コピーライターが副業で稼ぐには?未経験からの始め方や案件獲得方法

freelance

こんにちは、ITプロパートナーズ編集部です。

コピーライターは広告やブランディング活動など幅広い場面で活躍の場があり、副業案件も豊富にあります。副業解禁の企業も増えつつあり、クラウドソーシングや副業エージェントなどのマッチングサービスもあるなか、コピーライターが副業で活躍するチャンスは広がっているのが現状です。

しかし、いざ副業コピーライターとして活動しようと思っても、「副業案件の探し方は?」「少しの稼働日数やリモートでも副業できる?」「未経験でも大丈夫?」といった疑問や不安を抱える方も多いのではないでしょうか。

そこでこの記事では、コピーライターの副業案件の種類や案件例・報酬相場、副業に必要スキルや案件の探し方についてまとめて解説します。

弊社では、数多くの方にフリーランス案件を獲得していただいています。経験とスキルさえあれば、週2日から高収入案件をご紹介できます。まずは無料登録をして色々な案件を見てみてください。弊社からおすすめの案件をご紹介することも可能です。

Contents

コピーライターの副業とは?

コピーライターとは、広告に掲載するキャッチコピーや文章を制作する仕事です。広告は街中や電車内をはじめ、WebサイトやSNS、スマホアプリなど、さまざまな場所に掲示されるものです。広告を目にしない日はほぼないといっても過言ではありません。

広告業界には、名前が出ただけで話題になるような有名なコピーライターも存在します。しかし、コピーライターの仕事は特別なスキルやセンスを持っている人しかできないというわけではありません。サービスや商品を紹介する文章を書く仕事や、短いキャッチコピーを考える仕事は、副業としても人気を集めています。

コピーライターの仕事は商品を購買へ導く文章を書くものですが、商品を紹介する広告会社だけが担う仕事ではありません。インターネットを検索しただけでもコピーライターの案件は豊富にあり、副業としても受託することができる仕事なのです。

副業でできるコピーライターの仕事の種類

それではまず、副業でできるコピーライターの仕事について解説します。これからコピーライターの副業をしたいと考えている人や、コピーライターとして収入アップを目指す人はぜひ参考にしてください。

イメージコピーライター

イメージコピーライターは、ユーザーにイメージを伝えるのが仕事です。イメージコピーとは、「便利そう」「おしゃれ」「楽しそう」など、見た人の感覚に訴える言葉といえます。JR東海の「そうだ 京都、行こう。」や、マスターカードの「お金で買えない価値がある」が秀逸なイメージコピーとしてよく知られています。

イメージコピーはブランドを象徴するものであり、時代を象徴する流行語となるものも少なくありません。世間的に名が知られているコピーライターは、多くの人の印象に残るイメージコピーを手がけています。

セールスコピーライター

セールスコピーライターは、文章で具体的に商品やサービスを紹介し、購入や利用を促進するのが仕事です。ユーザーに「買ってみたい」「使ってみたい」「これがあったら問題が解決できそう」と思わせ、実際の行動に移してもらうのがセールスコピーです。

例えば「そうだ 京都、行こう。」というイメージコピーに刺激されて京都旅行をしようとすれば、具体的な行き先や宿泊先などを決めなくてはなりません。ホテルを決めるにしても、ほとんどの人はいくつか候補をピックアップして比較検討するでしょう。その時に「ここのホテルにしよう」と思わせ、予約という行動を起こすためのものがセールスコピーです。

コンテンツコピーライター

コンテンツコピーライターは、コンテンツを通して役に立つ情報を伝えるのが仕事です。この場合、文章そのものが商品だといえるでしょう。コンテンツとしての文章には、内容が正確なことや情報の鮮度が高いこと、伝えたいことが誤解なく伝わる読みやすさなどが求められます。

有益な情報を提供し続けることで発信元の信頼性が高まれば、ユーザーとの間に信頼関係を構築できます。それが結果としてアクセス数アップやブランド力の向上などにつながるというわけです。

