ネットワークエンジニアがフリーランス独立する方法や年収・必要スキル

freelance

こんにちは、「ITプロパートナーズ編集部」です。

クラウドソーシングやエージェントを活用しフリーランスとして働くエンジニアも増えています。そのなかで、「フリーランスネットワークエンジニアになりたい」と考えている人も多いのではないでしょうか?

フリーランスネットワークエンジニアになるには、エンジニアとしての基本スキル以外にもさまざまなスキルや準備が必要になります。この記事では、フリーランスネットワークエンジニアの働き方や案件例、正社員エンジニアと比較した平均年収などを解説します。また、仕事獲得方法や年収アップに役立つおすすめの資格など紹介するので、ぜひ参考にしてください。

なお、フリーランスエンジニアの案件の特徴や仕事の取り方など総合的な情報は「フリーランスエンジニアの案件紹介!経験年数別の年収・実態を調査」でご紹介しているので、併せてご確認ください。

弊社では、数多くのエンジニアの方にフリーランス案件を獲得していただいています。経験とスキルさえあれば、週2日から高収入案件をご紹介できます。まずは無料登録をして色々な案件をみて見てください。弊社からおすすめの案件をご紹介することも可能です。

Contents

そもそもネットワークエンジニアとは

ネットワークエンジニアは、ITシステムの基盤となるサーバーやネットワークに関わります。ネットワークエンジニアの仕事内容は、主に以下の3つです。

  • 設計:クライアントのニーズに合った、基本設計・詳細設計・運用設計
  • 構築:設計をもとにしたネットワーク機器の配置、専用ケーブルの取り回しおよびテスト
  • 保守・管理:トラブルや問い合わせの対応、ネットワークの維持管理

経験が浅い時期は保守や管理を担当し、実績とスキルを蓄えるにつれ、設計と構築も担当するようになっていきます。

フリーランスネットワークエンジニアの働き方や案件事情

フリーランスとしてネットワークエンジニアの案件を受ける場合、どのような働き方が一般的なのでしょうか。正社員のネットワークエンジニアとの違いも気になるでしょう。

ここから本題であるフリーランスネットワークエンジニアの働き方や案件事情を紹介します。

フリーランスネットワークエンジニアの働き方

ネットワークエンジニアは、正社員とフリーランスも一様に、都心での常駐が求められます。ネットワークエンジニアは機密を扱う機会が多く、リモートで働くことは困難であるためです。なお、常駐案件では、フリーランスであっても取引先の正社員と同様のペースで業務を行わなければいけません。

また、フリーランスネットワークエンジニアの多くは、上流工程への関与が求められます。理想的なネットワークを構築するなら、企画からシステム開発に関わる必要があるためです。

フリーランスネットワークエンジニアの年収

フリーランスで活動するネットワークエンジニアの平均年収は、どれくらいなのでしょうか。

フリーランスのネットワークエンジニアの平均年収は、弊社ITプロパートナーズの案件を参考にすると、500〜800万円程度です。

doda」の調査によると、正社員ネットワークエンジニアの平均年収は451.5万円という結果が出ています。内、ボーナスは冬が平均73.2万円、夏が平均75.8万円です。

したがって、フリーランスのほうが正社員よりも平均年収は多くなることがわかります。

正社員は安定した収入がありボーナスも支給されますが、仕事を増やしたり選んだりできないため大きく稼ぐことはできません。一方フリーランスにはボーナスがありませんが、案件を増やしたり選んだりすることで高収入が見込めます。

フリーランスネットワークエンジニアの案件の種類

前述したように、仕事内容は「設計」「構築」「保守・管理」の3種類があります。

設計の案件は、クライアントからのヒアリングをもとに、必要なシステムを設計する案件です。最適なネットワーク構築のやり方・使用するネットワーク機器の数と種類・使用する回線などを決めます。

