フリーランスプロジェクトマネージャー(PM)の稼ぎ方や案件単価を紹介

freelance

こんにちは、ITプロパートナーズ編集部です。

PM(プロジェクトマネージャー)は、プロジェクト全体のまとめ役である重要な存在です。フリーランスのプロジェクトマネージャーとして独立すれば、高単価の案件が受けられたり、自由な働き方を実現できたりします。

しかし、フリーランスのプロジェクトマネージャーとして独立して案件を獲得していく流れのイメージがついていない人も多いのではないでしょうか?

そこでこの記事では、フリーランスのプロジェクトマネージャーなる方法から仕事を獲得する方法まで網羅的に解説するのでぜひ参考にしてください。

弊社では、数多くのエンジニアの方にフリーランス案件を獲得していただいています。経験とスキルさえあれば、週2日から高収入案件をご紹介できます。まずは無料登録をして色々な案件をみて見てください。弊社からおすすめの案件をご紹介することも可能です。

Contents

フリーランスのプロジェクトマネージャーとは

PM(プロジェクトマネージャー)は、そもそもどのような仕事内容なのでしょうか。まず、プロジェクトマネージャーの仕事内容と、会社員とフリーランスの違いについて見ていきましょう。

そもそもプロジェクトマネージャーの仕事内容とは

まずはプロジェクトマネージャーの仕事内容を簡単に見ていきましょう。プロジェクトマネージャーは、プロジェクトを全体的にまとめあげる存在です。具体的にはプロジェクトの提案や立ち上げ、計画策定、遂行、進捗管理を実施します。

また計画された納入物やサービスの品質や予算、納期に責任を持つのもプロジェクトマネージャーです。プロジェクト計画策定から運用まで、幅広い業務の責任を負うため、プロジェクトのなかでも特に重要な存在となります。

会社員とフリーランスの働き方の違い

会社員とフリーランスでは、働き方に大きな違いがあります。会社員は雇用契約を結ぶため、基本的には会社の規定に従うことが求めれるでしょう。そのため、決められた場所や決められた時間で働くことになります。

一方、フリーランスの場合は、企業と業務委託契約を結ぶのが基本になるため、会社員ほど大きな制約を受けることはありません。そのため、選ぶ案件によっては、働く場所や時間を自由に決めることができます。また、案件を選ぶという性質上、仕事の内容も比較的自由に決めることが可能です。

フリーランスプロジェクトマネージャーの案件例や単価

プロジェクトマネージャーには、システム開発からITアウトソーシング、保守・運用など、さまざまな案件があります。ここでは、フリーランスのプロジェクトマネージャーの案件例を、分野別にご紹介いたします。

1.システム開発

システム開発は、ITシステムの提案や開発、保守などに関わる業務です。ITシステムの機能に必要なソフトウェアの開発や、ネットワーク環境などの構築も含む、ITシステム全般に関わるプロジェクトをマネジメントします。

プロジェクトマネージャーとしての経験はもちろん、何らかのプログラミング言語を用いたシステム開発の実績が必要になることもあります。扱う技術が先端的であったり、国際的なプロジェクトを経験したりしていると、より評価が上がるでしょう。

フリーランスの単価の相場としては、50万〜100万円程度です。例えば、弊社で掲載している以下の案件は、50万円程度での募集となっています。

2.ITアウトソーシング

ITアウトソーシングは、クライアントの経営戦略を受け、ITシステムに関わるプロジェクトマネジメントを行う業務です。あくまで外部組織として企画・設計や構築、保守、システム運用、サポート運用、業務運用などを行います。プロジェクトマネジメントのなかでも、やや専門性の強い業務になっています。

フリーランスとして業務をする際は、プロジェクトマネージャーとしての経験はもちろん、ITアウトソーシングの経験があるとなおよいでしょう。システムデザインやプロジェクト体制など、業務の複雑性によって評価が変わってきます。

フリーランス系の求人を扱うサイトに掲載されている案件情報によると、月額単価は45万〜75万円程度が相場となっているようです。広告システムなどの案件は75万円程度のものもあります。

3.ネットワークサービス

ネットワークサービスは、データ(LAN/WAN)や画像、映像などの通信環境の設計に関する業務です。これらの導入や管理に関わるプロジェクトを総合的にマネジメントします。クラウド型や家庭向け、店舗向けなどさまざまなネットワークサービスがあります。

