SAPコンサルタントがフリーランス独立した際の年収や案件獲得方法

こんにちは、ITプロパートナーズ編集部です。

「SAPのフリーランスとして独立したい」と検討している人も多いのではないでしょうか。SAPのフリーランスを検討する際には、案件例や獲得方法などを事前に把握しておくことが大切です。

この記事では、SAPコンサルタントがフリーランスとして独立するメリットや年収、案件獲得方法、必要なスキルなどを解説します。独立する際の注意点やSAPコンサルタントの将来性なども紹介するので、ぜひ参考にしてください。

弊社では、数多くの方にフリーランス案件を獲得していただいています。経験とスキルさえあれば、週2日から高収入案件をご紹介できます。まずは無料登録をして色々な案件をみて見てください。弊社からおすすめの案件をご紹介することも可能です。

働き方の自由度を高めませんか?
  • 複業/フリーランスで月収80万以上を稼ぐ
  • 週2日、週10時間から働ける
  • フルリモートはもちろん柔軟な稼働時間
  • PM,PdMなど上流案件も多数

自分の強み×週1日〜フルタイム×リモート・フルリモートなど、働き方をカスタマイズして案件を探したい方へ

約6割が週1-3日案件のグラフ

SAPのフリーランス案件の主な種類

SAPのフリーランスには、おもに「コンサル案件」と「開発案件」があります。

コンサル案件は、SAPのベストプラクティスに沿った業務設計をおこなう「アプリケーションコンサルタント」や、インフラ領域を担当する「テクノロジーコンサルタント」が主な業務です。

開発案件は、主にSAPエンジニア向けの案件です。SAPの開発言語ABAPでアドオン機能を開発する業務をおこないます。

そのほか、プロジェクト計画策定・進捗の管理を責任者や実務者として担当する「PM・PMO」としての案件もあります。

次からフリーランスSAPコンサルタントについて詳しく解説していきます。

フリーランスSAPコンサルタントは独立しやすい理由

SAPのフリーランスのなかでも、SAPコンサルタントは需要が高く独立しやすい職種とされています。SAPの知識やスキルは専門性が高く、実務経験のある人間でないと案件をこなせないためです。

そのため、多くの業界でSAPコンサルタントは市場価値の高い人材として扱われています。
SAPはSAP社が開発したソフトウェアです。SAP社では「SAP ERP 6.0」の標準サポートを2027年で終了すると公表しており、これは「2027年問題」と呼ばれています。

現在多くの企業がSAPを導入していますが、2027年の標準サポート終了に伴い、新しいシステムへの移行が求められます。その際、導入支援を行えるフリーランスSAPコンサルタントは企業から重宝されるでしょう。

なお、SAPに限らずITコンサルタント全般のフリーランス事情は以下の記事で解説しているので併せて参考にしてください。

ITコンサルタントがフリーランスで独立した際の案件例や獲得方法

フリーランスSAPコンサルタントの平均年収や単価相場

フリーランスSAPコンサルタントの平均年収や単価相場はどのくらいなのでしょうか。以下で詳しく解説します。

フリーランスSAPコンサルタントの平均年収

フリーランスSAPコンサルタントの平均年収は、約500万円〜1,000万円です。弊社ITプロパートナーズで募集されているSAP案件では、週5日勤務で100万円を見込める案件もあり、年収換算にすると約1,000万円になります。

ただ、前述したようにフリーランスSAPコンサルタントは需要のある職種です。さらに経験を積み知識やスキルを磨けば、年収1,500万円以上稼げる可能性もあります。

フリーランスSAPコンサルタントの案件例と単価相場

案件例と単価相場の参考として、弊社ITプロパートナーズで募集されている案件を紹介します。

業務内容は「SAPサクセスファクターズ導入コンサルティングプロジェクト」「DX戦略本部における人事制度設計コンサルティング」などです。

月収100万円を目指せる案件ですが、それなりの経験が必要な案件です。具体的には、「コンサルファームでのコンサルタント経験者」「事業会社などの経営企画部門などユーザー企画部門経験者」などが必須スキルになります。

こちらの案件は、クラウドワークスのフリーランス向けの案件です。業務内容は、製造業会社向けのSAPシステム導入構築におけるコンサルティングなどです。報酬は、50万円〜100万円の月額単価となっておりスキルによって価格は変動します。SAPシステムのコンサルティングやカスタマイズ、開発などの実務経験が必須です。

