在宅プログラミング案件が見つかる!未経験から在宅プログラマーになるには

Glass glowing light bulb and business sketched ideas
freelance

こんにちは、ITプロパートナーズ編集部です。

近年、働き方改革などもあり、自宅で仕事ができる「在宅ワーク」への注目度が高まっています。中でもプログラマーは人気で、在宅プログラマーになりたいと考えている人が増えています。

しかし、実際のところ在宅プログラマーになるのは簡単ではありません。在宅プログラマーとして安定した生活をするためには、大きな努力が必要です。

そこで今回は、在宅プログラマーに興味があるという人に向けて、プログラマーの仕事内容や在宅プログラマーになる方法など、在宅プログラマーについて掘り下げていきます。在宅プログラマーとして得られる年収・求められるスキルなども紹介しているので、在宅プログラマーを目指す人はぜひ参考にしてください。

弊社では、数多くのエンジニアの方にフリーランス案件を獲得していただいています。経験とスキルさえあれば、週2日から高収入案件をご紹介できます。まずは無料登録をして色々な案件をみて見てください。弊社からおすすめの案件をご紹介することも可能です。

Contents

そもそもプログラマーとは

shutterstock_654072133

プログラマーとは、その名の通りプログラムを書く人のことです。プログラミング言語と呼ばれるコンピューターへ指示を出すための言語を使って、さまざまなシステムやソフトウェアを作ります。

プログラマーの仕事内容

プログラマーは、あらかじめ作成されたシステムの設計書の内容に沿ってプログラミング作業を行います。プログラムを書くだけではなく、書いたプログラムが想定通りに動くかどうかのテストも必要です。もしプログラムが想定した動きをしなければ、バグを見つけて修正も行います。

システムエンジニアとの違い

プログラマーと混同されやすい職業に、システムエンジニアがあります。システムエンジニアは、システムの設計書を作ることが主な仕事です。プログラマーとして経験を積んで、システムエンジニアにステップアップする人もいます。

どんなプログラマー案件が在宅ワークできる?オススメプログラミング言語は?

shutterstock_1676026267

プログラマーの仕事はパソコンさえあれば可能で、全て在宅でできてしまうと思っている人もいるかもしれません。しかし、プログラマーでも在宅では難しい仕事もあります。

在宅案件の多い仕事内容

在宅案件が多い仕事は、Webサービスやスマホアプリの開発です。これらはそもそもインターネット上で公開されるものが多いため、開発時にもインターネット上でコード共有などがしやすいという特徴があります。

在宅では難しい仕事内容

一方、機材との接続の問題や、セキュリティを保つためにオフィス内からでしかアクセスできないシステムを使わなければならない場合は、オフィスやクライアント先に出向く必要があります。特に金融系のシステムはセキュリティ要件が厳しいため、出社が求められるケースが多いです。

在宅プログラマーに向いてるプログラミング言語

プログラミング言語は、開発するシステムのジャンルによってさまざまです。

在宅案件で特に多いプログラミング言語は、Ruby・Python・Swiftだといわれています。Ruby、PythonはWebアプリやAIなどに使われる言語で、SwiftはiOSを搭載したデバイス向けのアプリを開発するための言語です。

弊社ITプロパートナーズでは、以下のように上記のプログラミング言語の案件を豊富に取り扱っています。

スクリーンショット 2021-03-29 10.53.32
スクリーンショット 2021-03-29 10.54.15

他にも在宅ワーク可能なプログラマー案件は多数ありますので、気になる方はぜひ覗いてみて下さい。

在宅プログラマーの年収は?

在宅プログラマーの年収は就業形態によって変わる部分が大きく、一概にはいえません。正社員かフリーランスかでも大きく変わります。

会社員在宅プログラマーの年収

会社員在宅プログラマーの平均年収は、約400万円といわれています。あくまでも平均値であり、個人の技能や役職、会社の規模によって年収は大きく変わります。

プログラマーの年収はいくら?収入の実態や年収1000万稼ぐ方法も解説

フリーランス在宅プログラマーの年収

2014年にPROsheetが実施したフリーランスの働き方に関するアンケート結果によると、フリーランスプログラマー・エンジニアの44.4%は年収400万円未満と回答しています。

スクリーンショット 2021-03-29 11.04.37

引用元:PROsheet

2014年は2020年時点と比較すると案件数が多かったこともあり、近年の在宅プログラマーの年収は高いと言い難いのが現状です。

在宅プログラマーとして働く5つの方法

shutterstock_1504251113

在宅プログラマーを目指す場合、次に紹介する5つの方法が挙げられます。

1.フリーランスとして独立する

ひとつは、フリーランスとして独立するという方法です。現在企業でプログラマーとして勤務している場合は、その実績を活かして独立するという方法があります。

2.バイトとしてプログラミング案件で副業してみる

主に大学生などはまずバイトとして在宅プログラミング案件を受注してみるというのも一つの手です。バイトの場合はテストやデバッグなど、業務範囲が限られる可能性が高いですが、後々在宅プログラマーとして働く為のステップとしては良い選択肢になるでしょう。

