【プロが解説】未経験から”最短で”フロントエンドエンジニアを目指す方法

現代のマーケティングにおいて、Webサイトを通じた販売は必須と呼べるほど一般的となっており、商品やサービスつくると同時に、Web・ECサイトの準備も欠かせません。

エンジニア不足は常に問題となっていますが、中でもフロントエンドエンジニアに関しては需要に対して、供給が追いついていない状態です。

一方で、未経験からエンジニアを目指す方は、今から勉強を始めても就職・転職出来るんだろうかと不安に感じるのも事実ですよね。

IT業界のエンジニア需要はこれからますます高まることが予想されており、必要なスキルさえ身につければ、未経験からでもフロントエンドエンジニアになることは十分に可能です。

そこで本記事では、未経験から最短でフロントエンドエンジニアを目指す方向けに、フロントエンドエンジニアに関する基本知識と歩むべきキャリアパスについてご紹介していきたいと思います。

freelance

フロントエンドエンジニアとは

フロントエンドエンジニアとは、Webサイトでユーザーが直接操作する部分(フロントエンド)の開発を担当するエンジニアのことを指します。

Webコーダーやマークアップエンジニアといった似たポジションの職種もありますが、フロントエンドエンジニアはJavascriptなどを用いた動的処理はもちろん、フロントエンド側の設計まで担当するため、より高度な知識が必要とされるポジションです。

  • フロントエンジニアの仕事内容
  • バックエンドエンジニアとの違い

 

フロントエンジニアの仕事内容

フロントエンドエンジニアの仕事内容としては、ユーザーがWebサイトで確認出来る範囲の処理のほとんどが担当範囲です。

Webページの外観をHTMLやCSSで作成することはもちろん、ボタンを押した際の処理の起動やテキストを入力した際の整合性チェックなどもフロントエンドエンジニアの仕事となります。

フロントエンドエンジニアは設計も担当することが多くなり、ユーザーが使いやすいWebサイトを作成することが重要な業務となります。

企業によっては、フロントエンドエンジニアの業務にデザイン部分まで含まれているケースも少なくありません。

 

バックエンドエンジニアとの違い

エンジニアについての情報を調べていると、バックエンドエンジニア(サーバーサイドエンジニア)と呼ばれる言葉を聞いたことがある方も多いのではないでしょうか?

これらのポジションは、ユーザーが操作した処理を元に、データベースから対象データを取得するなど、サーバーと呼ばれるコンピューターで行われる処理を開発するエンジニアのことを指します。

ユーザーが操作する部分をフロントエンドエンジニアが開発し、フロントエンドから受け取った情報を元に、サーバー側の処理を実装するのがバックエンドエンジニアの役目です。

未経験からフロントエンドエンジニアになれるのか

本記事をご覧の方の多くが、最も注目するポイントは「未経験からフロントエンドエンジニアになれるのか」についてかと思います。

結論、未経験からでもフロントエンドエンジニアにはなれます。

では、未経験からフロントエンドエンジニアを目指す方が、まず把握しておかなければならないポイントについて確認していきましょう。

  • 未経験からフロントエンジニアになるためにまずは心を構えよう
  • 未経験から学ぶべきプログラミング言語

 

未経験からフロントエンドエンジニアになるためにまずは心を構えよう

未経験からフロントエンドエンジニアを目指す方の中には、他のエンジニア業務に比べて簡単そうだからといった安易な意見も目立ちます。

しかし、フロントエンドエンジニアはかなり複雑で細かな作業が求められる仕事であることを理解しておく必要があります。

また、エンジニアのイメージとして、一人で黙々と作業することをイメージする方もいらっしゃるかも知れませんが、他のエンジニアはもちろん、デザイナーやマーケティング担当など様々な職種の方とコミュニケーションを取ることは必須です。
細かい作業を忍耐強く続けられ、チームとして働くことをしっかりと意識出来ていないと、フロントエンドエンジニアとして働き始めた後にイメージとのギャップで挫折してしまうことに繋がりかねません。

 

未経験から学ぶべきプログラミング言語

未経験からフロントエンドエンジニアを目指す方が学ぶべきプログラミング言語として「HTML」「CSS」「Javascript」この3つは最低限必要と考えておいてください。

それぞれ意識して安定バージョンと最新バージョンの両方を学ぶことが大切です。

また、それぞれに対応した各種フレームワークやテンプレートエンジンについても、可能な限り学んでおくようにしましょう。

実際の現場では、フレームワークを利用した開発であることがほとんどで、スクラッチ(フレームワークなし)での開発は少ないのが実情です。

未経験からフロントエンドエンジニアになるためのキャリアパス

実際に未経験からフロントエンドエンジニアになるためのキャリアパスにはどういった方法が適切なのでしょうか?