コピーライターの副業案件例と報酬相場

コピーライターが実際に受託できる案件は、クラウドソーシングや求人サイトなどで探せます。案件の多くは以下のような種類です。

商材紹介のコピーライティング案件

商材紹介のコピーライティング案件
単価目安文字単価0.1円〜
必要なレベル初級
副業案件の具体例・サプリメント
・ショップ紹介
・観光スポット

コピーライターの未経験者や初心者でも比較的受託しやすい案件が、サプリメントやショップ紹介、観光スポットの紹介を行うコピーライティングです。

こういった案件はコピーライターを大量に募集していることが多く、文字単価も低く設定されています。とはいえ、決して難易度が低いわけではありません。

ただ、実績を積むべき最初の段階では、沢山の募集をかけている案件のほうが受託しやすいことは確かです。コピーライティングを勉強することもできますし、実績を積むこともできますので、コピーライターとしての出発点として始めやすい案件です。

キャッチコピーなどのコピーライティング案件

キャッチコピーなどのコピーライティング案件
単価目安1,000円〜10,000円
必要なレベル中級
副業案件の具体例・イベントのキャッチコピー
・商品のキャッチコピー
・新サービスの名称

長い文章をライティングするのではなく、目にとまるキャッチコピーを考案する案件も存在します。

短い文章で気を惹くフレーズには1,000円〜10,000円の単価がありますが、コピーライターとしてのセンスが問われる案件でもあります。

短いフレーズでもユーザーを購買に導くプロの文章ですので、文字単価で見ると比較的高単価であることがわかります。

また、クラウドソーシングなどで募集されている新サービスの名称などは、採用されたコピーだけに報酬が支払われる形式が多いため、応募したからといって必ず利益につながるわけではありません。

発想とセンスが問われる案件は、応募の際にコピーライターとしての実績は必要ありませんが、積み上げてきたスキルや経験が試される案件でもあります。

金融系のコピーライティング案件

金融系のコピーライティング案件
単価目安文字単価1円〜5円
必要なレベル上級
副業案件の具体例・クレジットカード紹介
・銀行口座紹介
・株、FX取引口座紹介

金融系のコピーライティングは、非常に専門性の高いライティングです。その分文字単価も高単価になっており、求められるスキルも高いものになります。

例えば、クレジットカード紹介の記事を請け負うコピーライターは、最終的にクレジットカード登録を促す文章を書きます。

様々な種類のクレジットカードについて、付帯する保険や利用時に還元されるポイントなどを細かく調査し、いかにユーザーにとってメリットがあるか、あるいはデメリットについてもしっかりと紹介しなければなりません。

魅力的な文章は、読んでいるユーザーを最終的にクレジットカードの発行手続きまで誘導できます。文章には高いレベルが必要とされ、ライティングはもちろんマーケティングの知識も熟知しておく必要があるのです。

しかし、最終的にユーザーを購買へ導く文章が書けるようになれば、コピーライターの副業で5万円以上を稼ぐことが可能になります。

コピーライターの副業に必要なスキル

日本語で文章を書くことは、多くの人にとってさほど難しいことではありません。しかしコピーライターの仕事は、単に文章が書ければよいというものではないのです。コピーライターの副業をするのに必要なスキルについて解説します。

人を動かす表現ができるスキル

コピーライターの仕事をひと言で表現すれば、文章で人を動かすことにあるといえます。

例えばユーザーにゲームをインストールしてプレイしてもらいたいのであれば、そのゲームをプレイすることでどのような体験ができるのか、どういった部分がおもしろいのかをズバリと表現しなくてはいけません。そのためにはボキャブラリーを増やしたり、表現力を身につけたりする必要があります。

