在宅システムエンジニアの年収っていくらくらい?

freelance

こんにちは、ITプロパートナーズ編集部です。

弊社では、数多くのエンジニアの方にフリーランス案件を獲得していただいています。経験とスキルさえあれば、週2日から高収入案件をご紹介できます。まずは無料登録をして色々な案件をみて見てください。弊社からおすすめの案件をご紹介することも可能です。

それではここからはプロの目線としてフリーランスに役立つ情報をお伝えしていきます。

どんなに好きな仕事をしていても、生活はしていかなくてはなりません。そうなると年収が気になるところですよね。

今回は、在宅システムエンジニアの年収について考えてみました。

なお、フリーランスエンジニアの案件の特徴や仕事の取り方など総合的な情報は「フリーランスエンジニアの案件紹介!経験年数別の年収・実態を調査」でご紹介しているので、併せてご覧ください。

気になる!在宅システムエンジニアの年収

職種別に年収を見てみると、システム開発(Web、オープン系)が512万円、社内のシステムエンジニアが510万円、システム開発(マイコン・ファームウェア・制御系)490万円、システム開発(汎用機系)508万円が平均の年収になっています。

最高年収は800万円〜1350万円と、こちらも職種により違いがあります。

また、年齢別に見ると、20代が400万円くらい、30代で500万円くらいになるようです。

在宅の中でも、フリーランスエンジニアとして年収を上げる方法については「フリーランスエンジニアの年収と収入を上げる方法」で解説しているので、こちらも参考にしてみてください。

在宅システムエンジニアに求められる経験と実績

システムエンジニアは、技術職です。

さらに、専門の知識が必要となります。そのため、経験と実績により収入の金額が変動します。

ですが、不況による収入の減少はあまりなく、安定した仕事といえ、とても人気のある職種。

しかし、納期が近いと残業をしたり、時には徹夜になることもあり、時間のみで収入を考えると、かなりの個人差があります。

フリーランスのシステムエンジニアとして経験や実績を積みたい、さらにはガッツリ稼ぎたい!という方はぜひご登録ください。週2日かた働ける案件や高額案件、スキルを存分に活かせる案件など豊富に取り揃えております!

在宅システムエンジニアの雇用形態の違い

会社員としての実績と経験から、独立しフリーランスとして契約をしたり、起業をして自ら事業を立ち上げたりと雇用形態の違いでも、年収は異なります。

フリーランスの場合も起業をした場合も、成功すると、年収が1000万円を超えることも

あるようです。在宅のシステムエンジニアの場合は、フリーランスの契約が多くなりますので、成功すれば、年収は1000万円くらいということになります。

在宅システムエンジニアに役立つ資格

スキル、経験、実績などで収入が変動しますので、有利になる資格があると安心です。

役立つ資格には、CCNAやCCNPがあります。どちらもネットワーク機器メーカーの、Cisco Systemsが主催している認定資格ですね。

CCNAは、ネットワーク構築と、運営能力を証明する資格で、この資格で活躍している職種は、ネットワークエンジニア、システムエンジニア、セキュリティエンジニア、サーバーエンジニア、運用オペレーター、カスタマエンジニアなどがあります。

CCNPは、CCNAを取得してないと受験資格はありません。CCNAは初歩、CCNPは難易度の高い上級資格になります。

さらに、その上に技術スペシャライゼーションという専門資格があり、さらに上に、CCCIEがあります。

在宅システムエンジニアの年収についてのまとめ

システムエンジニアは経験と実績によって収入が変動します。

しかしながら、どんな仕事でも、経験と実績で収入は変動するものです。初めから高収入の仕事なんて、まずありません。

どんな仕事でも、「継続は力なり」なのでしょう。

フリーランスの方でこのようなお悩みありませんか?
  • 高額案件を定期的に紹介してもらいたい
  • 週2日、リモートワークなど自由な働き方をしてみたい
  • 面倒な契約周りはまかせて仕事に集中したい

そのような方はぜひ、ITプロパートナーズをご利用ください!

フリーランスの方に代わって高額案件を獲得
週2日、リモートなど自由な働き方ができる案件多数
専属エージェントが契約や請求をトータルサポート

まずは会員登録をして案件をチェック!