フリーランスの業務委託契約書テンプレート・雛形と記載すべき13項目

freelance

こんにちは、ITプロパートナーズ編集部です。

フリーランスは、業務委託契約を結んだうえで業務を請け負うケースが多いです。その場合、業務委託契約書を作成する必要があります。業務委託契約書ではさまざまな項目について定めなければならないため、テンプレートを利用するとスムーズです。

業務委託契約書には、具体的にどのような内容を含めればいいのでしょうか。この記事では、業務委託契約書の項目とともに、安心して利用できるテンプレートを紹介します。

業務委託契約書を作成する際の参考として、ぜひ役立ててください。

なお、フリーランスについて基本的なことを知りたい方は「フリーランスとは」や「フリーランスと業務委託の違いとは?」の記事も参考にしてみてください。

弊社では、数多くの方にフリーランス案件を獲得していただいています。経験とスキルさえあれば、週2日から高収入案件をご紹介できます。まずは無料登録をして色々な案件をみて見てください。弊社からおすすめの案件をご紹介することも可能です。

フリーランスの業務委託契約書に記載すべき基本的な13項目

フリーランスの業務委託契約書では、たくさんの項目について記載する必要があります。いずれも契約において重要な項目であるため、必ず含めるようにしましょう。ここでは、フリーランスの業務委託契約書に記載する必要がある各項目の書き方を解説します。

1.業務内容

業務委託契約書では、請け負う仕事の内容を明確に記載しましょう。業務委託契約書で業務内容が明示されていないと、想定していない業務まで依頼される恐れがあります。

職種によっては業務内容を明示しにくいケースもありますが、なるべく具体的に記すことが大切です。業務委託契約書で簡潔に業務内容をまとめられない場合は、業務内容の追加や変更には別途合意が必要である旨を記しておきましょう。

2.契約形態

業務委託契約書には、契約形態についても明確に示す必要があります。契約形態によって、報酬が支払われる条件はそれぞれ異なるためです。

フリーランスの業務委託契約には、請負契約と委任契約の2種類があります。請負契約は成果に対して報酬が発生する契約形態です。働く時間に関係なく、成果物の納品によって報酬が発生します。一方、委任契約は業務そのものに対して報酬が発生する契約形態です。主に、成果物のない業務に対して適用されます。

契約形態は業務委託契約書に記載しないケースもありますが、きちんと記しておいたほうが安心です。

3.契約期間・更新

業務委託契約書で契約期間を明示しておくと、計画どおりに業務を請け負いやすくなります。契約期間についての明確な取り決めがない場合、突然契約が解除されるリスクもないとはいえません。契約期間は業務内容に応じて自由に設定できるため、業務委託契約書でもきちんと定めておきましょう。

また、契約期間とともに契約の更新についても定めておく必要があります。長期的な契約の場合、解除の申し出がない限り自動更新される仕組みにしておくと、契約手続きに関する手間を減らせます。

4.報酬の支払い

報酬が発生する条件や具体的な金額について明確に定めます。支払い方法や支払い日などについてもくわしく記載しておきましょう。

業務委託契約書において、報酬に関する取り決めは特に重要です。金銭に関する認識に差があるとトラブルに発展しやすいため、細かい部分まで明確に定めなければなりません。たとえば、報酬が振り込まれる際の振込手数料はどちらが負担するかについても、あらかじめ業務委託契約書で定めておくとスムーズです。

5.経費の支払い

業務委託契約書では、業務のために生じる経費を誰が負担するかについても定めておきましょう。たとえば、通信費や交通費などが該当します。

業務内容によっては経費が高額になる可能性もあるため、注意しておかなければなりません。経費を自ら負担する場合、報酬そのものが高額でも手元に残る金額は経費の分だけ少なくなります。

6.再委託

業務委託契約書で再委託についても定めておくと、トラブルの防止になります。再委託とは、依頼された業務をさらに別の第三者へ委託することです。

再委託が可能であれば、より効率的に業務を進められる可能性があります。ただし、もとの依頼者の意図が伝わりにくくなるため、再委託を認めていない依頼者も少なくありません。依頼者の意に反して再委託するとトラブルにつながるため、注意が必要です。あらかじめ再委託の可否について業務委託契約書で明確に定めておきましょう。

