インフラエンジニアが副業で稼ぐには?案件の種類や土日・週1の始め方

こんにちは、ITプロパートナーズ編集部です。

企業のIT基盤を支えるインフラエンジニア。近年は副業として関わるチャンスも増えてきました。しかし、インフラエンジニアはどんな副業ができるのか?どうやって案件を取ればいいのか?といった疑問を抱えている方も多いのではないでしょうか?

そこでこの記事ではインフラエンジニアが稼げる副業の種類や探し方、注意点などを解説します。土日や週1日でできる案件例なども紹介するのでぜひ参考にしてください。

弊社では、数多くのエンジニアの方にフリーランス案件を獲得していただいています。経験とスキルさえあれば、週2日から高収入案件をご紹介できます。まずは無料登録をして色々な案件をみて見てください。弊社からおすすめの案件をご紹介することも可能です。

働き方の自由度を高めませんか?
  • 複業/フリーランスで月収80万以上を稼ぐ
  • 週2日、週10時間から働ける
  • フルリモートはもちろん柔軟な稼働時間
  • PM,PdMなど上流案件も多数

自分の強み×週1日〜フルタイム×リモート・フルリモートなど、働き方をカスタマイズして案件を探したい方へ

約6割が週1-3日案件のグラフ

そもそもインフラエンジニアは副業できるのか?

インフラエンジニアはスキルや経験を活かして副業することが可能です。

近年はクラウドサービスの台頭で、従来のオンプレミス型(自社やデータセンター内に物理的なインフラを設置して運用する方法)ではなく、クラウド上でインフラを構築・運用する案件が主流になっています。

クラウド型のインフラはオンプレミス型と違って自社でメンテナンスする必要がないため、週2~3日勤務のようなゆるい関わり方の募集も増えてきました。またコロナ禍でリモート案件も増えているため、インフラエンジニアとして副業案件を獲得するのは十分可能な状況です。

土日・平日夜に稼働できる副業案件も多数ある

副業・フリーランスエージェントの案件を見てみると、多くはありませんが土日に対応できる案件もあります。平日は本業に集中し、土日に副業案件をこなすなど、自分に合った働き方も可能です。慣れるまで、まずは週1日だけ、土日だけ稼働したいというインフラエンジニアにも副業はおすすめです。

開発の完了日やプログラムの納品日が設定されている案件は、比較的作業時間に自由度がある案件もあります。平日の本業終業後、夜間に作業することも可能ですので、空いた時間を有効に活用できるでしょう。

その他、エンジニアの副業事情などは以下の記事も参考にしてください。

エンジニアが稼げる副業は?週1案件の探し方やおすすめサイトも紹介

未経験でも副業可能!案件でスキルアップもできる

インフラエンジニア向けに募集されている副業案件は多くはありません。一方で、下記のように業務が限定された案件はクラウドソーシングサイトなどを中心に広く募集されています。

  • AWS環境の構築
  • クラウド型POS・レジシステムの構築
  • サーバー・ネットワーク構築
  • セキュリティ環境構築

特定の知識・開発言語を習得していることで、受注できる案件は豊富にあります。最初は満足な金額を得られないこともありますが、実案件で経験を積めるためインフラエンジニアとしての実践的なスキルを身につけられます。

本業以外の業務環境や開発案件に接することでキャリアの幅を広げられるでしょう。

インフラエンジニアができる副業の種類6選と案件例

インフラエンジニアとして副業できる案件はいくつかあります。ここではインフラエンジニアにおすすめの副業と案件例をご紹介します。

1.オンプレミスでのインフラ構築

オンプレミス型のインフラ構築とは、インフラを自社の拠点やデータセンターなどに構築して運用する従来の方法です。物理的なサーバー機器やネットワーク機器を設置・接続する必要があります。また構築後はサーバーの保守・運用が必要です。

その一方で、利用者の要望に応じて自由に設計できるというメリットもあります。

案件の特徴と必要スキル

オンプレミスでのインフラ構築案件では、WindowsやLinuxなどのOSや、物理サーバーやネットワーク機器に関する知識・経験・スキルが必要です。またインフラ構築後の運用・保守を任される場合は、それらの経験が求められることもあります。