構築の案件は、設計をもとにネットワーク機器の配置や専用ケーブルを取り回し、正常に稼働するかのテストを実施する案件です。実際にルーターなどの回線やネットワーク機器を設置・設定していきます。大規模なシステムの場合は、構築作業に数か月を要することもあります。構築作業が完了すると、最後にテストを行います。

保守・管理の案件は、ネットワークを維持させるために常時監視し続けたり、トラブルや問い合わせに対応したりする案件です。ネットワーク機器の不具合チェックや、ネットワークシステムで発生したトラブルへの対処などを行います。システムの安定稼働だけでなく、改善にも関わります。

フリーランスネットワークエンジニアの単価相場

フリーランスネットワークエンジニア向けの案件には、どのようなものがあるのでしょうか。ここでは、案件例や単価相場について解説します。

経験年数別の単価相場

レバテック」に掲載中の案件をもとに、おおよその経験年数別の単価を紹介します。経験年数が長く、得意分野がある人ほど高単価を稼ぎやすい傾向です。主に、「1年以上」「2年以上」「5年以上」にわけて単価を紹介します。

こちらは実務経験1年以上必要な案件で、Ciscoネットワーク導入に向けた手順書作成に関する仕事です。週5日の勤務で、時給は2,890円。1日8時間で月20日勤務したとすると、月収は46万円程度となります。年収に換算すると、555万円程度です。

こちらの案件は、2年以上のネットワーク構築経験が必要な案件です。金融向けシステムに関するネットワーク構築の仕事になり、月収の目安は52万円。年収に換算すると、600万円程度です。

こちらの案件は、5年以上の実務経験に加え、Windows ServerまたはLinux等の構築・運用経験のいずれかが求められます。医療機関および介護施設向けのネットワークに関する仕事で、月収の目安は75万円。年収に換算すると、900万円程度です。

案件の種類別の単価相場

弊社「ITプロパートナーズ」に掲載中の案件を基に、仕事の種類別に単価相場を解説します。同じ種類の仕事でも、求められるスキルが高いほど高単価となります。以下で、「構築案件」「保守・運用案件」「設計案件」に分けて紹介します。

こちらの案件は、ネットワーク構築案件で、週4日稼働で想定月収は60万円。年収に換算すると、720万円程度です。

こちらの案件はネットワーク保守・運用の案件ですが、想定月収は週3日稼働想定で40万円。年収に換算すると、480万円程度です。応募にあたって TCP/IPから、Windowsやパソコン・ハードウェアまで幅広い知識が求められます。同じ仕事でも、知識とスキルがある人ほど高単価を狙うことが可能です。

こちらは上流工程であるネットワーク設計の案件で、週5日稼働想定で想定月収は80万円。年収に換算すると、960万円程度と算出されます。設計は上流工程です。上流工程の仕事に挑むほど、高単価な案件の割合が増えていきます。

フリーランスネットワークエンジニアの案件例

フリーランスネットワークエンジニアの案件例について、「週2日、3日案件」「在宅OKの案件」「客先常駐案件」にわけて紹介します。

週2、3日の案件例

週に3日の勤務で、クライアントのコールセンターシステムおよびネットワーク、サーバ保守をする案件です。

2〜3人のチームでシステムを支えるので、豊富な経験やスキルが必要です。トラブルによりコールセンターシステムの稼働を長時間止めるのは、クライアントの生産性を低下させます。トラブルが発生した際に、原因をいちはやく特定できるスキルが必要です。

週3日の勤務で月収40万円程度が想定されています。年収に換算すると、480万円程度です。

リモート・在宅OKの案件例

週に2日の勤務で、クライアントの社内システムやネットワークの設定・構築・運用を担当する案件です。

世界規模のサービスをすべて自社のシステムで運用しています。クラウドの設定や構築、運用ができるなど、高い知識やスキルを求められる案件です。

週2日の勤務で月収30万円程度が想定されています。年収に換算すると、360万円程度です。

客先常駐の案件例

週に5日の勤務で、海外に約100拠点を展開するクライアント企業のファイアウォールの更改をする案件です。具体的にはパラメータシート作成やConfig作成をおもに担当します。

