SQLの副業案件の特徴や単価・案件例を解説!フリーランス求人も紹介

こんにちは、ITプロパートナーズ編集部です。

データベース言語の代表格として知られる「SQL」。近年ITエンジニアの副業案件が増えてきましたが、SQLエンジニアの案件も例外ではありません。

本記事ではSQLエンジニアの副業案件について詳しくご紹介します。SQLの特徴や案件動向・種類について解説したうえで、経験年数・稼働日別の動向や案件例をヒックアップ。さらにはSQLエンジニアの副業案件の探し方やおすすめのフリーランスエージェントにも触れていきます。

SQLエンジニアとして副業案件を探している方はぜひチェックしてみてください。

なお、プログラミング全般の副業については「プログラミング副業」で詳しく解説していますので併せてご覧ください。

なお、弊社「ITプロパートナーズ」はIT系副業案件を豊富に取扱っているエージェントです。週2・3日の案件が豊富なため、SQLの副業案件をお探しの方におすすめです。まずは無料登録をして色々な案件をみて見てください。弊社からおすすめの案件をご紹介することも可能です。

働き方の自由度を高めませんか?
  • 複業/フリーランスで月収80万以上を稼ぐ
  • 週2日、週10時間から働ける
  • フルリモートはもちろん柔軟な稼働時間
  • PM,PdMなど上流案件も多数

自分の強み×週1日〜フルタイム×リモート・フルリモートなど、働き方をカスタマイズして案件を探したい方へ

約6割が週1-3日案件のグラフ

SQLの特徴や案件動向を簡単に解説

まずSQLエンジニアの副業案件を探す前提として、SQLの特徴や案件の動向はどうなっているのかチェックしていきましょう。

SQLの特徴

SQLはRDBMS上でデータベースの定義や検索・更新などの操作を行うデータベース言語です。RDBMSとは「リレーショナルデータベースマネジメントシステム」(または関係データベース管理システム)の略語で、データベースを表形式で整理し、効率的にデータを管理・利用できるように開発されたシステムです。

RDBMSには複数の種類があり、代表的なものには以下のシステムがあります。

  • Oracle
  • MySQL
  • SQLServer
  • PostgreSQL

SQLはこれらすべてのRDBMSで使用可能な、汎用性の高い言語です。

知ってるようで知らない!Oracle(オラクル)とは?

SQL案件の動向

近年はAIやビッグデータ領域でSQLエンジニアの需要が高まっています。これらの領域では膨大な量のデータを扱うため、効率のよいデータベース設計やSQL構文を書くスキルが求められるためです。

NoSQL(SQLを使用しないデータベース管理システム)の台頭により、SQL案件は減少するのではないかと考えられてきました。しかし未だ多くの企業で使い慣れたRDBMSの需要があることや、RDBMSと機械学習エンジンとの相性が良いこともあり、今後もSQLエンジニアの需要は一定以上あることが予想されます。

SQLの副業・フリーランス案件も増加

優秀なSQLエンジニアは需要が高く、どの企業でも人材確保は難しい状況です。そのため副業やフリーランスエンジニアを求める動きもあり、このような参画方法の案件が増えつつあります。

データサイエンティストは副業できる?案件の取り方や必要スキルを紹介

フリーランスのSQL副業案件の種類と業務内容

一口にSQL案件といってもその種類はさまざまです。ここでは副業・フリーランス向けの代表的なSQL案件とその業務内容について解説します。

データ活用・分析・レポーティング

売上や集客状況などのデータを抽出・集計して分析結果を経営層に報告(レポーティング)する仕事は多くの企業で存在します。SQLの知識がなくてもこれらのデータを抽出できるツールは存在しますが、より細かい条件や柔軟な切り口でデータを抽出・集計するためにはSQLの知識が必要です。

このような業務では既存のRDBMSにアクセスしてSQLでデータを抽出できればよいので、SQLエンジニアとしてのスキルはそれほど高度ではありません。そのため他のSQLエンジニアの案件と比べて単価は高くない傾向にあります。

