【最新】Ruby案件まとめ!フリーランスが業務委託でrubyの仕事を獲得する方法!

こんにちは! ITプロパートナーズ・代表エージェントの木村です。

弊社では、独立精神旺盛な優秀なエンジニアの方々の独立・起業サポートや、フリーランス支援を行っています。

こちらでは、日々の現場でサポートさせていただいている中での、プロの目線で、エンジニアに役立つお話をしてまいります。

今回は、フリーランスの方にとってのRuby(on Rails)開発案件情報やRuby(on Rails)エンジニアの将来性についてのあれこれについてまとめてみました。宜しければ最後までお読みください。

すぐに週2〜3日のRuby案件をご覧になりたい方は、こちらからどうぞ!

freelance

Ruby(on rails)の在宅案件ってあるの?

窓際でノートパソコンを使っているビジネスマン

フリーランス・フリーエンジニアとして仕事をするからには、自由気ままに自宅で好きな時間に作業できるのが理想ですよね。

そのため、在宅案件を希望される方がとても多いです。

それでは、Rubyの開発案件で実際、在宅案件ってあるのでしょうか?

結論から言うと、なくはないですが、全体の案件の中からすると非常に少ないです。

Rubyの開発案件が比較的少ない理由

なぜ少なくなるかというと、Rubyを使用した開発案件としては、Webアプリの開発案件がほとんどであり、仕様がある程度固まっていたとしても完璧ということはなく、開発プロセスとしてはアジャイルであることがほとんどです。

とくに内製の文脈では、ディレクター、PMやデザイナが、各エンジニアと開発を進めつつ、会話をしながら、仕様を固めていく開発プロセスでしょう。

在宅としてrubyの案件を進めるコツ

初めてのクライアントでは、信頼関係がないために、隣で作業をしてもらいたいという意向も多いので、しばらくは信頼関係構築期間を置いた上で、開発の内容などによって、外注や在宅を提案してみるというのはありかもしれませんね。

では、どのような案件が在宅を認めるケースが多いのでしょうか。

自社開発かを確認する

まずは「客先常駐型」のSIerビジネスではなく、「自社開発」の文脈でエンジニアを募集しているかどうかでしょう。

客先常駐型ではセキュリティ・契約などの観点で在宅作業が認められないことがほとんです。一方で自社開発では比較的柔軟な対応をするケースが増えてきています。

また、自社開発であっても、案件に関わる人数の規模感によって柔軟な働き方を認めるか否かという点で変わってくるでしょう。

小規模で進めている案件かを確認する

数十人以上など、それなりに案件に関わっている人が多数の場合は、マネジメントの観点で柔軟な働き方が認められないことが多い印象です。

逆に数人〜10人程度の小規模案件であれば柔軟な働き方を認める企業も増えてきています。

いずれにしても在宅案件にこだわりすぎてしまうと、スキルの習熟などの機会をなくしてしまうこともあります。

また、そもそも信頼関係を築くことができていない状況では、柔軟な働き方を認めづらいという発注側の意向もあります。

それらも踏まえた上で、エージェントに要望を伝えてみましょう。

Ruby(on rails)案件の報酬単価の相場ってぶっちゃけどれくらい?

Fotolia_101859027_Subscription_Monthly_M

1人月で月に140時間〜180時間の工数で、50万〜120万円ほどと、かなり幅が広いです。

Rubyエンジニアは引き合いに対して、Java,PHPなどと比べると希少なため、一人前のRubyエンジニアでいうと、大体1人月80万円~100万円くらいが相場ではないでしょうか。

あとは、契約の期間の長さによって、金額が増減する事が多いと思います。

3ヶ月ごとの契約更新を行う事が多いですが、1~2ヶ月と短い期間での開発案件であれば、次の案件獲得のリスクやコストを鑑みて、高めに設定されがちですし、逆に、半年間などの長期プロジェクトであれば、継続性があり、先の報酬が読めるため、その分、単価を下げてでも請ける事が多いです。

スキルや経験によりますが、クライアントが求めているスキルや機能と一致した開発経験・実績があると高くなりがちです。

新しい開発案件をやりたいという希望と、単価相場がトレードオフになってしまうため、ご自身の中でどちらを優先するかをしっかりと決めておくと良いでしょう。

そもそもですが、Ruby(on Rails)とは?

Woman using tablet and depth of field in coffee shop with vintage tone.

