Pythonエンジニアの将来性は?需要とこれからについて解説!

こんにちは。ITエンジニア・webディレクター・webデザイナーなどのIT人材の自立・キャリアを支援するITプロパートナーズ編集部です。

弊社では、独立精神旺盛な優秀なエンジニアの方々の独立・起業サポートや、フリーランス支援を行っています。

プログラム言語の学習を始める際、どの言語を選択すれば安定して稼ぐことが出来て、将来性にも期待出来るのかはみなさん疑問に思うのではないでしょうか?

IT業界は全体的に伸びているとはいえ、今後もより需要の高いプログラム言語を学習したいと考えるのが一般的な意見ではないでしょうか。

数あるプログラム言語の中でも、Pythonは将来性が高く、需要がますます拡大している言語です。

AI(人工知能)やデータサイエンティストなど、Pythonが得意としている分野の領域が今後の将来性に非常に期待されているのが要因となっています。

本記事では、プログラム言語Pythonの将来性について、詳しく知りたいユーザーの方向けに、Pythonの今後の需要や他のプログラム言語と比較した際の将来性など、様々な情報をご紹介していきたいと思います。

ぜひ本記事でご紹介する内容を参考に、Pythonエンジニアへの道を踏み出しましょう。

freelance

Pythonの需要から見る将来性

まず、Pythonの現在の需要から見る将来性について確認していきましょう。

海外でのPython人気は、PHPやRubyよりも需要があるとさえ言われている言語です。
しかし、日本国内ではまだまだPythonエンジニアの数は少ないのが実情です。

Pythonは現在、需要が供給を上回っている状態と言ってしまっても過言ではないため、非常に将来性の高いプログラム言語と言えます。

  • プログラム言語ランキング世界4位
  • 多くのWebサイトやアプリで利用されている
  • 日本ではまだPythonに対応できるエンジニアが少ない

1.プログラム言語ランキング世界4位

Pythonは、プログラム言語ランキングで世界4位に認定されるほど人気の言語です。

Pythonよりも上位にランクインしているのは、JavaやCなどのコンパイル言語のため、インタプリタ言語としてはPythonが最も需要のある言語という結果が出ています。

機械学習やAIなどの領域でPythonは頻繁に使用されているため、将来性も高く、今後も更に順位が上がっていくものと考えられています。

世界中で需要の高いプログラム言語ということで、Pythonエンジニアの需要はますます拡大していくことでしょう。

2.多くのWebサイトやアプリで利用されている

Pythonは多くのWebサイトやアプリで利用されているのも特徴です。

DjangoやBottle、FlaskといったWebアプリケーションを開発するフレームワークが充実しており、少ないコーティング量でWeb開発を行うことが出来る上に、Pythonの特徴でもある可読性の高いシステムを作成することが可能となります。

近年ではJavaやPHPに肩を並べるほど多くの案件でPythonが利用されているため、将来性についても期待して良いでしょう。

3.日本ではまだPythonに対応できるエンジニアが少ない

Pythonはプログラム言語ランキング世界4位にランクインする人気言語ですが、日本国内ではまだまだPythonに対応できるエンジニアは少ないのが実情です。

AI(人工知能)や機械学習・ビッグデータなどの分野が日本国内でも注目され始めていますが、需要に対してPythonエンジニアが圧倒的に足りていません。

Pythonはこれからの将来性に期待出来るプログラム言語のため、これからPythonの学習を始めようと考えている方にも、十分にチャンスのある分野と言えます。

Pythonのこれからの将来性

Pythonは現在注目されている機械学習や深層学習などの分野で頻繁に利用されているプログラム言語です。

AI(人工知能)開発やデータサイエンティストの需要増加に伴い、Pythonエンジニアは将来性の高い分野としてエンジニアの中でも注目が集まっています。

  • AI(人工知能)開発への使用
  • Pythonエンジニアを欲しがる企業の増加
  • データサイエンティストの需要増加

1.AI(人工知能)開発への使用

近年最も注目されている分野と言っても過言ではないAI(人工知能)開発で、Pythonが使用されるケースが非常に多くなっています。

Googleがオープンソースで開発しているTensorFlowをはじめ、Amazonが提供しているAWS LamdaもPythonが採用されており、大企業が使用していることも後押しして、PythonはAI(人工知能)開発分野で不動の地位を得ようとしています。

現在、発展途上の分野で且つ、今後に注目が集まる分野でのデファクトスタンダードになり得る言語のため、Pythonエンジニアの将来性は非常に高いと言えるでしょう。

2.Pythonエンジニアを欲しがる企業の増加

Pythonは上記でも解説している通り、機械学習や深層学習など注目分野での使用がメインとなっているため、これらの分野の進出/拡大を目指す企業がPythonエンジニアを欲しがっているのが現状です。

また、Python自体はInstagramなどでも使用されているようなWebアプリケーション開発にも優れている言語であるため、様々な分野での活躍が期待出来るPythonエンジニアを企業は欲しがっていると推察出来ます。

Pythonの将来性を見込んで、今のうちにPythonの技術を身につけておくことにより、市場シェアの拡大とともに、Pythonエンジニアとしてより高額な報酬を獲得することも可能となるでしょう。

