フリーランスPMOは稼げる?案件の特徴や単価、必要スキルを紹介

こんにちは、ITプロパートナーズ編集部です。

フリーランスPMOという働き方に興味をもっている人もいるのではないでしょうか。PMOはプロジェクトをスムーズに進めるために重要な役割を果たします。フリーランスPMOに業務をアウトソースする企業は多くなっており、活躍の場もどんどん広がっている状況です。

では、フリーランスPMOとはどのような働き方であり、どうやって目指せばいいのでしょうか。この記事では、フリーランスPMOの働き方や案件の特徴などを解説します。必要なスキルやフリーランスPMOとして独立するまでの流れについても紹介するため、ぜひ参考にしてください。

弊社では、数多くの方にフリーランス案件を獲得していただいています。経験とスキルさえあれば、週2日から高収入案件をご紹介できます。まずは無料登録をして色々な案件をみて見てください。弊社からおすすめの案件をご紹介することも可能です。

働き方の自由度を高めませんか?
  • 複業/フリーランスで月収80万以上を稼ぐ
  • 週2日、週10時間から働ける
  • フルリモートはもちろん柔軟な稼働時間
  • PM,PdMなど上流案件も多数

自分の強み×週1日〜フルタイム×リモート・フルリモートなど、働き方をカスタマイズして案件を探したい方へ

約6割が週1-3日案件のグラフ

フリーランスPMOの働き方やメリット

PMOは、プロジェクトをまとめて管理する重要な役割です。フリーランスPMOとして独立する人も増えています。ここでは、フリーランスPMOの働き方について解説します。

PMとの役割の違い

PMOに似たポジションとして、PMがあります。PMは、プロジェクト全体に対して責任をもちます。プロジェクトの目的を定めたり、プロジェクトを管理したりするのが主な仕事です。

一方、PMOは、プロジェクトの一部に特化して責任をもちます。PMOは、PMの下につく場合が多いです。ただし、PMとPMOの役割について明確な違いが定義されているわけではなく、PMとPMOが協力してプロジェクトをまとめます。

プロジェクトマネージャー(PM)がフリーランスになる方法と案件単価

PMOがフリーランスとして独立するメリット

PMOがフリーランスとして独立すると、さまざまなメリットがあります。フリーランスは必要に応じてアサインしやすいため、企業からの依頼も多い傾向があります。フリーランスPMOになればさまざまなプロジェクトの経験を積める可能性があり、実績も増やしやすいです。また、プロジェクトごとに依頼を受けるため、自分の希望に応じて仕事を選べます。自分がイメージするキャリアプランに応じて案件を受注すれば、よりスムーズに理想の働き方を実現できるでしょう。

また、フリーランスPMOは、高単価案件も獲得しやすいです。ただし、必ず案件を獲得できるとは限らないため、収入が不安定になる可能性もあります。

フリーランスPMO案件の特徴

フリーランスPMO案件にはどのような特徴があるのでしょうか。ここでは、フリーランスPMO案件の特徴について、具体的に説明します。

高単価案件が多い

フリーランスとして受注できるPMOの案件は、高単価な場合が多いです。会社員としてPMOを務めるよりも、高収入を目指せる可能性があります。もちろん、稼働時間にもよりますが、よりたくさん稼ぎたい人にはフリーランスPMOとしての独立がおすすめです。

弊社ITプロパートナーズでも、週3日程度の稼働で月単価40万円〜80万円の高単価案件が見つかります。1件あたりの報酬が高いため、たとえ働ける時間が短くてもまとまった収入を得られるでしょう。

東京・大阪などに案件が集中している

フリーランスPMO案件は、大都市に集中している傾向があります。特にフリーランスPMO案件が多いのは、東京や大阪などです。実際にフリーランスエージェントや求人サイトの案件を見てみると、東京や大阪などの案件がたくさんあります。PMO案件はリモートでは対応できない場合も多いため、東京や大阪などの大都市で働ける人に向いています。地方都市に住んでいる人は、フリーランスPMOとして独立してもなかなか条件に合う案件を獲得できない可能性があるでしょう。

40代・50代でも案件獲得できる

PMO案件は、年齢を重ねても獲得できる可能性があります。PMO全体を見ると30代で活躍している人が多いですが、40代や50代になっても案件を獲得している人は少なくありません。PMOとしての実績や経験を重ねてきた40代や50代は、スキルやノウハウが高く評価されます。幅広い知見をもつフリーランスPMOを求める企業も多いため、そのような企業に応募すれば40代や50代になっても、スムーズに案件を受注できる可能性があるでしょう。

フリーランスPMO案件の3つ形態

フリーランスPMO案件は、3つの形態に大別できます。具体的には、サポート型、管理型、主導型です。ここでは、それぞれの形態の特徴を解説します。

サポート型

サポート型は、クライアントの企業でプロジェクトを円滑に進めるための役割を果たします。データ収集、資料作成、稼働状況の把握など、比較的簡単な内容を任される場合が多いです。細かい業務を着実に進められるようにし、プロジェクト全体をスムーズにする必要があります。

