フリーランスになっても後悔しない方法について!決断に迷わないための準備をしよう!

こんにちは、ITプロパートナーズ編集部です。

弊社では、数多くのエンジニアの方にフリーランス案件を獲得していただいています。

経験とスキルさえあれば、週2日から高収入案件をご紹介できます。

まずは無料登録をして色々な案件をみて見てください。

弊社からおすすめの案件をご紹介することも可能です。



それではここからは、日々の現場でサポートさせていただいている中でのプロの目線で、フリーランスに役立つお話をしてまいります。

フリーランスになりたいけど、「後悔することになるのでは?」という気持ちが先立ってしまい、独立に踏み出せない人も珍しくありません。

「フリーランスは後悔する」という意見も見られるため、漠然と独立することに恐怖を感じている人も多いでしょう。

しかし、きちんとした準備や心構えがあれば、後悔しない独立を実現できる可能性は高まるのです。

こちらでは、フリーランスになりたいけれど後悔するのが怖いという人に向けて、後悔しないための方法を紹介していきます。

フリーランスになるための準備にも触れるので、今後の行動の参考にしてみてください。

freelance

フリーランスになって後悔しやすい人の特徴

どういった人が、フリーランスになったとき後悔しやすいのかを把握することは、ひとつの準備となります。

自分が以下のような特徴に当てはまるのかをチェックして、フリーランスに向いているかを考えてみましょう。

  • 自身の成長を楽しめない人
  • 自分から行動できない人
  • 自信を持てない人

自身の成長を楽しめない人

自分自身の成長を楽しめない、実感することができない人は、フリーランスになってから後悔する可能性が高いです。

フリーランスを取り巻く環境は常に変化するものであるため、それに合わせて自分も成長していかなければなりません。

そのため、成長の楽しみを理解できないと、フリーで働くことの面白さそのものがわからなくなるでしょう。

「仕事が面白くない」と感じられると、どうしてもモチベーションは低下し、後悔するきっかけになってしまいます。

自分から行動できない人

自発的に行動できない人も、フリーランスになったことを後悔しやすいです。

フリーで働くのなら、自分自身の手で仕事を見つけ、交渉をしていかなければなりません。

基本的に誰かが仕事を持ってきてくれたり、スケジュールを埋めてくれたりといったことはないので、受け身のままでは仕事の継続が難しくなるでしょう。

フリーランスとして後悔したくないのなら、自分から行動を起こす癖をつけて、積極的に動くことを習慣とする必要があります。

自信を持てない人

フリーランスとしての自分の能力に自信を持てない人も、後悔しやすいタイプだといえます。

自信のなさはクライアントに伝わり、成果物のクオリティにも影響してくるため、評価の低下につながることも。

結果的に満足のいく仕事ができなくなることも多いので、自信のなさは将来的にフリーランスになったことを後悔させる要因になると考えられるでしょう。

後悔しないために:フリーランスになる前にやっておくこと

将来的に後悔することのないように、まずはフリーランスになる前にやっておきたいことを確認しましょう。

実際に会社員を辞めてからでは遅いケースもあるので、フリーになる前に以下の要素をチェックして、後悔しないための準備を進めておきましょう。

  • 仕事に必要な環境を整備
  • 仕事先との関係の構築
  • クレジットカードやローンについて

仕事に必要な環境を整備

独立して働くための環境整備は、フリーランスになる前に済ませておく必要があります。

フリーになってから慌てて準備をしようとすると、仕事に支障が出ることもあるため、後悔する原因となってしまうでしょう。

少なくとも、問題なく仕事が進められる最低限の環境は、フリーランスになる前から作成することがおすすめです。

仕事先との関係の構築

案件を提供してくれる仕事先と関係を構築しておくことができないと、フリーランスになってもまともに働けないという事態になりかねません。

「独立してから仕事先を探す」のではなく、「仕事先を見つけてから独立する」という順番を守ることが、後悔しないためには必須となるでしょう。

今の仕事が嫌だから、とにかく先に辞めてしまおうという考えは、フリーランスになってから後悔する原因になります。

フリーランスになっても大丈夫という確信を持ってから、実際に独立に向けた行動を起こすようにしましょう。

クレジットカードやローンについて

フリーランスは社会的な地位が低いと判断されることも多いため、場合によってはクレジットカードの新規作成やローンを組むことが難しくなる可能性もあります。

そのため必要であるならば、フリーランスになる前にそれらの手続きを済ませておくことがおすすめです。

開業してから日の浅いフリーランスは、いろいろな制約に悩まされることも多くなります。

会社員として働いているのなら、その環境を活用して、信用が必要な契約などは先に済ませておくようにしましょう。

後悔しないために:フリーランスになった後にやるべきこと

フリーランスとしての生き方を後悔しないためには、実際になった後にもやるべきことがたくさんあります。

「こんなはずじゃなかった」と後悔しないように、必要な行動を把握しておきましょう。

  • 定期的な働き方の見直し
  • 収支の確認
  • 体調管理への意識改革

定期的な働き方の見直し

フリーランスを長く続けていくのなら、定期的に自分の働き方を見直す必要があります。

今の収入で満足できているのか、本当にやりたい仕事に携われているのかといった点をチェックすることが、後悔しないためには重要です。

ときには働き方を修正して、フリーランスとしてより理想的な姿勢を身につける意識も求められます。

収支の確認