ありきたりの表現では、人を動かすことはできないのです。最終的には、文章に加えてデザインや写真といったビジュアル面も包括し、総合的に表現できる力が求められます。

マーケティングの知識

コピーライティングを企業の利益やイメージアップにつなげるには、マーケティングに関する知識が欠かせません。そもそもユーザーが求めていないものを提供しても、実益にはつながらないからです。コピーライティングは、対象となるビジネスの特徴や強みをしっかりと分析しつつ、競合他社やターゲットの傾向なども把握したうえで行うからこそ、効果を発揮するものだといえます。

情報収集・分析スキル

コピーライティングの質を高めるには、リサーチや情報収集が重要です。まったく知らない業界の仕事をするのであれば、まずは業界の基本的な知識を得るようにしましょう。こういった地道な情報収集が、後になって完成度に差を生みます。

また、クライアントとの打ち合わせでクライアント自身も気付いていないような魅力や強みを聞き出すことができるような取材力も、コピーのクオリティーに大きく影響します。集めた情報を分析し、アウトプットするスキルも求められるでしょう。

未経験からコピーライター副業を始める方法

未経験からコピーライターの副業を始めることは、不可能ではありません。ただし未経験者向けの案件は総じて単価が低く、いきなり稼げることはほぼないと考えておきましょう。単価の高い案件をこなすには、自分自身でスキルを磨く必要があります。可能であれば最初はコピーライターを雇用している企業に就職するなどして、実務経験を積むことをおすすめします。

スキル・知識を身につける

まずは書籍やWeb上に掲載されているノウハウ記事を参考に、コピーライターとして必要なスキルや知識を身につけましょう。文章の書き方やテクニックなどを解説している書籍やWebサイトは、数え切れないほど存在しています。独学することに限界を感じた時は、セミナーやライティング教室に通うのもよい方法です。

知識をインプットしたら、自分でブログなどを立ち上げてアウトプットしていきましょう。学びを実践していくことで、効率的にスキルを身につけられます。

未経験・初心者向けの案件を探す

ある程度のスキルや知識を身につけたら、「未経験者OK」「初心者歓迎」といったコピーライティングの案件を探します。初心者向けの案件が多く見つかるのは、「クラウドワークス」や「ランサーズ」といったクラウドソーシングサービスです。そのほかに人脈を活用したり、スキルシェアサービスに登録したりと、自分にとって始めやすい方法で構いません。初心者向けの案件は単価が安めで、モチベーションが上がらないかもしれませんが、コツコツこなすことが大切です。

実績ができたら単価の高い案件を探す

複数の案件をこなして実績を積んだら、単価の高い経験者向けの案件に挑戦しましょう。クラウドソーシングでも単価の高い案件はありますが、本格的な収入アップを目指すのであればエージェントの利用がおすすめです。単価の高い案件が多く、さらに営業にかける手間や時間を削減することもでき、収入アップを目指せます。

コピーライター副業の案件の探し方と獲得方法

コピーライターが副業で稼ぐ方法としては、以下のような手段があります。

  • クラウドソーシングを活用する
  • インターネットの求人サイトを活用する
  • 自身のコネクションを使う
  • SNSなどを利用してアピールする
  • 自分のサイトでコピーライティングする
  • 副業エージェントを活用する

それぞれの特徴とどんな人におすすめなのか?を詳しく解説していきましょう。

クラウドソーシングを活用する

クラウドソーシングを活用する
稼ぎやすさ★★★★☆
気軽さ★★★★★

コピーライターの副業を開始する時に最も案件を探しやすいのがクラウドソーシングです。本業を含め、これまでコピーライティングをしたことがないという人でも、クラウドソーシングには単価の低い案件が多数あります

コピーライターの仕事は、何よりも経験と実績が必要ですので、最初は実績を積むことが必要です。しかし、数をこなすことでノウハウや実績もたまっていきます。

副業を始めてすぐに5万円以上を稼ぎ出すことは難しいのですが、コピーライティングの未経験者がまず始めることとしては、クラウドソーシングの案件を受託することです。

稼ぎやすさという点では、実績を積むことで月に5万円以上を稼ぐ手段として有用です。また、無数にある案件をじっくりと自分のペースで選べる点でも気軽に始められる手段だといえます。おすすめのクラウドソーシングサイトは以下の記事で紹介しています。