フリーランスSAPコンサルタントとして独立するメリット

フリーランスSAPコンサルタントとして働くことで具体的にどのようなメリットがあるのでしょうか。具体的には以下です。

  • 企業から重宝され高収入を稼げる
  • 自分の判断基準で仕事を選べる

それぞれ独立するメリットについて詳しくみていきましょう。

企業から重宝され高収入を稼げる

前章で紹介した2027年問題や、慢性的なエンジニア不足などの影響により、フリーランスSAPコンサルタントは企業から重宝される傾向にあります。そのため、経験があれば月収100万円以上を目指せるなど、高収入を稼げるでしょう。

会社員時代は、どれだけ経験を積んでも大きな収入アップは見込めません。フリーランスで活動すれば経験やスキルによって高単価案件を受けられるので、大幅な収入アップも期待できます。

自分の判断基準で仕事を選べる

フリーランスSAPコンサルタントになれば、自分の判断基準で仕事を選べます。受けたい案件や仕事をしたいタイミングなど、自分に合った働き方ができます。

会社員は、仕事内容を選ぶことはほとんどできませんが、フリーランスなら自分の判断基準で仕事を選べるので効率的な働き方ができます。

ただ、SAPコンサルタントは高いスキルと豊富な経験があることが前提です。スキルや経験がなければ、自分で仕事を選ぶのは難しいでしょう。

フリーランスSAPコンサルタントに必要なスキル

SAPの知識やITスキルは当然ですが、フリーランスSAPコンサルタントとして活躍するには、以下のスキルも必要です。

  • 高いコンサルティング能力(論理的思考力、問題発見など)
  • 業界の業務知識
  • 自己管理力

コンサルタントの仕事はシステムの導入だけではありません。クライアントの経営問題を発見し改善することです。クライアントが何を改善すべきか、どう改善を進めるべきかなどを論理的に把握し提案する必要があります。

また、クライアントの業界に関する業務知識や自己管理能力も必要です。無理のないスケジュールや体調管理など、仕事に穴を開けないための管理が大切になります。

フリーランスSAPコンサルタントの案件獲得方法

フリーランスSAPコンサルタントの案件獲得方法は以下です。

  • フリーランスエージェントを利用する
  • 前職での人脈を活用する
  • ブログ・SNSで情報発信をおこなう

上記の案件獲得方法についてそれぞれ解説していきます。

フリーランスエージェントを利用する

フリーランスエージェントは働き方やスキル、経験など、自分に合ったフリーランス案件を紹介してくれるサービスです。実績次第では高単価案件を紹介してくれるのはもちろん、契約交渉なども行ってくれる為、営業が苦手な方にも最適な案件獲得方法と言えます。

フリーランスエージェントは数も非常に多いので、おすすめのエージェントを知りたい方は以下の記事を参考にしてください。

フリーランスエージェントおすすめ18選!職種別に比較して一覧紹介

弊社ITプロパートナーズ」も、SAPコンサルタントの案件を扱っているフリーランスエージェントです。週5日のフルタイム案件はもちろん、週2日稼働・30万〜などフレキシブルな案件も数多く扱っています。自分の働き方に合った案件を受けたいなら、ぜひ活用してみてください。

前職での人脈を活用する

前職の人脈を活用する方法もあります。知り合いであれば、どの程度の仕事がこなせるのかを理解している同士なので、スムーズに業務を進めることが可能です。相談しやすいなどコミュニケーションも円滑に行えるため、新しい知識やスキルを身につける機会も増やせるでしょう。

ブログ・SNSで情報発信をおこなう

ブログやSNSで情報発信し、仕事の依頼を受ける方法もあります。クライアントはSNSなどを活用し、SAPコンサルタントを探しているケースもあります。当然ですが契約手続きなどは、すべて自分でおこないます。スケジュールなども自分で決めてクライアントに提案するなど、やるべきことは多いです。

ただ、報酬の交渉はしやすいので、実績があるフリーランスなら大きく儲けられる可能性があります。

フリーランスSAPコンサルタントとして収入アップを目指す方法

フリーランスSAPコンサルタントとして収入アップを目指すなら、以下の資格やスキルを身につけましょう。

  • SAP認定コンサルタントを取得する
  • 英語スキルを伸ばす
  • マネジメントスキルを身につける

それぞれ3つのスキルについて以下で解説します。

SAP認定コンサルタントを取得する

SAP認定コンサルタントとは、SAP社が公式にSAPの知識やノウハウがある人物と認定する資格制度です。主に以下の3つの種類に分けられています。

  • アソシエイト認定資格
  • スペシャリスト認定資格
  • プロフェッショナル認定資格

SAP認定コンサルタントを取得すれば、SAP製品への知識やノウハウがあることを客観的に証明できます。フリーランスとして高単価の仕事を受けるためには、取得しておいて損はありません。