こちらをご覧になっているRubyエンジニアの方にとっては今更説明するまでもないことと思いますが、これから別の言語からRubyに改めてチャレンジする方向けに開発言語としてのRubyについてご紹介しておきます。

Rubyは、オブジェクト指向プログラミング(OOP)を実現するための種々の機能を持つオブジェクト指向スクリプト言語です。もちろん通常の手続き型のプログラミングも可能ですが、より実践的にはオブジェクト指向プログラミングでの実装が強く求められます。

Rubyはまつもとゆきひろ氏(matz)が開発者として有名であり、現在では広くオープンソースソフトウェア(OSS)として世界中で開発が進められています。

Rubyとは」から引用

上記でも触れているように、Rubyには以下のような優れた特徴があります。

  • シンプルな文法
  • 普通のオブジェクト指向機能(クラス、メソッドコールなど)
  • 特殊なオブジェクト指向機能(Mixin、特異メソッドなど)
  • 演算子オーバーロード
  • 例外処理機能
  • イテレータとクロージャ
  • ガーベージコレクタ
  • ダイナミックローディング(アーキテクチャによる)
  • 移植性が高い。多くのUNIX上で動くだけでなく、DOSやWindows、Mac、BeOSなどの上でも動く

そのため、非常に広範囲な領域で活用されており、Rubyを使いこなすエンジニアの人口も非常に多いです。

Rubyのフレームワーク「Ruby on Rails」とは?

Geschäftsmann

Ruby on Railsはおなじみデイヴィッド・ハイネマイヤー・ハンソン(DHH)によって開発されたwebフレームワークです。Railsの設計思想としては「DRY(Don’t Repeat Yourself:同じことを繰り返さない)」と「設定より規約」に基いています。

Ruby on Railsの特徴として、パッケージ管理のBundlerによってgem(サードパーティー製のRubyライブラリ)を組み込むことで、開発効率を高めやすいエコシステムが整っている点があげられるでしょう。

なんで?Ruby(on rails)のフレームワークは人気なの?

Ipad.

現在、Rubyを活用する企業やエンジニアが増えています。

とくに成長インターネットベンチャーでは、既存のPHPフレームワークで作ったwebアプリケーションをRuby on Railsにリプレイスしようとしていたり、新規事業でwebアプリケーションを開発するにあたってRuby on Railsを採用する企業が増えています。

実際、弊社にもRubyの経験が豊富なエンジニアにお手伝いいただきたいと言った急募案件のお話をご依頼いただくことが少なくありません。

それではなぜRailsをwebフレームワークとして採用する企業が多いのでしょうか?

まず、典型的なwebアプリケーションを開発するにあたってMVCフレームワークとしてもっとも開発効率が高いと判断している点があげられます。

とくに新規事業においてもっとも重要視されるのが立ち上げまでのスピード感です。HerokuがRailsをメインで採用していることもあり、Heroku+Railsを選択することでインフラ関連のコストがぐっと減り、より事業ドメインに近いビジネスロジックの実装にエンジニアが集中できる、といったメリットがあります。

さらにPHPフレームワークからRailsへのリプレイスが進む点としては、Rubyのメタプログラミング言語としての柔軟性とエンジニアの技術習得のハードルの低さがあげられるでしょう。

Ruby on Railsのどういうところが楽しいか

Marketing.

まずRailsにかぎらずRubyとしての言語仕様の柔軟さがあげられるでしょう。とくにメタプログラミング言語としての特性である、オープンクラスなどはJavaやPHPのプログラマにとってみれば明らかに「黒魔術」的です。

一見すると「こんなことできるようにしたら言語仕様的にダメなんじゃないか?」と思わせるような仕様ですが、Rubyの父matzの設計思想の根底には、「プログラマは賢い」という点が根強くあります。

分別ある大人なプログラマなら、より柔軟な言語仕様もちゃんと使いこなせる、という前提に立っているからこそ、ある意味なんでもありな言語仕様を許容しているのです。

またmatzのRuby設計思想としてもう1つ重要な設計思想として、「プログラマが書いてて楽しくなるプログラミング言語を」というものがあります。

Rubyは徹底したオブジェクト指向なので、ドットでメソッドチェーンすることであたかも言語(英語)のようにプログラミングをすることができます。

RailsではActiveSupportというRubyを拡張するようなコンポーネントがあり、さらにそのオブジェクト指向的な側面があります。

代表的なメソッドとして例えばpresent?やblank?などのメソッドがあります。

また、Railsを使えば前述のHerokuやgemと組み合わせることで、高速にwebアプリケーションを開発することができます。

なにか動くものを素早く作って価値を提供して周囲の課題解決に役立つことに喜びを覚えるプログラマにとってみれば、これほど喜びを加速してくれる組み合わせはないともいえます。

Ruby(on rails)のフリーランスエンジニアって今後も食べていけるの?

