フリーランスが法人化するメリットとデメリットが知りたい!

こんにちは。

ITエンジニア・webディレクター・webデザイナーなどのIT人材の自立・キャリアを支援するITプロパートナーズ編集部です。

弊社では、独立精神旺盛な優秀なエンジニアの方々の独立・起業サポートや、フリーランス支援を行っています。
こちらでは、日々の現場でサポートさせていただいている中での、プロの目線で、エンジニアに役立つお話をしてまいります。

独立する際、フリーランス(個人事業主)になるか法人化するかで悩んだ経験がある方、フリーランスで働きながら法人化すべきか否か考えているという方はきっと多いはず。

悩みどころは、「法人化すると何か良いことがあるの?」逆に、「法人化しないと損するの?」というメリットとデメリットがわかりにくいということではないでしょうか。

今回は、法人化のメリットとデメリットとともに、「法人化するならこのタイミング」というベストな時期も考えていきましょう。

まずはメリットから見ていきましょう!

freelance

フリーランスが法人化するメリット

①信頼度が上がる!

法人化の最大のメリット、それは言わずもがなの「信頼度」。

個人はフットワークの軽さがひとつの武器ですが、残念ながら社会的な信用は低いと言わざるを得ません。新規開拓が難しかったり、法人化していれば契約できるのにと言われたりすることも多いのが現実。

規模の大きい案件を個人に任せるのは不安だという企業の気持ちも理解できますよね。

ちなみに、銀行からの融資や助成金を受ける際にも法人化していたほうが圧倒的に有利だといわれています。取引先を増やし、事業を拡大していきたいと思うなら、法人化を検討したほうが良いでしょう。

②節税効果がある

個人事業主が支払うのは所得税、法人化して支払うのは法人税。個人事業主は収入から経費を引いた課税所得に比例して所得税も多くなります。

つまり、稼げば稼いだだけ税率が上がっていくわけですね。

一方、法人税の場合は国定税率が適用されるため、支払う税率は最高でも23.9%と所得に比例しません。一般的には、課税所得が900万円を超えるなら、法人化したほうが節税の視点からは有利と言われています。

加えて、社会保険に加入できる、自分の給料や退職金を経費にできる、といった点も金銭面でのメリットだと言えるでしょう。

フリーランスが法人化するデメリット

①手間とお金がかかる

法人化すると言うのは簡単ですが、その手続きは煩雑で時間がかかり、登記代と印紙代だけでも24万円ほどの費用が必要です。

さらに、法人住民税の均等割など会社を維持するランニングコスト、決算の費用などもかかります。継続的に余裕のある収入が見込めないと、法人化したあとの負担が大きそうですね。

②社会保険料もかかる

法人化すると社会保険に加入できる、とメリットのところで述べました。

将来的な安心感が得られる一方で、社会保険料がかさむのは大きなデメリット。自分はもちろん、従業員も社会保険に加入させて、保険料の半分を会社が負担しなければなりません。

③会計や経理の知識が必要

法人化すれば、会計処理や法人税の報告、社会保険の手続きなど、事務的な負担は確実に増加します。

中でも重要なのは、やはり会計処理でしょう。会社の財政状況を把握し、決算報告の準備をしなければなりません。

税理士への相談にも費用がかかりますし、やはり自分自身で知識を持って、帳簿付けまでは行えるようにしておきたいですね。

法人化すべきタイミングとまとめ

節税効果の項目でも述べましたが、タイミングとしては「売上が500万円程度まで来て、事業拡大を考えているなら」「1000万円を超えて、継続的な収入が見込めるなら」「400万円くらいでも法人化したほうがよい!」と諸説入り乱れており、その人によってベストなタイミングは異なるようです。

現在の売上のと将来のビジョンを鑑みて、自分にとって最適な形を追及できるといいですね。

bn04

もし、今あなたが

・フリーランスになるか悩んでる
・自分に合った案件があるのか不安
・そもそも何から始めればいいのか分からない

などお困りであれば、ぜひ弊社ITプロパートナーズのサポート内容を確認してみてください!

登録後、専属エージェントに無料相談もできますよ!

※週2日 / 30万〜のフリーランス案件を紹介中です
※ご経験やご希望によっては案件を紹介できない場合がございますのでご了承ください。


よく見られてる関連案件

b80c977483d024c14549510e194361fe 2_anken 3_anken
The following two tabs change content below.
fumimaki

fumimaki

人材紹介会社にて求人広告の制作やライター業務に携わった後、結婚・出産を経てフリーに。執筆のメインテーマは「人と仕事」。はたらく人の情熱や魅力を世の中に届け、文章を通して人と仕事をつなげたいという思いを軸に、医師や職人、ベンチャー企業の社長など、様々な職業の人へのインタビューと記事執筆を手がけています。
freelance

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です