イラストレーターが副業で稼ぐには?おすすめ案件や初心者向けの始め方

こんにちは、ITプロパートナーズ編集部です。

イラストが描ける!というのは誰でも簡単にできることではありません。せっかくの才能を最大限活かそうとするなら、イラストレーターという業種で副業を考えるのは当然の流れでしょう。在宅でできるというメリットもあります。

しかしいざ副業しようと思った際は、「どうやって副業したら良いのだろうか…」「どんな案件があるんだろう?」など気になることも多いかと思います。

そこでこの記事では、副業イラストレーターにおすすめの案件や稼ぎ方を紹介します。実際の案件例や、副業する際の注意点も解説するので、ぜひ参考にしてください。なお、デザイナー系全般の副業については「デザイナーの副業」で詳しく解説していますので併せてご覧ください。

弊社では、数多くの方にフリーランス案件を獲得していただいています。経験とスキルさえあれば、週2日から高収入案件をご紹介できます。まずは無料登録をして色々な案件を見てみてください。弊社からおすすめの案件をご紹介することも可能です。

働き方の自由度を高めませんか?
  • 複業/フリーランスで月収80万以上を稼ぐ
  • 週2日、週10時間から働ける
  • フルリモートはもちろん柔軟な稼働時間
  • PM,PdMなど上流案件も多数

自分の強み×週1日〜フルタイム×リモート・フルリモートなど、働き方をカスタマイズして案件を探したい方へ

約6割が週1-3日案件のグラフ

副業イラストレーターにおすすめの稼ぎ方6選

イラストレーターとして副業で稼ぐには、まずどうやって案件を受注するかということが重要になってきます。

まずはイラストレーターとして副業する際におすすめの稼ぎ方と案件の受注方法について紹介します。主な方法は以下6つになります。

  • 1.LINEスタンプを作成・販売
  • 2.ストックイラストで販売する
  • 3.有名人のオリジナルイラストを作成する
  • 4.イラストを教える講師として活動する
  • 5.NFTアートに参入する
  • 6.イラスト案件を受注して稼ぐ

イラストは色々なところで必要とされるものなので、様々な方法で稼ぐことができます。1つ1つ、掘り下げていきましょう。

1.LINEスタンプの作成・販売

LINEスタンプの作成・販売
稼ぎやすさ★★★★☆
気軽さ★★★★★

LINEスタンプを作成して販売するには最低限スマホ、そしてLINE CreatersStudioというアプリがあれば可能です。

販売するには作成したスタンプをLINE CreatersMarketに申請し、承認されたのち販売されるという流れになっていて、販売価格の35%を分配金として受け取れるシステムです。

スタンプの販売価格は自分で決めることができます。(安い方が売れやすいのは言うまでもありませんが‥‥)

画力を生かして人気クリエイターとなれれば当然稼ぎやすい副業ですが、人気がなければ1つも売れない、なんていうこともあり得ます。

気軽にできるが実力次第、そういった意味での評価として参考にしてみてください。

2.ストックイラストで販売する

ストックイラストで販売する
稼ぎやすさ★☆☆☆☆
気軽さ★★★★★

イラストAC」や「PIXTA」など登録されたイラストをユーザーが選んで利用できるようにしているサイトがあります。自分で書いたイラストをそのようなサイトに登録すると、イラストが使われるたびに収入を得られます。過去に描いたイラストも登録できるため、すでにストックがたくさんある人にもおすすめです。

無料でイラストをダウンロードできるサイトでは、1回ダウンロードされるごとに数円の収入になります。一方、有料でイラストを販売できるサイトに登録すれば、イラストが売れるたびにまとまった収入を得られます。

3.有名人のオリジナルイラストを作成する

有名人のオリジナルイラストを作成する
稼ぎやすさ★★★★☆
気軽さ★☆☆☆☆

YouTuberやインスタグラマーなどは、さまざまな媒体を使って発信をするためにイラストを必要としている場合も多いです。そのような有名人に自分のイラストをアピールし、依頼をもらうのもひとつの方法だと言えます。

多くの人が知っているインフルエンサーから依頼を受けると、イラストレーターとしてのブランディングにもつながるでしょう。ただし、依頼を受けるには自分にしか描けないオリジナルのイラストを用意したり、インフルエンサーの希望をしっかり汲み取ったりする必要があります。