クラウド型であればクラウド基盤の開発経験や、アーキテクト設計・構築経験など、エンジニアとしての高いスキルが求められます。

フリーランス系の求人を扱うサイトに掲載されている案件情報によると、75万〜80万円程度が相場となっているようです。AWSなどのプロジェクトでは90万円程度のものも見られました。

4.ソフトウェア製品開発

ソフトウェア製品開発は、文字通り不特定多数のユーザーを対象としたソフトウェアに関する業務です。ソフトウェア製品の企画や設計、開発、改良、保守に関わるプロジェクトマネジメントを行います。

ソフトウェア開発のプロジェクトマネジメントや、推進の実績などが必要とされます。またエンジニアとして要件定義から一貫して対応した実績や、特定の言語を用いて開発案件に携わった経験を求められることもあります。

フリーランス系の求人を扱うサイトに掲載されている案件情報によると、50万〜90万円程度が相場となっているようです。以下の案件は、50万円程度になっています。

5.企画・戦略

企画・戦略は、サービスやソフトウェア開発や展開における企画・戦略に携わる業務です。テクノロジーを駆使して、企業を成長させるための戦略を策定し、企画やマネジメントなどを行います。

ウェブサービス企業にかかわらず、コンサルティング企業や事業会社で、企画プロジェクトマネジメントをした実績が求められます。戦略や企画を論理的に構成し、企画資料に落とし込むスキルが必要となってくるでしょう。

フリーランス系の求人を扱うサイトに掲載されている案件情報によると、65万〜85万円程度が相場となっているようです。AI(人工知能)など最先端のプロジェクトでは、100万円程度のものも見られました。

6.保守・運用

保守・運用は、システムなどの稼働環境の設定や、その保守運用に関する業務です。これらのインターネット環境を含むシステムに関するプロジェクトマネジメントを行います。

ネットワーク管理の経験や、ネットワーク監視システムの構築運用など、保守・運用に関する実績が求められます。案件によっては、サーバーのオペレーション管理の経験なども必要になってくるでしょう。

フリーランス系の求人を扱うサイトに掲載されている案件情報によると、65万〜85万円程度が相場となっているようです。大手向けの基幹系業務システムのような、複雑かつ大規模なプロジェクトでは、150万円程度のものも見られました。

フリーランスプロジェクトマネージャーが仕事を獲得する方法

フリーランスのプロジェクトマネージャーが仕事を獲得する方法としては、以下の4つが主になります。

  • エージェント
  • クラウドソーシング
  • 求人サイト
  • 人脈

エージェントに登録すれば、スタッフが仕事を紹介してくれるため、自分で営業する手間を省くことができます。クラウドソーシングは、オンラインで案件のやり取りをするもので、すぐに案件を見つけられるケースも多いです。

求人サイトや人脈も駆使しつつ、なるべくブランク期間が発生しないように仕事を組んでいきましょう。

しかし、案件によっては、拘束がキツかったり単価が安かったりします。「ITプロパートナーズ」の案件であれば、週2〜3日の働きやすいものが多く、高単価案件も多く取り扱っています。

ITプロパートナーズ

「これまでの経験やスキルを活かして今よりもっと高単価な案件を獲得したい!「働きやすい良質な案件を獲得したい!」と考えている方は、ぜひ一度弊社エージェントにご相談ください。

プロジェクトマネージャーがフリーランスになるメリット

ここからはプロジェクトマネージャーが、会社員ではなくフリーランスとして働くメリットをご紹介します。これからフリーランスとしての独立を検討している方は参考にしてください。

収入が上がるチャンスがある

フリーランスになる大きなメリットとしては、収入面があります。フリーランスのプロジェクトマネージャーは、月収で100万円を超えることも多く、見込み年収が1,000万円を超える人もいます。

プロジェクトマネージャー(正社員)の平均年収が600万円程度であるのと比較すると、同じ仕事内容でも正社員以上に稼げる可能性があります。

プロジェクトマネージャー(PM)の年収は?収入アップに有利な資格も紹介

自由な働き方ができる

フリーランスになることによって、仕事量や仕事内容を自分で決められるため、自由な働き方ができるのも大きなポイントです。ライフイベントによって稼働率を下げることも可能なため、プライベートとの両立がしやすいのもフリーランスの魅力でしょう。