ただし近年はクラウドサーバーの需要が増えている影響で、オンプレミス型のインフラからクラウド型のインフラに移行する案件も増えてきました。またオンプレミスとクラウドを組み合わせて利用する「ハイブリッドクラウド」のインフラ構築案件もあります。

このような案件ではオンプレミスの経験やスキルに加えて、クラウドの知識も求められます。

またPM(プロジェクトマネージャー)やPL(プロジェクトリーダー)、あるいはその補佐として参加するパターンもあります。そのような案件ではインフラ関連の知識に加えて、高度なコミュニケーションスキルやマネジメントスキルが必要です。

単価相場・案件例

オンプレミスのインフラ構築は副業案件としてはそれほど多くありません。

弊社「ITプロパートナーズ」では、Linuxサーバーの構築案件で「週4日勤務で月50万円まで」という案件がありました。またオンプレミス環境からクラウド環境への移行案件で「週3日勤務、月40万円まで」という案件も見られます。

時給換算すると3,000~4,000円程度の案件が多いようです。ただしPMやPLとして関わる案件では担当者としてインフラ構築に携わる案件より単価は高くなることが予想されます。

2.クラウド・AWSでのインフラ構築

クラウド型のインフラ構築とは、インターネット上でインフラ構築および運用を行う方法です。オンプレミス型のように物理的なサーバーやネットワーク機器を設置・接続する必要がないため、導入コストが抑えられ自社で保守・運用を行う必要がありません。

案件の特徴と必要スキル

クラウド型のインフラ構築では、AWS、GCP、Azureに代表されるクラウドサービス上でインフラを構築するための設計・開発案件がメインです。そのためこれらのクラウドサービスでのインフラ構築経験が求められます。

またクラウド型のインフラはインターネットを経由したサービスであるため、サイバーセキュリティ関連の知識も合わせて必要です。

特にクラウド分野ではAWS(アマゾン・ウェブ・サービス)のシェアが高く、AWSのスペシャリストは副業でも需要があります。

【参考】クラウドサービスのシェア

  • Amazon We Service:30%
  • Microsoft Azure:20%
  • Google Cloud:10%

単価相場・案件例

クラウド型のインフラ構築はオンプレミス型の案件より豊富です。さらに実地でのサーバー設置やネットワーク接続が必要ないため、フルリモート可能な案件も少なくありません。

また、AWSを利用している企業の募集も豊富にあり、週3勤務・フルリモートでも好条件の案件が豊富です。

弊社「ITプロパートナーズ」では「76件」の案件がヒット。うちリモート可能な案件は「34件」でした。(2021年5月時点)なかには週2日勤務というように、少ない稼働の案件もあります。

3.運用・保守・メンテナンス

インフラ構築後の運用・保守・メンテナンス業務もインフラエンジニアの大事な仕事です。これらの業務はオンプレミス型のインフラで必要になります。一方、クラウド型のインフラは基本的にこれらの業務をクラウドサービスの提供者が行うため、案件数は少ないでしょう。

案件の特徴と必要スキル

ITインフラの運用・保守・メンテナンス業務では、システムの監視や障害対応がメインです。そのため代表的な運用監視ツールのスキルは必須です。

また障害に即時に対応するためにはハードウェア全般の知識が求められます。何が原因で障害が起きているのかを特定するためです。

インフラエンジニアが知っておくべきハードウェアには以下のようなものがあります。

  • 端末(パソコン、タブレット、スマートフォン)
  • サーバー(Webサーバー、メールサーバー、データベースサーバー、DNSサーバー等)
  • ストレージ
  • ネットワーク

単価相場・案件例

サーバーなどの運用・保守・メンテナンスは比較的経験の浅いエンジニアでも応募できる案件が多いことが特徴です。そのため単価はインフラ構築の案件より低くなる傾向があります。案件の具体例は以下の通りです。

4.コンサルティング

自社のインフラを構築する際にコンサルティングサービスを利用する企業もあります。コンサルティングとは、企業の課題を解決するためのアドバイスを行う仕事です。

案件の特徴と必要スキル

IT領域におけるコンサルティングを担当する人を「ITコンサルタント」と呼びます。インフラエンジニアの経験が活かせるITコンサルティング案件では、以下のような業務内容が一般的です。

