知っているようで知らない!Perlとは?

プログラミング言語は現在多くの種類が存在し、どの言語を理解するかで、どのようなプログラミングをしたいか、どんなものを作りたいかが決まってきます。

そんなプログラミング言語の中でも開発当初から今まで根強い人気を誇る言語がPerlです。

Perlは、CGIを実現するためのプログラミング言語の1つで、1987年に一般公開されました。

当初は、テキスト処理やファイル処理に重点を置いたものでしたが、徐々に機能拡張され、またボランティアによって、Windows や Macintosh などのUNIX以外のプラットフォームにも移植されて、急速に普及を遂げてきました。

Perlはテキスト処理が得意なスクリプト言語で、値と文字列の自動変換機能、強力な正規表現が言語に組み込まれています。処理速度はRubyなどのスクリプト言語と比べて比較的高速ですので、人気も高いです。

あらかじめお伝えしておきたいのは、Perl=CGIということではないです。
CGIとはWebサーバから起動されるプログラムの呼び名で、Perlとは別です。

昔は、Webアプリケーションの開発といえばほぼPerl一択というほどの実績でしたので、CGIというと、Perlで開発したと思われることが多いようです。

現在、CGIのほとんどは、Perlで開発されたアプリケーションであることは事実なので、そのように認識している人が多いということです。

Perlでスキルアップしたエンジニアの皆さん!今より年収がグッと上がる働き方をご提示できるかもしれません!弊社ITプロパートナーズでは,週2日からこなせる仕事を紹介しております。まずはこちらより、弊社のサービスにご登録後、お仕事の詳細をご覧ください!

freelance

Perlとは?

Perlは、Practical Extraction and Report Language の略です。Perlは、ラリー・ウォール氏により開発され、その後、数千人の有志の協力によりバージョンアップを繰り返してきたプログラミング言語です。

Perlは言語としての歴史が長く、開発以来多くの利用者がいる言語なので、情報が豊富でコミュニティが活発なので、利用者には使いやすいです。

Perlの応用範囲は広く、システムユーティリティやソフトウェアツールの作成、データベースへのアクセス、グラフィックやネットワーク処理、そしてウェブプログラミングなどに適しています。

インタープリタ型なので、プログラムを書いたら面倒はコンパイル作業がなく、すぐにテスト確認が出来ます。

動作を確認しながら作業が出来るのがPerlのメリットで、開発効率が良く、エンジニアとしても使いやすいです。

Perlは Web サーバから呼び出すことが出来るのが一番の特徴といってよいでしょう。

レンタルサーバによっては制限されていることもありますが、 CGI使用可能レンタルサーバなら、ほぼ間違いなく利用できます。

HTMLは単に文字や画像を表示する機能しかないのですが、Perlでプログラムを作成することにより、掲示板など、表示内容がどんどん変化していくページが作れます。

最近では、Perlの代りにPHPを用いて掲示板などが作られていることもあります。

Perlでスキルアップしたエンジニアの皆さん!今より年収がグッと上がる働き方をご提示できるかもしれません!弊社ITプロパートナーズでは,週2日からこなせる仕事を紹介しております。まずはこちらより、弊社のサービスにご登録後、お仕事の詳細をご覧ください!

Perlでできることとは?

Perlはテキスト関係の処理が得意ということもあり、ほんの数行でデータの保存や、キーワードの検索を実現させることができます。

またUNIX系のシステムには最初からインストールされていますし、WindowsやMacでもインストールが可能で、作動しますので、マシンに関係なく利用できるメリットがあります。

Perlは利用者が多い為、インターネット上で公開されているフリーソフトや、困ったときに助けになるメーリングリスト、その他専用の電子掲示板(BBS)なども数多く用意されています。

フリーサイトで完成したプログラミングを配信していることも多いですが、その場合はPerlで書かれていることが多く、転用が可能なので、使い勝手も良いです。

Perlでスキルアップしたエンジニアの皆さん!今より年収がグッと上がる働き方をご提示できるかもしれません!弊社ITプロパートナーズでは,週2日からこなせる仕事を紹介しております。まずはこちらより、弊社のサービスにご登録後、お仕事の詳細をご覧ください!

