給料安くてもいいからとにかく精神的に楽な仕事11選!

freelance

こんにちは、ITプロパートナーズ編集部です。

昨今、ライフスタイルが多様化し、一昔前のような立身出世の風潮も若干薄れつつあります。「自由な時間がたくさん欲しい」「給料は安くてもいいからとにかく精神的に楽な仕事をしたい」と考えている方も多いのではないでしょうか。

今回の記事では、給料が安くても精神的に楽な仕事を解説します。具体的な職種を紹介するのはもちろん、仕事を探す手順や方法も合わせて解説しますので、ぜひ参考にしてください。

弊社では、数多くの方にフリーランス案件を獲得していただいています。経験とスキルさえあれば、週2日から高収入案件をご紹介できます。まずは無料登録をして色々な案件をみて見てください。弊社からおすすめの案件をご紹介することも可能です。

給料が安くても精神的に楽な仕事の特徴・条件とは?

給料が安くても精神的に楽な仕事には、いくつかの特徴や条件があります。ここではその特徴・条件を4つのトピックに分けて解説します。

1.人間関係の負担が少ない

人間関係の負担が少なければ少ないほど、精神的に楽な仕事といえるでしょう。近年浸透したリモートワークも、人と適度な距離を保てるため、精神的に楽になりやすいとされています。

人間関係の負担は、仕事をするうえで重要な要素です。厚生労働省の「令和2年 労働安全衛生調査(実態調査)結果の概況」によれば、全体の54.2%が「ストレスとなっていると感じる事柄がある」と回答しています。

そのなかでも「対人関係(セクハラ・パワハラを含む)」が27.0%、「顧客、取引先等からのクレーム」が18.9%と、人間関係によるストレスを抱えている人は多くいます。

2.ルーチンワークが多い

ルーチンワークが多い仕事は、精神的な負担が少ないといわれています。例えば常に新しいものに挑戦する仕事は、新鮮ではありますが、人によっては精神的な負荷がかかります。

「決められた作業を決められたようにこなす」というルーチンワークは、大きな失敗や挫折が起こりにくいため、精神的に楽な仕事といえるでしょう。

3.責任が少ない

責任が少ない仕事も、精神的な負荷が少ないといえます。先ほどの厚生労働省の調査によれば、ストレスの内容として、「仕事の失敗、責任の発生等」が35.0%の回答率となっています。

例えば管理職は大きな責任を任され、意欲的に働ける一方、精神的な負荷も大きいようです。責任が少ないような仕事は、給料が上がりにくいデメリットはあるものの、のびのびと働ける一面もあります。

4.スキル・専門資格を必要としない

特定のスキルや専門資格を必要としないのも、精神的に楽な仕事の要件の1つといえます。高いスキルや専門資格が必要とされる仕事は、その分高いパフォーマンスや大きな責任を負うことを期待されるケースが多く、精神的なプレッシャーにつながりやすいのです。

特に資格を必要としない仕事であれば、給料は安く抑えられますが、その分精神的に楽になりやすいといえます。

給料安くてもいいからとにかく精神的に楽な仕事11選

ここまで、給料が安くても精神的に楽な仕事の特徴や条件を確認しました。ここからは、実際に働きやすい仕事を紹介します。仕事内容や精神的に楽な理由を解説しますので、ぜひ参考にしてください。

