フリーランスのCOBOL案件の特徴は?募集単価から仕事獲得方法まで紹介

freelance

「COBOL」は長い歴史を持ちながら、今なお名だたる企業や行政機関のコアシステムなどで使われているプログラミング言語です。そんなCOBOLを使った案件には、どのような特徴があるのでしょうか。また、フリーランスとしてCOBOL案件に関わる場合、どのようなスキルが求められ、どの程度の収入を得られるのでしょうか。

この記事でcobol案件を獲得したい人に向けて、COBOL案件の特徴から実際の案件例、必要スキルCOBOL案件を獲得する方法などを解説していきます。

高額案件を獲得するためのポイントも説明しますので、フリーランスとしてCOBOL案件で高収入を得たい方は、ぜひこの記事を参考にしてください。

Contents

そもそもCOBOLの特徴は?

COBOLは、1959年に開発されたプログラミング言語です。事務処理開発や金額計算に活用されることが多く、金融・保険業界や行政機関などのシステムでよく活躍しています。

構文や語彙において英文に近い性格を持つCOBOLは、可読性が高いのが特徴です。極力、普通の英文がソースコードとして機能するように設計されているのです。

例えば、C言語の「age = age + years;」を「COBOL」では、「COMPUTE AGE = AGE + YEARS.」または「年齢へ年を足せ」という意味の「ADD YEARS TO AGE.」と記述します。

もちろん実際の現場では一つ目の方法で記述しますが、行って欲しい手続きを正確に英文で書いていけば、それがそのままプログラムになるのが「COBOL」の最大の特徴です。

なお、登場こそ半世紀前ですが、時代とともに言語規格の拡張、つまり仕様拡大が行われており、2002年にはオブジェクト指向にも対応しています。

フリーランスのCOBOL案件の特徴

エンジニアが引き受ける案件の特徴は、言語によっても異なります。早速、COBOL案件の特徴を見ていきましょう。

正確性が求められる

COBOLエンジニア、コボラーに特に必要なのは正確性です。

多くのCOBOLが、その組織のコアシステム部分で稼働しています。裏を返せば、ちょっとしたCOBOLのミスがお客様であるクライアントのコアシステムを停止させ、結果業務にクリティカルな影響を出す恐れがあります。

「あなたのミスでATMが止まったのですよ。どう責任取るのですか?」という次元の話になるかもしれないのが、COBOLの恐ろしさです。しかし逆に言えば、COBOL案件は責任感のある人だからこそこなせる、やりがいのある仕事でもあります。

在宅系の案件は少ない

リモートワークOKの案件が少ないのも、COBOL案件の特徴です。そもそも、フリーランス向けの案件自体が多くありません。実際、案件内容がオープンなフリーランス向け求人サイトなどでCOBOL案件を探すと、あるにはあるけれど、思ったより少ないと感じる方が多いかと思います。

その理由の一つに、COBOLが動いているシステムが多くの場合、銀行の勘定系など、金融機関や行政機関、比較的規模の大きい企業のコアシステムであることが挙げられます。わかりやすく言えば、「どこの馬の骨かもわからないフリーランスなんか、入れられるはずもない案件」が多いのです。

実際にどんなフリーランスのCOBOL案件が募集されている?

数は少ないものの、フリーランス向けのCOBOL案件はゼロではありません。例として、ITプロパートナーズで募集されている案件を見てみましょう。

この案件もやはり在宅ではなく、「客先作業」が求められています。

フリーランスのCOBOL案件の単価相場・年収はいくら?

続いて、COBOL案件の「お金」の面を見ていきましょう。

COBOL案件の単価は、求人サイトの情報を見てみると、平均40万円〜60万円程度とされています。もちろん、単価は作業内容によっても異なり、また実務経験の年数によっても変わります。

COBOLは長い歴史を持つ言語なので、長年実務に関わってきたエンジニアが少なくありません。その結果、実務経験年数が単価に与える影響が大きくなっていると考えられます。

以下では、実務経験3年〜5年の場合と実務経験5年以上の場合とを分けて、単価相場や年収を解説します。

実務経験3年〜5年

3年〜5年の実務経験がある場合、月ごとの単価は40万円から70万円程度に設定されることが多いようです(※週5常駐の場合)。

これを年収に換算すると、480万円〜840万円になります。

実務経験5年以上

5年以上の実務経験がある場合、月ごとの単価は75万円から100万円が相場です(※週5常駐の場合)。

これを年収に換算すると、900万円〜1200万円です。実務経験を積むほど、収入が上がることがわかります。

未経験からフリーランスのCOBOL案件を獲得できる?