Perlの特徴は?

プログラミングするときには、プロジェクトを組んで組織として作業することがほとんどで、自分で全て作ることはめったにありません。

なぜかというと、たとえ全く新しいプログラムであっても、 部分部分に分解すると、 既に誰かが作成したものに少し手を加えることで効率よく作成できるからです。

この点からすると、利用者の多いPerlは、それだけ参考にできるプログラムが多いわけですから、プログラムが作りやすいのが特徴として挙げられます。

またPerlはその歴史が他の言語よりも長いので、多くの既存のプログラミングが配布されており、この点はPHP等と比べると大きなアドバンテージといえます。

基本的な文法や記法やC言語に似ていますが、多様で自由度が高く、記号などを組み合わせた簡潔な記法で処理を記述することができるのがPerlです。

言語仕様の一部に正規表現を取り込むなどテキスト(文字)処理のための豊富な機能が用意されており、また、連想配列(ハッシュ)やリファレンス(変数などのメモリ上の位置を扱う機能)など高度な機能も標準で用意されているので使い勝手も良いです。

積極的に新しい機能を取り入れる開発姿勢でも知られ、オブジェクト指向プログラミングを可能にする拡張や、プログラムのモジュール(部品)化およびモジュールの読み込み機能、Unicodeなど多言語環境への対応、スレッド、クロージャ、リフレクション、ガベージコレクションなどが追加されています。

Perlにはもちろん弱点と呼ばれる部分も存在しています。

例えば、書く人のレベルによって質がバラバラになりやすいので、コードが継ぎ接ぎだらけとなり、保守性が下がる傾向があります。

またCGI用に作られた言語ではないため、CGIを実装するには多くのprint文が入るなど冗長な表現が多くなること。

元々オブジェクト指向でなかったため、後付けのオブジェクト指向が綺麗とは言いがたい。等です。

Perlでスキルアップしたエンジニアの皆さん!今より年収がグッと上がる働き方をご提示できるかもしれません!弊社ITプロパートナーズでは,週2日からこなせる仕事を紹介しております。まずはこちらより、弊社のサービスにご登録後、お仕事の詳細をご覧ください!

Perlの将来性って?

Perlが開発される前は、世の中にはC言語のようなコンパイル言語しかなく、コンパイルせずに処理ができるのはシェルやsedやawkぐらいしかありませんでした。

そんな時、ちょっとしたテキストを自動的に処理したいが、C言語とかで本格的に作成するような物ではないときは、シェルスクリプトとしてUNIXのコマンドを並び立てて処理することが一般的でした。

しかし、シェルと言ってもBourne Shell系とC Shell系の二つがあったり、同じUNIXコマンドでもOSによってオプションが異なるなど、移植性が低くかったり、そもそも、コマンド実行の連続であるため、処理が重いという欠点がありました。そんな中、シェルスクリプトの不満を解決するために誕生したのがPerlだったのです。

シェルやsed、awkの機能を内包し、テキスト処理に必要な各関数に加え、強力な正規表現が実装されていたPerlはすぐに人気になりました。

テキスト処理においてはシェルによるコマンドの組み合わせよりもはるかに強力で、高速な処理ができるようになり、同じPerlならどのマシンでも同じように動くという移植性の高さもあり、みんなPerlを使うようになった理由の一つです。

インターネットが一般に広がり、多くの人がWebサイトを作るような時代になりました。

静的なHTMLだけでは無く、カウンタや掲示板と言った動的ページ(CGI)も置きたくなる人が増えてきました。

そんなときに、CGIを実装する選択肢としてPerlは相性が良く、人気になりました。スクリプト言語なので、置いただけで使えるという点、正規表現などの強力なテキスト処理が可能(CGIでHTML吐き出しは突き詰めればテキスト処理)、UNIX/Linuxでは標準でインストールされるためサポートや提供が楽と言うこともあり、CGIといえばPerlという時代があったのです。