4.イラストを教える講師として活動する

イラストを教える講師として活動する
稼ぎやすさ★★★★★
気軽さ★☆☆☆☆

イラストを描くスキルに自信があるなら、イラストの描き方を教える講師の仕事を副業にすることも可能です。イラストを上手に描けるようになりたいと思っている人はたくさんいますが、独学では難しいと感じている人も多いです。

イラストを描くには基本的にアイデアが必要であるものの、イラストを教える仕事ならアイデアがなかなかひらめかなくても収入になります。

5.NFTアートに参入する

NFTアートに参入する
稼ぎやすさ★★★☆☆
気軽さ★★☆☆☆

NFTアートとは、NFTの技術により唯一無二だと証明されているデジタルアートです。NFTは仮想通貨にも使用されている技術であり、識別子によりデータを区別できます。改ざんができない仕組みになっているため、デジタルアートの価値を保証できます。そのため、インターネット上ではNFTアートが高値で売買されるケースも増えてきました。

自分が描いたイラストをNFTアートとして販売すれば、報酬を得られる可能性があります。NFTアートは転売される際も元のクリエイターに一定の報酬が入る仕組みになっており、収入を得られるチャンスがより多くなります。

6.イラスト案件を受注して稼ぐ

イラスト案件を受注して稼ぐ
稼ぎやすさ★★★☆☆
気軽さ★★★☆☆

イラストに対する需要は多く、イラスト制作の依頼はたくさんあります。案件を探して受注し、依頼者のニーズに合うイラストを描いて報酬を受け取る方法です。

イラスト案件の探し方はたくさんあるため、自分に合う方法で探しましょう。たとえば、クラウドソーシングを利用する方法があります。クラウドソーシングとは、案件を依頼したい人と受注したい人をマッチングするサービスです。また、副業エージェントを利用したり、知人から仕事を紹介してもらったりする方法もあります。

以下で副業案件の種類や案件例などについて詳しく解説するため、あわせて参考にしてください。

イラストレーターの主な副業の種類と案件例

副業する方法について知っていただいたところで、具体的なイラストレーターとしての案件について紹介していきます。

イラストレーターの副業可能な案件として募集されているものの多くは以下のジャンルです。

  • ロゴ作成
  • パンフレットなどの挿絵作成
  • 広告バナー制作
  • キャラクター制作

案件規模もそれぞれに異なるので一概に言えるものではありませんが、単価の目安・求められる実力レベル、具体的な案件内容などを紹介するので目を通してみてください。

ロゴ作成

ロゴ作成
単価目安5,000円~60,000円前後
必要なレベル中級以上
副業案件の具体例・メディアに利用するロゴ作成
・テーマパークのホームぺージロゴ作成
・ブランドロゴ作成

ロゴ作成の案件としては、さまざまなものがあります。ホームページに使用するロゴなら単価はそれほど高くないものの、案件数が豊富です。ブランドや看板のロゴは単価が高く、受注できれば一度にまとまった収入になります。

ロゴ作成の案件としては、たとえば以下のものが見つかりました。

パンフレットなどの挿絵作成

パンフレットなどの挿絵作成
単価目安5,000円~80,000円前後
必要なレベル中級から上級
副業案件の具体例・ポスターデザイン(フルカラー)
・セミナーの告知広告デザイン
・WEBぺージ掲載用素材イラスト作成

挿絵は、パンフレットやWebページに添え、それぞれが意図するイメージを分かりやすく伝えるためのものです。小さなイラストならそれほど単価は高くありませんが、フルカラーのポスターの依頼であれば数万円の報酬を得られる可能性もあります。

たとえば、以下は営業用パンフレットの表紙をデザインする案件です。

広告バナー制作

広告バナー制作
単価目安10,000円前後
必要なレベル中級以上
副業案件の具体例・WEB広告用バナー作成
・ダイエットアプリ広告バナー作成

インターネット上で使用する広告バナーを作る案件もあります。広告バナーは作業量がそれほど多くないため、単価も低めです。とはいえ、隙間時間でも取り組みやすいので、副業でイラストレーターの仕事がしたい人には向いています。

