AIエンジニアの現状と将来性

こんにちは!

ITエンジニア・webディレクター・webデザイナーなどのIT人材の自立・キャリアを支援するITプロパートナーズの木村です。

弊社では、独立精神旺盛な優秀なエンジニアの方々の独立・起業サポートや、フリーランス支援を行っています。
こちらでは、日々の現場でサポートさせていただいている中での、プロの目線で、エンジニアに役立つお話をしてまいります。

AI(人工知能)がビジネスを変えると言われ、とっても注目されていますが、あくまでソースコードで記述されている「システムの一形態」である、という点を忘れてはいけません。

極論すれば、世界を変えうる可能性を秘めたAIも、みなさんが普段から良く使っているスマホアプリも本質的な部分では同じものです。

ということは、AIもスマホアプリと同様にエンジニアが開発や保守に関係していくことになります。

では、AIもスマホアプリも同じエンジニアができるのかと聞かれると、答えは「ノー」です。

やはりビジネスの世界を変えるAIに関わるエンジニアは「普通のエンジニア」ではありません。

データベースやネットワークなど専門性が高い分野において、データベースエンジニアやネットワークエンジニアなどといった、ある分野に特化したエンジニアが必要とされることが多いですが、AIについてもAIに特化したAIエンジニアが必要だと考えられています。

このAIエンジニアという職種に興味を持っている方は少なくないと思いますが、現状や将来性について、あまり触れられる機会がないと思うので、今回は詳しくご紹介いたします。

AIエンジニアの仕事内容って?

かっっこいい画像

まずは、AIエンジニアの仕事を見ていきたいと思います。

すでにお伝えした通り、AIと言われるとなにか特殊なものに感じる方が多いですが、本質的にはシステムの一種類です。

他の多くのシステムと同様に、AIも「構築する人」と「運用(利用)する人」が関わってくることになります。

構築するにしても、運用するにしても、AIのアルゴリズムを理解し、必要に応じてソースコードの作成・修正を行わなくてはなりません。

そのためのスキルがある人材のことをAIエンジニアと呼ばれます。

構築も運用も同じ人材のところもあれば、構築と運用を別の人材で担っているところもあります。

構築と運用を別の人材としているところでは、前者の「構築する人」を機会学習エンジニア、後者の「運用(利用)する人」、いわばAIのオペレーターのような人は、データサイエンティストと呼ぶことも多いです。

「AIの運用って、どういうこと?」と思う方も多いと思うので、その業務内容を簡単に説明すると、「AIにどういったデータを与えて、どんなアルゴリズムを適用すれば、知りたいことが導出せるのか」を考えて、AIそのものやAIに与えるデータを調整する仕事です。

いくら優秀なAIでも、インプットが悪ければ良いアウトプットはできません。このことからも、AIエンジニアは非常に重要な仕事と言えるでしょう。

それでは、次にAIエンジニアの現状について見ていきましょう!

AIエンジニアの現状って?

shutterstock_353531531

AIエンジニアの現状ですが、需要に対して供給が圧倒的に足りていない、というのが実情です。

多くの企業がAIに力を入れようとしている中、AIエンジニアの絶対数が足りていません。

AIエンジニアの育成に取り組み始めた企業もありますが、AIニーズの拡大にまったく追いつけていないのが現状です。

結果、すでにAIエンジニアとして活躍している人材、スキルを持っている人材の争奪戦となっており、良い人材を得るために好待遇を掲げている企業が多いです。

必然的に給与も高くなり、海外ですと優秀なAIエンジニアの年収は30万ドル(3000万円)~50万ドル(5000万円)と言われています。

日本においても、衣料品通販サイトの「ZOZO TOWN」の関連会社である「スタートトゥデイテクノロジーズ」が最大1億円の年俸を掲げて人材募集したことが話題となりました。

1億円に届かなくても、年収1000万円以上のAIエンジニアは少なくないです。

もっとも注目されている分野で活躍している人材ということで、企業内の待遇だけでなく、社会全体からの注目度も高いです。

(普通のシステムエンジニアなどから)AIエンジニアにジョブチェンジ後、以前より周りから敬意の目を向けられるようになった、という意見もよく聞かれます。

以上のように、現状AIエンジニアの需要は高いです。しかし、この需要は将来的にどうなっていくのでしょうか?

