今更聞けない!Objective-Cとは?

こんにちは。

ITエンジニア・webディレクター・webデザイナーなどのIT人材の自立・キャリアを支援するITプロパートナーズ編集部です。

弊社では、独立精神旺盛な優秀なエンジニアの方々の独立・起業サポートや、フリーランス支援を行っています。
こちらでは、日々の現場でサポートさせていただいている中での、プロの目線で、エンジニアに役立つお話をしてまいります。

 

今回は、「知っているけど、うまく説明できない」言葉の上位に食い込んできそうな「Objective-C」を取り上げてみたいと思います。

働き方の自由度を高めませんか?
  • 複業/フリーランスで月収80万以上を稼ぐ
  • 週2日、週10時間から働ける
  • フルリモートはもちろん柔軟な稼働時間
  • PM,PdMなど上流案件も多数

自分の強み×週1日〜フルタイム×リモート・フルリモートなど、働き方をカスタマイズして案件を探したい方へ

約6割が週1-3日案件のグラフ

そもそも、「Objective-C」とは

C言語をベースにSmalltalk言語のオブジェクト指向を取り入れた言語が「Objective-C」。AppleのMac OS Xの公式開発言語として採用されたことがきっかけで、広く認知されるようになりました。

ちなみに「C++」も「C言語を拡張してオブジェクト指向を実現している言語」ですが、「C++」は新たな言語として生まれ変わらせる拡張、「Objective-C」は元の言語の記述法に別の視点を付加する拡張、といったように、拡張のとらえ方が異なります。

「Objective-C」の今後の需要って?

Apple社のiOSやOS Xのためのプログラミング言語である「Objective-C」ですが、2014年に同様の目的を持った言語である「Swift」が誕生し、少しずつ浸透し始めています。

プログラムの文法が複雑だった「Objective-C」に対し、簡易な構文でプログラムが組める「Swift」は、Apple向けアプリ開発の初心者にもなじみやすいとか。

さらに、「Objective-C」よりも汎用性が高く複雑で、安定したアプリを作ることができるそうです。

こう聞くと、「Objective-C」の需要は減っていくのでは?という危機感を抱く人も多いでしょう。Apple社が正式に「Swift」を推奨していることを考えると、少しずつ「Swift」がスタンダードになっていくことは間違いなさそうですね。

とは言え、「Swift」は「Objective-C」と互換性があり、バージョンアップの際も新しいところだけを「Swift」で記述すれば良いので、しばらくは双方の知識が必要になると思われます。

これから学ぶのであれば、「Objective-C」はベースとして学びつつ、あわせて「Swift」の知識を身につけておくことが将来のキャリアにつながるポイントと言えそうです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は【今更聞けない!Objective-Cとは?】ということで記事を書かせて頂きました。

結論、「Objective-c」よりも「Swift」を学んだ方が良いでしょう。

現在「Objective-c」を学んでいる人は「Swift」へ。まだこれからプログラミングを学ぶ人は「Swift」を習得しましょう。

フリーランスの方でこのようなお悩みありませんか?
  • 高額案件を定期的に紹介してもらいたい
  • 週2日、リモートワークなど自由な働き方をしてみたい
  • 面倒な契約周りはまかせて仕事に集中したい

そのような方はぜひ、ITプロパートナーズをご利用ください!

フリーランスの方に代わって高額案件を獲得
週2日、リモートなど自由な働き方ができる案件多数
専属エージェントが契約や請求をトータルサポート

まずは会員登録をして案件をチェック!