1.事務員

事務員
なりやすさ
リモートワーク可能
平均年収300万~500万円
必要資格

事務員は、会社の資料作成や電話対応、備品の発注など、会社の幅広い事務作業をこなします。

顧客の対応など一定の人間関係は発生しますが、マニュアルで対応できる仕事がほとんどです。ルーチンワークが多いので、精神的に楽な仕事といえるでしょう。

2.受付・秘書

受付・秘書
なりやすさ
リモートワーク一部可能
平均年収300万~400万円
必要資格

受付はオフィスのエントランスで顧客対応を行う仕事です。また秘書は、会社の社長や管理職などのポジションをサポートし、働きやすい環境を整える役割を持っています。

どちらも一定の人間関係は発生するものの、ルーチンワークが多く、勤めやすい仕事といえます。就職に際して特定のスキルが必要ないのもポイントです。

3.販売員

販売員
なりやすさ
リモートワーク不可能
平均年収320万~350万円
必要資格有 or 無

販売員は小売店などに勤務し、商品の売買に関わる仕事です。接客やレジ打ちのような業務がほとんどで、場合によっては発注業務を任されることもあります。

販売員は接客業なので、人間関係のストレスは避けられません。しかし接客業はマニュアルになっている業務がほとんどなので、ルーチンワークで対応しやすい仕事です。

4.ビル管理員

ビル管理員
なりやすさ
リモートワーク不可能
平均年収300万~400万円
必要資格

ビル管理員は、ビルの設備をチェックする仕事で、「ビルメンテナンス」「ビルメン」と呼ばれることもあります。

ビル管理員は、住人・テナント対応などが発生することがありますが、基本的には点検・保守作業など1人で行うルーチンワークが多く、のびのびと働きやすい仕事といえます。

5.工場作業員

工場作業員
なりやすさ
リモートワーク不可能
平均年収200万~400万円
必要資格

工場作業員は、文字通り工場に勤務し、一定の作業をこなす仕事です。例えばライン作業であれば、ベルトコンベアから流れてくる製品の組み立てや検品を行います。

単純作業かつルーチンワークが多いため、精神的に楽な仕事といえます。また工場の内容にもよりますが、対人関係も発生しにくいため、黙々と働きたい人におすすめの仕事です。

6.検針員

検針員
なりやすさ
リモートワーク不可能
平均年収200万~360万円
必要資格必要資格


検針員は、ガスメーターなどの計量器を読み取って、検針票を作成する仕事です。ルーチンワークがほとんどであり、検針をする経路もあらかじめ決まっているため、精神的に楽な仕事といえます。

また計量器を読み取る仕事なので、対人関係が発生しないのもポイントです。就職にあたって必要とされるスキルや資格もないため、比較的取り組みやすいでしょう。

7.警備員

警備員
なりやすさ
リモートワーク不可能
平均年収300万~500万円
必要資格

警備員は、施設の警備をする仕事です。立ち仕事ではありますが、ほとんどがルーチンワークであり、新しい作業が苦手な人でもやりやすい仕事といえます。

施設を巡回する仕事なので、顧客とのやりとりも発生せず、対人関係のストレスが少ないのも魅力です。コミュニケーションが苦手な人であっても、無理なく取り組めます。

8.塾講師

塾講師
なりやすさ
リモートワーク可能
平均年収350万~400万円
必要資格

塾講師は、その名前の通り、生徒に勉強を教える仕事です。個人授業や集団授業など、程度の差はありますが、基本的には「前もって決められたものを生徒に教える」作業になります。

生徒やその両親とのやりとりなど、対人関係は多く発生しますが、ルーチンワークがほとんどを占めます。対人関係が苦手でなければ、比較的働きやすい仕事です。

9.清掃員

清掃員
なりやすさ
リモートワーク不可能
平均年収300万~350万円
必要資格

清掃員は、ビルなどの施設を清掃する仕事です。仕事の性質上、汚れた部分に接するケースが多いため、人によっては抵抗があるかもしれません。

しかしあらかじめやることが決まっており、対人関係も少ないため、コミュニケーションが苦手でも無理なく仕事ができます。

10.ライター

ライター
なりやすさ
リモートワーク可能
平均年収約450万円
必要資格有 or 無

ライターは取材をしたり紙媒体やWeb媒体において文章を書いたりする仕事です。ライティングだけでなく、構成案の作成や画像選定などを担当する場合もあります。

ライターは、マニュアルやレギュレーションに沿って仕事をするため、ルーチンワークがほとんどという場合もあります。また、取材をしない場合は黙々と作業をすることが大半となるため、対人関係が発生しにくく、精神的に負荷がかかりにくい仕事です。

11.イラストレーター

イラストレーター
なりやすさ
リモートワーク可能
平均年収約350万円
必要資格

イラストレーターは、その名前の通りイラストを作成する仕事です。作画ソフトの扱いなど一定のスキルは求められますが、ルーチンワークがほとんどなので、比較的取り組みやすい仕事といえます。

クライアントとのやりとりなど、一定の対人関係はありますが、接客業や営業などと比べれば少ない傾向にあります。

給料が安くても精神的に楽な仕事を選ぶメリット

仕事をするのであれば、なるべく高い給料を望む人が多いでしょう。そのようななか、あえて給料が安くても精神的に楽な仕事を選ぶメリットを、3つのトピックに分けて解説します。