7.不可抗力

業務委託契約書では、不可抗力により業務を遂行できなかった場合の責任についても定めておくと安心です。

基本的には、契約した期間内に業務を完了させる必要があります。しかし、不可抗力により業務に支障が生じた場合は、現実的に考えて業務の完了が困難になるでしょう。たとえば、病気、事故、災害などの影響により、業務を完了できなくなるケースも出てきます。また、業務の遂行が著しく遅延する可能性もあります。

そのような場合に臨機応変な対応ができるようにするためには、あらかじめ業務委託契約書で不可抗力の発生時に関する取り決めを定めておきましょう。やむを得ず業務を遂行できなかった場合の責任を追求されないようにするために、重要な項目です。

8.著作権

成果物を提出して報酬を受け取る場合は、著作権についても業務委託契約書で明確にしておきましょう。基本的に著作権は成果物を制作した人が保有していますが、業務委託契約においては報酬を受け取った時点で依頼者側に著作権が移るとされているケースも多いです。

著作権者について明確にしておかないと、成果物の権利を巡ってトラブルが発生する恐れがあります。クレジット表記の有無や加工できる範囲などについても、業務委託契約書で細かく定めておきましょう。

9.知的財産権

知的財産権は、個人のアイデアで生み出された成果物の無断使用を防ぐための権利です。著作権も含まれており、特許権や商標権なども知的財産権のひとつとなっています。双方でこれらの権利に関する認識について相違があると、トラブルにつながる可能性があるため要注意です。

成果物を納品して報酬を受け取る契約をする場合は、知的財産権全般について業務委託契約書で明確に定めておきましょう。

10.秘密保持

業務委託契約書においては、秘密保持についても明記しておくと安心です。秘密保持とは、業務上で知り得た情報を不正に利用したり、第三者に口外したりしないという取り決めを表しています。秘密保持の取り決めに違反した場合、損害賠償を請求される恐れがあるため注意が必要です。

どのような情報が秘密保持の対象になるか業務委託契約書で定めておけば、気付かないうちに秘密保持を破るリスクを減らせます。また、業務委託契約書とは別に、秘密保持契約(NDA)を改めて締結するのもひとつの方法です。

11.契約解除

業務委託契約書で契約解除の方法について定めておくと、トラブルの防止に役立ちます。契約解除の条件について具体的に定めておくことが大切です。業務委託契約書で定めていない問題が発生した場合は話し合いによって解決する旨も記載しておきましょう。

業務委託契約を解除する・される際に絶対知っておくべきフリーランスの必須知識

12.損害賠償

業務上で問題が発生した場合の損害賠償についても、業務委託契約書で条件を定めましょう。たとえば、著作権の侵害や情報漏洩が発生した場合は、損害賠償を請求される恐れがあります。責任や損害賠償の範囲を明確に設定し、損害賠償に至らないよう注意しながら日々の業務を進めなければなりません。

13.管轄裁判所

業務委託契約においてトラブルが発生し、当事者同士で解決できないときは、裁判に持ち込むケースもあります。そのような事態に備え、業務委託契約書では管轄裁判所についても記しておきましょう。

契約する双方の中間地点にある裁判所を管轄として設定すれば、万が一の事態が発生してもスムーズに解決を目指しやすくなります。

フリーランスが参考にできる業務委託契約書のおすすめテンプレート

フリーランスが業務委託契約書を作成するときは、さまざまな項目を漏れなく含める必要があります。テンプレートを使用すると、スムーズに業務委託契約書を完成させられるため便利です。

業務委託契約書のテンプレートとしては、さまざまなものがあります。そのなかでも、専門家が作成しているテンプレートを選べば安心です。ここでは、専門家が作成した業務委託契約書のテンプレートを2つ紹介します。

