Java案件の単価相場っていくらくらい?

freelance

こんにちは。

ITエンジニア・webディレクター・webデザイナーなどのIT人材の自立・キャリアを支援するITプロパートナーズ編集部です。
弊社では、独立精神旺盛な優秀なエンジニアの方々の独立・起業サポートや、フリーランス支援を行っています。

こちらでは、日々の現場でサポートさせていただいている中での、プロの目線で、エンジニアに役立つお話をしてまいります。

今回は、Javaに関してお話ししていこうと思います。

この記事では、Javaの将来性や案件の単価相場など幅広く見ていきたいと思います。

なおJavaを含めたプログラミング案件の獲得方法については「フリーランスのプログラミング案件を獲得する方法」も参考にしてみてください。

Javaの将来性とは?

今後の傾向がどうなっていくのかまだわかりませんが、少なくともJavaが急に他の言語に取って代わられてしまうことは考えにくいです。

むしろ、Javaという言語の活躍範囲の広さには将来性が感じられます。

例えば、プロのエンジニアの意見では、Javaは堂々のトップに挙げられることがしばしばです。

自身の経験してきた分野とは異なるかもしれませんが、Android案件にチャレンジしてみてJavaエンジニアとして得意分野を広げていくのも良いかもしれませんね。

一方、Javaの案件は減っているのではないかという懸念の声が多いです。

その点についても見ていきましょう。

Java案件は減少しているのか?

Java案件が減少していると感じているエンジニアの方は多いかもしれません。

しかし、株式会社ゴーリストが運営するHRメディア「HROG」が発表した記事によると、Java案件の求人件数はほぼ横ばい状態で、減少しているわけではありません。

【プログラミング言語別!】求人給与額ランキング
こちらの記事によると「2014年のJava掲載件数:3,548件」です。

プログラミング言語別給与ランキング
こちらの記事によると『2015年のJava掲載件数:3,623件』です。

Java案件が減少しているように見える理由

では、なぜJava案件が減少していると感じられるのでしょうか。その理由は求人掲載の総件数にあります。

それぞれの年の調査対象となる全職種の求人掲載件数は、2014年が「31,743件」で、2015年が「47,321件」です。

全体の求人掲載件数が増加していることにより、Java案件の掲載件数の割合が相対的に少なくなっています。

これがJava案件が減少していると言われる理由です。

そして、Java案件が減少していると見られてしまうもうひとつの理由があります。

その理由は、Java案件の全体数の中でAndroid案件が増加しているためです。上記の通り、Java案件の全体数は横ばい状態で増えていません。

しかし、その中でもAndroidデバイスに関する案件は増加傾向にあります。

これまで業務システム開発等に用いられることの多かったJavaですが、Android案件が増えた分だけ、その他の業務分野の案件が減っているのは確かです。こうした分野で活躍してきたフリーランサーにとっては、Java案件が減少していると感じられるのも当然でしょう。

➡︎Java案件はじめ、他の言語でチャレンジしたいという方はこちらから案件をご覧ください!

フリーランスのJava案件の単価相場

まずはフリーランスの場合のJava案件の単価相場を見てみましょう。

いくつかの事例を挙げていきます。例えば、Java案件情報一覧を下記のリンクから見ることができます。

「ITプロパートナーズ」Java案件情報一覧

これらの案件情報からも見てわかるように、Java案件の単価相場は40・50万円~60・70万円程度です。

これはJavaに限らず、プログラミング言語単位で募集している多くの案件の単価相場にも近いものです。

Javaの求人案件の単価相場

次に求人案件の単価という観点からその単価相場を見ていきましょう。

結論、相場は58万円から68万円と言われています。また経験年数別で図表があるので、参考にしてください。

スクリーンショット 2018-12-28 2.07.50

出典:https://futurizm.jp/articles/140

Java案件が減少していると嘆いているばかりでなく、自分自身でJava案件の仕事を増やしたり生み出したりするくらいの気持ちで、Javaエンジニアとしてのスキルアップを目指していきましょう。

海外の求人単価相場

余談ながら、求人案件単価という観点から言えば、海外の求人単価相場も参考になります。

PayScale』というサイトの情報によると、例えばアメリカの場合で「約800万円」程度となります。

Javaだけでなく英語も学んで、キャリアップと年収アップを目論んでみてはいかがでしょうか?

IT×英語留学というのは最近のTech業界でも興隆の激しい分野です。インドやセブ島を中心にいくつかの学校を検討してみるのも良いかもしれません。

今からJavaは学ぶべき?

閑話休題。これからJavaを学びたいと考えるエンジニア志望の方もいらっしゃるかと思います。

しかし、プログラミング言語を「単価相場が高いから」「人気が高いから」という理由で選択するのは、あまりお薦めできません。

どんなプログラミング言語も結局は手段に過ぎません。

やりたいことや作りたいものに合わせて常に最適な選択を考えぬくべきなのです。
将来を見据えて、目的意識を持って、中長期的な視野で考えた上で選択してください。

もちろん、そうした考えの上に立ったとしてもJavaという言語が、実務経験の浅いエンジニアから、単価の高い案件をこなせるエンジニアまで、幅広く受けとめてくれる魅力的な言語であることは間違いないでしょう。

フリーランスの方でこのようなお悩みありませんか?
  • 高額案件を定期的に紹介してもらいたい
  • 週2日、リモートワークなど自由な働き方をしてみたい
  • 面倒な契約周りはまかせて仕事に集中したい

そのような方はぜひ、ITプロパートナーズをご利用ください!

フリーランスの方に代わって高額案件を獲得
週2日、リモートなど自由な働き方ができる案件多数
専属エージェントが契約や請求をトータルサポート

まずは会員登録をして案件をチェック!