将来AIエンジニアの需要はさらに増す

shutterstock_503549980

AIエンジニアの将来ですが、間違いなく、企業からのニーズは高まっていくでしょう。

実は非常に気になるデータが経済産業省から示されているので、ここでご紹介いたします。

それは、ITエンジニアと将来の動向について2016年にリリースされた「IT人材の最新動向と将来推計に関する調査結果」という資料です。

それによると、2016年時点でIT人材は全体で約17万人、その内、情報セキュリティ人材は約13万人、そしてAIエンジニアを含む先進IT人材(AI、IoT、ビッグデータ等に携わる人材)は約1.5万人も不足しています。

この人材不足は拡大されると予測されており、2020年にはIT人材全体で見ると、最大で約37万人、情報セキュリティ人材は約20万人、先進IT人材は約4.8万人となると推測。

この資料から、そもそもIT人材自体が貴重な存在であることがお分かりかと思います。

その中でも、先進IT人材の不足者数は3倍以上に増加するわけですから、急激に需要が拡大していくのに対し、人材供給が追い付いていないのは明らかです。

今のうちからスキルを身に付けて実績を出しておけば、より良い待遇が望めるのはまず間違いないでしょう。
ある程度の知識があるという人は、実際にAIエンジニアとして働いてみるというのも手かもしれません。

まだ、実践は…まずはAIの勉強から…という人がAIエンジニアになるためにはどうすれば良いのでしょうか?

AIエンジニアに必要なスキルとは?

shutterstock_403991497

上で見た通り、AIエンジニアには非常に可能性があり、Aiエンジニアになりたいと思う方も多いでしょう。

そこで、AIエンジニアになるために必要な知識・スキルをご紹介したいと思います。

①プログラミング技術

まず、第一に必要なのは、ITエンジニアとしてプログラミングができること、ソースコードが書けることです。

なお、AIを開発するのに主に使われるのは、PythonやC言語(C/C++)と言われており、どちらのプログラミング言語も読み書きできれば、なお良いでしょう。

②pythonの知識

どちらも今から学習開始という方は、必要なスキル二つ目と関係しますが、Pythonの方から学習を始めてください。

では、必要なスキル二つ目は何かというと、AIのアルゴリズムをまとめたライブラリや、AI開発会社が提供するAPIなどの便利ツールを使いこなすスキルです。

これらの便利ツールはAI開発の肝となるロジック部分が最初から完成されたものです。

まったく使わずに開発するとなると、大変な労力が必要になるでしょう。

しかも、実績のないロジックなのですから、クオリティに不安要素が残ります。

なお、言語の話をした際、C言語よりPythonを重視するべきだと書きましたが、その理由は、ずばりAI開発用のライブラリの質・量ともにPythonが他の言語より優れているためです。

③数学の知識

そして、三つ目の必要スキルはAI開発の肝となるアルゴリズムを読み解くために必要な、確率や統計、微分・積分など大学受験レベルの数学知識です。

確かに、ライブラリやAPIだけでもAIは開発できます。

しかし、それでは他の人との差別化ができませんし、ロジックがわかっていない以上、より良い結果を得るために微調整を行ったり、デバッグすることもできません。

まずは、ライブラリの中身を見ることで、アルゴリズムを理解できるところから目指しましょう。

④統計の知識

最後の四つ目は、AIをより良く活用するための機会学習や統計などの知識です。

昨今の優れたAIにはディープラーニングの手法が取り入れられているのが普通ですが、ディープラーニングでAIを強化するためには、インプットが重要です。

どういったインプットが必要なのか、逆に不要なのか判断できること、そして、アウトプットの結果を理解し意味付けするためには統計についての知識も必要です。

まとめ

shutterstock_400009735

今回はAIエンジニアの現状と将来性、そしてAIエンジニアに必要なスキルを見ていきました。

AIが今後、多くの場面で登場するのは間違いありません。

それに応じてAIエンジニアの活躍の場面は拡大していくでしょう。

将来性のある職種に就きたいと考えている方は、ぜひAIエンジニアを視野にスキルアップを目指してください。

bn04

もし、今あなたが

・フリーランスになるか悩んでる
・自分に合った案件があるのか不安
・そもそも何から始めればいいのか分からない

などお困りであれば、ぜひ弊社ITプロパートナーズの案件を確認してみてください!

専属エージェントに無料相談もできますよ!

※週2日 / 30万〜のフリーランス案件を紹介中です
※ご経験やご希望によっては案件を紹介できない場合がございますのでご了承ください。


よく見られてる関連案件

b80c977483d024c14549510e194361fe 2_anken 3_anken
The following two tabs change content below.
株式会社ITプロパートナーズ

株式会社ITプロパートナーズ

「IT起業家・フリーランスの自立を支える」というビジョンの元、「週2日からの業務委託案件を紹介する、ITプロパートナーズ」を運営。 ■BestVenture100に創業初年度で選出 ■取材記事:自立する覚悟が、働き方を変える
株式会社ITプロパートナーズ

最新記事 by 株式会社ITプロパートナーズ (全て見る)

freelance