クラウドソーシングおすすめ15選!初心者が副業で稼ぐ具体的な方法を紹介

インターネットの求人サイトを活用する

インターネットの求人サイトを活用する
稼ぎやすさ★★★☆☆
気軽さ★★★☆☆

インターネット上にある求人サイトでもコピーライターの副業を探すことができます。モノが溢れている現代では次々と新商品が出るため、商品を紹介する文章への需要が減ることはありません。

求人サイトで募集しているコピーライターの案件は、ほとんどが経験者を求めるものですが、クラウドソーシングで実績を作ることで、求人サイトから案件を受託することも可能です。

求人サイトから案件へ応募する際には、自身のポートフォリオを作っておきましょう。

求人サイトから受託した場合、クラウドソーシングに比べても単価の高い案件が多くあります。ですので稼ぎやすさとしては月に5万円以上を目指すことも難しくありません。

また気軽さの点においても、応募をするという工程においては積極的になっても問題ありません。

自身のコネクションを使う

自身のコネクションを使う
稼ぎやすさ★★★★★
気軽さ★★☆☆☆

コピーライターとしてのコネクションを利用できる時点で、実績と信頼を得ているはずですので、案件を受託する難易度としては低くなります。

コネクションの利用については、コピーライターが未経験であったり初心者である場合には難しい選択肢ですが、クラウドソーシングやネット求人などで実績を作ることでコネクションができる場合もあります。

これまでの信頼を元に案件を受託することになりますので、単価面では非常に稼ぎやすいといえますね。

ただし、信頼関係を崩さないためへの配慮が必要になりますので、何でも気軽に受託することはできません。メインは本業ですので、それによってコネクションからの案件の納期が遅れてしまったり、素早いレスポンスができない事態も想定しておく必要があります。

SNSなどを利用してアピールする

SNSなどを利用してアピールする
稼ぎやすさ★☆☆☆☆
気軽さ★★★★★

コピーライターとしてある程度の実績ができたら、SNSのアカウントを作ったり、自身でブログなどを立ち上げてポートフォリオを公開したりといった工夫で、コピーライターとしての実績をアピールする方法もあります。

自分がコピーライターであること、そしてどのような文章が書けるのか、またその文章によってどれくらいの実績をあげたかなどを宣伝することで、関係者の目にとまることを期待する手段です。

稼ぎやすさとしては“連絡を待つ”という手段ですので、非常に難しいのですが、コネクションとも絡めての営業活動としては有用な手段です。

気軽さに関しては、アピールする手段や利用するSNSも自分の選択ですので、自由に表現できます。ただし、コピーライターとしての振る舞いをしっかりと意識したアピールをしなければ、信頼を落とすことになりますので注意しましょう。

自分のサイトでコピーライティングする

自分のサイトでコピーライティングする
稼ぎやすさ★☆☆☆☆
気軽さ★★★★★

コピーライターとして気軽に実績を積むならば、最も気軽に始められるのが自分でサイトを作りアフィリエイトの商品に対してセールスライティングする方法です。

コピーライターとして未経験でも、自分のサイトでコピーライティングを勉強しながら実践できますし、その実力は“商品が売れるか否か”ですぐに判断できます。※実際に新しく構築したサイトがネットで検索されるには、約3ヶ月が目安です。

また、案件を探して応募するといった工程もないためすぐにでも始められますし、クライアントが求めるクオリティなどを気にする必要はありません。ただし、稼ぎやすさとしては難易度の高いものになりますので、月に5万円以上を稼ぐのは非常に難しいでしょう。