  • 中・長期IT基盤戦略の検討、策定支援
  • 投資対効果の測定(ITコストの削減または適正化)
  • ITインフラ最適化
  • データセンター整備方針の策定、運用業務の効率化
  • 情報セキュリティ対策のための規程・基準統一化

ITコンサルタントにはインフラ関連の知識だけではなく、クライアントとの折衝能力やプレゼンテーションスキル、IT全般の知識や業界のトレンド、さらに経営的な視点まで求められます。

単価相場・案件例

コンサルティングでは幅広く高度な知識やスキルが必要になるため、単価はインフラエンジニアの案件のなかでも高い傾向にあります。週4~5日程度の関わり方であれば月収100万円を超えることもあるでしょう。

ただし副業向けのコンサルティング案件はそれほど多くありません。ITコンサルタントはハードワークになりがちで、一定期間フルコミットが求められることも少なくないためです。時間に制約のある副業としての関わり方は少々難しいかもしれません。

一方フリーランスのITコンサルタントとして深く関わるのであれば、案件獲得のチャンスも増えるでしょう。

5.講師

インフラエンジニアの経験を活かして、講師としてインフラ関連の知識を講義する案件もあります。

案件の特徴と必要スキル

インフラエンジニアの講師案件では以下のものが代表的です。

  • ITスクールの講師
  • セミナー・ウェビナーに登壇する
  • 企業のシステム研修の講師

講師ではITインフラの基礎的な知識に加えて、受講者に分かりやすく伝えるプレゼンテーションスキルやコミュニケーションスキルが求められます。また受講資料を作成するためのドキュメンテーションスキルも必要です。

単価相場・案件例

講師の単価相場は幅があり、時給2,000~5,000円や日給 2万~7万円など案件によってさまざまです。セミナーや企業などのシステム研修の講師は、単発または短期の案件が一般的なので副業として関わりやすいでしょう。

弊社「ITプロパートナーズ」では、「週5日勤務で月30万円まで」という短期のフルリモート案件がありました。

弊社ITプロパートナーズではこの他にも数多くのフリーランス案件を紹介しています。インフラエンジニアとしてフリーランス案件を獲得したい方、週末を生かして副業したい方はぜひお気軽にご相談ください。弊社エージェントがあなたに最適な案件をご紹介いたします。

6.執筆・情報発信

近年ではインフラエンジニアの知識を活用して執筆したり、ブログなどで情報発信したりして収入を得ることも可能になってきました。

案件の特徴と必要スキル

インフラエンジニアの執筆案件ではTech系メディアに寄稿するものが一般的です。決められた納期までに原稿を納品する形式が多いので、会社員がスキマ時間を利用して執筆することも可能です。

このようなWeb媒体で執筆する場合は、基本的な文章力に加えてSEOの知識が求められます。SEOとはSearch Engine Optimizationの略語で、Googleなどの検索エンジンで上位表示させるための技術です。

また、個人ブログやYouTubeなどで情報を発信して、広告収入を得る方法もあります。ブログでは執筆案件同様、SEOの知識が必要です。またYouTubeで広告収入を得るためには、効果的なタイトルやサムネイルを付けるスキルや動画編集スキルが求められます。

どちらもトレンドや読者・視聴者ニーズを意識して情報発信する必要があるため、Tech系メディアに寄稿するより難易度は高くなるでしょう。

近年では、技術書の販売イベントで自身が作成した書籍を売る方法も注目されています。

代表的な技術書販売イベントには「技術書典」や「技術書同人誌博覧会」があります。

書店で売られる書籍は商品化まで時間がかかります。そのため最新技術に関する書籍をこれらのイベントで販売すれば購入するエンジニアも少なくないでしょう。ただしWeb媒体で執筆する以上に高度な知識や文章力、図解での分かりやすい説明が求められます。

単価相場・案件例

Webメディアやブログなどに寄稿する執筆案件では、1文字あたりの単価(文字単価)で報酬が決まることが一般的です。文字単価は執筆するジャンルや難易度、メディアによって異なりますが、専門的な内容であれば文字単価3〜10円の案件もあります。