Perlは歴史が古く、一日の長もあり、ライブラリの数、参考になるコードの数、日本語の情報サイトや書籍の数、OS標準が用意されているかどうかなどで、当初は他よりも優位な言語として存在していました。

しかし、現代においては、他の言語についても必要なライブラリは全て揃っていますし、参考になるコードは多くネット上に存在しています。

また、日本語の情報サイトや書籍も多く、Linuxでパッケージがそれぞれ用意されていることはもちろんのこと、最新のMac OS Xでは四つの言語全てが最初からインストールされています。つまり、環境面での差異はなくなっていると言えるのです。

そんな時代になったからこそ、それぞれの目的にあった選択をすることが重要となってきます。

古くからのコードを生かしたいならPerlのままでいいし、保守性を重視したいならPythonを採用すれば良いでしょうし、ちょっとしたWeb動的ページならPHPが最適で、オブジェクト指向で素直に書きたいならRubyを使う。

といったようにそれぞれの言語のメリットとデメリットを総合的に考えて選択することが必要となってくるでしょう。

Perlはすでに安定している言語ですので、今書いたコードは将来も動くでしょうし、10年前書いたコードも問題無く動くので、安心感は根強いものがあります。

しかし、将来的にはPerlもバージョンがアップしていくでしょうし、その際に互換性が保てないこともあり得ますので、新しいバージョンになった時、どうなるかは要検討でしょう。

Perlでスキルアップしたエンジニアの皆さん!今より年収がグッと上がる働き方をご提示できるかもしれません!弊社ITプロパートナーズでは,週2日からこなせる仕事を紹介しております。まずはこちらより、弊社のサービスにご登録後、お仕事の詳細をご覧ください!

Perlについてのまとめ

PerlはPythonやRubyなどのスクリプト言語の仲間となり、プログラミングで可能なことに関しては3つの言語でほとんど差はほとんどありません。

多くのマシン環境で利用ができ、安定していて、気軽に利用できるのがPerlの特徴でしょう。

また文法はC言語、Java、PHP、Javaに似ているため、これらを習得した人であれば、覚えるのも比較的容易であるといえます。

利用してみるとパフォーマンス面、機能、記述のしやすさなどのバランスがとても取れている言語であることが理解できると思います。

PythonとRubyと比較した最大のPerlの利点は、後方互換性の非常に高い言語なので、仕事で利用するには安心して使えるというところです。

またPHPやnode.jsなどと同じようにサーバーサイドでWebアプリケーションを作成するときにも、さらに便利に利用できます。CPANにあるライブラリを利用すれば、開発効率はとても高いものになります。

Perlは過去のプログラミング言語で今後利用価値がないという人も一部にはいるようですが、既に作られたプログラミングに多く採用され、今後もその使いやすさと互換性の高さから、まだまだ必要とされるプログラミング言語になっています。

Perlでスキルアップしたエンジニアの皆さん!今より年収がグッと上がる働き方をご提示できるかもしれません!弊社ITプロパートナーズでは,週2日からこなせる仕事を紹介しております。まずはこちらより、弊社のサービスにご登録後、お仕事の詳細をご覧ください!

bn04

もし、今あなたが

・フリーランスになるか悩んでる
・自分に合った案件があるのか不安
・そもそも何から始めればいいのか分からない

などお困りであれば、ぜひ弊社ITプロパートナーズのサポート内容を確認してみてください!

登録後、専属エージェントに無料相談もできますよ!

※週2日 / 30万〜のフリーランス案件を紹介中です
※ご経験やご希望によっては案件を紹介できない場合がございますのでご了承ください。


よく見られてる関連案件

b80c977483d024c14549510e194361fe 2_anken 3_anken
The following two tabs change content below.
株式会社ITプロパートナーズ

株式会社ITプロパートナーズ

「IT起業家・フリーランスの自立を支える」というビジョンの元、「週2日からの業務委託案件を紹介する、ITプロパートナーズ」を運営。 ■BestVenture100に創業初年度で選出 ■取材記事:自立する覚悟が、働き方を変える
freelance