今更聞けない!Objective-Cとは?

bsN811_notepcwosawarubiz
The following two tabs change content below.
fumimaki

fumimaki

人材紹介会社にて求人広告の制作やライター業務に携わった後、結婚・出産を経てフリーに。執筆のメインテーマは「人と仕事」。はたらく人の情熱や魅力を世の中に届け、文章を通して人と仕事をつなげたいという思いを軸に、医師や職人、ベンチャー企業の社長など、様々な職業の人へのインタビューと記事執筆を手がけています。

こんにちは。

ITエンジニア・webディレクター・webデザイナーなどのIT人材の自立・キャリアを支援するITプロパートナーズ編集部です。

弊社では、独立精神旺盛な優秀なエンジニアの方々の独立・起業サポートや、フリーランス支援を行っています。
こちらでは、日々の現場でサポートさせていただいている中での、プロの目線で、エンジニアに役立つお話をしてまいります。

 

今回は、「知っているけど、うまく説明できない」言葉の上位に食い込んできそうな「Objective-C」を取り上げてみたいと思います。

そもそも、「Objective-C」とは

C言語をベースにSmalltalk言語のオブジェクト指向を取り入れた言語が「Objective-C」。AppleのMac OS Xの公式開発言語として採用されたことがきっかけで、広く認知されるようになりました。

ちなみに「C++」も「C言語を拡張してオブジェクト指向を実現している言語」ですが、「C++」は新たな言語として生まれ変わらせる拡張、「Objective-C」は元の言語の記述法に別の視点を付加する拡張、といったように、拡張のとらえ方が異なります。

「Objective-C」の今後の需要って?

Apple社のiOSやOS Xのためのプログラミング言語である「Objective-C」ですが、2014年に同様の目的を持った言語である「Swift」が誕生し、少しずつ浸透し始めています。

プログラムの文法が複雑だった「Objective-C」に対し、簡易な構文でプログラムが組める「Swift」は、Apple向けアプリ開発の初心者にもなじみやすいとか。

さらに、「Objective-C」よりも汎用性が高く複雑で、安定したアプリを作ることができるそうです。

こう聞くと、「Objective-C」の需要は減っていくのでは?という危機感を抱く人も多いでしょう。Apple社が正式に「Swift」を推奨していることを考えると、少しずつ「Swift」がスタンダードになっていくことは間違いなさそうですね。

とは言え、「Swift」は「Objective-C」と互換性があり、バージョンアップの際も新しいところだけを「Swift」で記述すれば良いので、しばらくは双方の知識が必要になると思われます。

これから学ぶのであれば、「Objective-C」はベースとして学びつつ、あわせて「Swift」の知識を身につけておくことが将来のキャリアにつながるポイントと言えそうです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は【今更聞けない!Objective-Cとは?】ということで記事を書かせて頂きました。

結論、「Objective-c」よりも「Swift」を学んだ方が良いでしょう。

現在「Objective-c」を学んでいる人は「Swift」へ。まだこれからプログラミングを学ぶ人は「Swift」を習得しましょう。

ITプロパートナーズに登録すると3つのメリットがあります!

①他には無い!弊社だけの週2日〜のフリーランス案件!

ITプロパートナーズでは、フリーランスエンジニアが週2日から働ける案件を数多く取り揃えております。 そのため、他案件やご自身が開発するサービスと並行可能です。 独立資金を貯めたい方や趣味に時間を費やしたい方には非常に重宝して頂いております。 契約期間も3ヶ月~で安定収入を実現しており、稼働文の請求となるのでリスクもないです。

②成長企業の直案件で高単価を実現!! 週3日で月額50万円も!!

弊社の95%以上が高単価の直案件になります。 常時、50件以上の週2~の案件を保有しています 社長の木村を始め、ITプロパートナーズの社員は圧倒的にITベンチャー出身者が多いです。 故に多くのベンチャー企業に精通しています。 スタートアップのベンチャー企業で最大限のバリューを発揮したい方にはオススメです。

③専属エージェントがしっかりサポート!!

希望に合致した案件をご紹介可能です。 また、契約交渉や債権管理を代行します。 契約が切れても、未稼働期間なしで次の継続的な案件を随時ご紹介します!