ブログの広告収入はブログに掲載されている広告がクリックされると報酬が発生する「クリック型」と広告の商品やサービスが購入されると報酬が発生する「アフィリエイト型」に分けられます。

単価の目安はクリック型で数円から数十円程度。アフィリエイト型は商品やサービスによって幅があり、100円台から1万円を超えるものまでさまざまです。

YouTubeの広告収入は再生回数によって得られる収入が変化します。YouTubeの広告収入は1再生あたり0.05円~0.1円程度といわれています。

技術書販売イベントで売られる書籍の相場は1,000〜2,500円程度が一般的のようです。

インフラエンジニアの副業はどれくらい稼げるのか?

副業としてどの程度関わるかによって、インフラエンジニアとして稼げる金額は変わります。稼働日数ごとに目安となる年収を見ていきましょう。

少ない稼働なら年収100万が目安

「週1日勤務で月10万円(時給2,500円程度)」というような少ない稼働の案件であれば、年収100万円程度が目安となります。

土日や平日夜間の勤務が可能な案件もあるので、平日の日中は会社員として働いている人にも関わりやすいでしょう。

具体的な案件例は後述します。

高コミット案件なら年収200万円から300万円超も

週2~3日勤務など稼働が多くなれば、月30万円程度稼げる案件も珍しくありません。このような比較的高いコミットメントが求められる案件であれば年収300万円超を目指すことも可能です。

副業としての収入が増える分ある程度の稼働が求められるため、本業に支障が出ない範囲で関わるようにしましょう。

インフラエンジニアが副業に取り組むメリット

インフラエンジニアが副業に取り組むメリットは、以下の4点です。

  • 収入に余裕が生まれる
  • スキルアップにつながる
  • 独立も視野に入れられる
  • 人脈が広がる

上記4つのメリットについて解説します。

収入に余裕が生まれる

まずインフラエンジニアが副業するメリットは、収入に余裕が生まれることです。

会社員の場合、収入を増やすには昇給を待たなければいけません。その昇給も余裕が生まれるほど大幅にアップしないのが一般的ですが、副業案件ならすぐに稼げます。本業分とは別に副業の報酬をプラスできるので、短期間で収入に余裕を生み出せるのです。

例えば、月10万円の副業案件を1年間こなせば、年収を120万円アップできます。年間120万円のアップは、昇給で期待できる額ではありません。副業に取り組めば、短期間で叶えられる可能性があります。

スキルアップにつながる

副業案件を経験することで、インフラエンジニアとしてのスキルアップにつながるのもメリットです。

スキルアップしつつ経験を積めば、高単価案件を受けられるようになり、収入アップにもつながります。また、自らの市場価値を高められるので、より高待遇の会社への転職や、フリーランスとして独立することもできるでしょう。

副業には、さまざまな案件があります。伸ばしたいスキルの仕事を選んで繰り返し対応すれば、効率的にスキルアップできます。

独立も視野に入れられる

副業案件を継続的に受けることで、副業の収入が本業よりも高くなれば、独立を視野に入れられるのもメリットです。

会社員では自分で仕事内容を選べませんし、自分が望む働き方はできません。フリーランスで活動すれば、スキルや知識、経験、働き方など、自分に合った選択ができるようになります。

副業からフリーランスとして独立を目指すなら、副業案件よりも比較的高単価なフリーランス案件を受けることも検討しましょう。フリーランス案件をこなしていけば、本業の収入よりも稼げる可能性を高められます。

人脈が広がる

副業案件は、人脈を広げられるのもメリットです。クライアントや案件のチームメンバーなど、さまざまな人たちとのつながりができます。

人脈を広げておけば、独立後すぐに仕事を頼まれたり紹介してもらえたりする環境をつくれます。また、仕事の進め方や税金の問題など、独立後に悩みやすいことも相談できるでしょう。

