フリーランスと起業家の違いとは?

フリーランスとして独立をして、当面の仕事に困らない状況を確立すると、このままずっとフリーランスとして食べていけるな、という手応えを感じることでしょう。

しかしながら、フリーランスとしてなんらかのスキルがあり手に職がある方であっても、
エンジニアであればそのスキルが陳腐化したり、より若く優秀なフリーランスの方が台頭してきて、切られるというリスクがつきものです。

また、フリーランスとして長年やると、どんどん体力的には無理が効かなくなるため、稼働時間ではなく単価をあげる努力をする必要があります。
しかしそのような努力を続けることの難しさもあるでしょう。
フリーランスとして食べていくことに困らなくても、時間で仕事をしない、というスタイルで稼げている方はかなり少数ではないでしょうか。
しかし実はフリーランスの方こそ、起業して自分のビジネスを確立することで、時間で稼ぐというパラダイムから抜け出す働き方に近い立ち位置にいるといえます。
フリーランスという働き方を、起業をする準備期間と捉えてみると、フリーランスとして働くということはさまざまなアドバンテージがあるものです。
本稿では、そのような観点でフリーランスという働き方の再定義をしてみたいと思います。

freelance

フリーランスと起業の違いとは?

shutterstock_637834195 (1)

そもそもフリーランスとして独立をすることと、起業して独立することの違いはなんでしょうか?
両者とも、独立という表現をします。確かに、会社員として雇われていない、という意味では、両者とも独立しているという状態であることに変わりありません。
ここでは、筆者の実体験を踏まえながら、フリーランスと起業の違いを考えてみます。

まず、フリーランスとして活動する場合ですが、主にその収入源は対企業であることがほとんどではないかと思います。つまり、法人企業からなんらかの仕事を請け負うことで、その対価としての報酬を受け取る、というスタイルであるということです。
この場合、企業から報酬を受け取るという点で、広義的には会社員とさほどかわりがないといっても差し支えないでしょう。
一方で起業する場合、その業務形態がBtoC・BtoBであるにかかわらず、なんらかの自社サービスをてがけてビジネス=お金を生み出す仕組みを作り出す、ということで売上を立てることが多いのではないでしょうか。
もちろん、この場合に限らず、コンサルタントなどの職種の場合など、特定の企業から報酬を受け取るスタイルの起業もありますので、一概にはいえないところもあります。
しかしながら、一般に起業する醍醐味としては、新しく儲け=お金を作り出す仕組み作りを行うことにあるといえるのではないでしょうか。
このように考えると、フリーランスとは既にある仕事の一部を企業から切り出してもらうことでその対価として報酬を受け取るが、その仕事は既にあるものなので企業からみると外部委託的な側面が強いといえます。
一方で起業とは、既にある仕事ではなく、新しい仕事そのものを生み出す=新たな価値を創造する、という側面が強いのではないでしょうか。

それでは次に、フリーランスから起業するメリットってどんなものがあるか見ていきましょう!

フリーランスから起業するメリットとは?

shutterstock_334693031

フリーランスと法人のメリット・デメリットの話でよく言われるポイントに、税制面の話があります。個人事業主は所得が多いほど税率が高い、法人税は一律。
確かにそれはあります。けれど、法人住民税やら税理士費用やら出費は増えるので1000万以下の売上だと本当に得してるのかな?という感覚なので、そこまでのメリットと僕は感じていません。

思うに、法人化の一番のメリットは行動の選択肢が広がる点だと思います。

まず、法人のみ参加できるような会や案件への入札などが結構あるので、そう言ったところにコミットできます。これが案外面白いです。

そして、信用面でのメリットも感じます。フリーランスは1プレイヤーとしての認識のされかたですが、法人となると1人であろうとチームです。どれだけ小さくても一国一城の長です。
信用面の担保をそこそこ得られる点は営業活動やマーケティング活動で大きく、それによりビジネスモデルを構築しやすくなるのだと思います。

ちなみに、大きい案件を法人から個人として受注した場合、入金時に源泉徴収税が発生し、発注側か受注側のどちらかが支払います。
この点、法人同士の取引だと源泉徴収が発生しないメリットがあります。その他、合コンでモテる、役員賞与でランボルギーニ買うと税金対策になるなどのメリットがあるらしいですが、割愛します。

次に起業のタイミングについてお話します!