自分のライフスタイルに合わせた自由な働き方で、ワーク・ライフ・バランスを実現することが可能です。

多様な案件に挑戦できる

会社の一員として仕事をするのであれば、会社に頼まれた仕事をしなければなりません。しかしフリーランスになることによって、自分で仕事内容を決めることができるため、多様な案件に挑戦できるというメリットがあります。

レベルアップを目指している場合は、より難易度の高い案件に挑戦することも可能です。

フリーランスのプロジェクトマネージャーになるための必要スキルや経験

実際にフリーランスのプロジェクトマネージャーになるためには、どのようなスキルや実績が必要になってくるのでしょうか。総合的なマネジメント力が求められる仕事ではありますが、フリーランスとして独立するために、特に重要とされるスキルについて解説します。

多様な案件でのプロジェクトマネージャー経験

最も重要になってくるのは、多様な案件でのプロジェクトマネージャー経験です。フリーランスとして業務を行うためには、何よりもプロジェクトマネージャーとしての実績が必要になります。

依頼をする企業から見ても、未経験の人にプロジェクトマネジメントを任せるより、具体的な実績を積んだ人に業務を任せた方が安心でしょう。特に大規模案件や新規開発案件の経験は注目される傾向にあり、近年ではクラウドやデータサイエンスなどの分野の経験があると引き合いが強いです。

プロジェクト管理能力

プロジェクトマネージャーは、プロジェクトを総合的に管理する仕事なので、当然プロジェクト管理能力が要求されることになります。

プロジェクトの提案はもちろん、リスクやリソースを管理することもプロジェクトマネージャーの仕事です。予算の管理なども含め、全体の管理をしっかりと行うことで、スムーズにプロジェクトを進めていくことができます。

コミュニケーション能力

プロジェクトマネージャーにとって欠かすことができないのが、コミュニケーション能力です。プロジェクトマネージャーは、プロジェクト全体をまとめ上げるポジションであり、チームメンバーやクライアント、パートナー企業との綿密なコミュニケーションが必要になります。

また必要に応じてチーム外のスタッフと関わることもあります。高いコミュニケーション能力があれば、チームにもまとまりが生じるでしょう。

交渉力・調整力

コミュニケーション能力にも関連しますが、交渉力や調整力なども重要になります。クライアントとしっかり交渉し、無理のない範囲でプロジェクトを遂行できるようにするのが、プロジェクトマネージャーの大きな役目です。

クライアントとの折衝や、スケジュールなどの調整力によって、プロジェクトをより安全に進めていくことができます。

システムへの理解

フリーランスの案件では、システム開発の経験を必須と定めているものも多くあります。プロジェクトマネージャーは、実際にシステムを開発するわけではありませんが、システムへの深い理解が必須です。

システムを理解することができれば、現場に対する指示も的確になり、しっかりとチームメンバーをまとめることができます。

プロジェクトマネージャーがフリーランスになる方法

フリーランスのプロジェクトマネージャーになるためには、いくつかのステップを踏む必要があります。未経験からいきなりフリーランスになれるわけではありません。ここでは、フリーランスのプロジェクトマネージャーになる方法を解説します。

プロジェクトマネージャーの実務経験を積む

これはプロジェクトマネージャーに限った話ではありませんが、未経験からいきなりフリーランスになることは非常に難しいといえます。なぜならほとんどの案件で、プロジェクトマネージャーとしての実務経験が要求されるからです。

そのため、未経験からプロジェクトマネージャーを目指すのであれば、まずは正社員として実務経験を積むようにしましょう。独学をするという方法もありますが、実務経験がないのにプロジェクトマネージャーになるのは現実的ではありません。

フリーランスの経験を重ねる

会社員として働きながら、副業などでフリーランスとしての経験を積み重ねていきましょう。フリーランスと会社員では、働き方や仕事内容が異なります。副業やパートとしての業務をこなしながら、フリーランスとして働く感覚を掴んでいくのがおすすめです。

プロジェクトマネージャーとして業務経験を積むのも重要ですが、いきなりフリーランスとして活動すると、面食らってしまう部分も多くあるでしょう。あらかじめフリーランスの経験を重ねておくことは、非常に有効です。