インフラエンジニアが副業するための必要スキル・経験や資格

インフラエンジニアが副業するために必要なスキルや資格は、以下の4点です。

  • インフラエンジニアとしての基本技術
  • AWSなどのクラウドに関するスキル
  • コミュニケーション
  • 資格

それぞれ詳しく解説していきます。

インフラエンジニアとしての基本技術

インフラエンジニアとして副業するには、以下の基本技術が必要です。それぞれ1年〜3年ほど会社で実務経験を積んでおくとよいでしょう。

  • サーバーの知識
    継続的に案件を受けるには、運用や保守にかかわる必要があります。そのため、インフラ構築後のサーバー運用や保守もインフラエンジニアの重要な仕事です。さまざまなサーバーに携わるので、サーバーの知識を身につけておくことが求められます。
  • ネットワークの知識
    インフラエンジニアは、設計や運用、保守などさまざまな業務を担当しますが、多くの場面でネットワーク知識が必要になります。クライアントが求めるネットワーク環境を設計する知識は当然ですが、負荷がかかりそうな原因を潰しながらネットワークを構築することも必要です。
  • セキュリティの知識
    セキュリティもインフラエンジニアの重要な仕事なので、さまざまなセキュリティソフトの知識も身につけておく必要があります。セキュリティを担当するのは、一般的に経験豊富なエンジニアです。そのため、セキュリティの知識があれば、高単価案件を受けられる可能性も高くなります。
  • AWSなどのクラウドに関するスキル
    近年、多くの企業では、自社管理のオンプレミスからクラウドサーバーへ移行するケースが増えています。そのためAWSなどのクラウドサーバーに関連する知識も必要です。クラウドの知識があれば案件の幅が広がり、収入アップにもつながるでしょう。

コミュニケーションスキル

コミュニケーション力は、さまざまなシーンで必要になります。

クライアントのニーズを汲んだインフラ設計するには、実際に利用する現場サイドからのヒアリングが重要です。ヒアリングした情報をもとに企画した内容を、クライアントにわかりやすく提案するスキルも求められます。

チーム内でのやり取りにも、コミュニケーション能力が必要です。チーム内でコミュニケーションが取れないと、スムーズに業務を進められません。

また、近年では海外からの問い合わせに対応する案件も増えているので、英語でのコミュニケーション力も強みになるでしょう。

持っておくと良い資格

資格がなければ案件を受けられないことはありません。ただ、資格はスキルの証明になるので、高単価案件を狙うなら以下の資格取得を目指しましょう。

  • ITパスポート
    インフラエンジニアに限らず、ITの仕事に関連する人たちにおすすめの資格です。国家資格なので、IT知識を証明できます。
  • 基本情報技術者試験
    基本情報技術者も国家資格になります。ITパスポートよりも難易度が高いので、高いスキルや知識の証明になります。
  • 応用情報技術者試験
    応用情報技術者も国家資格になり、基本情報技術者試験よりレベルが高く、応用力が求められるためスキルアップしたい人におすすめです。

インフラエンジニアの仕事内容や必要な資格については、こちらの記事でも詳しく解説しています。

インフラエンジニアの仕事内容や必要な資格とは?

インフラエンジニアが副業案件を探す5つの方法

ここではインフラエンジニアが副業案件を探す代表的な方法を見ていきましょう。

1.副業・フリーランスエージェント

優良案件を効率よく探したいなら副業エージェントやフリーランスエージェントを利用するのが有効です。副業エージェントとは、その言葉通り、副業向けの案件を専門に取り扱うエージェントのことを指し、フリーランスエージェントはフリーランス案件を専門に扱うエージェントになります。

どちらもエージェントが仲介として入り、あなたの経験やスキルを元に、適切な案件を探してくれるのが特徴です。副業として週1日程度稼働したいという方は副業エージェント、フリーランスとして週2~3日稼働できそうな方はフリーランスエージェントを利用するのがおすすめです。

ただし、どちらも実務経験や一定以上のスキルが必要なので、未経験者にはオススメできません。

2.クラウドソーシングサービス

クラウドソーシングサービスとは、企業や個人が不特定多数の人に専用サイト上で案件を発注・契約できるサービスです。代表的なサービスだと、クラウドワークスランサーズがあります。

未経験者や経験が浅くても応募できる案件や単発案件が多いため、まずはスキマ時間で副業を始めてみたい人に向いています。一方で単価が低い案件が多いことと、報酬から一定の手数料が差し引かれる点は注意が必要です。