ただし業務的・経営的な視点を交えた分析が必要な場合はSQLの知識に加えてその業界の知識が必要になるため、そのような案件では単価は高くなるでしょう。

アプリケーション開発

アプリケーション開発にもSQLの知識は必要です。画面側の設計や開発はSQL以外の言語を使いますが、その画面に表示されるデータを抽出するのはSQLで行っているケースが多いためです。

またBIツール(ビジネスインテリジェンスツール:企業に蓄積された膨大なデータを見える化したシステム)の開発や導入にもSQLエンジニアは活躍します。利用目的や利用方法に応じて必要なレポート機能を定義したり、データベースと連携させたりするのはSQLエンジニアの仕事です。

アプリケーション開発には、SQLの知識に加えて開発するアプリケーションの知識、さらに

要件定義や設計から関わる場合はコミュニケーションスキルなども必要です。幅広い知識やスキルが求められるため、その分単価は高くなります。

データ基盤・データベース設計・構築

データ基盤やデータベースの設計・構築はSQLエンジニアの代表的な仕事です。このような仕事を担うエンジニアを「データベースエンジニア」とも呼びます。

未だ多くの企業でRDBMSの需要があるため、ゼロから設計・構築ができるエンジニアはこれからも重宝されるでしょう。SQL構文を使用するだけではなく、概念的な理解も求められるため、データ活用・分析・レポーティングの案件より単価は高い傾向にあります。

データベースエンジニアの平均年収ってどれくらい?|エンジニア中では高い方?安い方?

ビッグデータ・AI

ビッグデータ・AI(人工知能)領域で必要な機械学習エンジンをRDBMSに統合するケースも増えており、これらの領域でもSQLエンジニアのニーズは高まっています。

SQLの知識はもちろんですが、ビッグデータ・AIの知識やビジネス的な視点が求められるため、SQLエンジニアというより「データサイエンティスト」に近い仕事内容です。

幅広く高度な知識やスキルが求められるため、単価はSQLエンジニアのなかでも高くなる傾向にあります。

データサイエンティストは副業できる?案件の取り方や必要スキルを紹介

SQLの在宅・リモート案件の募集状況と案件例

記事執筆時点(2021年5月)の弊社ITプロパートナーズのSQL案件は「44件」ありました。うちリモートワーク可能な案件は「16件」です。

アプリケーション開発やデータベースエンジニアの案件が多くありますが、機械学習やデータ抽出などの案件も見られました。

【稼働日数別】SQLの副業・フリーランス案件の募集状況と案件例

ここでは稼働日別にSQL案件の募集状況と案件例を見ていきましょう。

週2〜3日のSQL案件の募集状況

記事執筆時点(2021年5月)の案件数は「14件」。そのうちリモートワーク可能な案件は「6件」と割合としては多めです。

週4〜5日のSQL案件の募集状況

記事執筆時点(2021年5月)の案件数は「30件」あり、そのうちリモートワーク可能な案件は「10件」でした。

データ分析系や他部門とのコミュニケーションが必要なものでは、クライアント先の常駐が必要な案件が多いようです。

【経験別】SQLの副業・フリーランス案件の単価相場と案件例

次は実務経験年数別の案件動向を見ていきましょう。経験年数を積むにつれて活躍の場が広がり、それに応じて単価相場も上がっているのが分かります。

実務経験1〜2年の比較的簡単な案件

実務経験が浅くてもOKな案件はそれほど多くありません。具体的に実務経験年数が指定されていなくても、最低2~3年以上の経験者を想定している案件が一般的です。

経験の浅い若手エンジニアの募集案件では、単価は「週5日で最高月50万円」で、MySQLに加えてWeb関連のアプリケーション開発経験が求められている案件がありました。

実務経験3〜5年の中堅向け案件

3年以上の実務経験があれば応募できる案件数は増えてきます。それでもSQLだけの実務経験で応募できる案件は少なく、PHP・Java・Javascriptなどのアプリケーション開発の経験が求められる案件がほとんどです。

単価は「週3日で最高月50万円」など、実務経験1~2年のエンジニアを想定した案件より少ない稼働で一定の報酬が得られるケースが多いようです。リモートワーク可能な案件も一定数見られます。