近年、未経験からエンジニアを目指す人が増えていますが、未経験からフリーランスとして独立し、COBOL案件に携わることは可能でしょうか?

未経験可のCOBOL案件は、数としては非常に少ないといえます。未経験者でも応募できるCOBOL案件は、決してゼロではありません。しかし、そのような案件を獲得できる未経験者は、「すでにフリーランスエンジニアとしての経験はあるが、言語としてはCOBOL未経験」という人に限られるでしょう。

そもそもエンジニアとしての経験が一切ない場合は、いきなりフリーランスとしてCOBOL案件を獲得しようとしても、うまくいかない可能性が高いと考えられます。まずは企業でエンジニアとしての経験を積むことも検討してはいかがでしょうか。

年齢不問のCOBOL案件はある?

COBOL案件の中には、「40代まで」「55歳まで」など、年齢制限のついた案件もあります。そして最近、調査ではこうした年齢制限がある案件が増えていると言われています。

COBOLは歴史の長い言語であるにもかかわらずこうした制限があるのは、「若い人のほうが活躍できる」という先入観も関係しているかもしれません。

しかし、年齢不問の案件もたしかに存在します。年齢制限の記載がない案件だけでなく、「50歳以上の方も歓迎」「40〜50代活躍中」とはっきり書かれた案件も見つかります。

引用元:type

年齢に関わらず、能力の高いエンジニアであれば、COBOL案件で十分に活躍できるはずです。これまでの実績やエンジニアとしての自分の強み、柔軟に学ぶ姿勢などをアピールして、年齢の壁に阻まれることなく案件を獲得しましょう。

フリーランスがCOBOL案件を探す方法

フリーランスがCOBOL案件を獲得する方法は一つではありません。ここでは、代表的な案件獲得手段を4つご紹介します。

フリーランスエージェント

「フリーランスエージェント」とは、一人ひとりのスキルや経験に合わせて、エージェントが案件獲得や契約手続きなどを代行してくれるサービスです。

フリーランスエージェントを利用すれば、自ら案件を探し続けることの負担から解放されます。また、エージェントによっては確定申告や経費精算のサポート、福利厚生サービスなども提供されており、働きやすい環境の確保にも役立ちます。

エージェントを通じて案件を受けると、一部を手数料としてエージェントに支払うことになります。なるべく手数料の支払いを減らし、手取りを増やしたいのであれば、弊社ITプロパートナーズのようにエンドクライアントと直接契約しているエージェントを利用するのがおすすめです。

全50社比較!フリーランスエンジニア専門おすすめエージェント【目的別】

クラウドソーシング

「クラウドワークス」や「ランサーズ」のようなクラウドソーシングサイトで案件を探す方法もあります。クラウドソーシングのメリットは、手軽に案件を探せることでしょう。

ただしクラウドソーシングの場合、発注者の顔が見えないこともあり、内容に対して報酬が低い案件を引き受けてしまうリスクがあります。また、一回きりの契約になるので、継続案件を受注して安定した収入を得るのには向いていません。

クラウドワークスの評判って実際どう?リアルな口コミや体験談を公開

知人・友人の紹介

「知人や友人の紹介」は、フリーランスにとって主力ともなりうる受注チャネルです。

「フリーランス=素性がわからない人」というイメージがまだ根強い中、普通に案件を獲得するには、まずクライアントからの信頼を得なければなりません。しかし、知人や友人はすでにあなたのことをよく知ってくれています。

自分がCOBOLを扱えることや、COBOL案件を探していることを知人や友人に伝えておくことで、仕事が舞い込んでくる可能性があるのです。

SNS・ブログを利用する

SNSやブログで情報を発信することで、自分のスキルや実績をアピールする方法もあります。

最近では、SNSで人材募集をする企業も増えてきました。情報を発信するとともに、情報収集に励むことでチャンスが見つかる可能性もあります。

フリーランスが高単価のCOBOL案件を獲得するための4つのポイント

COBOL案件を獲得する際には、自分のスキルがしっかり評価される、高単価の案件を獲得したいものです。フリーランスが高単価案件を獲得するためのポイントを、以下に4つ挙げました。

1.必要スキルを身につける

当たり前のことですが、業務で必要となるスキルを身に着けておかなければ、高単価の案件には携われません。

特にこれからは、オープン系システム上で動作するCOBOLのプログラミングスキルが求められます。常に学びを欠かさず、時代のニーズに応えられるスキルを身につけていきましょう。

2.担当分野の業務知識を身につける

COBOLは、数あるプログラミング言語のなかでも、業務知識の有無が成果物の質に大きく影響する言語です。

COBOLが使われるのは金融・保険業界や行政機関がほとんど。こうした業界の業務について理解を深め、その知識を実務に活かせる人材は現場で重宝されます。当然、単価も上がりやすくなるでしょう。

