データアナリストが副業で稼ぐには?必要スキルや案件獲得方法を紹介

freelance

こんにちは、ITプロパートナーズ編集部です。

膨大なデータを分析し、経営に役立てるために注目が集まっているのが「データアナリスト」です。データアナリストは需要が高いこともあり、副業として案件を獲得することも可能です。

しかし、どのように副業案件を獲得する方法や必要スキルなどが不透明と感じている人も多いのではないでしょうか?

そこでこの記事では、データアナリストが副業で稼ぐ具体的な方法を解説します。実際の副業案件の例から案件獲得方法まで解説しているので、副業に興味があるデータアナリストの人はぜひチェックしてみてください。

弊社では、数多くの方にフリーランス案件を獲得していただいています。経験とスキルさえあれば、週2日から高収入案件をご紹介できます。まずは無料登録をして色々な案件をみて見てください。弊社からおすすめの案件をご紹介することも可能です。

そもそもデータアナリストとは?

データアナリストとは、データの分析を行う専門家のことです。

はじめに、データアナリストの仕事内容と、データサイエンティストとの違いについてみていきましょう。

データアナリストの仕事内容

データアナリストの仕事は、顧客情報や売上に関するデータなど企業のデータベースに蓄積したデータを分析し、経営に役立てることです。データの分析結果から、経営課題の解決方法や今後のビジネス戦略などを導き出します。

データの分析だけでなく、その結果をもとに経営課題の解決を支援するところまで、データアナリストの仕事に含まれます。

データサイエンティストとの違い

データアナリストと混同されやすいのが、データサイエンティストです。データサイエンティストもデータを分析するプロのことで、データアナリストとの明確な違いが定義されているわけではありません。

傾向としては、データサイエンティストはAIや統計学などの専門知識を駆使して分析を行い、経営に役立つ情報を提供します。一方、データアナリストは分析結果を用いた経営の支援がメインの仕事である点が違いとして挙げられます。

データサイエンティストは副業できる?案件の取り方や必要スキルを紹介

データアナリストの副業は需要がある?

企業活動におけるデータ分析のニーズは高まっており、データアナリストの副業にも需要があります。その背景としては、データドリブンやオープンイノベーションといった考え方が注目されるようになり、それを支援するツールも増えていることがひとつの要因です。

また、ビッグデータの活用も進んでいて、さまざまな国や自治体、企業などで分析プロジェクトが展開されています。

このようにデータ分析のニーズは高まっていますが、専門知識が必要なので自社の中で十分な分析ができていないケースも珍しくありません。外部のデータアナリストに依頼する企業も増えているため、データアナリストの副業は需要が高いです。

データアナリストの副業の働き方と必要スキル

データアナリストの副業は、大きく次の2つの働き方に分けられます。

  • コンサル型のデータアナリスト
  • エンジニア型のデータアナリスト

ここでは、それぞれの働き方と必要なスキルを紹介します。

コンサル型のデータアナリスト

コンサル型とは、その名のとおりデータ分析を使ってコンサルティングを行う働き方です。企業の抱える課題に対して、データを分析して具体的な解決案を提示します。

コンサル型のデータアナリストには、以下のスキル・知識が求められます。

  • 論理的思考力
  • マーケティングの知識
  • コミュニケーション力

課題の解決に向けて仮説を立てながらデータ分析を行うため、論理的思考力は必須です。経営に携わるのでマーケティングの知識も欠かせません。

システム部門やマーケティング部門、経営層など複数の組織と関わることもあり、それぞれの部門の橋渡しとなるにはコミュニケーション力も求められます。

エンジニア型のデータアナリスト

エンジニア型のデータアナリストは、機械学習などの知識を活かしてデータ分析を行い、サービスの品質向上に役立てるのが主な仕事です。数学や統計学の知識をもとに、分析の際には自らプログラミングを担当することもあります。

エンジニア型のデータアナリストの場合、以下のようなスキル・知識が必要です。

  • 数学・統計学の知識
  • プログラミングスキル
  • 機械学習に対する知見

エンジニア型のデータアナリストの場合、数学や統計学、機械学習など、専門的な知識・スキルが求められます。自らプログラミングを行うこともあるので、プログラミングスキルも必要です。

データアナリストの副業案件例と単価相場

ここからは、データアナリストの実際の副業案件をみていきましょう。

フリーランスエージェントの弊社「ITプロパートナーズ」に掲載されている案件の中から、3つの案件を紹介します。

SNS広告のデータ分析案件

こちらの案件は、SNS広告を展開する企業でデータ分析を行う案件です。これまでデータ分析を実施していないクライアントのため、1からデータ分析を始められる知見が求められます。

週1日勤務で想定月収は19万円と、稼働スケジュールに対して十分な収入が見込める案件です。フルリモートかつフレックスなので、副業でも取り組みやすいでしょう。

大手鉄道会社のWeb解析案件

こちらのクライアントは、データ分析をメインで行うために立ち上げられた合弁会社です。「データ技術者の専門集団」を目指し、データアナリストを募集しています。

週1日勤務で、想定月収は9万円です。大手鉄道会社関連の案件のほか、今後展開予定の案件もあり、新しい組織の一員として事業を展開していくことに興味のある人にもおすすめです。