実際に売上が出てくれば、たとえ少ない収入であってもサイト自体を実績としてポートフォリオに含めることもできますので、勉強と実績作りとして捉えた方がよいでしょう。

副業エージェントを活用する

副業エージェントを活用する
稼ぎやすさ★★★★★
気軽さ★★☆☆☆

副業向けの案件を紹介してくれるエージェントは高単価の案件が多く、稼ぎやすさは群を抜いています。スキルや希望に合致した案件の紹介を受けられるため、自分自身で営業をかける必要もありません。収入アップもさほど難しくないでしょう。

ただし基本的に、それなりに実務経験を積んでいる人材が求められるため、初心者のうちは仕事を紹介してもらえないこともあります。その場合はほかの方法で実績を積むことを考えたほうがよいでしょう。

副業エージェントおすすめ14選【職種・目的別で徹底比較】

コピーライターの副業探しにおすすめのエージェント

コピーライターとして収入をアップさせたいなら、エージェントの利用を検討してみましょう。おすすめのエージェントについてご紹介します。

マスメディアン

マスメディアン」はマーケティングやクリエイティブ職に特化したエージェントです。関連会社の「株式会社宣伝会議」は、コピーライターの養成講座を開講していることでも知られています。コピーライターのほか、アートディレクターやコンテンツディレクター、グラフィックデザイナーといったクリエイティブ関連の仕事を豊富に取り扱っています。

正社員や派遣社員、業務委託など、さまざまな雇用形態の求人に加えて、「副業・兼業OK」の案件もあり、自分に合った仕事を見つけやすいのが特徴です。コピーライターとして生計を立てたいのであれば、一度チェックしてみることをおすすめします。

Workship

引用元:Workship

Workship」(ワークシップ)は副業向け案件を豊富に取り扱っているエージェントです。「週1~3日稼働」「リモート可能」といった案件が豊富にあり、自由度の高い働き方ができます。

ライティングのほか、マーケティングやSNS運用といった類似性の高い仕事も数多く、コピーライターとしてのスキルを生かしつつ仕事の可能性を広げられます。仕事の探し方は、ユーザー自身が条件に合う案件を探し、応募するスタイルです。

ITプロパートナーズ

ITプロパートナーズ」はIT/Web分野に特化したエージェントです。エンジニアやマーケター、Webデザイナーなど、IT業界で働きたい人向けの案件を中心に取り扱っています。

コピーライター向けの案件は少ないものの、類似の職種であるマーケター向けの案件が豊富なのが特徴。多くの案件がエンド直で、単価が高めなだけでなく、「週1~2日稼働」「フルリモート可能」といった副業向けの案件も揃っています。収入アップしたい時や仕事の幅を広げたい時に活用できるサービスです。

コピーライターのスキルも生かしやすいその他の副業

コピーライターとしてのスキルがある人は、それを生かして宣伝やマーケティングに携わる副業に取り組むこともできます。

つまりコピーライターになるには、ここで紹介するマーケティング関連の職種の経験があると有利です。反対に、コピーライターの経験を生かしてこれらの職にキャリアシフトすることもできます。コピーライターのスキルを生かせる職種について解説します。

コンテンツマーケティング

コンテンツマーケターが行うコンテンツマーケティングとは、価値のあるコンテンツを制作し、それを最終的にビジネスの利益へとつなげることです。ただ単に商品を売るのではなく、商品の効率的な使い方や長持ちさせる方法などの有益な情報をコンテンツとして提供し、信頼度を高めて長期的な収益を獲得します。

コンテンツマーケティングに必須の「有益なコンテンツ」の作成に、コピーライターのスキルは大いに役立つのです。

Webライティング

Webライティングは、Webメディアやブログに掲載する記事を執筆する仕事です。執筆した記事は、アクセス数を集めたり、閲覧したユーザーを商品ページに誘導したりするために使われます。

Webライターには、コピータイターと同じく正しい日本語を使って読みやすい文章を作るスキルが必須です。また、検索エンジンで上位にヒットさせるSEOの知識も求められます。コピーライターとWebライターの仕事は重複している部分も多く、取り組みやすい仕事だといえるでしょう。