3.ポジションを上げる努力をする

COBOL案件に限りませんが、より上流の工程に関わることで収入は増加していきます。

今のポジションに安住せずに、さらに上のポジションを目指して努力しましょう。上流工程に関わる経験を増やしていくことで、高単価案件を獲得できる機会も増えます。

4.協調性・正確性を高める

COBOLが業務のコアとなる部分で用いられることは、すでに述べました。「本丸」の部分に携わる者として、正確性を高めることは必須です。

それに加えて、協調性も身につけておきましょう。正確な仕事をするためには、チームで協力しあって行動することが必要だからです。

COBOL案件を取り扱うエージェントの選び方

現在、エンジニア向けのフリーランスエージェントは数多く存在します。フリーランスエージェントの活用を検討している方に向けて、エージェントの選び方を解説します。

サポートが充実している

まずチェックしてほしいのが、サポートの充実度です。エージェントによってサポート内容が異なりますので、どのようなサポートが受けられるのかを確認しましょう。

フリーランスの働き方は自由である反面、孤独でもあります。案件に着手してから疑問点や不安な点が生じた場合、すぐに相談できる相手がいるのは心強いことです。サポートが充実したエージェントの利用をおすすめします。

エージェントのサポート力は、連絡したときの返信の早さや内容でも見極められます。レスポンスが早く、的確なエージェントを選びましょう。

福利厚生を利用できる

エージェントによっては、福利厚生サービスを提供しているところもあります。

会社員時代の福利厚生制度を利用できないのが、フリーランスとして独立したときのデメリットでもあります。しかし、福利厚生制度があるエージェントを利用することで、このデメリットを克服できるのです。

特別な保険に入れる、コワーキングスペースの利用料が割引される、資格取得費用が補助されるなど、福利厚生の内容はエージェントによってさまざまです。ぜひ、各エージェントの提供内容をチェックしてみてください。

実績・信頼性を確認する

エージェントに登録してもなかなか案件が回ってこなかったり、紹介された案件に問題があってトラブルに発展したりすることは避けたいものです。

そうした事態を回避するためにも、エージェントの実績や信頼性を必ず事前に確認しておきましょう。

なお、エージェントによって得意分野が異なるので、自分が探そうとしている分野での実績をチェックすることが大切です。

COBOL案件を取り扱っているおすすめのエージェント5選

上記の観点から、特におすすめできるフリーランスエージェントを5つご紹介します。まだ利用していないエージェントがあれば、ぜひ登録を検討してみてください。

ITプロパートナーズ

弊社ITプロパートナーズの一番の特徴は、「週2〜3日稼働」など、柔軟な働き方が叶う案件が多いことです。また、エンドクライアントと直接契約しているため、高額案件が多いのも魅力です。

確定申告代行、賠償責任補償や所得補償制度、弁護士保険など、安心して働ける制度を用意しています。また、英語コーチングの割引など、スキルアップに役立つ福利厚生制度も設けています。

エンジニアファクトリー

エンジニアファクトリーは、アイムファクトリー株式会社が運営するIT業界専門エージェントです。

非公開案件を豊富に取り扱っており、IT業界に詳しいアドバイザーが自分の条件にあった案件を紹介してくれます。また、お金と保険をサポートする「FREENANCE(フリーナンス)」を無料で提供するなどサポート体制も充実しています。

フリエン

引用元:furien

株式会社アン・コンサルティングが運営するフリエンは、累計紹介数が豊富な業界最大規模のエージェント。掲載されている案件の多くが、週5常駐を前提としている印象です。

フリエンは、たくさんの案件の中から、週5でがっつり取り組める案件を見つけたい方に向いているでしょう。

ギークスジョブ

引用元:geechs job

ギークス株式会社が運営するギークスジョブは、15年以上の実績を持つエージェントです。取り扱っているのは関東・関西・福岡・愛知エリアの案件が中心ですが、リモート案件が多いので、居住地以外の案件も検討できます。

保険や健康診断、住宅ローンなどの福利厚生サービスも充実しています。

レバテックフリーランス

レバテックフリーランスも、15年の実績を持つエージェント。運営会社はレバテック株式会社で、大手企業からの直請案件が豊富です。

サポート面では、「これからフリーランスになりたい」という人からの相談も受け付けているのが特徴でしょう。税務サポートやヘルスケア分野のサポートなど、各種福利厚生サービスも設けられています。

