SAPコンサルタントが副業で稼ぐには?案件単価や獲得方法を解説

freelance

こんにちは、ITプロパートナーズ編集部です。

「SAPの副業案件を受注したい」と検討している人も多いのではないでしょうか。ただ「副業でどれくらい稼げるのか」「副業案件はどうやって探せばいいのか」など、気になることもあるでしょう。

この記事ではSAPコンサルタントの副業をメインに、案件例や単価相場、獲得方法、収入アップのポイントなどを解説します。副業する際の注意点も紹介するので、ぜひ参考にしてください。

弊社では、数多くの方にフリーランス案件を獲得していただいています。経験とスキルさえあれば、週2日から高収入案件をご紹介できます。まずは無料登録をして色々な案件をみて見てください。弊社からおすすめの案件をご紹介することも可能です。

SAPの副業案件の種類

SAPの副業案件の種類は、「エンジニア系」と「コンサル系」に分けられます。

エンジニア系は、主に開発・運用・保守などをおこなう案件です。

コンサル系は、クライアントの業務分析をして改善の提案をおこないます。さらにSAPの導入支援や導入後の改善も担当する案件です。

SAPは業務に必要な機能が標準装備されています。ただ、それぞれの企業にあった使いやすいツールにするために追加開発が必要です。そのため、SAPエンジニアやコンサルタントは、企業から重宝されやすいです。次からは、SAPコンサルタントの副業について詳しく解説していきます。

SAPコンサルタントの副業が稼ぎやすい理由

SAP人材はかなり慢性的な人材不足に陥っています。そのため、SAPコンサルタントの需要は拡大傾向にあります。

SAPのソフトウェアを開発したSAP社では「SAP ERP 6.0」の標準サポートを2027年で終了すると公表しており、世間では「2027年問題」と呼ばれています。

国内では約2,000社がSAPを導入しているといわれていますが、2027年に標準サポートの終了に伴い、多くの企業が新しいシステム(SAP S/4HANA)への移行を検討しなければなりません。そのような背景から導入コンサルの需要も高まると考えられます。

開発や運用をおこなうSAPエンジニアの需要も高いですが、より専門性が求められるコンサルタントのほうが稼ぎやすいでしょう。なお、ITコンサルタントの副業については以下の記事で紹介しているので、ITコンサル全般の副業に興味がある方は参考にしてください。

ITコンサルタントが副業で稼ぐには?始め方から案件獲得法まで解説

SAPコンサルタントの副業案件例と単価相場

大手クラウドソーシングサイト「クラウドワークス」で募集されているSAP副業案件から、案件例と単価相場を見てみましょう。実際にどれくらい稼げるのか、参考にしてみてください。

SAP導入コンサル案件

在宅で受けられる、SAP導入コンサルタント案件です。

  • 稼働時間:週に5時間程度
  • 想定月収:10万円前後(週5時間/4週で時間単価5,000円〜をもとに算出)

週に5時間程度の稼働なので、初めての副業案件としてはじめやすい仕事です。副業案件に慣れるには丁度いい稼働時間でしょう。

仕事内容は、コンサルティングファームなどが受注したSAP導入案件の外注要員として、構想策定から要件定義、開発、運用保守までの一連の工程を担当します。

求められている人材は「SAPコンサルタント・開発者としての経験」なので、未経験者は受けられません。

SAPの設計構築案件

フルリモートで、SAP HANAの設計構築を担当するエンジニア案件です。

  • 稼働時間:週に30時間程度
  • 想定月収:60万円前後(週30時間/4週で時間単価5,000円〜をもとに算出)

週に30時間なので1日6時間程度の稼働が必要ですが、副業で60万円前後も稼げます。

依頼内容は別途打ち合わせとしているので、経験や知識、スキルによって内容や報酬が変動する可能性もある案件です。

SAPに関する記事作成案件

開発やコンサルタント業務ではなく、SAPの知識や経験を活用した記事作成の案件です。

  • 1記事の文字数:2,000文字
  • 想定月収:4,000〜16,000円(文字単価2円をもとに1〜4記事作成で算出)

SAPの知識や経験のほか、それなりのライティングスキルが必要かもしれませんが、ライター未経験でもOKとしています。

仕事内容は、SAPコンサルタントお役立ち情報の執筆です。難しいことではなく、自分が実際にSAPコンサルタントとして経験したことを自由に執筆する内容です。

SAPコンサルタントが副業をするメリット

需要が高いSAPコンサルタントは、副業をすることでさまざまなメリットがあります。

  • 収入アップが期待できる
  • 柔軟な働き方ができる
  • 独立も視野に入れられる

上記の副業のメリットについて、それぞれみていきましょう。

収入アップが期待できる

本業の給与のほか副業での収入を得られるので、収入アップが期待できます。

経験やスキルがあれば、SAPコンサルタントの副業案件は獲得しやすいのが特徴です。どのくらい副業で稼ぎたいのかを明確にし、案件を選ぶとよいでしょう。

柔軟な働き方ができる

SAPコンサルタントの副業では、柔軟な働き方ができます。

副業と聞くと「時間が足りない」というイメージはないでしょうか。しかし、前章で紹介した案件例などを見てもわかるように、SAPコンサルタントはリモート案件も多いのが特徴です。本業から帰宅後、自宅で業務に対応できます。