たとえば、以下のように、ある程度のスキルがあれば取り組みやすい案件も多いです。

キャラクター制作

キャラクター制作
単価目安5,000円~300,000円
必要なレベル中級以上
副業案件の具体例・マスコットキャラクターのLive2D作成
・業務支援システムのマスコット画像作成(3点)
・アニメ系キャラクターイラスト作成

オリジナルのキャラクターのイラストを描く案件もあります。Live2Dを使用する案件のなかには、数万円から数十万円の高額な案件も存在します。コンペで募集されている案件は、特に高額な場合も多いです。

たとえば、以下のように、YouTubeで使用するキャラクターを制作する案件もあります。

初心者・未経験者も可能!イラストレーターの副業の始め方

イラストの副業は、簡単なものなら初心者や未経験者でもチャレンジできます。とはいえ、まったくイラストが描けない状態では無理であるため、以下のステップを踏んで案件へ挑戦する準備を整えましょう。

1.イラスト作成に必要な環境を構築する

イラストレーターとして副業に取り組むには、パソコンやインターネット回線が必要です。また、イラストを描くうえでは、デザインソフトをダウンロードし、ペンタブも用意する必要があります。

ただし、最初のうちは、それほどスペックが高いものを用意する必要はありません。まずは最低限のスペックを備えるものを用意し、実際に作業しながら自分の好みやスキルに合わせて買い替えるのがおすすめです。

2.イラスト作成のスキルを習得する

副業としてイラストを描くには、スキルをしっかり習得する必要があります。自分が描きたいイメージを表現できるよう、何度も練習を重ねることが大切です。

なお、ペンタブを使用してデザインソフトでイラストを描くのは、紙に鉛筆で絵を描くときとは異なるコツを掴まなければなりません。書籍やオンラインスクールなどでソフトの使い方を学び、実際にイラストを描きながら慣れていきましょう。

3.稼ぎ方を決めて副業をスタートする

すでに紹介したとおり、イラストレーターが取り組める副業案件にはさまざまな種類があります。自分の得意分野や求める働き方を考慮し、自分にとって最適な稼ぎ方を選ぶことが大切です。

初心者や未経験者であれば、最初はクラウドソーシングで簡単な案件を中心に狙ったほうが良いでしょう。少しずつ経験を積みながら、レベルの高い案件にも挑戦していくのがおすすめです。

イラストレーターが副業で仕事をする際に登録すべきおすすめサイト

ここでは、イラストレーターが副業する際に登録しておくべきサイトを紹介します。エージェント型やマッチングサイト型などいくつか種類がありますが、その中でもおすすめのサイトを紹介致します。

ITプロパートナーズ

ITプロパートナーズは週2・週3からの仕事を多く紹介しているエージェントです。エージェントがあなたの経験やスキルに合わせて案件を紹介してくれます。

高単価案件や、在宅・リモート案件も多数保有しています。「隙間時間を使って月に数万円」というよりは、「土日をガッツリ使って月に20万、30万稼ぎたい」と考えている方におすすめです。実際に以下のような案件があります。

他にも多数案件がありますので、興味のあるフリーイラストレーターの方はぜひ無料登録して案件をチェックしてみて下さい。エージェントに無料相談もできます。

クラウドワークス

クラウドワークスは業界最大手のクラウドソーシングサイトになります。登録者数は200万人以上、扱う仕事の種類も200種以上と幅広い案件があり、初心者向けの案件の数が多いのが特徴です。

「初めてイラストレーターとして副業する」という方におすすめのサイトです。ただし、クラウドソーシングサイトは低単価の案件も多数あるので、注意が必要です。経験者は報酬を交渉するなどする必要もあるでしょう。

クラウドワークスの評判は?利用者の口コミから見える評価やデメリット

ランサーズ

引用元:ランサーズ

ランサーズも、クラウドワークスと同じく有名なクラウドソーシングサイトです。基本的な使い方もクラウドワークスと同じであり、初心者が取り組みやすい案件が多く揃っています。クラウドワークスとともにランサーズにも登録しておくと、案件獲得のチャンスをさらに増やせるでしょう。

