仕事をするのが苦ではない人は、このようなスタイルで働くことも検討してみてはいかがでしょうか?

フリーランスの方でこのようなお悩みありませんか?
  • 高額案件を定期的に紹介してもらいたい
  • 週2日、リモートワークなど自由な働き方をしてみたい
  • 面倒な契約周りはまかせて仕事に集中したい

そのような方はぜひ、ITプロパートナーズをご利用ください!

フリーランスの方に代わって高額案件を獲得
週2日、リモートなど自由な働き方ができる案件多数
専属エージェントが契約や請求をトータルサポート

まずは会員登録をして案件をチェック!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です