フリーランスが起業するタイミングってどんな時?

shutterstock_601841339

「社会の部分を最適化したい」とか「こういう仕組みを作りたい」
というアイデアや技術があれば、どういう形であれ法人として活動した方がいいと思います。

起業することで、出資を受ける機会が生まれることもありますが、こちらを視野に入れるのであれば、株式会社で設立した方がベターです。

「今はフリーランスで仕事をしているけど、ゆくゆくは組織にしていきたい。」

こう思ったら、それも法人化を検討するタイミングです。一人で仕事をする気楽さや気ままさはありますが、チームで仕事に臨むことで可能になるアクションは増えます。
合同会社elegirl、社員は随時募集しております。

アイディアが生まれてから、実際に起業に踏み切るのは早ければ早いほどいいと考えています。
僕の場合、フリーランスとして仕事をしながら、嫌なことがあったタイミングで「やめた。就職しよ」となってしまう可能性を断つために早々に法人化しました。

法人化に必要なのは登記費用や登記書類などのみです。半月あれば会社は立ち上がります。

思うに「起業」は、ビジネスモデルを確立させ、従業員を雇用しながらも能率的に収益を作れた時にこそ、価値が発生します。
法人化の手続きそのものよりも、そこへの到達をどこまで早められるか?が課題です。そのための事業計画だと考えましょう。

実際は、事業計画を事前にどれだけ練ってもその通りに行くことは稀に思いますし、どれだけ事前に経営を勉強しても法人化した後に思い知ることの方が多いはずです。
なので、準備段階で完璧な事業計画は作れないと思っていいでしょう。
完璧な計画を立てているうちに時間が経過して情熱が風化するよりは、まずは法人を作ってしまうところから始めることをおすすめします。

法人化したところで、フリーランスの時と生活自体に急な変化はありません。

給与制になったのは新鮮でした。フリーランスの時は毎月の収入には大きい差があったのですが、法人化してから自分への給与は一律(書類上は)で、この感覚が新鮮です。
給与以上に生活資金が必要な時どうやりくりするかはテクニックがあるんですが、割愛します。

また、諸々の出費のことを忘れてはいけません。一人法人の場合、自分から自分に給料払う過程で税金が発生します。最初納付書が届いた時は悪夢かと思いました。
あと、今度引っ越しするんですが、登記住所が変わるので再登記の費用がかかるようです。
など、あれもこれもにお金がかかり、最初嫌になりますが、まあ洗礼と考えていいでしょう。

フリーランスor起業の選択は価値観に関わる

shutterstock_589999421

このように既にある仕事を請け負うか、新しい価値を生み出すか、という違いがあるフリーランスと起業ですが、それでははたして、どちらがよりよい働き方といえるのでしょうか?
個人的には、これに答えを出すのは働く側の価値観によりけりであり、みずからがどちらを選択するかを定義すべき命題だと思います。
フリーランスとして働く場合、ある程度のスキルレベルや人脈があり、ひっぱりだこで仕事に困らない状況であれば、どの仕事を選択するか?という自由を手にすることができます。
この自由があれば、よりみずからが大切にしたい価値観にもとづいて仕事を選択することができるようになります。
たとえば、フリーランス・エンジニアであれば、ゲーム業界の仕事だけを専門で請け負いたい、Ruby on Railsの開発案件だけを請け負いたい、リモートワークで働く場所や時間に左右されない案件を請け負いたい、など、みずからが大切にする価値観を優先した働き方を選択することができるようになります。
一方、起業を選択する場合でも、ニッチなところでニーズのあるwebサービスを開発してマイクロビジネスとして小さく確実に売上を立てて育てたい、はたまた、ベンチャー企業として外部から資金調達をしてでもスケールするwebサービスを開発して世の中をかえたい、など、こちらもみずからが大切にする価値観にもとづいてみずからがてがけるサービスの方向性をみずから定義することができます。(もっとも外部から資金調達をする場合は自分で起業した会社であってもスケールすることが義務付けられるようなものなので、その点の方向転換・後戻りはできないという制約がついてしまいますが)
このように、フリーランス・起業のどちらの選択をするにしても、その選択をする方の価値観によって、その後の働き方や起業であれば創業した会社の方向性が決められていきます。
つまり、まずは「自分の人生、なにを大切にしてなんのために生きるのか?」という人生哲学・信念のようなものを確立する、というところから出発する必要があると思うのです。

