Web広告運用の副業で稼ぐには?案件獲得方法から必要スキルまで解説

freelance

こんにちは、ITプロパートナーズ編集部です。

Webマーケティングは近年需要が高まっていることもあり、「Web広告運用の経験を活かして副業したい!」と考えている方は多いのではないでしょうか?」

Webマーケティング関連の副業は種類が多く、副業として案件を獲得することも可能です。

そこでこの記事ではWeb広告運用の副業案件を獲得する方法から、単価相場や必要スキルを紹介します。初心者でも始めやすい副業も紹介しているので、未経験からWebマーケティング関連の仕事を始めたい人も、チェックしてみてください。

弊社では、数多くの方にフリーランス案件を獲得していただいています。経験とスキルさえあれば、週2日から高収入案件をご紹介できます。まずは無料登録をして色々な案件をみて見てください。弊社からおすすめの案件をご紹介することも可能です。

Web広告運用に関する副業事情

はじめに、Web広告運用の副業事情について解説します。

安定した収入を得やすい

Web広告運用の副業は、安定した収入を得やすいのがメリットです。一般的にWeb広告運用を請け負う場合、クライアントから予算をもらい、売上の10〜20%が報酬となります。Web広告で売上を上げることができれば、その分報酬も上がるという仕組みです。

最低契約期間が設けられるケースが多いのも特徴で、1〜6ヶ月程度が一般的な最低契約期間です。この期間は継続的な収入が見込めます。あらかじめ一定の契約期間が確定しているのはメリットと言えるでしょう。

Web広告運用担当者のニーズが高まっている

Webにおける広告市場は拡大傾向にあり、Web広告運用担当者のニーズが高まっています。そのため、Web広告運用のスキルを持っているマーケターなら副業案件を獲得しやすいといえます。

上のグラフは、電通が発表した「2020年 日本の広告費」の調査結果から導かれた、2021年のインターネット広告媒体費の予測です。Web広告にかける費用は年々増加傾向にあり、2021年には約1兆9000億円まで拡大すると予想されています。

また、同じく電通の「世界の広告費成長率予測(2020〜2022)」では、デジタル広告が媒体別シェアで50%を占めるともいわれています。

このようにWeb広告市場の拡大が予想されており、それに伴ってWebマーケティング関連の副業案件も増えていくでしょう。

未経験も可能!Webマーケティングの副業5選!案件獲得方法や単価も解説

Web広告運用の副業の種類と案件例・報酬相場

Web広告運用の副業は、いくつかの種類にわかれます。ここでは、Web広告運用の副業の種類と案件例を紹介します。報酬の相場も紹介しているので、参考にしてください。

リスティング広告運用の案件例・報酬相場

こちらは、リスティング広告運用の副業案件です。リスティング広告は検索連動型広告ともいわれ、検索エンジンの検索結果一覧ページに掲載される広告です。

広告の出稿やアカウント管理、集計や分析といった運用業務などを行います。こちらの案件は時給1,000〜1,500円で稼働時間が週20時間なので、月収に換算すると8〜12万円になります。

ディスプレイ広告運用の案件例・報酬相場

こちらは、ディスプレイ広告運用の案件です。ディスプレイ広告とは、Webページやアプリなどの広告枠に掲載される広告のことをいいます。

Googleに掲載するディスプレイ広告を運用する仕事で、報酬は5〜10万円です。

リターゲティング広告運用の案件例・報酬相場

引用元:ランサーズ

リターゲティング広告は、過去に自社サイトを訪れたユーザーに対して配信するWeb広告です。こちらの案件では、Facebookに掲載するリターゲティング広告運用を担当できる人を募集しています。

仕事内容はタグ設置や広告の設定、広告の効果検証で、報酬は2〜5万円です。

SNS広告運用の案件例・報酬相場

TwitterやInstagram、FacebookなどのSNSに掲載される広告を、SNS広告といいます。SNSは多くの人が利用しているので、そこに広告を配信したいと考える企業は多いです。

こちらはFacebook広告運用とレポーティングを行う案件で、報酬は1〜5万円です。

動画広告運用の案件例・報酬相場

Web広告は文字やバナーだけではありません。こちらは、動画広告運用の案件です。YouTubeやSNSに動画の広告が掲載されているのを見たことがある人も多いでしょう。

仕事内容は広告の企画、運用分析、改善案の提案で、報酬は5〜10万円です。

Web広告運用の副業に取り組む際に必要なスキル

Web広告運用の副業には、以下のようなスキルが必要です。

  • 各広告媒体に関する知識
  • マーケティング力
  • 継続力、分析力
  • クリエイティブの制作

Web広告運用において、どの媒体に広告を掲載するかは重要です。Yahoo!やGoogleといった検索エンジンや各種SNS、Webサイトなど媒体は多岐にわたり、それぞれに適した広告を配信しなければなりません。そのため、広告掲載媒体に関する知識が必要です。

