rubyこそがリモートワーク時代に生き抜くためのプログラム言語

インターネットの発展とスマートフォンの普及によりデジタル社会となった現代社会。

情報過多とも言われる時代において、様々な価値観が変化しています。

変化の加速度も日々、テクノロジーの進化に合わせ上がっていきますが、テクノロジーのバージョンアップに合わせ人間自体も向上していく必要があります。

「働き方改革」が提唱され、「働き方」そのものの価値観に対して真剣に考える企業や人々が増加しています。

そんな「働き方改革」を推し進める上で、キーとなるのが、「リモートワーク」です。

今後の働き方のスタンダードとなりうる「リモートワーク」とプログラミングである「ruby」をテーマとして様々な角度から検証していきます。

freelance

IT業界を取り巻く環境

数年前から「働き方改革」が国家主導で提唱されるようになってから、キーワードとなる「働き方改革」という言葉は、世間一般にも定着してきました。

しかし、実際のところ「働き方改革」を積極的に受け入れて、改革をしている企業というのは、どのくらいあると思いますか?

実際には、それほど多くはないのが現実です。

理想としての改革の必要性は、頭ではわかっているものの現実を見ると、なかなか変えていくことは難しいものです。

ビジネスというのは、他者がいてこそ成り立つわけです。

ビジネスには取引があり、取引には必ず売り手と買い手の両者が必要となります。

つまりいくら単独で改革を起こそうとしても、効力は今ひとつでしょう。

だからこそ、社会全体で本当の意味での「働き方改革」に着手する必要があるのです。

そして幸か不幸か結果的に、「働き方」を本当に見直すきっかけとなったのが「新型コロナウイルス」です。

全世界をも巻き込んだ、未知なる脅威のウイルスは、経済活動を鈍化させるような歴史的な大きな出来事となっています。

2020年も半分を過ぎた現在も、今なお終息の目処はたっていません。

外出自粛を余儀なくされる中で、リモートワークが一気に広まったのです。

日本初の非常事態宣言によって、各企業は現実的にリモートワークをせざるをえない状態となりました。

また、働き方が多様化している現代では、大企業を中心としてリモートワークを推進している企業もありました。

また結果的にコロナにとって変わってしまいましたが、そもそも2020年は東京オリンピックが行われる予定でしたので、東京都内の企業は開催時期にリモートワークを予定していた企業がありました。

それがコロナのせいで、前倒しすることになったことで、救われた企業もあるようです。

それなりに準備を進めていた企業もあれば、リモートワークには全く対応していない企業もあり、実際に緊急的に対応に追われた企業も後をたちませんでした。

もちろん、リモートワークは全ての業種が対応できるわけではありません。飲食業やサービス業、流通業、医療関係などは、そもそもリモートワークが不可能なわけです。

しかし、感染防止として、リモートワークが可能な企業については、できる限りリモートワークで対応するべきなのです。

真っ先にリモートワークに対応できるのはIT業界です。

つまりエンジニア職であればオフィスにいようが自宅にいようがPCさえあれば仕事は、できてしまうのです。

リモートワークがそもそも可能であるなら、今後は積極的に働き方を変えるべきなのです。

リモートワークエンジニアの需要

実際に、エンジニアとして働いている方の中には、今回のコロナの件は別にして、それ以前からリモートワークで働く方がいらっしゃいます。

今後は、さらにリモートワークエンジニアとして仕事をしたいという方が増加してくるのではないでしょうか。

そもそもエンジニアの仕事が最も多いのが、東京都内です。

IT関連の仕事は、ほぼ一極集中していると言っても過言ではありません。

人口そのものも一極集中化が進む首都東京では、多くの人が流入します。それだけにコロナウイルスの感染も全国でトップでした。

通勤は感染をおそれ、リスクが高すぎます。

しかしIT系のエンジニアであれば、実質場所は関係ないのです。

では、職種としてのエンジニアの需要は、どうなのでしょうか?