Young businessman sitting on steps with mobile phone in hand

Young businessman sitting on steps with mobile phone in hand

それでは、Rubyエンジニアについて、フリーエンジニアとしてやっていく事を考えた際の市場ニーズや将来性は気になりますよね。

フリーエンジニアの方にとっては、自分自身の年収にも直結してくると思いますので、今後、中長期的にどういった技術や言語を注力して、習得・実績として積んでいくべきかは気になる内容と思います。

今回はRuby案件・求人について、フリーエンジニアエンジニアの案件相場に詳しい社内の敏腕エージェント冨士本(フジモト)にヒアリングしてみました。

「Ruby案件は、最近本当に増えていますね。というのも、大手企業やVCから大型の資金調達を達成したスタートアップ企業が、早期にプロダクトをリリースするために、Rubyを選択する会社さんが増えているためです。

また、そうした流れに乗ってか、スタートアップに限らず、既存のインターネットサービス運営企業も、社内のエンジニアがRuby案件の企業に転職・退職してしまうといったケースが発生しており、経営サイドも元々の言語から、Rubyに切り替えるといった動きも出ていますね。

Ruby経験が豊富なエンジニアの方は、案件に困ることはないのではないでしょうか。

ただし、プロとしての意見をお伝えさせていただくと、その中でも、経験豊富な開発者やCTO、PMがいる会社とそうでない会社に分かれます。

そうした会社・プロジェクトの目利きが重要となりますので、しっかりと見極めることをオススメします。」

Rubyでのフリーランスのチャレンジが初めてで不安・・

考え事をする女性

今は大手SIerやインターネット企業に会社員として勤めており、今回が初めてフリーランスにチャレンジしてみようと検討しているけれど、実際、継続的に案件を獲得できるのか?自分のスキルで満たしているのか?報酬単価はどれくらいもらえるのか?請求書や確定申告などの処理は自分でやらないといけないのか?等で不安・・という方も多いと思います。

そうした不安や悩みを持たれている方は、専任のプロのエージェント会社・サービスがあります。弊社もそうですが、無料でサポートを受けられますので(交通費はかかりますが)エージェントに相談に行ってみることをお勧めします。

こうしたサービスを提供する会社や業界を、SES(システムエンジニアリングサービス)業界と言われます。

Web開発案件に強みを持つエージェント会社としては、レバレジーズ(レバテックフリーランス)、A-STAR、ギークス、弊社ITプロパートナーズなどがあります。

複数のエージェントに同時登録しても問題はないので、一度面談して話を聞いてみても良いでしょう。

SES(システムエンジニアリングサービス)ってどうなの?営業を挟むべきメリットであるの?

クラウチングスタート,ビジネスマンと矢印

前述した通り、SES(システムエンジニアリングサービス)という業態が一般的に活用されています。

でも、開発を中抜きされるみたいでなんか気分が悪い・・?営業なんて必要?と思われる方が多いかもしれません。

手前味噌にはなりますが、実際必要だと思います。

ポジショントークではなく、自分の身の回りのフリーエンジニアに「ぶっちゃけどう思う?」と聞いてみたところ、皆さん営業がいてくれた方が面倒くさい交渉やトラブルを避ける事ができて楽だから、という理由で、営業の必要性を語ってくれます。

エージェントが面倒な単価交渉や、トラブル対応、契約回りなどをクライアント企業としてくれるため、あくまで現場での開発に集中できるというわけです。

エージェントに相談してみたい方はこちらからどうぞ。

Ruby(on rails)エンジニアの請求書の作り方・提出方法って?

Fotolia_89592774_Subscription_Monthly_M

ITエンジニアとして、Rubyフリーランスになった場合、案件の報酬について、見積書や請求書を発行しなければなりません。

でも、会社勤め時代は営業・経理でもないし、請求書なんて発行した事ないからわからないよ・・!って方、多いのではないでしょうか。

そこでフリーランスの営業支援を行うプロが教えちゃいます。

請求書を作成する上で、考えるべきポイントについてですが、こちらは現在記事を作成・編集中ですので、別途更新しますね。

まとめ:Rubyの案件は獲得できる

rubyを使った開発案件を取り扱うエージェントも多く、仕事を獲得することができます。

ただ、在宅の案件などはやや少ない傾向にあるので、注意してくださいね。

bn04

もし、今あなたが

・フリーランスになるか悩んでる
・自分に合った案件があるのか不安
・そもそも何から始めればいいのか分からない

などお困りであれば、ぜひ弊社ITプロパートナーズのサポート内容を確認してみてください!

登録後、専属エージェントに無料相談もできますよ!

※週2日 / 30万〜のフリーランス案件を紹介中です
※ご経験やご希望によっては案件を紹介できない場合がございますのでご了承ください。


よく見られてる関連案件

b80c977483d024c14549510e194361fe 2_anken 3_anken
The following two tabs change content below.
ITプロパートナーズ 代表取締役 木村 直人

ITプロパートナーズ 代表取締役 木村 直人

「すべらない起業論」編集長であり、エンジニアの起業・独立・フリーランス支援のプロエージェント。大手損害保険会社を経て、I&G Partners(現アトラエ)入社。成功報酬型求人サイト「Green」の立ち上げから関わる。その後、「IT起業家・フリーランスの自立を支える」というビジョンの元、「週2日からの業務委託案件を紹介する、ITプロパートナーズ」を立ち上げる。 ■BestVenture100に創業初年度で選出 ■取材記事:自立する覚悟が、働き方を変える
ITプロパートナーズ 代表取締役 木村 直人

最新記事 by ITプロパートナーズ 代表取締役 木村 直人 (全て見る)

freelance

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です