飲食販売データの分析案件

こちらの案件はPythonを使ってデータ分析を行う案件です。エンジニア型のデータアナリストを募集していて、Pythonでプログラミングができるスキルが求められます。

週2日勤務で想定月収が30万円の高単価案件です。

データアナリストが副業案件を獲得する方法

データアナリストが副業案件を獲得するには、以下の3つの方法があります。

  • 副業・フリーランスエージェントを活用する
  • クラウドソーシングサイトを活用する
  • コンペに出場する

それぞれの案件獲得方法について、以下で詳しく解説します。

副業・フリーランスエージェントを活用する

データアナリストが副業案件を見つけるには、副業ワーカーやフリーランスに案件を紹介してくれるエージェントを活用するのがおすすめです。エージェントを利用すると、個人では受注が難しい高単価案件や大企業の案件に携われる可能性があります。

エージェントの担当者が実績や希望に合った案件を紹介してくれるので、自分で営業する必要がないのもメリットです。

先ほど紹介したように、フリーランスエージェントの弊社ITプロパートナーズでもデータアナリストの案件を複数掲載しています。フリーランス案件は副業よりも求められるスキルは高いものの、その分高単価な案件が多くなっています。

週2日からの案件も豊富なので、一定スキルや経験があるデータアナリストの方は、ぜひ弊社をご利用ください。あなたに最適な案件をご紹介させて頂きます。

クラウドソーシングサイトを活用する

クラウドソーシングサイトは、データアナリストに限らず多くの副業ワーカーが案件獲得に活用しています。大手クラウドソーシングサイトであるランサーズやクラウドワークスは掲載されている案件数が多く、「データ分析」と検索すると多くの案件がヒットします。

仕事内容や求められるスキル、報酬などは案件によってさまざまなので、自分の経験やスキルに合った案件を探してみましょう。

クラウドソーシングおすすめ15選!初心者が副業で稼ぐ具体的な方法を紹介

コンペに出場する

副業案件としては少しイレギュラーですが、賞金付きのコンペに出場するのもひとつの方法です。例えば、データ分析や機械学習に携わっている人のコミュニティー「Kaggle(カグル)」では企業や政府がコンペ形式の課題を掲載していて、最も優れたものを買い取る仕組みがあります。

スキルに自信のある人は、このようなコンペで腕試しをしてみてはいかがでしょうか。

データアナリストが副業する際の注意点

データアナリストが副業する際には、以下の点に注意してください。

  • 未経験から案件を獲得するのは難しい
  • 会社の就業規則を確認する
  • 確定申告を行う必要がある

それぞれの注意点について解説するので、チェックしておいてください。

未経験から案件を獲得するのは難しい

データアナリストはマーケティングやプログラミング、機械学習など、多くの専門知識が求められます。そのため、未経験から案件を獲得するのは難しいと思っておいてください。

データアナリストは求められる知識の幅が広いのが特徴です。プログラマーやマーケターなど一部の分野について知識や実績がある人は、他の分野の知識をプラスで習得すればデータアナリストとして転職できる可能性はあります。

会社の就業規則を確認する

副業を始める前に、会社の就業規則を確認しましょう。副業解禁の流れがあるとはいえ、副業を全面禁止している企業も少なくありません。

就業規則で禁止されているのに副業を始めると会社とトラブルになる可能性があるため、事前に確認が必要です。副業が禁止されていた場合、残念ですが副業するのは諦めましょう。

確定申告を行う必要がある

副業で収入を得たら、確定申告を行わなければなりません。具体的には、副業で得た収入から経費を引いた「所得」が年間20万円を超えたら、確定申告が必要です。

確定申告は毎年申告期間が決まっているので、遅れないように申告しましょう。申告が遅れたり、申告をせずに放置したりすると、無申告加算税や重加算税などの罰則が課される場合があります。

まとめ

データアナリストはデータ分析の専門家で、企業が蓄積したデータを分析して経営課題を解決するためのサポートを行います。そのため、機械学習や統計などの知識だけでなく、マーケティングの知識やコミュニケーション力も必要です。

近年、データ分析のニーズは高まっています。すでにデータアナリストとして働いている人は、副業案件も受注できるでしょう。エージェントやクラウドソーシングにはデータアナリストの案件が掲載されているので、どのような案件があるか一度検索してみてはいかがでしょうか。

フリーランスの方でこのようなお悩みありませんか?
  • 高額案件を定期的に紹介してもらいたい
  • 週2日、リモートワークなど自由な働き方をしてみたい
  • 面倒な契約周りはまかせて仕事に集中したい

そのような方はぜひ、ITプロパートナーズをご利用ください!

フリーランスの方に代わって高額案件を獲得
週2日、リモートなど自由な働き方ができる案件多数
専属エージェントが契約や請求をトータルサポート

まずは会員登録をして案件をチェック!

この記事を書いた人
ITプロパートナーズ編集部
ITプロパートナーズはITフリーランスの方に案件紹介をしているエージェントです。当メディア「アトオシ」では、フリーランスの働き方から仕事探しまで幅広い情報を日々発信しています。