精神的に落ち着く時間が持てる

精神的に楽な仕事であれば、たとえ給料が安かったとしても精神的に落ち着く時間が持てます。自分の休息に当てたり、別の仕事をしてみたりするなど、さまざまな活用法があるでしょう。

精神的に落ち着く時間が全くなければ、次第に精神をすり減らしていき、最悪の場合は精神疾患を発症することもあります。「精神的に落ち着ける時間」は、想定以上に大きな恩恵をもたらすでしょう。

やりたいことに気づける可能性がある

精神的に落ち着く時間が増えれば、その分さまざまなことを考えられます。そうなれば思考の過程で、自分のやりたいことに気づける可能性もあるかもしれません。

やりたいことが分かり、実際に行動すれば、人生がもっと豊かになる可能性もあります。

仕事を探しやすい

給料が安く精神的に楽な仕事は、特定のスキルや資格を必要としないものがほとんどです。売り手市場になっている業界も多いため、比較的仕事が探しやすいといえるでしょう。

仮に就職先が自分に合わなかったとしても、転職先を見つけやすいのもポイントです。もちろん、転職を繰り返せば繰り返すほど、仕事探しでは不利になってしまうケースがあるので注意しましょう。

給料が安くても精神的に楽な仕事を選ぶデメリット・注意点

給料が安くても精神的に楽な仕事を選ぶ場合、メリットだけでなく、いくつかのデメリットに注意する必要があります。ここでは、そのデメリットや注意点を3つ解説します。

スキルアップ・成長が止まるリスク

給料が安く精神的に楽な仕事には、スキルアップや成長が止まるリスクがつきまといます。例えばルーチンワークの多い仕事は、新しいものに挑戦しにくくなるため、スキルアップが見込めません。

スキルアップや成長ができなければ、現在の職にしがみつくしかなくなり、結果的に大きな精神的負荷を強いられる場合もあります。

給料が低いままの可能性

「誰でも取り組みやすい仕事である」ということは、「他者との差別化が難しい」事実の裏返しです。そのため、特定のスキルが養われず、給料が低いままの可能性もあります。

高い給料を得るためには、専門性を身につけ、他者にはできない仕事をこなす必要があります。将来的に高い給料を得たいのであれば、スキルアップについてよく考える必要があるでしょう。

将来性が低く失業の懸念

給料が安く精神的に楽な仕事のなかには、将来性が低く、失業リスクが高いものも多くあります。「誰でも取り組みやすい仕事は、その分仕事を奪われる可能性が高い」と認識しておきましょう。

昨今では技術の発展が著しく、人間にできる仕事の領域が狭まりつつあります。失業リスクは常に頭に入れておく必要があるでしょう。

給料が安くても精神的に楽な仕事に就くための手順

給料が安くても精神的に楽な仕事に就くためには、いくつかの手順を考える必要があります。闇雲に仕事を探せば、就職してから後悔することもあるでしょう。ここでは、就職までの手順を解説します。

過去・現在のストレス要因を整理する

まずは過去や現在のストレス要因を洗い出しましょう。「自分にとって何がストレスになっているのか」が分かっていないと、就職活動の軸がブレてしまいます。

ストレス要因としてよく挙げられるのは、「人間関係」「仕事量の多さ」「責任の大きさ」などです。自分が何を原因にストレスを抱えているのか、今一度チェックしてみましょう。なお、ストレスのない仕事の条件や職種は以下の記事で紹介しています。

ストレスのない仕事ランキング20選!女性向け&高収入の仕事も紹介

自分の強み・適性を洗い出す

次に自分の強みや適性を洗い出します。例えば「対人関係は苦手だが、コツコツと1人で作業をするのが得意」「ルーチンワークに沿った接客業が得意」「人に何かを教えるのが得意」など、人によってさまざまな適性があります。

自分の強みや適性が分かれば、その情報をもとにした仕事選びが可能です。なお、人と接しない仕事を探している方は以下の記事を参考にしてください。

人と接しない・関わらない仕事24選!職種ごとの特徴や探し方も紹介

職種や案件情報を調べてみる

自己分析が終わったら、実際に職種や案件情報を調べてみましょう。仕事を探すうえで重要なのは、条件を明確化し、それに優先順位をつけることです。例えば「黙々と細かい作業をするのが得意」なのであれば、手を動かす仕事を条件に探してみるとよいでしょう。