実務経験5年以上のハイレベル案件

実務経験5年以上のハイレベル案件では、SQL言語の基本操作だけではなくデータベース設計やPMの経験も求められるケースが増えてきます。設計やPMでは幅広い知識やコミュニケーションスキルが必要なため、「週4日で最高月70万円」や「週5日で最高80万円」などの高単価案件で、稼働日も多くなる傾向があります。

副業したいエンジニア・フリーランスエンジニアがSQL案件を探す方法

副業でSQL案件を探す方法をいくつかご紹介します。自分に合った方法を試してみましょう。

フリーランスエージェント

フリーランスエージェントとは、フリーランス案件を専門に扱うエージェントのことです。個人でクライアントを探すより効率的に優良案件を見つけられます。

またフリーランスが悩みがちな契約面や税金面などサポートも対応してくれるため、その点も安心です。

ただしエージェントのなかにも業界や職種の得意・不得意があります。自分が探している案件に強みのあるエージェントを選んで活用するとよいでしょう。

具体的なフリーランスエンジニアは次の章でご紹介します。

フリーランスエージェントおすすめ18選!職種別に比較して一覧紹介

求人サイト

どのような案件があるか手軽に調べたい場合は求人サイトがおすすめです。サイトによっては、細かく条件を絞り込んで自分に合った案件を探すこともできます。

ただしエージェントを介さないため、面接日程の調整や選考中のやりとりは自分で行う必要があります。その分手間や時間がかかるので、その点は注意しましょう。

クラウドソーシングサービス

近年はフリーランス案件の探し方として「クラウドソーシング」というサービスが注目されています。代表的なサービスだと、クラウドワークスランサーズが有名です。

クラウドソーシングとは、企業や個人が専用サイト上で案件を発注・契約でき、そのサイト内で成果物の納品や報酬の受け取りが完結するサービスです。フリーランスエージェントや求人サイトと比べて、比較的経験が浅くても応募できる難易度の低い案件や、単発案件が多いといった特徴があります。

一方クラウドソーシングではエージェントや求人サイトの案件と比べて報酬額が低く、継続的な案件が受注しにくいといったデメリットがあります。またクラウドソーシングで得た報酬から5~20%程度のシステム手数料が差し引かれる点も注意が必要です。

クラウドソーシングおすすめ15選!初心者が副業で稼ぐ具体的な方法を紹介

SQL案件を取り扱うおすすめのフリーランスエージェント

SQL案件を取り扱っているおすすめのフリーランスエージェントをご紹介します。それぞれの特徴を理解したうえで、自分に合ったエージェントを見つけましょう。

ITプロパートナーズ

弊社「ITプロパートナーズ」はIT関連の副業・フリーランス案件に強みを持つエージェントです。なかでも週2、3日の案件が豊富。副業としてまずは少ない日数から始めたい方、柔軟な働き方を求める方に向いています。

仲介業者を挟まず直接クライアントと契約できるため、高単価な案件が多いことも魅力です。SQLの副業案件を探している方はぜひ登録してみましょう。

レバテックフリーランス

引用元:レバテック

フリーランスエージェントの代表格である「レバテックフリーランス」。フリーランスの案件数は業界No.1と言われています。専任コーディネーターのサポートも手厚いため、登録しておいて損はないエージェントの1つです。

Midworks

引用元:Midworks

Midworks」もITエンジニアの案件が豊富なエージェントです。所得補償制度や福利厚生サービスが充実しており、フリーランスながら正社員並みの保証が受けられる点が魅力です。

フリーランスと正社員両方の良いとこどりをしたい方はMidworksへの登録も検討してみるとよいでしょう。

副業やフリーランスとしてSQL案件を獲得する為に必須スキル・経験

副業やフリーランスとしてSQL案件で活躍するために必要なスキルや経験をご紹介します。案件を獲得するために必須となるスキル・経験なので、ぜひ押さえておきましょう。

言語やデータベースへの専門知識

SQLはRDBMSで利用できる汎用的な言語ですが、データベースソフトによって使い勝手は若干異なります。SQL案件を獲得するためにはSQL言語の知識はもちろんのこと、MySQL・Oracle・Microsoft Accessなど代表的なデータベースソフトの知識・経験は持っておく必要があります。