週5日の勤務で月収50万円程度が想定されています。年収に換算すると、600万円程度です。弊社ではこの他にも多数のフリーランス案件をご紹介しています。興味のある方は是非お気軽にご相談ください。

フリーランスネットワークエンジニアになる場合は以下のスキルが必要です。

  • ネットワークエンジニアとしての基本スキル・経験
  • コミュニケーション能力
  • 論理的思考力
  • 自己管理力

ネットワークエンジニアとしての基本スキル・経験

ネットワークエンジニアの基本スキルや経験、ネットワーク機器の知識などは当然ですが、IT知識も必要です。

ネットワークには、WAN系・LAN系・インターネット系といった種類があります。ネットワークエンジニアは、ネットワークの種類によって必要な機器を接続し設定する仕事です。

また、コスト削減やセキュリティ強化などを提案するために、常に新しいIT知識を持っている必要があります。

コミュニケーション能力

設計の仕事では、クライアントからヒアリングを行い、要望をしっかりと聞き出さなければいけません。専門家としてクライアントへの提案も求められます。そのため、コミュニケーションスキルは必要と言えるでしょう。

また、大きなプロジェクトに携わるときは、連携するチームの人とのコミュニケーションも多くなります。管理職においてはマネジメント能力も必要になるため、円滑なコミュニケーションは必要不可欠です。

論理的思考力

ネットワークエンジニアに限らず、論理的思考力はエンジニアにとって必須です。トラブルの原因を見つけ解決策を導いたり、クライアントに筋道を立てて状況を説明したりする際などには、論理性が求められます。

チームメンバーと協力する際にも、各自に論理的思考力が備わっていれば、スムーズに仕事が進むでしょう。

自己管理力

フリーランスネットワークエンジニアには自己管理能力が必要です。

正社員エンジニア時代は仕事の量もスケジュールも会社が決めますが、フリーランスはすべて自ら決定し管理する必要があります。おもにフリーランスが自己管理するものは以下のようなものです。

  • 仕事量の管理、スケジュール管理
  • 経費管理
  • 健康管理
  • 休暇管理

フリーランスには、エンジニアとしての業務以外にも多くの仕事があります。技術や知識- も重要ですが、金銭的なマネジメントや健康管理も無視できません。自ら仕事を受けるための営業活動や人脈づくりも必要です。

未経験からフリーランスネットワークエンジニアになることは可能?

未経験からフリーランスネットワークエンジニアになるのは現実的ではありません。未経験者に対し、仕事を任せるクライアントはいないでしょう。

未経験からフリーランスネットワークエンジニアになりたいなら、以下の段階を踏んで目指すのが一般的です。

  • 1.独学orスクールに通う
  • 2.転職(実務経験積む)する
  • 3.副業から始めて独立する

まず、独学でエンジニアに必要な知識を学びます。仕事をしながら通えるプログラミングスクールもあるので活用しましょう。

ある程度の知識を得られたら実務経験を積みます。未経験エンジニアを募集している企業も多いので、転職して経験を積みましょう。エンジニアの転職に特化したエージェントを活用するのもおすすめです。

完全に独立する前に副業からスタートし、案件数が安定してきたらフリーランスとして独立します。

ネットワークエンジニアが副業で稼ぐには?在宅や土日案件も紹介

フリーランスエンジニアに案件を紹介してくれるエージェントもあるので、活用しましょう。

フリーランスネットワークエンジニアの案件獲得方法

フリーランスネットワークエンジニアが、案件を獲得する方法は以下です。

  • フリーランスエージェントを活用する
  • クラウドソーシングを活用する
  • 人脈を活用する
  • 営業活動を行う

それぞれの方法について詳しく解説します。

フリーランスエージェントを活用する

ある程度スキルと実績がある人には、フリーランスエージェントの活用をおすすめします。代表的な、フリーランスエージェントの特徴は以下のとおりです。

ITプロパートナーズ

弊社「ITプロパートナーズ」は、リモート案件や週2~3日から働ける案件を数多く取りそろえています。掛け持ち用の案件を探している人、隙間時間でも働ける案件を探している人には、ITプロパートナーズがおすすめです。