3.在宅ワーク可能な企業に転職する

現在働いている職場が在宅ワークを導入していない場合は、在宅ワークが可能な企業に転職するというのもひとつの手段です。在宅ワークを取り入れる企業は年々増えているため、転職によって在宅プログラマーになれる可能性は十分あります。

4.常駐案件を受けてから在宅ワークの提案をする

最初は常駐のプログラマーとして仕事を受け、発注元の企業との信頼関係を築いてから在宅ワークへの切り替えを提案するという方法です。最初から在宅プログラマーになるのは難しくても、実績や信頼関係を作ってからなら在宅に切り替えられる可能性があります。

5.副業として土日に在宅ワークする

本業として企業に勤めている人は、副業として在宅ワークを行うという方法もあります。クラウドソーシングサイトなどには、副業として取り組める仕事も多く紹介されています。

プログラマーが在宅の仕事や案件を獲得する4つの方法

shutterstock_1065069551

フリーランスの在宅プログラマーとして仕事や案件を獲得するには、次に紹介する4つの方法が挙げられます。

1.エージェント型の求人サイトを利用する

ひとつは、在宅可能な案件を扱っているエージェント型の求人サイトを利用するという方法です。安定した収入源が確保でき、且つ更なる収入アップが見込めるので最もオススメできる案件獲得方法です。

弊社ITプロパートナーズでも多数の在宅プログラマー案件を扱っています。

スクリーンショット 2021-02-02 12.22.49

弊社の特徴として週2日から働ける案件も多く扱っているため、複数の案件に関わりたいという人にもおすすめです。エンドユーザーと直接契約となるため単価も高めで、豊富な案件の中から自分に合った仕事を探すことができます。

ご自身が想像している以上に高単価の案件を獲得できる可能性も十分ありますので、まずはお気軽に無料登録してみて下さい。弊社専任エージェントがあなたにぴったりの案件をご紹介いたします。

クラウドソーシングを利用する

クラウドソーシングサイトにも、在宅で取り組める案件が多く掲載されています。プロフィールにスキルや実績を記載しておけば、仕事を依頼したい人からスカウトが来ることもあります。

知人や友人から在宅案件を受注する

フリーランスの場合、同業の知人や友人からの紹介で案件を獲得している人も少なくありません。もちろん紹介案件なら100%採用というわけではありませんが、受注につながる可能性は高くなります。

SNSを利用して在宅案件を受注する

近年は、SNSから仕事を受注できるケースも増えています。日頃からスキルや実績、対応できる案件などをSNSで発信していると、仕事の依頼が舞い込んでくる可能性があります。SNS上で案件の募集が出ている場合もあるため、さまざまな方向にアンテナを張っておきましょう。

プログラマーが在宅案件を獲得する為に必要なスキルレベル

shutterstock_1688525080

プログラマーが在宅案件を獲得するためには、どのようなスキルが必要なのでしょうか。ここでは、在宅プログラマーに必要なスキルについて解説します。

1人で設計・開発・デバッグができること

在宅プログラマーは1人で仕事を行うため、当然一通りの開発ができるだけのスキルやノウハウが求められます。リモートでもスムーズに仕事を進められるように、依頼された内容を1人でこなせる能力は必須です。

営業力・折衝能力

フリーランスの場合は、自分で仕事を獲得してクライアントと折衝しなければなりません。営業力や折衝能力が低いと、仕事を獲得できなかったりクライアントとの交渉がうまくいかなかったりする可能性があります。

自分で営業をかける自信がないという人は、フリーランス専門のエージェントである弊社ITプロパートナーズの活用がおすすめです。案件の紹介やクライアントとの交渉を代行してくれます。

高い自己管理能力

在宅で仕事をする場合、自己管理能力も必要です。オンオフの切り替えはもちろん、自分のタスクを把握・管理し、スケジュール通りに仕事を進めなければなりません。自己管理能力が低いと、作業遅延や納期に間に合わないといった事態を招く可能性があります。

未経験から在宅プログラマーにはなれる?必要なスキルレベルは?

shutterstock_1447718978

中には、未経験ながら在宅プログラマーを目指しているという人もいるでしょう。現実問題として、未経験から在宅プログラマーになるのは可能なのでしょうか。

いきなりフリーランスとして在宅ワークは厳しい道

結論からいうと、未経験でプログラミングに関する知識もない状態では、在宅プログラマーになるのは難しいでしょう。「未経験者OK」という求人でも、経験者を優遇するケースは少なくありません。

未経験の人が在宅プログラマーを目指すなら、最低限の知識やノウハウ、可能な限りの実績を積んでからスタートするのがおすすめです。

プログラミングスクールに通う選択肢も

1人でプログラミングスキルを身に付けるのは難しいという人は、プログラミングスクールに通うという選択肢もあります。実践型のプログラミングスクールを選べば、設計・開発・テスト・デバックという、システム開発の実際の流れも経験できます。

初心者におすすめのプログラミング言語や必要スキルは?

