javascriptエンジニアの将来性は?これからの需要を徹底調査!

こんにちは、ITプロパートナーズ編集部です。

弊社では、数多くのエンジニアの方にフリーランス案件を獲得していただいています。

経験とスキルさえあれば、週2日から高収入案件をご紹介できます。

まずは無料登録をして色々な案件をみて見てください。

弊社からおすすめの案件をご紹介することも可能です。

フロントエンドの開発で必須なスキルにHTML・CSSと並びJavascriptの存在が上げられることが多く、近年ますますJavascriptエンジニアに注目が集まっています。

プログラム言語の種類は数多く、どの言語の学習を始めれば良いのかわからない方や、HTML・CCSと共に必須と呼ばれるJavascriptの勉強を中心にして、他のプログラム言語については学習しなくても良いのかなど様々な疑問が浮かぶことでしょう。

Javascriptは多様な案件で使用されており、フロントエンドはもちろん、サーバーサイドでも使用できる汎用性の高さから、ますます需要が高まっているプログラム言語です。

本記事では、プログラム言語Javascriptの将来性について、詳しく情報が知りたいユーザーの方向けに、Javascriptの需要や将来性など様々な情報をご紹介していきたいと思います。

ぜひ本記事でご紹介する内容を参考に、Javascriptエンジニアとしての第一歩を踏み出してみてください。

freelance

javascriptの需要から見る将来性

Javascriptは非常に汎用性の高い言語であり、Web系のプログラマーにとって必須で身につけるべきスキルになっているとも言えるプログラム言語です。

Javascriptが使用される場面は案件により様々ですが、Webシステムであればどの案件でもほぼ間違いなく使用されていることでしょう。

今回の記事ではJavascriptの人気の理由について、需要の高い分野を中心に確認していきましょう。

  • プログラム言語ランキング世界7位
  • フロントエンド開発での圧倒的需要
  • Webシステム・アプリケーションの需要増加
  • スマホアプリケーションでの需要拡大
  • サーバーサイドにも対応可能な汎用性

プログラム言語ランキング世界7位

Javascriptは2019年7月度、TIOBE Indexで人気ランキング7位にランクインしました。
昨年よりも1つ順位を上げており、将来性にも期待が持てます。

Javascriptは古くから人気のjQueryを筆頭に、ReactやAngular JS、Vue.jsなどのライブラリやモダンフレームワークが続々と登場してきており、それぞれのフレームワークに特化したJavascriptエンジニアの需要も近年高まってきております。

シングルページアプリケーション(SPA)のWEBサイトが昨今のトレンドになっていることから、これらのフレームワークを扱えるJavascriptエンジニアの将来性には期待されています。

フロントエンド開発での圧倒的需要

Javascriptは、Webブラウザ上で動的なWebサイトを作成するためには必須の要素となります。

サーバーサイドのプログラム言語には、Python・PHP・Rubyといった様々な言語が人気を博しているのに対し、フロントエンド開発ではJavascriptの独占状態となっています。

Webサイトにより使用するフレームワークは様々ですが、Javascriptが使用されることはほぼ間違いないといって良いでしょう。

Webサイトを構築するにあたり、フロントエンド開発は必須のため、プログラム言語において独占状態のJavascriptエンジニアは、今後も益々需要が高まり、将来性においても期待が持たれています。

Webシステム・アプリケーションの需要増加

近年ではWebサイトの増加による競争が激しくなり、UI/UXと呼ばれる、ユーザーがいかに見やすく・操作しやすい画面を作成するかが重要となってきているため、Javascriptを使用した快適なWebシステムを構築することは必須の条件となってきています。

Javascriptは実は様々な機能で使用されており、ポップアップウインドウの表示やタブの切り替え、Ajaxを使用したページ切り替えなしのデータ取得など、普段意識せずに利用している機能がJavascriptにより実現されているケースも多々みられます。

Webサイトは益々増加の一途を辿っているため、Javascriptエンジニアの将来性にも非常に期待されています。

スマホアプリケーションでの需要拡大

近年ではJavascriptでスマホアプリケーションの開発も行うことが出来るようになり、特にReact Nativeを使用したアプリ開発は非常に活発に行われるようになりました。

React Nativeを利用することにより、Android/iOSそれぞれのネイティブ言語(JavaやSwift)を使用せずにコーティングが可能となり、一度システムを開発すればAndroid/iOSの両方にデプロイ出来る非常に優れたメリットがあります。

またWeb開発者にとって、Android/iOSの開発方法はWeb開発と異なる部分も多いため、React NativeなどのJavascriptフレームワークを利用出来ることで、開発効率を圧倒的に高めることが可能となります。

React Nativeを初めとしたJavascriptフレームワークを用いたスマホアプリケーション開発は、将来性に非常に期待されている新たな開発手法です。

サーバーサイドにも対応可能な汎用性

JavascriptはNode.jsをはじめとして、サーバーサイドにも使用出来る汎用性の高さが魅力となっています。

Node.jsは、メモリ消費量が少なく、小規模開発においてパフォーマンスに優れているだけでなく、大量トラフィックの処理にも対応しているため、動画配信サイトの開発などでも使用されています。