COBOLの需要が今後もなくならない理由

COBOLはレガシー言語とみなされることも多い言語ですが、その需要はしばらくなくならないと考えられています。その理由は以下の3つです。

大規模案件がCOBOLで開発されている

COBOLは、銀行や保険会社などの金融系企業、官公庁などの行政機関において、基幹システムによく使われています。

こうした大規模なシステムをリプレースするのは簡単なことではありません。したがって、今後も多くのシステムにおいてCOBOLでの運用が続くと考えられます。

コスト面を考慮する企業が多い

一般的には、COBOLのような汎用系言語より、オープン系言語を用いるほうがコストダウンにつながるとされています。しかし、バージョンアップやハードウェアの交換などを加味して長期的に見ると、オープン系言語にもそれなりのコストがかかります。

もちろん、リプレースそのものにも大きなコストが必要です。こうした費用面を考えても、COBOLで開発されたシステムをわざわざリプレースする企業は多くないのです。

エンジニア不足により希少価値が高まる

COBOLは比較的古い言語であるため、扱えるエンジニアも高齢化しています。一方、上で述べたような理由で、COBOLエンジニアが必要とされる場面はしばらくなくなりそうにありません。

こうした状況下で、COBOLの知識・技術を持つ若手エンジニアは、希少価値の高い人材として重宝されるでしょう。

COBOLを扱うフリーランスの将来性について

COBOLは歴史の長いプログラミング言語です。したがってCOBOLを扱うエンジニアの年齢層も比較的高く、若手エンジニアは貴重であるということは先ほどお伝えしました。

ただし、COBOLが新しいプロジェクトに使われることはあまりなく、さらに最近では、COBOLが他言語に切り替わる動きも見られます。将来性を考えると、若手エンジニアは、COBOL以外の言語の習得も検討するとよいかもしれません。

フリーランスがCOBOL以外でも活躍しやすい言語は?

COBOLと併せてほかの言語も習得すれば、活躍の場が広がります。業務の幅を広げたいフリーランスエンジニアにおすすめの言語を3つ紹介します。

Java

Javaはオブジェクト指向型の言語で、長い歴史を持っています。これまでに多くの開発実績があり、高い信頼性を獲得している言語です。

Scaliaなど、Javaの後継と目される言語も登場していますが、特に大規模案件ではJavaメインでの開発が今後もしばらく続くでしょう。

ただ、Javaを扱えるエンジニアはすでにたくさんいます。Javaについては特に、多彩な分野で経験を積むことや、上流工程に関わることを意識しましょう。

【2020年最新】Javaの需要と今後の将来性を徹底解説

Python

Pythonは、世界でも非常に需要の高い言語で、多くのWebサイトやアプリで利用されています。機械学習やAIなど近年勢いのある領域でもひんぱんに活用されているため、将来性も抜群です。

現在、需要に対してPythonエンジニアの数が不足しているため、習得すれば活躍のチャンスがぐんと広がるでしょう。

Pythonエンジニアの将来性は?需要とこれからについて解説!

Pythonエンジニアの将来性は?需要とこれからについて解説!

Ruby

Rubyはオブジェクト指向型のスクリプト言語です。日本人であるまつもとゆきひろ氏によって開発され、国際規格として認証されました。可読性の高いプログラムを短時間で作れるのが特徴で、アジャイル型開発に活用しやすい言語です。

日本ではRubyを使いこなせるエンジニアが不足しているため、Rubyのフリーランス向け案件は報酬が高い傾向にあります。

【2020年最新】Ruby(on rails)のフリーランス案件・求人まとめ!フリーランスが業務委託でRuby(on rails)の仕事を獲得する方法!

まとめ

今回は、歴史の長い汎用系言語「COBOL」について幅広く紹介しました。COBOLは金融・保険業界や行政機関のコアシステムでよく使われていることもあり、フリーランス向けの案件は比較的少なめです。

フリーランスとしてCOBOL案件に関われるのは、正確性とそれを支える協調性を備えたエンジニアです。また、業務知識を身につけることも重要です。スキルと知識、そして実績を積み重ねて、より活躍できるCOBOLエンジニアを目指しましょう。

bn04

もし、今あなたが

・フリーランスになるか悩んでる
・自分に合った案件があるのか不安
・そもそも何から始めればいいのか分からない

などお困りであれば、ぜひ弊社ITプロパートナーズのサポート内容を確認してみてください!

登録後、専属エージェントに無料相談もできますよ!

※週2日 / 30万〜のフリーランス案件を紹介中です
※ご経験やご希望によっては案件を紹介できない場合がございますのでご了承ください。


よく見られてる関連案件

b80c977483d024c14549510e194361fe 2_anken 3_anken