ウェブさえ

ウェブさえは、さまざまな情報を発信しているサイト。ウェブさえでは、フリーランス向けの業務委託契約書が公開されています。業務委託契約書に必須の項目があらかじめ含まれており、それぞれについて丁寧な解説がついているのが嬉しいポイントです。業務委託契約書の書き方に自信がなくても、スムーズに業務委託契約書を作成できます。業務委託契約書のテンプレートは、行政書士に依頼したものだそうで、無料でダウンロード可能です。

bizocean

bizoceanは、業務委託契約書をはじめとし、さまざまな契約書のテンプレートが用意されているサイトです。有識者の確かなテンプレートが用意されているため安心して利用できます。業務委託契約書だけでも多くのパターンに対応しています。自分自身の職種や契約内容にあわせ、最適な業務委託契約書を選びましょう。

フリーランスが業務委託契約書を作成すべき理由

業務委託契約書は、フリーランスとして仕事を請け負ううえで特に重要な書類です。フリーランスは、なぜ業務委託契約書を作成する必要があるのでしょうか。ここでは、フリーランスが業務委託契約書を作成すべき理由を説明します。

そもそも業務委託とはどのようなものなのか知りたい人は、以下の記事も参考にしてください。

業務委託契約とは?働き方や請負・委任契約との違いもわかりやすく解説

信頼関係を築く

業務委託契約書は、依頼者との信頼関係を築くために大きな役割を果たします。口約束による契約のみで業務を進めると、後から双方の認識にずれが生じる可能性が高いです。また、どちらかが途中で契約を放棄するリスクも高まります。何かトラブルが発生した際にも、細かい取り決めがないと解決が困難になるかもしれません。

あらかじめ業務委託契約書を作成して細かい部分まで定めておけば、双方が安心して契約を続けられます。信頼関係を築いてスムーズに業務を進めるためにも、業務委託契約書でしっかりと各項目について定めておきましょう。

トラブルを回避する

業務委託契約書で双方の権利や義務について定めておくと、無用なトラブルも回避可能です。業務委託契約に関する取り決めが曖昧であれば、さまざまな問題に発展するリスクがあります。特に、報酬や著作権に関するトラブルが発生しやすいため、業務委託契約書で細かく定めておいたほうが安心です。

業務委託契約書を作成すると文書で記録が残るため、いつでも内容を確認できます。明確な定めがあれば、万が一トラブルが発生しても事前に交わした取り決めに基づいて対処できるでしょう。裁判や損害賠償請求などに発展する可能性も抑えられます。

フリーランスの業務委託契約書に収入印紙は必要?

フリーランスの業務委託契約書に収入印紙が必要かどうかは、契約形態によって異なります。委任契約であれば収入印紙は不要ですが、請負契約の場合は、「第2号文書」「第7号文書」のいずれかに該当するため、収入印紙が必要です。具体的な収入印紙の金額については、以下で解説します。

第2号文書

第2号文書とは、請負契約に関する書類です。仕事が完了した際に報酬が支払われる契約が対象となります。

第2号文書の場合、収入印紙の金額は契約金額に応じて変化する仕組みです。契約金額に対する収入印紙の具体的な金額は、税庁では以下のとおりと定めています。

契約金額収入印紙代
契約金額の記載のないもの200円
1万円未満非課税
~100万円200円
100万円超~200万円 400円
200万円超~300万円1,000円
300万円超~500万円2,000円
500万円超~1,000万円1万円
1,000万円超~5,000万円2万円
5,000万円超~1億円6万円
1億円超~5億円10万円
5億円超~10億円20万円
10億円超~50億円40万円
50億円超60万円

第7号文書

第7号文書は、継続的な取引契約のための書類です。業務委託契約書のほか、売買取引基本契約書や代理店契約書なども第7号文書となります。ただし、契約期間が3ヶ月以内で、更新に関する定めがない場合は除くとされています。

第7号文書の収入印紙代は、一律で4,000円と決められています。

フリーランスが業務委託契約書を作成する際のポイント

フリーランスが業務委託契約書を作成するときは、さまざまなポイントを意識する必要があります。ここでは、具体的なポイントについて確認しましょう。

記載内容は明確に示す

業務委託契約書は契約に関する取り決めを明文化するためのものです。すべての項目について具体的に記載する必要があります。業務内容や報酬などをはじめとし、各項目についてできる限り具体的な内容を盛り込みましょう。