現在もエンジニアは人材不足と言われています。少子高齢化の影響により、どの業界も人手不足と言われていますが、エンジニアについても同様です。

もっと言えばエンジニアは人手不足ではなく「人材不足」と言うのが正確です。

つまりIT現場では、「できる人材」を求めています。

エンジニア職には、様々な役割があります。エンジニアというのはスキルと経験が必要となる為、定められた期間に成果を上げるには、実績のある即戦力を求めるのです。

企業としては、予定工数、予定予算内で成果を出すことが常に求められています。

その為、企業では確実に結果を出せる実績のエンジニアを求めているのです。

そのような状況から、エンジニア職は、実力さえあれば、仕事が途切れることはありません。

ニーズは非常に高い仕事と言えるのですを

そんな現状からフリーランスとして仕事をするエンジニアが増加しています。

またフリーランスのエンジニアが増加している原因として企業側の都合も関係しています。

さらに企業とエンジニアを繋ぐ、エージェントサービスの企業も増加しているのです。

このようにエンジニア職は、働き方の多様化をさらに推し進める存在でもあるのです。

フリーランスのエンジニアの中には、請負で仕事をする方もいらっしゃいます。

この場合、作業は自宅で行うケースが多いのです。リモートワークに近いスタイルで在宅で仕事を行うパターンです。

このようにフリーランスエンジニアの働き方は多様化しており、今後もリモートワークエンジニアは増加し続けるでしょう。

エンジニアの需要が高い理由

前述したようにエンジニアの需要が高い理由として、業界的な人材不足、そして一定のスキルを常に求められることが大きな理由の1つなのですが、さらにエンジニアの需要を高くしているのが役割の多様化です。

一言でシステムエンジニア、ITエンジニアと言ってもその業務は、非常に多岐にわたります。

プロジェクトリーダー、マネージャー、SE、プログラマ、テスターなど実に様々なポジションがあるだけでなく、エンジニアの種類も多岐にわたります。

ネットワークエンジニア、データベースエンジニア、アプリケーションエンジニアなど様々なタイプのエンジニア職があるだけでなく、言語やデータベース、フレームワークなど専門分野によって必要とされるエンジニアは変わってきます。

さらに業務知識が必要とされる場合があります。

金融、保険、通信、情報管理、小売、公的機関、エンターテインメントなど実に多くの業種があり、各業界を経験した業務知識も合わせ持つ人材が必要とされるのです。

システム開発は、プロジェクト単位で行われるケースがほとんどで、プロジェクト毎に必要な時に必要な人材を集め業務を行います。

つまりプロジェクト要件に合致したエンジニアが求められるというわけです。

そこでエンジニアのスキルとして関係してくるのが「プログラム言語」です。

エンジニアとプログラム言語

多様化される働き方の数と同じくエンジニアの多様化も進んでいます。

それは、各エンジニアの持つスキルによって仕事の幅は変わってくるからです。

IT業務には様々な仕事が存在します。

スマートフォンの所有率が、これだけ高まった現在では、いかに情報処理の仕事が多いか理解できるのではないでしょうか。

世の中を見渡せば、明らかに利用者よりも作り手の割合のほうが圧倒的に少ないわけですから、エンジニアのニーズが高まるのは当然です。

そしてエンジニアが仕事を選ぶ場合に関わってくるのが「スキル」です。

そのエンジニアが何ができるのかによって仕事の幅は変わってきます。

エンジニアというのは、それぞれ得意分野が必ずあるはずです。自分が持ちうる技術、スキルを活かした案件を探します。

スキルの要素として大きく関わるのが「プログラム言語」です。

プログラム言語も様々な種類があり、システムによって、どの言語を使うかは異なります。

当然、プログラム言語にも流行り廃りがあります。

フリーランスのエンジニアとしては、ニーズの高いプログラム言語を習得していれば、多くの仕事があり選択肢も広がるというわけです。

エンジニアとプログラム言語というのは、非常に大きな関係があるのです。

リモートワークに向いている言語はrubyである

リモートワークのニーズが高まる現在、リモートワークに向いているプログラム言語という観点で考えたなら、どのような言語があるのでしょうか?