スキル・経験を身につけ独立する

スキルと経験を身につけ、フリーランスとして独立しましょう。独立のためには、実務を通して感覚的に仕事が分かっていることはもちろん、プロジェクトマネージャーとしての知識を整理しておく必要もあります。

プロジェクトマネージャー試験」などの資格試験を活用したり、動画学習サイトで知識・スキルを磨いておきましょう。経験を積み重ね、知識もしっかりと整理できれば、フリーランスとして独立する準備は完了です。

PM(プロジェクトマネージャー)に資格は必要?おすすめの資格を調査!

PM(プロジェクトマネージャー)に資格は必要?おすすめの資格を調査!

プロジェクトマネージャーが独立する際の注意点

「フリーランスとして独立すること」は、「会社という組織を離れること」でもあります。今まで会社がやってくれていた、さまざまな業務を自分でこなす必要があります。プロジェクトマネージャーが独立する際の注意点を確認していきましょう。

常に情報収集する癖をつける

これはフリーランスに限ったことではありませんが、常に情報収集する癖をつけておくようにしましょう。技術の進化やトレンドの変化は著しく、持っている情報を日常的にアップデートする必要があります。

日頃から最新の情報にアクセスできる環境を整えておき、プロジェクトをマネジメントする立場として、後れを取らないように気をつけましょう。

幅広く人脈を構築しておく

フリーランスのプロジェクトマネージャーにとって重要なのが、幅広い人脈です。特にフリーランスとして独立した当初は、案件を獲得するのが比較的難しいといえます。その時に役に立つのが、会社員時代の人脈です。

幅広い人脈を構築しておけば、必要なメンバーをアサインしたり、技術的なサポートを得ることも可能です。

必要な手続きを済ませる

会社員を退職してフリーランスになった場合、税金や社会保険など、身の回りのことは自分でやらなければなりません。開業届や青色申告承認申請書の提出など、必要な手続きを確実に済ませておきましょう。

社会保険料は、会社員であれば会社と折半でしたが、フリーランスであれば全額自分で払わなければなりません。社会保険などの手続きも行っておきましょう。

安定的に案件を確保する仕組みを作る

会社員であれば、会社から仕事をもらえますが、フリーランスであれば自分で案件を探さなければなりません。多方面に営業をし、安定的に案件を確保する仕組みを構築しましょう。

営業だけでなく、エージェントやポートフォリオ、SNSや人脈などを活用するのも有効です。なるべく案件が途切れないように、リスクの分散を行っておきましょう。

フリーランスのプロジェクトマネージャーの需要・将来性

IT業界は、今後さらなる発展が予想されています。プロジェクトマネージャーが果たす役割は大きく、今後も一定の需要が見込まれています。最新の情報を常に取り入れて、技術やスキルを磨いていくようにしましょう。

プロジェクトマネージャーは、比較的将来性もある職種ですが、どの仕事も将来どうなるかはわかりません。AIやIoT(モノのインターネット化)などが台頭する反面、衰退する領域も存在します。柔軟な思考を持ち、「変化し続ける時代に対応する」という意識が重要になってくるでしょう。

まとめ

フリーランスのPM(プロジェクトマネージャー)について見てきましたが、メリットがある反面、注意点もあることが分かりました。会社員の方が恵まれているところもあれば、フリーランス独自の強みもあります。独立の道を選ぶ時は、事前にしっかりと準備を行っておきましょう。

特に、良質な案件を見つけることと、ブランクを空けずに仕事を受け続けることはとても重要です。働きやすい案件や、高単価の案件を探している人は、「ITプロパートナーズ」の求人をぜひご覧ください。

フリーランスの方でこのようなお悩みありませんか?
  • 高額案件を定期的に紹介してもらいたい
  • 週2日、リモートワークなど自由な働き方をしてみたい
  • 面倒な契約周りはまかせて仕事に集中したい

そのような方はぜひ、ITプロパートナーズをご利用ください!

フリーランスの方に代わって高額案件を獲得
週2日、リモートなど自由な働き方ができる案件多数
専属エージェントが契約や請求をトータルサポート

まずは会員登録をして案件をチェック!