独立も視野に入れられる

副業からフリーランスとして独立することも視野に入れられます。

SAPコンサルタント案件は比較的単価が高いので、本業の収入を超える可能性もあり独立しやすい職種です。そのため、独立を目指す準備として副業をはじめる人も多いです。

また副業は、収入面だけでなく副業を通してスキルや知識、経験も得られるので、独立の準備期間として働くのもよいでしょう。

SAPコンサルタントが副業案件を獲得する方法

SAPコンサルタントが副業案件を獲得する具体的な方法は、以下です。

  • 副業エージェントを利用する
  • クラウドソーシングサイトを利用する
  • 知人から紹介してもらう

それぞれ3つの案件獲得方法について確認しましょう。

副業エージェントを利用する

副業エージェントは働き方やスキル、経験など、自分に合った副業案件を紹介してくれるサービスです。各社それぞれ非公開案件を保有しているので、自分では探し出せないような高単価案件を紹介してもらえるケースもあります。

副業エージェントおすすめ14選【職種・目的別で徹底比較】

クラウドソーシングサイトを利用する

クラウドワークスやランサーズなど、クラウドソーシングサイトを利用する方法もあります。

クラウドソーシングサイトは、初心者からでも受けられる案件も多く募集されているのが特徴です。初心者向けの案件を地道にこなすことで信頼や実績がつき、高単価の案件を受けられるようになるでしょう。

クラウドソーシングおすすめ15選!初心者が副業で稼ぐ具体的な方法を紹介

知人から紹介してもらう

自分のスキルや実績を把握した知人から、仕事を紹介してもらう方法もあります。

はじめからある程度の信頼関係があるので、スムーズに仕事を進められるのが特徴です。コミュニケーションも取りやすいので、新しい知識やスキルも得られます。知人の紹介により人脈が広がれば、継続的に仕事を受けられるなど案件の幅を広げられるでしょう。

SAPコンサルタントが副業で収入アップを目指す方法

SAPコンサルタントが副業で収入アップを目指すなら、フリーランス案件を受注する方法があります。

フリーランス案件は副業案件と比較すると報酬が高く設定されているのが特徴です。なかには、月単価100万円の案件もあります。年収1,000万円以上稼げる可能性もあるので、将来的に独立を考えている人にもおすすめです。フリーランスのSAPコンサルタントとして独立する方法や案件獲得方法については以下の記事で紹介しています。

SAPコンサルタントがフリーランス独立した際の年収や案件獲得方法

副業で個人で案件を受注する流れに慣れてきたら、フリーランスとして独立し、高単価な案件を獲得することも視野に入れていきましょう。

弊社ITプロパートナーズでは、フリーランス案件を取り扱っています。あなたの経験や実績を基に、ぴったりの案件を紹介させて頂くので、お気軽にご相談ください。

SAPコンサルタントが副業をする際の注意点

さまざまなメリットがあるSAPコンサルタントの副業ですが、注意すべき点もあります。

  • 本業への影響を考慮して副業をする
  • 副業が容認されているか確認する
  • 確定申告の知識を身につけておく

副業時の注意点についてそれぞれ解説していきます。

本業への影響を考慮して副業をする

副業をはじめるなら、本業への影響を考慮しましょう。

本業あっての副業です。副業に集中するあまり本業が疎かになってはいけません。リモートOKの案件であっても、無理をしすぎると本業と副業共に中途半端となり、どちらからも信用を失ってしまいます。副業をはじめるなら、本業と副業で無理なくバランスのいい働き方を考慮しましょう。

副業が容認されているか確認する

副業をすることが、本業の企業で容認されているのか確かめてからはじめましょう。

副業が禁止されている企業で副業すると解雇になる可能性もあります。大手コンサルティングファームでは、副業が禁止されているケースが多いので注意が必要です。

確定申告の知識を身につけておく

本業以外で年間20万円以上の収入があった場合、確定申告をする必要があります。確定申告をしないと、加算税や延滞税などのペナルティを受けるので忘れずにおこないましょう。

副業収入があった場合、翌年の2月16日〜3月15日(曜日によって前後)の期間内に管轄の税務署で申告します。

直前まで放っておくと申告が遅れる可能性もあるので、あらかじめ確定申告の知識を身につけておきましょう。

まとめ

SAPコンサルタントの副業について、稼ぎやすいとされる理由や案件例、獲得方法、収入アップのポイントなどを解説しました。

SAPコンサルタントは、需要も高く、高収入を見込める魅力的な職種です。副業案件でも収入アップにつながりますが、フリーランス案件なら大きく収入を上げられる可能性があります。

副業をきっかけにフリーランスとして独立を検討しているなら、フリーランス案件も視野にいれて行動しましょう。ITプロパートナーズでは、週2日からの自分に合った案件を探せます。副業をきっかけにフリーランスとしての独立を目指しているなら、ぜひチェックしてみてください。

フリーランスの方でこのようなお悩みありませんか?
  • 高額案件を定期的に紹介してもらいたい
  • 週2日、リモートワークなど自由な働き方をしてみたい
  • 面倒な契約周りはまかせて仕事に集中したい

そのような方はぜひ、ITプロパートナーズをご利用ください!

フリーランスの方に代わって高額案件を獲得
週2日、リモートなど自由な働き方ができる案件多数
専属エージェントが契約や請求をトータルサポート

まずは会員登録をして案件をチェック!

この記事を書いた人
ITプロパートナーズ編集部
ITプロパートナーズはITフリーランスの方に案件紹介をしているエージェントです。当メディア「アトオシ」では、フリーランスの働き方から仕事探しまで幅広い情報を日々発信しています。