コピーライターが副業で5万円以上稼ぐ方法!案件の探し方も解説!

こんにちは。ITエンジニア・webディレクター・webデザイナーなどのIT人材の自立・キャリアを支援するITプロパートナーズ編集部です。

弊社では、独立精神旺盛な優秀なエンジニアの方々の独立・起業サポートや、フリーランス支援を行っています。

徐々に増えつつあるコピーライターの副業ですが、5万円以上稼ぐことができるのでしょうか。

コピーライターの案件はクラウドソーシングを利用して比較的簡単に受託できます。

ひとつひとつの単価を見ると非常に低く、一見それほど稼げるとは思えませんよね。

しかし、実績を積むことによって単価の大きな案件も取れるようになり、月に5万円以上稼ぐことは可能なのです。

今回は、コピーライターで本当に5万円以上稼ぐ方法と案件の探し方を解説します!

freelance

コピーライターが副業で稼ぐ方法

コピーライターとは、売りたい商品の文章であるセールスライティングをするライターのことです。

世の中には溢れるほどの商品がありますが、その商品を宣伝しユーザーに購入してもらうために、商品の特徴や利点を魅力的に表現します。

コピーライターの仕事は商品を購買へ導く文章を書くものですが、商品を紹介する広告会社だけが担う仕事ではありません。

インターネットを検索しただけでもコピーライターの案件は豊富にあり、副業としても受託することができる仕事なのです。

コピーライターが副業で稼ぐ方法としては、以下のような手段があります。

  • クラウドソーシングを利用する
  • インターネットの求人サイトを利用する
  • 自身のコネクションを利用する
  • SNSなどを利用してアピールする
  • 自分のサイトでコピーライティングする

クラウドソーシングを利用する

稼ぎやすさ
気軽さ

コピーライターの副業を開始する時に最も案件を探しやすいのがクラウドソーシングです。本業を含め、これまでコピーライティングをしたことがないという人でも、クラウドソーシングには単価の低い案件が多数あります。

コピーライターの仕事は、何よりも経験と実績が必要ですので、最初は実績を積むことが必要です。しかし、数をこなすことでノウハウや実績もたまっていきます。

副業を始めてすぐに5万円以上を稼ぎ出すことは難しいのですが、コピーライティングの未経験者がまず始めることとしては、クラウドソーシングの案件を受託することです。

稼ぎやすさという点では、実績を積むことで月に5万円以上を稼ぐ手段として有用です。また、無数にある案件をじっくりと自分のペースで選べる点でも気軽に始められる手段だと言えます。

インターネットの求人サイトを利用する

稼ぎやすさ
気軽さ

インターネット上にある求人サイトでもコピーライターの副業を探すことができます。モノが溢れている現代では次々と新商品が出るため、商品を紹介する文章への需要が減ることはありません。

求人サイトで募集しているコピーライターの案件は、ほとんどが経験者を求めるものですが、クラウドソーシングで実績を作ることで、求人サイトから案件を受託することも可能です。

求人サイトから案件へ応募する際には、自身のポートフォリオを作っておきましょう。

求人サイトから受託した場合、クラウドソーシングに比べても単価の高い案件が多くあります。ですので稼ぎやすさとしては月に5万円以上を目指すことも難しくありません。

また気軽さの点においても、応募をするという工程においては積極的になっても問題ありません。

自身のコネクションを利用する

稼ぎやすさ
気軽さ

コピーライターとしてのコネクションを利用できる時点で、実績と信頼を得ているはずですので、案件を受託する難易度としては低くなります。

コネクションの利用については、コピーライターが未経験であったり初心者である場合には難しい選択肢ですが、クラウドソーシングやネット求人などで実績を作ることでコネクションができる場合もあります。

これまでの信頼を元に案件を受託することになりますので、単価面では非常に稼ぎやすいといえますね。

ただし、信頼関係を崩さないためへの配慮が必要になりますので、何でも気軽に受託することはできません。メインは本業ですので、それによってコネクションからの案件の納期が遅れてしまったり、素早いレスポンスができない事態も想定しておく必要があります。