ランサーズには、自分のスキルを出品する機能も備わっています。イラストの作成を出品すれば、それを見た依頼者から連絡がくる可能性があります。

ランサーズの評判はどう?口コミや手数料・副業体験談まで徹底調査

ココナラ

引用元:ココナラ

ココナラは、個人のスキルの売買に特化したサイトです。自分のスキルを出品すると、依頼者から相談が入る仕組みになっています。

イラスト作成に関するサービスを出品している人も多く、キャラクターモデリング、似顔絵作成、イラストレッスンなど、さまざまなカテゴリが存在します。他のイラストレーターのサービス内容や単価も分かるため、初めてでも自分のサービスを出品しやすいです。

ココナラの副業の評判は?体験談や収入事例、具体的な稼ぎ方を紹介

BASE

引用元:BASE

BASE(ベイス)は、無料で誰でも簡単にネットショップを開くことができるサービスです。自分で作ったオリジナルのイラスト作品などを売って稼ぎたいと考えている方におすすめです。

無料でネットショップを開設できるサービスは他にもありますが、中でもBASEは販売できるアイテムの個数が多いのが特徴です。

イラストレーターが副業で収入アップするためのポイント

イラストレーターが副業で収入を増やすには、どのようなことを意識すればいいのでしょうか。ここでは、具体的なポイントを説明します。

実績をしっかりアピールする

イラストレーターとして副業案件を受注するには、実績が重要です。依頼者は実績を見て依頼するかどうか判断するため、自分の実力をしっかり伝えられるようなポートフォリオを用意する必要があります。過去に作成したイラストをまとめ、自分の強みがひと目でわかるようにすることが大切です。

なお、ポートフォリオに掲載するイラストの点数は、なるべく多いほうが良いでしょう。参考になるイラストが多ければ、得意なジャンルも伝わりやすくなるからです。ただし、相手が見やすいようにまとめる必要があります。

収入源を増やす意識を持つ

すでに触れたとおり、イラストレーターが副業として取り組める稼ぎ方にはさまざまな種類があります。もちろん、最初から無理にすべての方法に取り組む必要はありません。ただし、ひとつの方法に慣れてきたら、別の稼ぎ方にも積極的に挑戦していくことが大切です。

副業は常にうまくいくとは限らず、ときにはなかなか収入を得られない可能性もあります。収入源が1つしかないと収入が安定しにくいため、注意が必要です。収入源が複数あれば、どれかがうまくいかなくなっても他の方法でカバーできます。

フリーランス案件を受注する

副業として取り組める案件は、単価がそれほど高くない場合も多いです。より高単価な案件の獲得したいなら、フリーランス向けの案件を狙いましょう。

フリーランス向けの案件のなかにも、リモート対応が可能であったり週の稼働日数が限られていたりするものがあります。そのような案件であれば、副業でも十分対応可能です。フリーランス向けの案件でしっかり稼げるようになると、そのまま独立できる可能性もあります。

フリーランスのイラストレーターになるには?案件の取り方や必要準備

イラストレーターが副業する際の注意点

イラストレーターが副業する際は注意点もあります。しっかり理解して正しく副業を行いましょう。

本業とのバランスをとる

会社員として副業する場合、当たり前ですが本業とのバランスを取るのが大切です。「副業で忙しくなりすぎて、本業が疎かに…」となってしまったら本末転倒ですよね。

副業案件を受注しすぎて「一人ブラック企業」のような状態になるのも良くありません。自分が稼働できる時間を考慮して、バランスよく副業するようにしたいところです。

利益に応じて必要があれば確定申告をする

副業する場合、切っても切れないのが確定申告です。

イラストの副業をして年間20万円以上の利益(売り上げ-経費)が出る場合は課税対象になるので、確定申告をする必要があります。逆に、利益が20万円以下の場合は確定申告の必要はありません。

フリーランスのイラストレーターとして収入がある方(会社員ではない方)は確定申告は必須なので、必ず確定申告するようにしましょう。

フリーランスの確定申告のやり方は?必要ないケースや節税のコツも紹介

著作権などにも注意が必要

イラスト関係の仕事で注意すべきなのが著作権の問題です。

例えば、「他人のイラストを模倣して一部だけ変更する」といったような案件はトラブルになる可能性があります。

エージェント経由から受注した案件はこのような問題は起きづらいですが、クラウドソーシングサイトや個人からお願いされた案件などについては、依頼主も著作権が曖昧なまま発注しているというケースもあります。

従って、副業する際は案件を吟味すること、自分自身でも著作権の勉強をしておくといいでしょう。

イラストレーターの副業でよくある質問

ここまでイラストレーターだからこそ可能な副業の方法も紹介してきました。

本当に稼げるのか、気になる部分もあるのではないでしょうか。

ここではイラストレーターとして副業を始めるにあたり、気になる質問事項をまとめて紹介するので参考にしてみてください。

会社員の副業はばれる?