業務委託契約書で曖昧な表現をすると双方の認識が食い違う原因になるため、注意が必要です。その場合、トラブルが発生した際に業務委託契約書を根拠とした解決が難しくなります。

想定されるトラブルについては全て記載する

業務委託契約書は契約上のトラブルを回避するために役立ちます。業務を進めるなかではさまざまなトラブルが発生する可能性があるため、そのすべてについてあらかじめ業務委託契約書で定めておくのが理想です。

具体的に定めるのが難しい内容については、別途契約を結んだり、話し合いによって解決したりできるように記しておく必要があります。

専門家に依頼する

業務委託契約書は法的な効力をもつ書類であり、一定のルールに従って作成しなければなりません。自力で完璧な業務委託契約書を作成するのが難しい場合は、専門家に依頼するのもひとつの方法です。専門家に依頼すればその分の費用がかかる反面、正確な内容の業務委託契約書を作成できます。

特に、高額な契約や長期間に及ぶ契約を結ぶ際は、専門家に依頼して業務委託契約書を作成したほうが安心です。テンプレートを活用するのもひとつの方法ですが、より確実性を求めるなら専門家への依頼も検討しましょう。

フリーランスが業務委託契約を締結する際の注意点

業務委託契約の締結においては、さまざまな部分に注意が必要です。業務委託契約書を作成するだけでなく、内容についても双方できちんとすり合わせておかなければなりません。

契約内容によっては偽装請負に該当するケースもあります。偽装請負とは、形式上は請負契約であるものの、実質的には派遣に該当する契約のことです。

また、業務委託契約書に収入印紙が必要な場合は、貼り忘れに注意しましょう。必要な収入印紙をきちんと貼り付けていないと、過怠税が発生する恐れがあります。

業務委託契約の注意点は?フリーランス必見のポイント6つとトラブル事例

フリーランスの業務委託契約書に関するQ&A

業務委託契約書に関しては、ほかにもさまざまなポイントがあります。ここでは、業務委託契約書に対してよくある疑問とそれに対する回答をチェックしましょう。

業務委託契約書の内容を変更したい場合は?

契約締結から時間が経ち、最初に作成した業務委託契約書の内容を変更したい場合は、覚書などを作成します。覚書は、業務委託契約書の変更点についてまとめて記載する書類です。変更契約書や変更確認書とよばれる場合もあります。

相手と協議しながら、合意のもとで業務委託契約書の内容を変更しましょう。

業務委託契約書は必ず紙で作成する必要がある?

業務委託契約書は必ずしも紙で作成する必要はありません。ほかの多くの契約と同様、業務委託契約においても電子契約ができます。

通常は収入印紙が必要な契約であっても、電子契約であれば収入印紙の貼り付けは不要であるため、収入印紙代を大幅に節約できます。

業務委託契約書に割印と契印は必要か?

業務委託契約書には、割印や契印を押す慣習があります。割印とは、2部以上の書類がある場合にそれらの関連を示すためのものです。一方、契印は書類が複数枚に及ぶ場合にページのつながりを表すために押印します。

業務委託契約書に割印や契印を押すと、差し替えや改ざんを防止できます。業務委託契約書の締結後に不正が生じないようにするため、割印や契印も忘れずに押しましょう。

まとめ

フリーランスが業務委託契約書を作成するときは、さまざまな項目を含める必要があります。それぞれの内容について明確に示し、トラブルを未然に防ぎましょう。

テンプレートもあるため、上手に活用するとスムーズに業務委託契約書を作成できます。自力で作成するのが難しい場合は、専門家に相談するのもおすすめです。

適切な業務委託契約書を作成し、スムーズに業務を進めて報酬を得られるようにしましょう。

フリーランスの方でこのようなお悩みありませんか?
  • 高額案件を定期的に紹介してもらいたい
  • 週2日、リモートワークなど自由な働き方をしてみたい
  • 面倒な契約周りはまかせて仕事に集中したい

そのような方はぜひ、ITプロパートナーズをご利用ください!

フリーランスの方に代わって高額案件を獲得
週2日、リモートなど自由な働き方ができる案件多数
専属エージェントが契約や請求をトータルサポート

まずは会員登録をして案件をチェック!