起業予備軍として手始めにフリーランスとして独立する

shutterstock_458395321

私自身の経験や、私の周囲の方の経験も踏まえて総合的に考えると、とくに起業して新しい価値を提供することに挑戦している起業家の方は、輝いており魅力的にみえるものです。
また、フリーランスとして売れっ子になった方は、その売上高やビジネスの発展から、自然と起業の方向に向く方が多い印象です。(かくいう私自身もその方向性を向いている1人です)
そこでもしみずからの価値観を精査した結果、やはり起業したいと考える起業家予備軍なフリーランスや会社員の方が読者の中にいらっしゃったら、フリーランスとして稼ぐ状況を作り出すことを起業の準備期間として捉えてみる、ということをオススメしたいです。
もし、まだ会社員として働いている場合はとくに、起業の前段階としてフリーランスになることを検討してみてください。フリーランスとして独立すると、これまで分業されていたことをすべてみずからがハンドリングする必要があることにきづけます。
たとえば、エンジニアであれば、これまでデザインやUI/UXのことを考えきれていなかった点、そもそもの事業の方向性を考え抜く力が弱かった点、営業や交渉術、経理のことに疎かった点など、自分の至らなさを痛感することでしょう。
しかしながら、このような経験をしてその壁を乗り越えることができたなら、おそらくあなたは他の企業からもひっぱりだこのフリーランス人材として活躍することができるようになります。
一方、フリーランスとして既に独立をはたしている方であれば、仕事を選べるほど、たくさんの仕事が舞い込んでくる状況になっているかを自問してみてください。もしそういう状況になっていなければ、起業を視野に入れるならちょっと心もとないかもしれません。
仕事を選べる売れっ子フリーランスだ!と胸を張れる方であれば、次に必要なのは「事業ネタ」を考えるフェーズにきているといえるでしょう。
リーン・スタートアップ的に、「事業ネタ」のニーズがあるか否かを周囲の信頼できる方やアーリーアダプタとなりえる方にユーザーヒアリングしてみるところから始めてみてもよいかもしれませんね。

フリーランスとして新規事業に携わる

shutterstock_457594000

また、フリーランスとして活動中の方で将来起業を視野に入れる方にオススメなのが、企業から請け負う仕事を「新規事業案件」のもののみに絞る、ということです。
なお、新規事業にかかわる経験はフリーランスでなくとも会社員として働く方にもチャンスがあります。
新規事業は起業と同様のプロセスを踏むことが多いです。確かに企業内アントレプレナーシップと呼ばれる企業内新規では、予め決定されている予算感や人材など、通常の起業にくらべて恵まれている点も多くあります。
しかしながら、新規事業立ち上げのフェーズでは、さまざまな想定外のできごとが発生するなど、既にある仕事を定常的にまわす仕事にくらべると、かなり流動的であり、臨機応変な対応が求められる場面に遭遇する確率が高いといえます。
このような経験は、間違いなく将来起業する際には役立つ経験といえるでしょう。
フリーランスとして活動する方の中には、「そんなに運良く新規事業案件にアサインされることなんてあるの?」という疑問をおもちの方もいらっしゃるかもしれません。
確かにそういう案件にめぐりあう運は必要といえるかもしれませんし、運的な要素も大きいといえるかもしれません。
しかし運のみ!というと元も子もないので(笑)、アドバイスをするとすればやはり仕事や仕事絡みのコミュニティなどの人脈が一番大きいのではないでしょうか。
人脈というとなんだか抽象的な響きがあるのですが、具体的には分かりやすくいえばもっとも大きな人脈は「これまで実際に一緒に働いたことのある人」と考えればよいでしょう。一緒に働いたことのある人であれば、あなたがどういうスキルをもっているか、どういう人間的な魅力があるのか、はたまたどういう異性が好みなのか(笑)、などのパーソナリティを知ってくれていることが多いでしょう。
このような人は、意外にも自分にピッタリの案件などを紹介してくれる確率が高いといえます。
逆に、「これまで働いた人との縁はいろいろあって切ってしまっている」などということが1度でもある方は注意が必要です。せっかく広がったかもしれない人脈をみずからで捨ててしまっているということです。
該当する方は過去のみずからの振る舞いを反省するとともに、「今いる場所で新たにそういう人脈を作ろう!」と意気込んで是非人脈作りに挑戦してみることをオススメします。
このように、人脈とは決して抽象的でも難易度が高いものでもなく、単に「同じ目標に向かって諦めず努力し続けた仲間たちがどれだけたくさんあなたの周囲にいるか?」というだけのことだと思います。

起業の本質はゼロからイチを生み出す価値創造

shutterstock_633684968

前述の通り、フリーランスと起業の大きな違いは「新たな価値を生み出すか否か」であると思っています。いいかえると、起業の本質は「ゼロからイチを生み出す価値創造」であるともいえるでしょうか。
社会にこれまでなかったサービスをさまざまなものを組み合わせて提供し、その対価として売上をあげ、利益をサービスに関わる人やサービスそのものに還元する。そしてこの還元サイクルを半永久的に仕組み化して回し続けるというのがビジネスの本質でしょう。
このような持続可能な価値創造の仕組みづくりを成し遂げることができれば、文字通り時間単価で働くという会社員やフリーランスのパラダイムから抜け出すことも可能でしょう。
当然ながら、このような仕組みづくりはそれほど簡単なことではないでしょう。うまく世の中のニーズを汲み取り、市場に合致する必要があります。これは時の運がないとうまくいかないという側面も多いにあるでしょう。
それでも、挑戦する価値のある仕事であることはいうまでもないことでしょう。
私自身も挑戦中であると同時に、フリーランスを経て起業をする、という働き方や価値観をもっと世の中に浸透させていきたいと思っています。
本稿を読んで少しでも心動いた方はぜひ、みずから決めた価値観に素直になって、観戦者ではなく、一緒にプレイヤーになっていきましょう。