3.データサイエンティストの需要増加

Pythonエンジニアの将来性として忘れてはいけないのが、デーサイエンティストとしての需要増加にあります。

ビッグデータという言葉が世の中に浸透しはじめており、データの収集や分析、データの構造化・管理などが重要視されるようになってきました。

これらはPythonが得意とする分野であり、Pythonには標準ライブラリを含めた様々な統計や分析に優れたフレームワークが提供されている点で重宝されています。

PythonとRuby・Javaの将来性を比較

言語 Python Ruby Java
需要の高さ ×
年収の高さ ×
学びやすさ ×

Pythonは、他のプログラム言語と比較して、将来性の非常に高い言語と言えます。

ここからは、プログラム言語としての需要・年収・学習コストの3つのカテゴリについて、Ruby・Java 2つの人気言語と比較してPythonがどれほど注目されているのかを確認していきましょう。

需要が高いのはJava

プログラム言語の需要を比較した場合、Javaに人気が集まる結果となりました。

Javaは古くから使用されている言語であり、大規模システムの構築に適していることもあり長い間重宝されているプログラム言語です。

コンパイル言語であるJavaは、安定性や信頼性に関しても高く、様々な企業で現在も利用されているため、最も需要の高い結果となりました。

需要に関して現在までのところJavaには及びませんが、Pythonも急速に成長しているプログラム言語の1つです。

近年では様々な企業のシステムでも利用されるようになってきたため、 Pythonは現在最も将来性の期待されているプログラム言語といえるでしょう。

年収が高いのはPython

年収を各プログラム言語で比較した場合、Pythonが最も優れている結果となりました。

要因としては、機械学習や深層学習など高度な知識を要する分野のPythonエンジニアが多く、Pythonエンジニア全体の数はJavaなどのエンジニアに比べて少ないため、平均を引き上げたのではないかと推察出来ます。

また、近年ではブロックチェーン技術への注目も高まっており、Pythonエンジニアの需要が高まっていることから、JavaやRubyよりも高収入を提示してPythonエンジニアの募集を行なっている企業も多いようです。

学びやすいのはPython

学びやすさの面ではPythonが最も優れたプログラム言語と言えるでしょう。

Rubyに関しても比較的学習コストの低い言語として有名ですが、海外ではPythonが最もプログラミング講義で使用されているなど、初心者にも取り扱いやすいプログラム言語となります。

要因としては、文法がシンプルで分かりやすい点や、汎用的に使用できる言語であり、後々の目指す分野が明確に決まっていない方でもPythonを学習しておけば、幅広い分野で活躍できることにあります。

コーティング量に関しても、他言語に比べて少なく済むことが多いため、理解することや覚えるべきことが少なくなり初心者の方にもおすすめ出来るプログラム言語といえます。

Pythonフリーランスエンジニアとしての将来性

Pythonはフリーランスエンジニアとしても将来性の高いプログラム言語です。

スタートアップ企業などが早期にプロダクトをリリースするために、Pythonを選択するケースが非常に増えてきており、案件数も着々と増えているのが現状です。

また、AIエンジニアなどを筆頭に高単価案件も非常に多いため、Pythonエンジニアとしての実績と実力を獲得すれば仕事に困ることはなくなるでしょう。

フリーランスエンジニアの方には、在宅で出来る仕事を希望する方が多いようですが、まだまだPython案件としての数は少ないのが実情です。

案件数に関しても、他のプログラム言語と比べると少なく、高単価案件が多いこともあり現在は限られたエンジニアのみが活躍している状況です。
しかし需要やこれからの将来性を考えるとPythonフリーランスエンジニアはおすすめ出来る働き方と言えるでしょう。

まとめ:Pythonの将来性は期待出来る

本記事では、Pythonの将来性について様々な情報をご紹介してきました。
結論として、Pythonの将来性は非常に期待出来ます。

IT分野だけでなく、全ての業界で考えた場合でも、AI(人工知能)などの分野は注目を集めており、今後ますます発展していくと予想されています。

Python技術を身に着けることで、案件を獲得することはもちろん高収入を目指すことも可能となるため、Pythonエンジニアの将来性は非常に期待出来るものとなっています。

AIや機械学習と聞くと、難易度の高いイメージがあり敷居が高く感じる方も多いと思います。

しかし、近年では様々なオープンソースやフレームワークの登場により誰でも取り組みやすい環境が整いつつあります。

本記事でPythonエンジニアの将来性に興味を持たれた方は、Python技術を取得するための第一歩をぜひスタートさせましょう。

bn04

もし、今あなたが

・フリーランスになるか悩んでる
・自分に合った案件があるのか不安
・そもそも何から始めればいいのか分からない

などお困りであれば、ぜひ弊社ITプロパートナーズのサポート内容を確認してみてください!

登録後、専属エージェントに無料相談もできますよ!

※週2日 / 30万〜のフリーランス案件を紹介中です
※ご経験やご希望によっては案件を紹介できない場合がございますのでご了承ください。


よく見られてる関連案件

b80c977483d024c14549510e194361fe 2_anken 3_anken
The following two tabs change content below.
佐久森

佐久森

元ITインフラエンジニアで現役テックライター。暗号資産やブロックチェーン技術のライティングからIT技術全般を幅広く書く。福岡出身東京在住。
freelance