生活における収支を確認して、労働に見合った状態になっているかをチェックすることも、フリーランスになったことを後悔しないためのコツになります。

支出に対して収入が足りていない状況が続く場合、フリーランスとしての生活が破綻する可能性も出てくるでしょう。

安定性を欠いた生活は後悔の種になるため、フリーランスになった後は常に収支を気にしながら働くことがポイントです。

体調管理への意識改革

フリーランスは自分の裁量で仕事の量を調整できてしまうため、無理をして体調を崩すケースが多く、その結果後悔することになる可能性もあります。

不摂生な生活が定着する前に、体調管理は徹底することがおすすめです。

睡眠時間の確保と、食事の栄養バランスを考えることなどが、フリーランスの生活に欠かせない基本的な体調管理になります。

「体調を崩す=仕事ができない=収入が減る」という図式が成り立ってしまうからこそ、後悔しないための体調管理は意識しておきましょう。

「後悔したくない」という気持ちはプラスになる

「後悔したくない」という気持ちは、考えようによってはプラスになることがあります。

例えば、以下のような形で後悔を活かすことができれば、よりフリーランスに適切なスタイルを確立できるでしょう。

  • 「後悔したくない」はモチベーションにつながる
  • 後悔も経験になる

「後悔したくない」はモチベーションにつながる

後悔したくないという意識が働くと、それに影響されて人間の行動は変わるため、ときには仕事のモチベーションアップにつながります。

「後悔したくないから頑張ろう」「後悔しないために今動こう」といったように、ポジティブな意識に変えるのがポイントです。

後悔も経験になる

後悔したという事実もまた、フリーランスにとっては良い経験となることがあります。

この後悔を次の機会に活かす方法を考えることができれば、フリーランスとして成功するきっかけをつかめるかもしれません。

フリーランスはある種の不安定さを持った仕事になるため、まったく後悔しないで働いていくことは難しいです。

だからこそ、後悔=経験という前向きな捉え方を意識して、将来につなげていくことがおすすめされます。

フリーランスになったことを後悔しそうになったときの対処法

もしフリーランスとして働いているときに、後悔しそうになったなら、以下のような対処法を試してみてください。

後悔によってフリーランスを諦めるようなことにならないためにも、自分のメンタルを上手に保つ方法を獲得しておきましょう。

  • フリーランスを目指した理由を思い出す
  • 会社員時代と比較してみる
  • 同じ悩みを持つ人たちと交流する

フリーランスを目指した理由を思い出す

後悔しそうになったときは、なぜ自分がフリーランスを目指すことになったのか、その根本的な理由を思い出してみましょう。

原点に立ち返ることができれば、後悔を乗り越えて、新たな気持ちで仕事に取り組むことができるようになります。

改めてフリーランスとしての目標を作成して、それに向かっていくための具体的な計画を立ててみるのもおすすめです。

会社員時代と比較してみる

フリーランスになる前の仕事と比較して、今の自分を見つめ直すことで、後悔の念を振り払えることもあります。

フリーランスになったからこそできていることや、実現できた行動を見つけられれば、後悔の気持ちは少しずつ沈静化していくでしょう。

フリーランスの良い面を把握するきっかけにもなるので、後悔で落ち込みそうになったときは過去の自分や職場環境を今現在と比較してみてください。

同じ悩みを持つ人たちと交流する

フリーランスになって後悔したという経験を持つ人は、世の中にたくさんいます。

そういった人たちと交流して、考えや経験を話し合うことができれば、後悔の気持ちを軽くすることができるでしょう。

インターネットを介したSNSだけでなく、フリーランスに関連するイベントや勉強会に出席することでも、交流を図ることができます。

同じ悩みを持つ仲間を見つけて、相談しあえる環境を作ることができれば、フリーランスになったことを後悔する機会を減らせるでしょう。

まとめ:フリーランスになったことを後悔しないためにできることを考えよう!

フリーランスとして生きていくためには、多くの苦悩と出会わなければならないため、ときには後悔に追い詰められることもあるでしょう。

しかし、きちんとした準備と心構えができていれば、そういった後悔を最小限に抑えることはできるのです。

これからフリーランスになる人はもちろん、既にフリーランスとして活動している人も、この機会に後悔しないための方法を考えておきましょう。

 

▼フリーランスノウハウについては下記にまとめています。
フリーランスの手引書【フリーランス支援のプロがまとめました】

bn04

もし、今あなたが

・フリーランスになるか悩んでる
・自分に合った案件があるのか不安
・そもそも何から始めればいいのか分からない

などお困りであれば、ぜひ弊社ITプロパートナーズのサポート内容を確認してみてください!

登録後、専属エージェントに無料相談もできますよ!

※週2日 / 30万〜のフリーランス案件を紹介中です
※ご経験やご希望によっては案件を紹介できない場合がございますのでご了承ください。


よく見られてる関連案件

b80c977483d024c14549510e194361fe 2_anken 3_anken
The following two tabs change content below.
株式会社ITプロパートナーズ

株式会社ITプロパートナーズ

「IT起業家・フリーランスの自立を支える」というビジョンの元、「週2日からの業務委託案件を紹介する、ITプロパートナーズ」を運営。 ■BestVenture100に創業初年度で選出 ■取材記事:自立する覚悟が、働き方を変える
株式会社ITプロパートナーズ

最新記事 by 株式会社ITプロパートナーズ (全て見る)

freelance