在宅プログラマーを目指すには、最低でも1つはプログラミング言語を習得している必要があります。未経験社におすすめの言語として、Rubyがあります。Rubyは独学で学ぶ人も多く、Webアプリケーションの開発に使われることが多いため、需要の高い言語です。

ポートフォリオを充実させよう

フリーランスとして仕事を獲得するためには、ポートフォリオを充実させることが重要です。目的や目標に沿ったポートフォリオの作成支援を行なってくれるスクールもあるため、それらを活用すれば未経験でもしっかりとしたポートフォリオが作成できます。

在宅プログラマーの経験談

在宅プログラマーを目指すなら、実際に在宅プログラマーとして働く人の経験談も参考にしてみてください。例えば、次のような声があります。

独立して大変なのは”収入減”という事実

以下は2014年PROsheetが実施したフリーランスの働き方に関するアンケート結果の「独立して大変だったこと」に関するグラフです。

スクリーンショット 2021-03-29 11.14.20

引用元:PROsheet

こちらは在宅プログラマーとしてではなくフリーランスエンジニアとして独立された方のアンケート結果ですが、フリーとして在宅プログラマーになろうとしている方には参考になる情報です。

独立して大変に感じられたことについてのアンケート結果を見てみると、30%の方が「収入が減った」と回答し、次いで26.7%の方は「時間が不規則になった」と回答しています。
独立するにあたって一番気になるのは3番目に多かった23.3%方が回答している「仕事がなかなか見つからない」というところではないでしょうか。

実際フリーランスでPG・SEとして仕事をした経験のある筆者も、安定して常に仕事のある状態でい続けることの難しさは感じていました。

周りにいらっしゃったほかのフリーランスの方も、中堅以上からベテランの方もありながらすべての方が常に仕事を得られているわけではないことも事実としてあります。

時には2、3か月案件が見つからないということも十分にあり得る話ですので、安定して収入が得られる保証はないということも事実として考えておくべきでしょう。

在宅プログラマーのメリットとデメリット

在宅プログラマーには、メリットもあればデメリットもあります。それぞれについて詳しくみていきましょう。

メリット

在宅プログラマーには、主に以下のようなメリットが挙げられます。

  • 時間や場所に縛られずに働ける
  • スキルアップの時間が確保しやすい

在宅での仕事は時間を効率的に使えるため、ワークライフバランスの充実や、自分のために使える時間が増えるというメリットがあります。特にプログラマーの場合は新しい言語や技術を学ぶ時間も大切なため、勉強に時間を使えるのは大きなメリットです。

デメリット

一方、在宅プログラマーのデメリットには、以下のようなものが挙げられます。

  • 収入が安定しにくい
  • 会社員時代より責任が重くなる

フリーランスで在宅プログラマーになる場合は、年収があまり高くないのに加え、受注できる仕事の量で収入が大きく変わります。月によって収入にバラつきが出ることも珍しくないため、どうしても収入は不安定になってしまいます。

また、基本的に1人で全て対応しなければならないため、責任を負う範囲も広くなるのが特徴です。

在宅プログラマーはどんな人に向いてる?

在宅プログラマーに向いているのは、以下のような人です。

  • プログラミングが好き
  • 1人で黙々と作業するのが好き
  • 自己管理が得意

プログラマーという仕事は、プログラミングが好きでなければ仕事自体が苦痛になってしまいます。1人で黙々と作業できる人は、プログラミング作業も苦ではないでしょう。

先述のとおり、在宅で仕事をするには自己管理能力が必要なため、自己管理が得意で、自分でスケジュールを立てて仕事を進められる人も向いています。

在宅プログラマーの将来性

楽天インサイトの「在宅勤務に関する調査」からは、これまではITエンジニア(プログラマー含む)もオフィスに出勤して働くケースの方が多かったのですが、働き方改革や新型コロナウイルスの流行によって在宅勤務を始める人が増えていることがわかります。

スクリーンショット 2021-03-29 11.21.31

引用元:楽天インサイト

また、インターネット経由で利用できるクラウドサービスを導入する企業も増えており、オフィス以外の場所でも働ける環境が整ってきました。

在宅でも仕事ができる環境が整ってきている中、時代に合わせて新しい言語や技術を習得していくことができれば、在宅プログラマーとしての将来性も期待できるでしょう。

まとめ

在宅プログラマーになるためには、フリーランスとして独立したり、在宅勤務が可能な企業に転職したりするなど、いくつかの方法があります。いずれにせよ、プログラミングに関する知識がなければ在宅プログラマーになるのは難しいため、未経験の人はスクールなどを活用するのがおすすめです。

在宅プログラマーとして独立を検討しているという人は、エージェントの活用も検討してみてはいかがでしょうか。弊社ITプロパートナーズでは、豊富な案件の中からスキルや希望に合った案件を紹介しています。

フリーランスの方でこのようなお悩みありませんか?
  • 高額案件を定期的に紹介してもらいたい
  • 週2日、リモートワークなど自由な働き方をしてみたい
  • 面倒な契約周りはまかせて仕事に集中したい

そのような方はぜひ、ITプロパートナーズをご利用ください!

フリーランスの方に代わって高額案件を獲得
週2日、リモートなど自由な働き方ができる案件多数
専属エージェントが契約や請求をトータルサポート

まずは会員登録をして案件をチェック!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です