会社員が副業をすれば、住民税の金額によって副業している事実が勤務先に知られる可能性があります。会社は自治体から届く通知書に基づき、社員の給料から住民税を天引きしているからです。副業していて一定以上の収入がある場合、会社が想定している金額よりも住民税が高くなります。

よって、会社員が副業に取り組む際は、副業が認められているか事前に確認しておきましょう。会社によっては届け出により副業が認められるケースもあるため、必要な手続きをしっかり行ったうえで副業に取り組むようにしてください。

副業としてちゃんと収入になる?

イラストレーターとしてだからこそ可能な副業もあります。

単価の低いものも紹介しましたが、自分にとってしっかり確実に収入を得る方法を見つけることが副業収入に直結するのは言うまでもありません。

実績がある方は、実績と経験を強みに案件を受注する、実績がない場合は可能な限り実績を積んで案件を受注できるように行動すると確実に収入になります。

教師など公務員は副業は禁止なの?

残念ながら、教師など「公務員」に該当する方はイラストレーターとして副業することは禁止されています。これはイラストレーターに限らず、全てにおいて副業は禁止です。

以下、国家公務員法からの引用となります。

国家公務員法 第101条:職務に専念する義務
地方公務員法 第38条

職員は、法律又は命令の定める場合を除いては、その勤務時間及び職務上の注意力のすべてをその職責遂行のために用い、政府がなすべき責を有する職務にのみ従事しなければならない。職員は、法律又は命令の定める場合を除いては、官職を兼ねてはならない。職員は、官職を兼ねる場合においても、それに対して給与を受けてはならない。

引用元: 国家公務員法

確かに、月々数千円程度、年間20万円以下であれば確定申告の必要がない為、バレる可能性はないかもしれませんが、副業として稼ぐというのはリスクが伴います。

無料画像サイトに登録して本当に稼げるの?

無料画像サイトとして紹介した「イラストAC」では、1ダウンロードごとに3.5円という収入になります。

投稿したイラストが人気になれば当然、ダウンロード数も伸びます。

ダウンロード数が伸びやすいイラストの特徴などを解説しているぺージもあるので参考にしてみるのも良いですね。

有料素材サイトに投稿するのは大変?

有料画像サイトでは利用者に購入されて初めて収入に繋がります。

またこの方法は人気が出れば実績として案件受注時に有利に働く可能性も秘めていますので、実績が少ない方には特におすすめの方法です。

購入してもらえるようになるまでには無料画像サイトに投稿するよりもハードルが高いことは事実ですが、自分らしい作品を作って実績につなげる、ニーズのあるイラストを作れるようになるという目的があるなら積極的に使いたい方法としておすすめします。

まとめ

イラストレーターは比較的副業の種類も豊富で、稼ぎやすい業種であるというのはわかっていただけたと思います。

初心者からでもできるものもありますが、「確実に収入につなげる」副業として考えると実績を積んでおくという準備がとても重要ですね。

ある程度実績を詰めたら個人的に案件を受注したり、クラウドソーシングで案件を受注してしっかりとした収入を得ることができます。

案件数も比較的多いので、しっかりアンテナを張って自分にあった案件をGETできるように体制を整えておきましょう!

フリーランスの方でこのようなお悩みありませんか?
  • 高額案件を定期的に紹介してもらいたい
  • 週2日、リモートワークなど自由な働き方をしてみたい
  • 面倒な契約周りはまかせて仕事に集中したい

そのような方はぜひ、ITプロパートナーズをご利用ください!

フリーランスの方に代わって高額案件を獲得
週2日、リモートなど自由な働き方ができる案件多数
専属エージェントが契約や請求をトータルサポート

まずは会員登録をして案件をチェック!

この記事を書いた人
ITプロパートナーズ編集部
ITプロパートナーズはITフリーランスの方に案件紹介をしているエージェントです。当メディア「アトオシ」では、フリーランスの働き方から仕事探しまで幅広い情報を日々発信しています。