現在までのところ、Node.jsをはじめとしたサーバーサイドのJavascriptは、他のサーバーサイド言語に比べて需要がそれほど高いわけではありません。

今後様々なシステムで利用された実績を元に、徐々に需要が拡大していくことが予想されますので、将来性に期待したいところです。

javascriptの将来性を心配する意見

Javascriptは将来性に期待されたプログラム言語ですが、将来性を心配する意見もいくつか見られます。

今回は特に将来性について不安視する声として多くあがった、「言語仕様変更への技術対応」に対する不安と、「テストに対する負担」に関して、詳しく紹介していきたいと思います。

  • 言語仕様変更への技術対応
  • テストに対する負担

言語仕様変更への技術対応

Javascriptは、言語仕様が頻繁にアップデートされるため、学んだ言語仕様がすぐに古くなってしまい非推奨になったり、使えなくなってしまうことが度々起こります。

言語自体がアップデートされることはメリットでもありますが、テストの再実施を行う必要があるケースも出てくるため、開発者にとっての負担は決して軽くありません。

また、記述方法に関しても自由度が高いことはメリットですが、様々な略記法が存在することにより、知らないとわからないコードが多数出てくることに繋がります。

そのため、常に言語仕様のアップデートを追いかけないとならない負担が大きくのしかかります。

テストに対する負担

Javascriptはブラウザ上で動くプログラム言語であり、使用するブラウザにより挙動が変わってしまう恐れがあります。

挙動については以前より遥かに標準化されてはいますが、まだまだ完全とは言い切れないのが実情です。

そのため、複数のブラウザを使用したクロスブラウザテストを実施する必要があり、作業工数的にも無視できないものとなります。

また、サーバー側のプログラム言語と比べて、テストの自動化が一般的になっていないため、リリース前のテストを含めて手動テストを行わないとならないケースが多いことも負担となるケースが多いようです。

こういったブラウザ毎の挙動やテストに対する負担をどのように取り除いていくのかが、Javascriptの将来性において重要なポイントとなることでしょう。

javascriptフリーランスエンジニアとしての将来性

Javascriptはフリーランスエンジニアとしても将来性の非常に高いプログラム言語です。

要員としては、ほぼ全てのWebサービスやWebアプリケーションで使用されており、案件の数が非常に多いのがまず第一の理由となります。

また在宅案件においても、Javascriptを含めたフロントエンド開発はサーバー側の開発に比べて依頼しやすいこともあり、在宅フリーランスエンジニアとしての案件も数多く募集されています。

さらにJavascriptだけでなく、デザインの知識と組み合わせたUIデザイナーとしての活動や、サーバーサイドの知識を合わせてフルスタックエンジニアとして活動することで、フリーランスエンジニアとして獲得出来る仕事の幅も広がります。

Javascriptはフロントエンドの言語としては、対抗する言語がほとんどないほどのシェア率を誇っており、Webサービスの必須スキルであることから将来性についても今後ますます期待されている言語です。

Javascriptフリーランスエンジニアにおいては、現場での案件、在宅の案件を含めて様々なプロジェクトに参加できるチャンスがありますので、十分にお勧めできる働き方と言えます。

まとめ:javascriptの将来性は期待できる

本記事では、Javascriptの将来性について様々な情報をご紹介してきました。
結論として、Javascriptの将来性は非常に期待出来ます。

Webシステム開発において、Javascriptはもはや必須と呼ばれるスキルとなりました。
これからのIT業界の進展により、より多くのWebシステム開発が行われることになり、様々なプロジェクトでJavascriptは使用されることが推察できます。。

Javascriptは言語仕様の変更も多いことから、常にアップデートされた技術を学習しておくことが大事です。
しかし、しっかりとスキルを身につけることで、どんな現場でも必要とされるJavascriptエンジニアとして重宝されることでしょう。

本記事でJavascriptの将来性に期待を持たれた方は、Javascriptエンジニアとして活躍するための第一歩をぜひスタートさせましょう。

bn04

もし、今あなたが

・フリーランスになるか悩んでる
・自分に合った案件があるのか不安
・そもそも何から始めればいいのか分からない

などお困りであれば、ぜひ弊社ITプロパートナーズのサポート内容を確認してみてください!

登録後、専属エージェントに無料相談もできますよ!

※週2日 / 30万〜のフリーランス案件を紹介中です
※ご経験やご希望によっては案件を紹介できない場合がございますのでご了承ください。


よく見られてる関連案件

b80c977483d024c14549510e194361fe 2_anken 3_anken
The following two tabs change content below.
株式会社ITプロパートナーズ

株式会社ITプロパートナーズ

「IT起業家・フリーランスの自立を支える」というビジョンの元、「週2日からの業務委託案件を紹介する、ITプロパートナーズ」を運営。 ■BestVenture100に創業初年度で選出 ■取材記事:自立する覚悟が、働き方を変える
株式会社ITプロパートナーズ

最新記事 by 株式会社ITプロパートナーズ (全て見る)

freelance