管理型

管理型は、プロジェクトを進めるための環境を整備する役割を求められます。たとえば、プロジェクトの計画を立ててルールを整備したり、プロジェクトの進捗状況を把握してパフォーマンスを可視化したりする仕事です。

主導型

主導型は、プロジェクト全体の指揮をとります。また、プロジェクトを統括し、パフォーマンスに対して責任をもつことも重要な役割のひとつです。プロジェクトそのものだけでなく、ほかのPMOの管理も行うため、特に大きな責任があります。主導型の役割を果たすためには、PMOとしてのスキルや実績だけでなくマネジメント経験が必要です。

フリーランスPMOの案件例・単価相場

フリーランスPMO案件としては、どのようなものがあるのでしょうか。ここでは、フリーランスPMO案件の具体例を紹介します。単価相場についても言及するため、ぜひ参考にしてください。

週2・3日の案件例・単価相場

フリーランスPMO案件のなかには、週2・3日のみの稼働で対応できるものもあります。毎日働くのが難しい場合やほかの仕事と並行して取り組みたい場合も、週2・3日のみであれば無理なく働けるでしょう。

週2・3日で対応できるフリーランスPMO案件例としては、以下のものがあります。

単価相場は、月収換算で40万円程度です。

リモートOKの案件例・単価相場

フリーランスPMO案件は客先常駐が必須な場合も多いですが、なかにはリモート対応ができる案件もあります。求められているスキルや実績などの条件を満たせば、リモートでフリーランスPMOとして活躍できます。

リモート対応できるフリーランスPMO案件例としては、以下のものが見つかりました。

単価相場は、月収換算で80万円程度です。

客先常駐の案件例・単価相場

フリーランスPMO案件としては、客先への常駐が条件になっているものが多くあります。現場でPMOとしての経験を積めるため、今後のキャリアアップにもつながりやすいです。

客先常駐のフリーランスPMO案件例としては、以下のものがあります。

単価相場は、月収換算で80万円程度です。弊社ではこれ以外にも数多くのPMOフリーランス案件を扱っています。更に案件をチェックしたい方は以下から閲覧ください。

フリーランスPMO案件の獲得に必要なスキル・資格

フリーランスPMOとして案件をこなすには、さまざまなスキルや資格が必要です。ここでは、フリーランスPMO案件を獲得するために、具体的にどのようなスキルや資格が必要なのかくわしく解説します。

コミュニケーション能力

フリーランスPMOは、さまざまな人と協力しながら業務を進めます。対応する業務内容によっては、ほかのメンバーに対して助言するだけでなく、クライアントと折衝する場面もあるでしょう。フリーランスPMOとしてスムーズかつ確実に仕事をこなすには、コミュニケーション能力が必要不可欠です。

立場によって考え方はそれぞれ異なるため、どのような相手ともしっかり意思疎通を図れるようにする必要があります。関わる相手とこまめに連絡をとり、認識をそろえながら確実にプロジェクトを進めていきましょう。

プロジェクトにおける進捗管理スキル

フリーランスPMOは、プロジェクトを管理する仕事です。そのため、プロジェクトの状況を把握し、進捗管理をしっかりおこなう必要があります。自分が管理すべきプロジェクトの状況を正確に理解し、問題が発生しているならその原因についても把握しなければなりません。問題を解決してスケジュール通りにプロジェクトが進むよう導くのがPMOの重要な役割です。

そのためには、ほかのメンバーの様子を常にチェックし、最新の状況を把握しておくべきでしょう。先回りした行動により、問題の発生を事前に防ぐことも大切です。

文章スキル

フリーランスPMOは、資料作成を任される場合も多いです。データをもとに資料を作成し、会議が円滑に進むようにしましょう。そのためには文章スキルも必要です。どのメンバーが見てもすぐに内容を理解できるよう、分かりやすくまとめることが大切です。

なお、単に分かりやすい文章を書くスキルを身につけるだけでなく、資料を作成するために使用するMicrosoft Officeを使いこなすスキルも磨くといいでしょう。

おすすめ資格

PMOとしてのスキルを磨くには、資格取得もおすすめです。たとえば、PMI試験のひとつである「PMP」の取得を目指しましょう。PMPは国際資格であり、取得すればプロジェクトマネジメントの経験や知識について証明できます。

試験に合格した場合、CCRとよばれるプログラムに参加してPMOとしてのスキルを継続的に磨く必要があります。

PMOの資格におすすめなのは?試験の種類と勉強法を調査!