SNSなどを利用してアピールする

稼ぎやすさ
気軽さ

コピーライターとしてある程度の実績ができたら、SNSのアカウントを作ったり、自身でブログなどを立ち上げてポートフォリオを公開したりといった工夫で、コピーライターとしての実績をアピールする方法もあります。

自分がコピーライターであること、そしてどのような文章が書けるのか、またその文章によってどれくらいの実績をあげたかなどを宣伝することで、関係者の目にとまることを期待する手段です。

稼ぎやすさとしては“連絡を待つ”という手段ですので、非常に難しいのですが、コネクションとも絡めての営業活動としては有用な手段です。

気軽さに関しては、アピールする手段や利用するSNSも自分の選択ですので、自由に表現できます。ただし、コピーライターとしての振る舞いをしっかりと意識したアピールをしなければ、信頼を落とすことになりますので注意しましょう。

自分のサイトでコピーライティングする

稼ぎやすさ
気軽さ

コピーライターとして気軽に実績を積むならば、最も気軽に始められるのが自分でサイトを作りアフィリエイトの商品に対してセールスライティングする方法です。

コピーライターとして未経験でも、自分のサイトでコピーライティングを勉強しながら実践できますし、その実力は“商品が売れるか否か”ですぐに判断できます。※実際に新しく構築したサイトがネットで検索されるには、約3ヶ月が目安です。

また、案件を探して応募するといった工程もないためすぐにでも始められますし、クライアントが求めるクオリティなどを気にする必要はありません。ただし、稼ぎやすさとしては難易度の高いものになりますので、月に5万円以上を稼ぐのは非常に難しいでしょう。

実際に売上が出てくれば、たとえ少ない収入であってもサイト自体を実績としてポートフォリオに含めることもできますので、勉強と実績作りとして捉えた方がよいでしょう。

コピーライターが副業で受託できる案件の種類

コピーライターが実際に受託できる案件は、クラウドソーシングや求人サイトを覗いてみることでわかります。案件の多くは以下のような種類です。

  • モノのコピーライティング
  • 商材配信用のコピーライティング
  • 金融系のコピーライティング

商材紹介のコピーライティング

単価目安 文字単価0.1円〜
必要なレベル ・初級
副業案件の具体例
  • サプリメント
  • ショップ紹介
  • 観光スポット

コピーライターの未経験者や初心者でも比較的受託しやすい案件が、サプリメントやショップ紹介、観光スポットの紹介を行うコピーライティングです。

決して難易度が低いわけではなく、コピーライターを大量に募集していることで文字単価も低く設定されています。

実績を積むべき最初の段階では、沢山の募集をかけている案件を受託することで、コピーライティングを勉強することもできますし、実績を積むこともできますので、コピーライターとしての出発点として始めやすい案件です。

キャッチコピーなどのコピーライティング

単価目安 1,000円〜10,000円
必要なレベル 中級
副業案件の具体例
  • イベントのキャッチコピー
  • 商品のキャッチコピー
  • 新サービスの名称

長い文章をライティングするのではなく、目にとまるキャッチコピーを考案する案件も存在します。

短い文章で気を惹くフレーズには1,000円〜10,000円の単価がありますが、コピーライターとしてのセンスが問われる案件でもあります。

短いフレーズでもユーザーを購買に導くプロの文章ですので、文字単価で見ると比較的高単価であることがわかります。

また、クラウドソーシングなどで募集されている新サービスの名称などは、採用されたコピーだけに報酬が支払われる形式が多いため、応募したからといって必ず利益につながるわけではありません。