気になる案件があっても条件が合わずに諦めてきた人も、ITプロパートナーズなら挑戦しやすいのではないでしょうか。また、エンド直案件が多いため、高収入を得られる可能性があります。

レバテックフリーランス

レバテックフリーランスは、サポートが充実しており、フリーランスになりたての人にとって心強いといえるでしょう。キャリアの相談に加え、契約期間満了の1ヶ月前には現場継続か終了かの意向を尋ねられ、ブランクが空かないよう調整してもらえます。

また、長きにわたってフリーランスとして働けるよう、「安定した収入」「税務関連手続き」「ヘルスケア」の福利厚生パッケージを利用可能です。

PE-BANK

引用元:PE-BANK

PE-BANKは、設立30年以上の歴史をもつ老舗のフリーランスエージェントです。PE-BANKでは、稼働日が多い案件を多く扱っているため、収入の柱となる案件を探す人にはおすすめです。

また、PE-BANKは共同受注契約を採用しており、フリーランスエンジニアへの分配率が明確に分かります。

なお、上記3つのエージェントのほかにも、以下の記事でおすすめのエージェントを紹介しているので、あわせてチェックしてください。

フリーランスエージェントおすすめ18選!職種別に比較して一覧紹介

クラウドソーシングを活用する

スキルと実績に自信のない人は、クラウドソーシングからの仕事獲得を目指しましょう。クラウドソーシングには、経験が少ない人でも応募可能な仕事が掲載されています。実績を積み上げるとクラウドソーシング内での評価が上がり、高単価な案件を獲得しやすくなります。

代表的なクラウドソーシングには、「ランサーズ」などがあるため複数登録して活用するとよいでしょう。

人脈を活用する

仕事を通じた繋がりのある人は、人脈を活用して仕事に繋げましょう。かつての仕事仲間やクライアントは自分の実力を把握しているケースが多く、売り込みやすいと考えられます。人脈を広げるためには、エンジニア同士の勉強会や交流会などに積極的に参加しましょう。

自身で営業活動を行う

プレゼンテーション能力に優れる人、スキルに自信のある人は、クライアントへの営業に挑戦してみましょう。エンド直案件は、マージンがない分高単価を得やすい傾向です。また、非公開の案件と、巡り会える可能性もあります。

ネットワークエンジニアがフリーランスとして高収入を稼ぐポイント

フリーランスネットワークエンジニアとして高収入を稼ぐには、以下2つポイントを意識して活動しましょう。

  • エンド直案件を受ける
  • マネジメントスキルを身につける

エンド直案件を受ける

エンド直案件とは、クライアントから直接請け負った仕事です。エンド直案件を得るためには、営業力と自分の強みを見つける分析力が物をいいます。

間に複数の業者を挟まないため、エンド直案件の多くは高単価です。また、直接クライアントとやり取りすることで、仕事を進めやすいケースも少なくありません。

マネジメントスキルを身につける

高収入を得るにはマネジメントスキルを磨き、マネージャーやリーダーとして参画することもポイントです。

実行段階から参加するよりも、計画段階からマネージャーやリーダーとして案件に関わるほうが高単価を見込めます。誰かが計画し設計した通りに作業するのではなく、自らが中心になって案件を進めるということです。