こんなフリーランスは起業すべきではない?

shutterstock_556633009

1、目標ズルズルな人

 起業するメリットは、行動範囲が広がりマーケティングや営業活動がしやすくなることだと述べました。ただ、この日までにやると決めたスケジュールや営業目標を果たせないでも、一人だと誰にも怒られることはありません。

仲間を集めて起業したケースでも、個々人が毎日の業務に追われているうちにチームとして動く必然性がなくなり結局解散というのはよくあるようです。

自分で自分の行動に数値設定し、追っていかないといつまでたってもビジネスモデルの構築には至りません。
「これをやりたい!」と始めた事業も、自分を急かさないままだと何も始まらない。そうこうしているうちに夢の下方修正が始まります。

自分への言い訳が上手だったり、自分を律せない人には難しいのではないのでしょうか。

と、ここまで書いて身に覚えがありすぎてちょっと泣きそうです。

2、デイドリームビリーバー

「起業」という言葉には魔が潜んでいます。起業したことで謎の達成感を獲得してしまい、酔いしれちゃう人を結構見かけます。
「俺はこんなことを考えているぜ」とか「俺はこういうアイディアがあって」という話を声高に言う人、起業に必要なのは風呂敷を広げる能力よりもたたむ能力だと思います。
かっこいいスマッシュブローよりも地道なジャブの精度の方が求められます。理想やアイディアのみがあって、地道な勉強や努力ができずに何も作れない人を多く見るので、あまり大見得切らないようになりました。
事業は思いついた時にではなく転がし始めた時にこそ尊い。理想よりも具体性で人の発言を聞くようになりました。

フリーランスから起業し、あまり思うように行かなかったから個人事業主に戻る。これを失敗とは言いません。
起業の失敗は「損失」が発生した時です。融資を受けたままで会社をたたむことになり、借金が残る。
投資を受けた状態で、その投資金を溶かすだけになってしまい信用を失う。事業を転がせないというのはこういう損失を生むことなのではないでしょうか。

どういう人物像でも起業すること自体は何も問題ありません。ただ、融資や投資など、他人の経済が関与した場合、先にあげた2パターンのモデルは超危険だと思います。逆にいえば、自分がそういう局面に立たされた時、そのどちらかの要素がないかはしっかりジャッジした方がいいと思います。

まとめ

shutterstock_191622767

「起業した」という話を人にいうと、「かっこいい」と言われることがあります。そういう人にはもうほんと、毎日の地味な活動と地味な作業と胃の痛みを知って欲しいです。

「すごい」と言われることがあります。すごくはありません。少なくとも設立だけなら簡単だし、何名もの社員の生活を背負えた後に改めて言って欲しいです。

「大変そう」と言われることがあります。大変か大変じゃないかといえば間違いなく大変です。やるべきことも考えること多いし時間が足りない。

それでも、独立して、起業してたことで、本当に毎日様々な事業者と会うことができています。そして、その度に様々な価値観やアイデアを聞きます。
世の中には色々なこと考えてる人がいるなあと痛感させられる毎日です。
勉強こそしていますが、大した経済を動かしているわけでもないのでビジネスのことは氷山の一角も理解できていませんが、それでも、楽しい。

「全然かっこよくもすごくもないし、大変。でも、楽しい」なんか言われるたびにそう言ってます。この楽しみを理解してくれる方が少しでも増えたら、うれしいです。

bn04

もし、今あなたが

・フリーランスになるか悩んでる
・自分に合った案件があるのか不安
・そもそも何から始めればいいのか分からない

などお困りであれば、ぜひ弊社ITプロパートナーズのサポート内容を確認してみてください!

登録後、専属エージェントに無料相談もできますよ!

※週2日 / 30万〜のフリーランス案件を紹介中です
※ご経験やご希望によっては案件を紹介できない場合がございますのでご了承ください。


よく見られてる関連案件

b80c977483d024c14549510e194361fe 2_anken 3_anken
The following two tabs change content below.
株式会社ITプロパートナーズ

株式会社ITプロパートナーズ

「IT起業家・フリーランスの自立を支える」というビジョンの元、「週2日からの業務委託案件を紹介する、ITプロパートナーズ」を運営。 ■BestVenture100に創業初年度で選出 ■取材記事:自立する覚悟が、働き方を変える
株式会社ITプロパートナーズ

最新記事 by 株式会社ITプロパートナーズ (全て見る)

freelance