クラウドソーシングおすすめ15選!初心者が副業で稼ぐ具体的な方法を紹介

3.求人サイト

近年は一般的な求人サイトでも、副業・フリーランス案件の募集が増えてきました。「エージェントに登録する段階ではないけど、どのような案件があるか手軽に調べてみたい」という人におすすめです。

ただしエージェントと異なり面談の日程調整や選考期間中のやりとりは自分で行う必要があるため、手間や時間がかかるといったデメリットはあります。

4.知人の紹介

ある程度経験を積んだインフラエンジニアなら、知人に案件を紹介してもらうという方法もあります。紹介される企業としても、知人からのお墨付きがあるため一から採用するより安心感があるでしょう。

その一方で、必ずしも必要なタイミングで希望の案件を紹介してもらえるわけではありません。

5.SNSやHPを活用する

SNSやHPを活用し、案件を受ける方法もあります。自分にどのようなスキルがあるかをアピールし、その内容を見たクライアントから依頼がくるので、ミスマッチも防げる方法です。

ただ、契約や請求もすべて自分での対応になります。慣れていない場合、トラブルになるリスクもあるので注意が必要です。

インフラエンジニアが副業するなら登録すべきサイト

インフラエンジニアのとして副業・フリーランス案件を獲得するなら、弊社「ITプロパートナーズ」が最適です。ITプロパートナーズでは週2日からのフリーランス案件を豊富に取り揃えているため、土日やスキマ時間でも関わりやすいといったメリットがあります。

実務経験が無い方にはおすすめできませんが、フリーランス案件だからこその高単価を実現しており、少ない稼働で大きな収入を得たいと考えているインフラエンジニア経験のある方にはぴったりのサービスとなります。

もしエンジニア初心者で副業をしたいと考えているなら、クラウドワークスやランサーズなどのクラウドソーシングを利用するといいでしょう。単価は下がりますが、初心者でも比較的案件を獲得しやすいです。

また、本業が忙しく、あまり稼働が取れないインフラエンジニアの方は、シューマツワーカーやWorkshipなどの副業エージェントを利用するといいでしょう。実務経験やスキルは求められますが、週1日など少ない稼働で参画できる案件を紹介してくれる可能性があります。

副業エージェントについて詳しくは以下の記事で紹介しているので興味がある方は参考にしてください。

副業エージェントおすすめ18選【職種・目的別で徹底比較】

インフラエンジニアが副業する際の注意点

インフラエンジニアとして副業する場合は次のような点に注意が必要です。

本業とのバランスをとる

インフラエンジニアに限った話ではありませんが、副業として関わる以上、本業に支障を出さないことが大切です。無理のない範囲で業務を請け負うようにしましょう。

また勤務先によっては副業を認めていないケースもあります。まずは就業規則で副業が認められていることを確認する必要があります。

また守秘義務違反にも注意が必要です。本業と関連性のある副業をする際は、うっかり本業で知り得た情報を漏らさないよう気をつけましょう。

業務内容・条件を細かく確認する

同じインフラエンジニアの募集でも、案件によって業務内容は異なります。契約後に「思っていた仕事と違う」とならないよう、自分が希望する業務内容か細かくチェックする必要があります。

また稼働時間や報酬面の条件はトラブルになりやすいポイントです。不明点は契約前に確認して解消しておくことをおすすめします。

必要な申請・手続きを行う

副業を始めるにあたって会社に申請が必要であれば、必要な手続きを行いましょう。また会社員で1か所の事業所から給料を得ている場合、副業で得た所得(収入から必要経費を差し引いた金額)が20万円を超える場合は確定申告が必要です。