フリーランスネットワークエンジニアの年収アップに役立つ資格

フリーランスネットワークエンジニアに役立つ資格は以下の3つです。年収アップにもつながるので、チェックしておきましょう。

  • CCNA・CCIE
  • ネットワークスペシャリスト試験
  • Linux技術者認定資格

それぞれ解説します。

CCNA・CCIE

CCNA」はネットワークの基本的な知識を問う資格です。「CCIE」はよりハイレベルな知識があるかどうかを問われる資格です。

どちらも有名な資格なので、取得しておけば単価アップや、高い報酬の案件に採用される可能性があります。

ネットワークスペシャリスト試験

ネットワークスペシャリスト試験」とは、大規模でセキュリティの高いネットワークシステムを構築・運用するエンジニアが、ネットワーク技術の専門性を追求するための試験です。

独立行政法人情報処理推進機構によると、ネットワークスペシャリスト試験は、合格率が14.4%という非常に難しい資格試験です。

そのため、この資格を持っていると、ネットワークエンジニアとして高いスキルや知識があるという証明になります。

現場で培われる技術を問う問題+論述問題という構成になっており、実務経験がある人向けの国家資格試験となっています。

引用元:独立行政法人 情報処理推進機構

Linux技術者認定資格

Linux技術者認定資格」は、Linux技術者のための資格制度です。3段階のレベルに分けられ、レベル3が最高レベルの技術力がある専門家として認定されます。

取得することで報酬アップも見込めますが、もっともメリットといえるのは資格取得のための学習で、エンジニアとして必要になるLinuxの知識が身につくことです。

ネットワークエンジニアが資格を取るメリットとは?

フリーランスネットワークエンジニアとして活動する際の注意点

幅広いビジネススキルを身につけましょう。多くの部門で役割を分担できる正社員とは異なり、フリーランスはさまざまな仕事を自分でこなす必要があります。技術的な知識やスキル以外に、帳簿付けや確定申告など経理関連の知識が必要です。

また、コミュニケーションの取り方や社会人としての振る舞いなどが、案件獲得に影響します。実際、弊社ITプロパートナーズを利用しているITフリーランスを対象に調査した結果では、以下のような回答が得られました。

上記の通り、案件獲得においてはコミュニケーション力が最も大切だと思っている人が多く、ついで過去の実績やスキルとなっています。フリーランスとして案件を継続的に獲得するためには、コミュニケーション力を高めるようにしましょう。

フリーランスネットワークエンジニアの将来性

ITエンジニア全体で人手不足が囁かれているため、ネットワークエンジニアという職業には今後も需要があります。しかし、IT業界は変化がはやいため活躍し続けるには、スキルアップが常に必要です。

総務省のデータ」では、クラウドサーバーを利用する企業が増えていることがわかっています。そういった背景から活躍し続けるためにはクラウドに関する知識が必要です。また、ITの進化によりセキュリティに関する知識やスキルも求められています。

ネットワークエンジニアの将来性は?今後の需要と必要スキルを紹介

まとめ

フリーランスネットワークエンジニアについて仕事内容や年収、案件の獲得方法などを中心に解説しました。

フリーランスとして活躍するには、スキルと経験を積むことがポイントになります。また高単価の案件を受けるには実績づくりも重要です。

これからも需要ある職業ですが、変化し続けるIT業界で活躍するには、常に新しいスキルや知識を学び続ける必要があります。必要なスキルを身につけながら準備をし、フリーランスとして活躍しましょう。

フリーランスの方でこのようなお悩みありませんか?
  • 高額案件を定期的に紹介してもらいたい
  • 週2日、リモートワークなど自由な働き方をしてみたい
  • 面倒な契約周りはまかせて仕事に集中したい

そのような方はぜひ、ITプロパートナーズをご利用ください!

フリーランスの方に代わって高額案件を獲得
週2日、リモートなど自由な働き方ができる案件多数
専属エージェントが契約や請求をトータルサポート

まずは会員登録をして案件をチェック!

この記事を書いた人
ITプロパートナーズ編集部
ITプロパートナーズはITフリーランスの方に案件紹介をしているエージェントです。当メディア「アトオシ」では、フリーランスの働き方から仕事探しまで幅広い情報を日々発信しています。