副業webライターの始め方は?初心者向けに稼ぐ手順や案件例を解説

SNS運用代行

SNS運用代行とは、企業に代わってSNSのアカウント管理や投稿、データ分析、メッセージの返信などを行う仕事です。SNSを集客に使っている企業は大小問わずたくさんありますが、通常業務と並行してSNSをチェックするのは手間も時間もかかるため、外部に代行を依頼するケースが増えています。SNSでは限られた文字数で伝えたいことを伝える必要があり、コピーライティングで身につけた文章作成やコピー作成のスキルを存分に生かせます。

SNS運用代行の副業で稼ぐには?始め方やフリーランス案件も紹介

Web広告運用代行

Web広告運用とは、ポータルサイトやWebメディア、SNSなどに掲示する広告の出稿先や内容を決め、効果を分析しつつより効果が出るように改善していく仕事です。

Web広告は、街中の看板や駅のポスターのように出したら終わりというものではありません。効果が出ないのであれば出稿先を変更したり、内容を差し替えたりして、常にリアルタイムで運用していく必要があります。この時コピーライターとしてのマーケティングの知識や、ユーザーに訴求できる表現力が役に立ちます。

Web広告運用の副業で稼ぐには?始め方や必要スキル・案件の取り方

コピーライターの副業でよくある質問

コピーライターになるため、あるいはコピーライターで稼ぐためには何が必要なのでしょうか。コピーライターの副業でよくある質問についてまとめました。

在宅・リモートでもできる?

コピーライティングのように文章を書く仕事は、基本的にリモートワークに向いています。PCとインターネット回線があれば業務をこなせるため、在宅で働けるのはもちろんのこと、コワーキングスペースや電車での移動中などでも作業が可能です。コピーライターのほか、類似の仕事であるマーケターやWebライターなども含めると、フルリモートの案件が豊富に見つかります。

資格は必要?

コピーライターになるのに資格は必要ありません。コピーライティングのスキルは、インプットとアウトプット、絶え間ない情報収集、実務経験などで身につけていくものだからです。

ただ、コピーライティングの能力を証明する資格としては、次のようなものがあります。資格があれば仕事が獲得できるというわけではありませんが、自己PRや力試しのために取得しておくのも1つの方法です。

また、コピーライティングのスキルとは別に、看護師や薬剤師、ファイナンシャルプランナーといった資格を持っていれば、専門性の高い高単価の案件を受けやすくなります。

コピーライターに資格は必要ない?役立つ試験の種類を調査!

コピーライターに資格は必要ない?役立つ試験の種類を調査!

まとめ

コピーライターの副業で稼ぐことは十分に可能です。最初は低い単価の案件になってしまいますが、しっかりと実績を積むことで副業として成り立つ職業です。

コピーライターの案件はインターネットでも比較的見つけやすく、PCやスマートフォンからも案件を探すことが可能です。

例えばクラウドソーシングサイトには、コピーライターの仕事が無数に存在しますので、通勤時間に案件をチェックしておいて、帰宅してから応募することもできます。コピーライターとしての副業の始め方は非常に簡単です。

スキルや実績をある程度積むまでに多少の時間はかかりますが、コピーライターは十分に稼げる副業といえます。

フリーランスの方でこのようなお悩みありませんか?
  • 高額案件を定期的に紹介してもらいたい
  • 週2日、リモートワークなど自由な働き方をしてみたい
  • 面倒な契約周りはまかせて仕事に集中したい

そのような方はぜひ、ITプロパートナーズをご利用ください!

フリーランスの方に代わって高額案件を獲得
週2日、リモートなど自由な働き方ができる案件多数
専属エージェントが契約や請求をトータルサポート

まずは会員登録をして案件をチェック!

この記事を書いた人
ITプロパートナーズ編集部
ITプロパートナーズはITフリーランスの方に案件紹介をしているエージェントです。当メディア「アトオシ」では、フリーランスの働き方から仕事探しまで幅広い情報を日々発信しています。