フリーランスPMO案件を獲得する方法

フリーランスPMO案件を獲得する方法は複数ありますが、特におすすめなのはフリーランスエージェントです。フリーランスエージェントはフリーランス向けのさまざまな案件を扱っており、幅広い分野の仕事を紹介しています。フリーランスエージェントではPMO案件もたくさん紹介しているため、ぜひ登録して相談してみましょう。弊社ITプロパートナーズでは、数多くのPMO案件を扱っています。

週2・3日から働ける案件を豊富に扱っています。仲介業者を挟まずに契約しているため、特に高単価な案件が多いところも魅力的です。トレンド技術を取り入れた案件も多数募集しているため、更にスキルアップしたい方や経験を積みたい人におすすめです。

今の自分の経験でどんな案件が獲得できるのか?気になる方はお気軽にご相談ください。

フリーランスPMOとして独立するキャリアパス

フリーランスPMOとして独立するには、次の手順を踏む必要があります。

  • 1.PMOとしてまずは実務経験を積む
  • 2.可能であればPMOの副業案件を受注する
  • 3.フリーランスPMOとして独立する

以下で、キャリアパスについてくわしく説明します。

1.PMOとしてまずは実務経験を積む

PMOとしてフリーランスになるには、豊富な実務経験を積んでおく必要があります。実務経験を積む方法は、大きく分けて以下の2つです。

  • エンジニアからPMOへ転職する
  • 大手コンサルファームで経験を積む

すでにエンジニアとして活躍している人は、PMOとしての転職を目指しましょう。エンジニアのスキルや経験があれば、PMOになっても現場での知見を活かせます。選考で評価されやすいため、採用される可能性が高いです。

また、PMOはアドバイスをする仕事であるため、大手コンサルファームで経験を積むとフリーランスとして独立する際にも活かせる可能性があります。コンサルタントとしての豊富な経験があれば、たとえエンジニアとしての経験がなくてもフリーランスPMOとして活躍できるでしょう。

2.可能であればPMOの副業案件を受注する

勤め先でPMOの実務経験を積み、慣れてきたらPMOの副業案件にもチャレンジしましょう。副業として自らPMO案件を受注すれば、フリーランスとして独立する際の準備になります。フリーランスとしての仕事の進め方を把握できるだけでなく、独立後の受注につながる人脈づくりもできるでしょう。副業から少しずつ規模を大きくしていくと、スムーズにフリーランスPMOとして独立できます。

3.フリーランスPMOとして独立する

PMOとしてある程度以上の実務経験を積み上げ、副業で案件の受注に慣れたら、フリーランスとしての独立が可能です。それまでの実績をアピールすれば、フリーランスPMOとして好条件の案件を獲得できる可能性があります。自分の希望に合う案件を獲得するためには、フリーランスエージェントに相談するとより効果的です。

高単価のフリーランスPMO案件を獲得するためのポイント

フリーランスPMO案件のなかでも特に高単価な案件を獲得するには、より高いパフォーマンスを提供できるようにする必要があります。プロジェクト全体に責任をもつPMに近い働きができるようになれば、その分だけ高度な案件にも対応できるでしょう。そのような案件は単価が高く設定されている場合が多いため、フリーランスPMOとして高収入を得られる可能性が高くなります。

また、自分が取り組むプロジェクトの成功率を高める努力も必要です。プロジェクトが成功すればPMOとしての働きぶりも高く評価され、実績になります。その後の受注や単価アップにも直結するでしょう。

フリーランスPMOの将来性

結論からフリーランスPMOは、将来性のある仕事だといえます。経済産業省のIT人材需給に関する調査によると、2030年には高位シナリオで約79万人IT人材が不足すると予測しています。そのことから、プロジェクトの成功を支えるPMOの需要はさらに高まっていくと考えられます。

また、業界を問わず、PMOを導入する企業が多くなっています。フリーランスPMOとして活躍するには、各業界に関する専門知識を身につけておくと役立つ可能性が高いです。自分がイメージするキャリアプランを考慮しつつ、フリーランスPMOとして活躍するために必要なスキルや知識も磨きましょう。

まとめ

フリーランスPMOの活躍の場は広がっており、高単価案件も多い傾向があります。年齢を重ねても活躍しやすいため、実務経験やスキルをしっかり積んで独立を目指しましょう。フリーランスPMOは将来性にも期待できる仕事であり、今後の動向を考慮してスキルや知識をさらに磨くことも大切です。

なかには、週2・3日で働ける案件やリモート対応が可能な案件も存在します。フリーランスエージェントに相談しながら、自分にとって最適なフリーランスPMO案件を獲得してください。

フリーランスの方でこのようなお悩みありませんか?
  • 高額案件を定期的に紹介してもらいたい
  • 週2日、リモートワークなど自由な働き方をしてみたい
  • 面倒な契約周りはまかせて仕事に集中したい

そのような方はぜひ、ITプロパートナーズをご利用ください!

フリーランスの方に代わって高額案件を獲得
週2日、リモートなど自由な働き方ができる案件多数
専属エージェントが契約や請求をトータルサポート

まずは会員登録をして案件をチェック!

この記事を書いた人
ITプロパートナーズ編集部
ITプロパートナーズはITフリーランスの方に案件紹介をしているエージェントです。当メディア「アトオシ」では、フリーランスの働き方から仕事探しまで幅広い情報を日々発信しています。