またデータ分析を得意とするプログラミング言語(R/Pythonなど)の知識や経験もSQLと一緒に求められることが多いので、併せ持っておくと案件が獲得しやすくなります。

インフラ・アプリケーション開発経験

SQL案件ではSQL言語だけを扱うだけではなく、BIツールの導入やアプリケーション開発を伴う案件も多くあります。

BIツールでは近年Tableauというツールが注目されており、そのダッシュボード作成やレポート作成の経験が求められる案件も見られます。

またWebアプリケーションでもデータの検索にSQLを使用することがあるので、PHP・Java・Javascriptなどの開発経験を併せ持っていると案件獲得のチャンスは増えるでしょう。

開発環境への適応

近年はリモートワークの普及や業務効率化、コスト削減の観点から、AWSやGCPといったクラウド環境で開発するケースも増えています。そのため在宅でのSQL案件の獲得を目指すのであれば、これらの開発環境への適応力は欠かせません。

関連システムの知識

サーバーやネットワークなどの関連インフラやアプリケーションの知識もSQLエンジニアには求められます。とくにデータベースの設計・構築を担う「データベースエンジニア」の案件ではこれらの知識は必須です。

より高単価のSQL案件に必要なスキル・知識・経験

より高単価なSQL案件を獲得するためには次のようなスキルや経験が必要です。SQLエンジニアとしてキャリアを積みたい方は参考にしてみてください。

企画・設計工程の経験

SQL構文を書いたりプログラムを実装したりするだけでなく、アプリケーションやデータベースの企画・設計などの上流工程に携わる案件では高単価が狙えます。

企画・設計などの上流工程ではSQLだけでなくアプリケーションやインフラ関連の幅広い知識や、要件定義などに必要なコミュニケーションスキルが求められるためです。

このような上流工程の案件はある程度経験を積んだエンジニアが任される領域です。経験が浅いエンジニアの方は、プログラムの実装や開発などで実績を積んで認められるところから始めましょう。

数理・統計学への専門知識

近年はビッグデータの分析や高度なレポーティング(データの可視化)などを担う「データサイエンティスト」という職種のニーズが高まっています。データサイエンティストにはSQLの知識はもちろんのこと、数理や統計学の専門知識、さらにはビジネス的な視点などが求められます。

難易度が高い案件ですが、その分高単価の報酬が期待できます。

AI・機械学習の実務経験

近年、画像認識・音声認識・ロボット・データ解析などAIや機械学習関連の開発案件が増えています。一方、それに対応できるエンジニアは決して多くはありません。そのため、これらの領域の実務経験があれば、高単価案件獲得のチャンスが広がるでしょう。

RDBMSに機械学習エンジンが搭載されるケースもあるため、SQLエンジニアとの相性もよい領域といえます。

まとめ

SQL案件にもさまざまな種類があり、SQL以外の知識やスキルを持ち合わせることで活躍の場は広がります。今回ご紹介した案件の種類や動向を参考に、自分に合ったSQLの副業案件を探してみてはいかがでしょうか?
経験者のSQL副業案件探しなら弊社「ITプロパートナーズ」がおすすめです。優良な副業案件を効率よく探しましょう。

フリーランスの方でこのようなお悩みありませんか?
  • 高額案件を定期的に紹介してもらいたい
  • 週2日、リモートワークなど自由な働き方をしてみたい
  • 面倒な契約周りはまかせて仕事に集中したい

そのような方はぜひ、ITプロパートナーズをご利用ください!

フリーランスの方に代わって高額案件を獲得
週2日、リモートなど自由な働き方ができる案件多数
専属エージェントが契約や請求をトータルサポート

まずは会員登録をして案件をチェック!

この記事を書いた人
ITプロパートナーズ編集部
ITプロパートナーズはITフリーランスの方に案件紹介をしているエージェントです。当メディア「アトオシ」では、フリーランスの働き方から仕事探しまで幅広い情報を日々発信しています。