ターゲットユーザーの設定など、広告による戦略を検討するためにマーケティング力も求められます。

Web広告は一度掲載したら終わりではなく、定期的に効果を測定し、必要に応じて広告の改善を行います。そのため、継続力や分析力も重要です。

バナーやキャッチコピー、動画など、広告そのものの作成を依頼されるケースもあるので、クリエイティブの制作スキルがあると、受注できる案件の幅が広がります。

これらすべてのスキルが求められる案件ばかりではありませんが、なるべく幅広いスキルを持っておくと案件獲得や報酬アップにつながります。

Web広告運用の副業案件探しに活用できるサービス

Web広告運用の副業案件を探すなら、エージェントやクラウドソーシングなどを活用するのがおすすめです。ここでは、副業案件探しに役立つサービスを紹介します。

ITプロパートナーズ

弊社ITプロパートナーズは、ITエンジニア向けのフリーランスエージェントです。フルリモートや週2日からの案件が多いのが特徴です。

副業というよりも、経験者がフリーランスの案件を探す際に非常におすすめになります。クライアントとの直接契約になるので高単価な案件が多く、十分な収入が得られるでしょう。

高単価な広告運用案件も多数取り扱っているので、これまでの経験やスキルを生かしてweb広告運用案件を獲得したいと考えている方はぜひご相談ください。

クラウドワークス

クラウドワークスは、業界最大級のクラウドソーシングサイトです。多くのクライアントとユーザーが登録していて、たくさんの案件の中から自分に合った案件を探せます。

クラウドワークスでは、上記のように初心者でもチャレンジできる案件が募集されています。ただし、単価が比較的低めに設定されているため、経験を積む目的で応募するとよいでしょう。

クラウドワークスの評判って実際どう?リアルな口コミや体験談を公開

シューマツワーカー

シューマツワーカーは、スキマ時間で取り組める案件を紹介してくれるサービスです。スキルや希望の案件を伝え、公開案件やオファー案件にエントリーすると企業を紹介してくれます。

副業を前提としたサービスで、掲載されている案件のほとんどがリモートワーク案件です。企業とマッチングした後も、専属コンシェルジュがサポートしてくれるというメリットもあります。

KAIKOKU

引用元:KAIKOKU

KAIKOKUは、マーケター・デザイナー向けの副業・パラレルワーク・転職サービスです。デジタルマーケティングやWeb制作関連の案件が多いため、Web広告運用の副業も見つけやすいでしょう。

税金や契約に関してのサポートを受けられるので、初めて副業にチャレンジする人でも安心です。

未経験でもWeb広告運用の副業は可能?

Web広告運用の副業は、実績とスキルを求められることがほとんどです。そのため、未経験では案件獲得が難しいのが現状です。

ただし、運用のアシスタントレベルの案件なら、受注できる可能性はゼロではありません。まずはアシスタント案件で実務経験を積んでから、本格的な運用案件を探すほうがスムーズでしょう。

また、Web広告運用以外にもWebマーケティング関連の案件はあるので、運用以外の副業にチャレンジするのもひとつの方法です。以降で、初心者でも取り組みやすいWebマーケティング案件を紹介するので、そちらも参考にしてください。

初心者でも始めやすいWebマーケティングの副業

初心者でも始めやすいWebマーケティングの副業として、Webライティングとブログ運営が挙げられます。

それぞれの案件について、以下で詳しく解説します。

Webライティング

Webライティングとは、企業が運営するメディアの記事を執筆する仕事です。用意された構成に沿って執筆するものもあれば、タイトルや見出しから作成を依頼されるケースもあります。

こちらは、Webマーケティングに関するメディアのライティング案件です。Web広告に関する知識があれば、このようなライティング案件も受けられます。

ブログ運営

自分でブログを運営して、Web広告運用の経験を積むという方法もあります。ブログを開設したら、Web広告の一種であるアフィリエイトにチャレンジしてみましょう。

アフィリエイトとは、ブログで商品やサービスを宣伝し、購入や申し込みなどが発生すると報酬がもらえる仕組みです。成果が発生すれば報酬が得られるだけでなく、広告運用やライティングの実績にもなります。

Web広告運用の副業に取り組む際の注意点

副業に取り組む際には、以下の点に注意してください。

  • 時間管理を徹底する
  • 税金面の知識をつけておく
  • 会社の就業規則を確認する

本業をこなしながら空いた時間に作業する必要があるので、副業を始めるなら時間管理を徹底しなければなりません。時間管理がうまくできないと副業に十分な時間が割けずに、クライアントに迷惑をかけてしまう可能性があります。

副業ワーカーには、税金面の知識も必要です。「副業での所得がいくらになったら確定申告が必要なのか」「所得や経費の考え方」など、お金について知っておくべきことが多くあります。

会社の就業規則についても、確認しておきましょう。就業規則で副業が禁止されている場合は、そもそも副業を始めることはできません。

まとめ

Web広告は市場が拡大傾向にあるため、Web広告運用ができる人材のニーズも高まっています。Web広告運用に関する知識やスキルを持っているなら、副業を始めてみてはいかがでしょうか。

未経験からWebマーケティングに関わりたいなら、Webライティングやブログ運営で経験を積むのがおすすめです。エージェントやクラウドソーシングなど、副業案件を獲得するためのサービスが提供されているので、活用してみてください。

フリーランスの方でこのようなお悩みありませんか?
  • 高額案件を定期的に紹介してもらいたい
  • 週2日、リモートワークなど自由な働き方をしてみたい
  • 面倒な契約周りはまかせて仕事に集中したい

そのような方はぜひ、ITプロパートナーズをご利用ください!

フリーランスの方に代わって高額案件を獲得
週2日、リモートなど自由な働き方ができる案件多数
専属エージェントが契約や請求をトータルサポート

まずは会員登録をして案件をチェック!