発想とセンスが問われる案件は、応募の際にコピーライターとしての実績は必要ありませんが、積み上げてきたスキルや経験が試される案件でもあります。

金融系のコピーライティング

単価目安 文字単価1円〜5円
必要なレベル ・上級
副業案件の具体例
  • クレジットカード紹介
  • 銀行口座紹介
  • 株、FX取引口座紹介

金融系のコピーライティングは、非常に専門性の高いライティングです。その分文字単価も高単価になっており、求められるスキルも高いものになります。

例えば、クレジットカード紹介の記事を請け負うコピーライターは、最終的にクレジットカード登録を促す文章を書きます。

様々な種類のクレジットカードについて、付帯する保険や利用時に還元されるポイントなどを細かく調査し、いかにユーザーにとってメリットがあるか、あるいはデメリットについてもしっかりと紹介しなければなりません。

魅力的な文章は、読んでいるユーザーを最終的にクレジットカードの発行手続きまで誘導できます。文章には高いレベルが必要とされ、ライティングはもちろんマーケティングの知識も熟知しておく必要があるのです。

しかし、最終的にユーザーを購買へ導く文章が書けるようになれば、コピーライターの副業で5万円以上を稼ぐことが可能になります。

コピーライターの副業でよくある質問

コピーライターになるため、あるいはコピーライターで稼ぐためには何が必要なのでしょうか。そこで、コピーライターの副業でよくある質問についてまとめました。

コピーライターに必要なスキルは?

コピーライターに必要なスキルは、まず文章を書くためのライティングスキルです。ライティングにはクライアントによって様々なルールが設けられていますので、クライアントが指定した形に沿って文章を書くことが基本です。

文章を書くためには語彙力も必要になります。同じ言葉を繰り返し使うのではなく、表現を変えることで読みやすい文章を作り出さなければなりません。
更にコピーライターは商品をアピールしなければなりませんので、マーケティングのスキルを身につけておく必要もあります。商品の魅力を最大限に引出し、ユーザーの購買意欲をかきたてる必要があります。

同時に、商品を紹介しているページがGoogleなどで上位検索される必要もありますので、SEOなどの手法も身につけておく必要があります。

どうやったらコピーライターになれる?

コピーライターになるには、まず実績を作ることです。未経験や初心者ならば、単価が安くても大量に人員を募集している案件に応募しましょう。

実績を積むうちにコピーライティングスキルは上がっていきますので、少しずつ単価の高い案件を受託できるようになります。

コピーライターは副業で稼げますか?

コピーライターは副業で稼げます。ノートPCがあれば案件の受託はできますし、ライティングも可能です。実績を積むことで単価の高い案件も受託できますので、月に5万円以上の稼ぎを得ることも十分に可能です。

まとめ:コピーライターは副業で稼げる

コピーライターの副業で稼ぐことは十分に可能です。最初は低い単価の案件になってしまいますが、しっかりと実績を積むことで副業として成り立つ職業です。

コピーライターの案件はインターネットでも比較的見つけやすく、PCやスマートフォンからも案件を探すことが可能です。

例えばクラウドソーシングサイトには、コピーライターの仕事が無数に存在しますので、通勤時間に案件をチェックしておいて、帰宅してから応募することもできます。コピーライターとしての副業の始め方は非常に簡単です。

スキルや実績をある程度積むまでに多少の時間はかかりますが、コピーライターは十分に稼げる副業と言えます。

bn04

もし、今あなたが

・フリーランスになるか悩んでる
・自分に合った案件があるのか不安
・そもそも何から始めればいいのか分からない

などお困りであれば、ぜひ弊社ITプロパートナーズのサポート内容を確認してみてください!

登録後、専属エージェントに無料相談もできますよ!

※週2日 / 30万〜のフリーランス案件を紹介中です
※ご経験やご希望によっては案件を紹介できない場合がございますのでご了承ください。


よく見られてる関連案件

b80c977483d024c14549510e194361fe 2_anken 3_anken
The following two tabs change content below.
佐久森

佐久森

元ITインフラエンジニアで現役テックライター。暗号資産やブロックチェーン技術のライティングからIT技術全般を幅広く書く。福岡出身東京在住。
freelance