また住民税は所得が20万円を超えなくても申告する必要があります。見落としがちな手続きなので、ぜひ覚えておきましょう。

インフラエンジニアの副業で押さえておきたいポイント

インフラエンジニアは本業と並行して副業で収入・スキルアップが可能です。

ここではよりインフラエンジニアとしてより副業の選択肢を広げ、活躍するためのポイントについて解説します。

ネットワークエンジニアとの違いや副業案件

ネットワークエンジニアは、サーバーやアプリケーションに接続するためのネットワークを構築・管理するスペシャリストです。

主に下記の副業案件の募集があります。

  • 設計・構築業務
    • ネットワーク機器・回線の選定(種類・数・回線)
    • ネットワーク構築(設定・接続テスト)
    • セキュリティ導入(ファイヤーウォール、IDS、IPS)
  • 運用・保守業務
    • 監視作業(接続状況モニタリング)
    • 障害対応(機器故障・接続障害対応)

インフラエンジニアなら関連した業務に関わることもある分野なので副業としてのチャレンジもおすすめです。

サーバーサイドエンジニアとの違いや副業案件

インフラの中でも、サーバー分野で活躍するのがサーバーサイドエンジニアです。インフラエンジニアよりも、サーバー管理業務のスペシャリストとしての専門性が求められます。

具体的には下記の業務が副業案件として募集されています。

  • 設計・構築業務
    • サーバーの選定(必要スペック・台数見積・調達)
    • サーバーの設置(接続・稼働環境整備)
    • 使用環境の構築(OS・アプリケーションのインストール)
  • 運用・保守業務
    • バックアップ作業
    • 監視作業(稼働状況モニタリング)
    • OS・アプリケーション関連作業(エラー対応・バージョンアップ)
    • 障害対応

インフラエンジニアは、サーバー、ネットワーク、いずれも業務上の周辺分野です。専門性を深めることで、副業案件の選択肢も広がります。

副業として収入を得るには、専門性や知識が求められますが、近接分野の知見を得ることは本業にも役に立ちます。

本業でインフラエンジニアの経験を積みながら、副業ではネットワークエンジニアやサーバーサイドエンジニア向けの案件にチャレンジしてもよいでしょう。

より収入を上げたいならフリーランスとしての独立も

インフラエンジニアとして収入アップを図るには、フリーランスとして独立することも選択肢の1つです。

しかし、未経験や案件が確保できていない状態での独立はリスクがあるため、準備を整えてからでも遅くはありません。まずは下記の点をチェックしましょう。

  • 中長期的に収入を得られる案件・顧客を確保できている
  • 案件が終了・獲得できない状態に陥っても生活できる預貯金がある
  • 募集案件に広く応募できる専門性・スキルがある

エンジニアは調査機関により差がありますが、雇用・企業勤めでも400〜550万円と比較的高収入が期待できます。一方で、スキルが高い人は独立することで収入アップやさらなるスキルアップが目指せます。

まずは副業からチャレンジし、フリーランスとして独立する一歩を踏み出してみましょう。

弊社「ITプロパートナーズ」では、高単価案件のフリーランス案件が多数。スタートアップ・ベンチャー企業の案件も豊富なので、短期間でのスキルアップも期待できます。フリーランスとしての独立を目指すならぜひ登録してみてください。

なお、フリーランスのインフラエンジニアとして独立を検討している方は、案件例や年収相場を解説している以下の記事も参考にしてください。

インフラエンジニアがフリーランスになるには?独立後の年収相場も紹介

まとめ

インフラエンジニアは副業可能で、案件にはさまざまな種類があります。ご自身の希望やライフスタイルに合わせて、副業案件を探してみましょう。

インフラエンジニア経験者の副業案件探しなら「ITプロパートナーズ」がおすすめです。優良な副業案件を効率よく探してみませんか。

フリーランスの方でこのようなお悩みありませんか?
  • 高額案件を定期的に紹介してもらいたい
  • 週2日、リモートワークなど自由な働き方をしてみたい
  • 面倒な契約周りはまかせて仕事に集中したい

そのような方はぜひ、ITプロパートナーズをご利用ください!

フリーランスの方に代わって高額案件を獲得
週2日、リモートなど自由な働き方ができる案件多数
専属エージェントが契約や請求をトータルサポート

まずは会員登録をして案件をチェック!

この記事を書いた人
ITプロパートナーズ編集部
ITプロパートナーズはITフリーランスの方に案件紹介をしているエージェントです。当メディア「アトオシ」では、フリーランスの働き方から仕事探しまで幅広い情報を日々発信しています。