現在、エンジニアのニーズが高い案件としてWeb開発の案件があります。

Webサイト構築やWebアプリケーションのニーズは非常に高まっています。

前述舌ように、これだけスマートフォンが普及すれば、ニーズの高さは当然です。

例えば、満員電車でよく見る光景として、通勤客のほとんどが思い思いにスマホの画面を見つめています。

ニーズの高いWeb開発に向いている言語というのがエンジニアニーズも高いことになります。

その1つとして「ruby」があります。

エンジニアの方なら当然、知っていると思いますが、「ruby」は比較的新しい言語です。

最近のプログラム言語と同様、「ruby」もオブジェクト指向のスプリクト言語となります。

「ruby」の特徴として、初心者向けの言語であるので、初心者の方でもとっつきやすい言語となっています。

さらに「ruby」の特徴としては、コードの記述料自体が少なくシンプルに書くことができるのです。

ソースコードを追いやすく複雑化を防いでいます。そのため、可読性も高いことから、初心者向けとされています。

プログラム言語には、大きくわけて2つの種類があります。

それがインタプリタ方式とコンパイル方式です。

インタプリタ方式とは、プログラムを1行ずつ機械語に翻訳して実行します。

コンパイル方式は、ソースコードそのものを機械語に翻訳し実行ファイルを生成します。そして、その生成されたファイルを実行させます。

このように仕組み自体が異なるのですが、「ruby」は、インタプリタ方式のプログラム言語です。

そのため、プログラムはコンパイルの必要がなく、すぐにでも実行できるというメリットがあります。

ファイルの生成をわざわざ行う必要がないというシンプルさに特徴があります。

つまり「ruby」はシンプルで手軽に使いやすいという特徴があります。

初心者にも扱いやすい言語でなお且つ、Web開発にも向いているとなれば、時代のニーズにマッチした活用度の高いプログラム言語と言えます。

フレームワークはRuby on Railsを使用すると開発効率も向上できます。

つまり開発業務において生産性を高めることができるというメリットがあることから、多くの開発プロジェクトによって採用されやすい開発言語となります。

変化が激しい時代においては、開発業もスピードが重視される時代となりました。

その上で生産性と効率性、開発案件との相性を考えるとIT系企業でこ採用率の高さにも納得できます。

「ruby」以外にもWeb開発に向いているプログラ厶言語としては、Java、Python、PHPなど、いくつかありますが、中でも「ruby」の学びやすさは一番ではないでしょうか。

既に多言語を習得されている方なら、抵抗なく入っていける言語でもあります。

特に開発系のベンチャー企業でのrubyの採用率も高く、それに合わせてrubyエンジニアの需要も増しています。

そのような事情から柔軟な働き方を選ぶベンチャー企業ならリモートワークを採用している割合も多く、プログラム言語としてのrubyはリモートワークに向いている言語と言えるのです。

リモートワークができるrubyの案件

rubyの案件としては、リモートワークができる案件が非常に多いのです。

人材を求める企業としては、rubyの開発経験者でフルリモートで対応できる人材などを求めている事例があります。

案件内容としては、サーバーサイドAPIの実装などを行う案件などがあり、ニーズが高く流行りの言語だけに、単価も高いのが特徴です。

一人月で80万円ほどの案件もあり、rubyは、リモートワークにも向いているので柔軟な働き方を求めている方に特におすすめです。

なぜ、これほどまでにrubyのニーズが高いのかと言えば、rubyの開発経験者が市場に出にくいという現状があるからです。

その為、rubyのエンジニアの奪いあいが起こっているのです。

rubyのエンジニアの希少性の高さが市場価値の評価として高まっているのです。

変化のスピードが早まるばかりの現状において、スマホアプリやWEBサービスなどの開発案件でrubyエンジニアの需要は高まっています。

手前味噌ですが、弊社サービス「ITプロパートナーズ」では、リモートでできるrubyの案件を数多く取り揃えております。

ぜひrubyを使ってリモートワークを考えている人はご利用ください。

まとめ

いかがだったでしょうか。今回は『rubyこそがリモートワーク時代に生き抜くためのプログラム言語』というテーマで様々な角度から考察してみました。

デジタル化が進むあらゆるものがシステマティックにまとめられ、便利な世の中になっている一方、現代社会に生きる私達は、多くのリスクにさらされているのかもしれません。

自然災害、天災、パンデミックなど以前では考えられないようなことが現実に起こっていることを、さらに認識していく必要があります。

企業としては、リスクマネジメントをしっかり行うと共に、本当の意味での「働き方改革」を行うべき時が今やって来ています。

不測の事態は実際に、今目の前で起こっていることを考えると、正しい判断を迅速に行う必要があるでしょう。

日常の中の常識も、変化を求められ、新たなスタンダードが必要とされています。

はたして、リモートワークは、将来を見据えた新たな働き方となりうるのでしょうか。

どのような手段を選択するにしても、我々はこれまでと同じ価値観で生き残ることなどできないのです。

bn04

もし、今あなたが

・フリーランスになるか悩んでる
・自分に合った案件があるのか不安
・そもそも何から始めればいいのか分からない

などお困りであれば、ぜひ弊社ITプロパートナーズのサポート内容を確認してみてください!

登録後、専属エージェントに無料相談もできますよ!

※週2日 / 30万〜のフリーランス案件を紹介中です
※ご経験やご希望によっては案件を紹介できない場合がございますのでご了承ください。


よく見られてる関連案件

b80c977483d024c14549510e194361fe 2_anken 3_anken
The following two tabs change content below.
株式会社ITプロパートナーズ

株式会社ITプロパートナーズ

「IT起業家・フリーランスの自立を支える」というビジョンの元、「週2日からの業務委託案件を紹介する、ITプロパートナーズ」を運営。 ■BestVenture100に創業初年度で選出 ■取材記事:自立する覚悟が、働き方を変える
freelance