また業界や業種をある程度絞るのも重要です。さまざまな業界を研究し、自分に合ったものを選びましょう。

問い合わせ・応募する

気になる求人があれば、実際に問い合わせ・応募をしてみましょう。履歴書や職務経歴書などの書類審査が行われた後、面接をするのが一般的な選考方法です。

面接では、気になっている点があれば、積極的に質問してみましょう。疑問を解決しないまま入社すると、企業とのミスマッチが発生するケースもあります。

フリーランスも検討してみる

昨今では、会社に属する働き方だけではなく、フリーランスという働き方も浸透しています。

例えばライターやイラストレーターのような職種であれば、フリーランスで働いている人も多くいます。給料が安く精神的に楽な仕事を探している場合は、就職活動をしながら、フリーランスを検討してみるのもよいでしょう。

フリーランスの仕事の種類一覧!職種ごとの特徴や想定年収も解説

給料が安くても精神的に楽な仕事を探す方法

一昔前に比べれば、仕事を探す方法も多様化しています。一般的な求人サイトだけでなく、クラウドソーシングや各種エージェントのようなものもあり、目的に合わせた活用が可能です。ここでは、給料が安くても精神的に楽な仕事を探す方法を4つ解説します。

仕事情報サイト

手っ取り早く仕事を見つけたい場合は、仕事情報サイトがおすすめです。どの求人サイトも、職種別に探せるようになっているため、希望の条件で探しやすい特徴があります。

またほとんどのサイトはネットで完結するサービスであり、自分のペースで就職活動ができるのもポイントです。スカウト機能や適職診断など、便利なサービスを備えているサイトも多くあります。

クラウドソーシング

クラウドソーシングは、仕事を依頼したいクライアントと、仕事を探しているワーカーを、インターネット上でマッチングさせるためのサービスです。クラウドソーシングサービスに登録すれば、膨大な案件のなかから自分に合うものを選び、自由に応募できるというメリットがあります。

ライティング案件のようなフルリモートの仕事も多いため、フリーランスを目指している方にもおすすめです。

転職エージェント

転職エージェントは、キャリアアドバイザーが仲介役となり、企業と求職者の橋渡しをするサービスです。仕事情報サイトとは異なり、スタッフと面談して希望・経験を伝えることで、自分に合う求人を紹介してもらえるメリットがあります。

求人を紹介してもらえるだけでなく、長期的なキャリア相談や模擬面接など、仕事探しに役立つサービスが受けられるのもポイントです。

フリーランスエージェント

フリーランスエージェントは、エンジニアやデザイナーなどのフリーランスを対象に、案件の斡旋をしてくれるサービスです。案件の紹介だけでなく、契約手続きなども代行してもらえるため、フリーランスにとって便利といえます。

IT/Web系のスキルを活かし、フリーランスとして働きたいと考えている方は、「週2日から」「フルリモート」など自分に合う働き方を実現しやすい「ITプロパートナーズ」をぜひご利用ください。

まとめ

今回は、給料は安くてもとにかく精神的に楽な仕事について解説しました。誰でも取り組みやすいルーチンワークが多い一方で、「給料が上がらない」「失業リスクがある」など、いくつかの注意点があります。今回の記事を参考に、仕事の選び方を見直してみてください。

職種によってはフリーランスという選択肢もあるため、状況に応じて検討してみるとよいでしょう。IT/Web系で、高単価かつ安心して働ける案件を探している方は、「ITプロパートナーズ」をぜひご利用ください。

フリーランスの方でこのようなお悩みありませんか?
  • 高額案件を定期的に紹介してもらいたい
  • 週2日、リモートワークなど自由な働き方をしてみたい
  • 面倒な契約周りはまかせて仕事に集中したい

そのような方はぜひ、ITプロパートナーズをご利用ください!

フリーランスの方に代わって高額案件を獲得
週2日、リモートなど自由な働き方ができる案件多数
専属エージェントが契約や請求をトータルサポート

まずは会員登録をして案件をチェック!

この記事を書いた人
ITプロパートナーズ編集部
ITプロパートナーズはITフリーランスの方に案件紹介をしているエージェントです。当メディア「アトオシ」では、フリーランスの働き方から仕事探しまで幅広い情報を日々発信しています。