もちろん独学でフロントエンドエンジニアになるためのスキルを身につけることも可能ですが、”最短”でフロントエンドエンジニアを目指すならば、メンターと呼ばれる人物に適切なアドバイスをもらうべきと言えます。

  • プログラミング教室に通う
  • プログラミング教室で転職先や案件を紹介してもらう
  • 1つの言語を3年間極めよう

 

プログラミング教室に通う

未経験者が最も確実に最短でフロントエンドエンジニアを目指す方法として、プログラミング教室に通う方法が挙げられます。

最近では、オンラインで全て完結するプログラミングスクールやフロントエンドに特化したコースを提供するプログラミング教室も増えてきています。

専門的な内容ですので、独学で勉強するよりもプログラミング教室に通った方が、遥かに効率的にスキルを身につけることが可能です。

 

プログラミング教室で転職先や案件を紹介してもらう

プログラミング教室に通うことにはスキルを効率的に習得する以外にも、転職先や案件を紹介してもらえるというメリットがあります。

未経験からフロントエンドエンジニアを目指す方の大半は、IT業界へのコネなどはない状態でしょう。

求人サイトから応募して転職先を見つける方法もありますが、経験者優遇の業界であるため、未経験者が条件の良い転職先を見つけるのは難しいと言えます。

一方で、プログラミング教室経由であれば、ある程度のプログラミングスキルが担保されているため、企業側としても信頼することが可能なため、転職に繋がりやすい傾向にあります。

 

1つの言語を3年間極めよう

プログラミングを始めたばかりの頃は特に顕著ですが、様々なプログラミング言語に手を出してしまいがちです。

しかしプログラミング言語は、言語毎の特性こそあれど、根幹の考え方は基本的に同じです。

まずは1つの言語をしっかりと3年間学習し、理解を深めてから別の言語を学習すれば、理解度や習得スピードが格段に上がることは間違いありません。

未経験からフロントエンドエンジニアになった際の年収額

未経験からフロントエンドエンジニアになった際の年収額は、企業や業務内容により異なりますが250万円~450万円ほどです。

月収にすると20万円~30万円の間と考えておくと良いかと思います。

最初の給料こそそれほど高くはありませんが、スキルを伸ばしていけば年収1000万円近くまで狙える職種でもあります。

未経験からフロントエンドエンジニアになる際の注意点

未経験からフロントエンドエンジニアを目指す方は、良いポイントにばかり目が行きがちですが、注意すべき点についてもしっかりと把握しておくべきです。

実際にフロントエンドエンジニアになった後に後悔しないためにも、事前にしっかりと注意点を確認しておきましょう。

  • 技術の流行り廃りが激しい
  • 必要な技術の幅が広い
  • コミュニケーションが必須

 

技術の流行り廃りが激しい

フロントエンドエンジニアの仕事で使用されるスキルは、フレームワークを中心として流行り廃りの激しいものとなっています。

数年前に業界の中心となっていた技術が、現在ではほとんど脚光を浴びていないなんてことも十分に起こり得ます。

せっかく身につけたスキルが利用されなくなるリスクと、常に最新技術を学び続ける必要があることは意識しておきましょう。

 

必要な技術の幅が広い

フロントエンドエンジニアは、上述した「HTML」「CSS」「Javascript」の最低限身につけておかなければならない技術以外にも必要な知識はたくさんあります。

例えばデザインに関する知識やUX(ユーザーエクスペリエンス)と呼ばれるユーザーの使い勝手の良さを向上させるスキルなども必要な知識です。

またフロントエンドエンジニアだからといって、バックエンドのスキルが全く必要ないのかというと、そんなことはなく、問題なくシステムとして連携させるだけの最低限の知識が必要です。

 

コミュニケーションが必須

フロントエンドエンジニアは、デザイナーが作成したデザインを元に、チーム内でWebサイトを作成し、バックエンドエンジニアにデータを連携する必要があります。

これだけでも、デザイナーとフロントエンドエンジニアの他メンバー、バックエンドエンジニアと3人以上とのコミュニケーションが必要です。

更には、社内の他部署や社外のクライアントとのやりとりなども必要となることもあり、エンジニアとして開発だけを進めるのではなく、様々な関係者とのコミュニケーションが必要となることも認識しておきましょう。

まとめ

本記事では、未経験から最短でフロントエンドエンジニアを目指す方向けに、フロントエンドエンジニアの基礎知識からキャリアパスについてご紹介してきました。

フロントエンドエンジニアの需要は今後も高まることが予想されており、未経験だからといって今からでも遅すぎることはありません。

今回ご紹介したような、基礎知識と歩むべきキャリアをしっかりと認識した上で、自分なりの計画をなるべく具体的に立て、一歩ずつ着実にスキルを向上させながら、フロントエンドエンジニアとしてのキャリアをスタートさせましょう。

bn04

もし、今あなたが

・フリーランスになるか悩んでる
・自分に合った案件があるのか不安
・そもそも何から始めればいいのか分からない

などお困りであれば、ぜひ弊社ITプロパートナーズのサポート内容を確認してみてください!

登録後、専属エージェントに無料相談もできますよ!

※週2日 / 30万〜のフリーランス案件を紹介中です
※ご経験やご希望によっては案件を紹介できない場合がございますのでご了承ください。


よく見られてる関連案件

b80c977483d024c14549510e194361fe 2_anken 3_anken
The following two tabs change content below.
株式会社ITプロパートナーズ

株式会社ITプロパートナーズ

「IT起業家・フリーランスの自立を支える」というビジョンの元、「週2日からの業務委託案件を紹介する、ITプロパートナーズ」を運営。 ■BestVenture100に創業初年度で選出 ■取材記事:自立する覚悟が、働き方を変える
株式会社ITプロパートナーズ

最新記事 by 株式会社ITプロパートナーズ (全て見る)

freelance