英語スキルを伸ばす

英語スキルがあれば、他のフリーランスとの差別化になります。SAPを導入している企業のなかには、グローバルに事業を展開している企業もあります。そのような企業の案件では、日本人以外のスタッフともコミュニケーションをとらなければならないケースも多いでしょう。

外国人スタッフとのコミュニケーションや意思の疎通をスムーズにするには、英語スキルが重要になります。案件の幅を広げるためにも、英語スキルを伸ばしておきましょう。

マネジメントスキルを身につける

チームをまとめるマネージャー職は高収入を見込めます。マネジメントスキルは、フリーランスSAPコンサルタントとして高収入を得るために必要なスキルです。

マネジメント層が慢性的に不足しているため、マネジメントスキルを身につけておくことで、多くの企業から重宝されやすいです。独立前にマネジメント業務を経験しておくのもひとつの方法です。

フリーランスSAPコンサルタントとして独立する際の注意点

多くのメリットがあるフリーランスSAPコンサルタントですが、独立の際には注意すべき点もあります。

  • 独立には経験やスキルが必要になる
  • 安定して案件を獲得し続ける必要がある

上記の独立時の注意点について、それぞれみていきましょう。

独立には経験やスキルが必要になる

SAPコンサルタントは高いレベルのスキルが求められます。フリーランスとして信用を得るには、実績も必要です。

そのため、SAPコンサルタントは基本的に未経験からフリーランスとしてやっていける職種ではありません。いきなり独立することに不安がある人は、本業で収入を確保しつつ、副業からはじめることも検討しましょう。

SAPコンサルタントが副業で稼ぐには?案件単価や獲得方法を解説

安定して案件を獲得し続ける必要がある

フリーランスとして活動するには、安定して案件を獲得し続ける必要があります。高単価案件を受けるのも重要ですが、仕事がなければ収入が途絶えてしまい生活できません。毎月収入を得るには、継続して受けられる案件の獲得を目指しましょう。

また案件を獲得した後も、次の案件を獲得できるように常に準備をしておきましょう。

フリーランスSAPコンサルタントの将来性

フリーランスSAPコンサルタントは、今後も需要のある職種です。

他社ERP製品やSaaSの登場が懸念される声もありますが、SAP公式によると2018年時点でSAP S/4HANAユーザーが前年同期比で41%増加していると発表しています。そのため、今後もSAPの高いシェア率に変動はないといえます。

ただ、標準サポートが終了する2027年以降は、SAPシステム新規導入案件は減少していく懸念もあります。2027年以降は、セキュリティや運用保守のSAP案件の増加が見込まれるため、先を見据えてスキルを取得しておくことも大切です。

まとめ

フリーランスSAPコンサルタントについて、案件例や平均年収、収入アップのポイントなどを解説しました。

フリーランスSAPコンサルタントは、需要は高く、高収入を見込める魅力的な職種です。ただ2027年の標準サポート終了後は、それまでと異なる案件が増える可能性もあるので、先を見据えた行動も意識しましょう。またフリーランスで収入を安定させるには、継続案件を獲得することも大切です。

弊社ITプロパートナーズは、週2日から受けられる案件を多く扱っています。フリーランスとして活躍したいなら、ぜひチェックしてみてください。

フリーランスの方でこのようなお悩みありませんか?
  • 高額案件を定期的に紹介してもらいたい
  • 週2日、リモートワークなど自由な働き方をしてみたい
  • 面倒な契約周りはまかせて仕事に集中したい

そのような方はぜひ、ITプロパートナーズをご利用ください!

フリーランスの方に代わって高額案件を獲得
週2日、リモートなど自由な働き方ができる案件多数
専属エージェントが契約や請求をトータルサポート

まずは会員登録をして案件をチェック!

この記事を書いた人
ITプロパートナーズ編集部
ITプロパートナーズはITフリーランスの方に案件紹介をしているエージェントです。当メディア「アトオシ」では、フリーランスの働き方から仕事探しまで幅広い情報を日々発信しています。