C#の歴史とルーツを知ろう|もっとC#を深く理解しよう

freelance

プログラミング言語は、特定の企業が開発していたり、オープンソースで開発されていたり、いろいろあります。マイクロソフトのような大企業が、開発しているプログラミング言語は、プログラムするエディタから様々なツールまで用意しており、統合開発環境をインストールするだけですぐに初められます。一方、オープンソースのほうでは、開発環境を一から設定する必要があったりして、初心者には少し敷居が高かったりし、無事にインストールまでたどり着けないときがあります。初心者にはインストールしてすぐに開発できるプログラミング言語がよいかもしれません。

今回、ご紹介するのは、マイクロソフトが開発したプログラミング言語「C#」です。では、まずは簡単歴史とルーツから解説していきます。

エンジニア・プログラマの新しい働き方を模索してみませんか?今より年収がグッと上がる働き方をご提示できるかもしれません!弊社(ITプロパートナーズでは,週2日からこなせる仕事を紹介しております。まずはこちらより、弊社のサービスにご登録後、お仕事の詳細をごらんください!

C#ってどんなプログラミング言語?

「C#」は、マイクロソフトが開発した様々な機能をもっているプログラミング言語です。マイクロソフトの根幹的なソフトウェアフレームワークである【.NET Framework】と共に作られました。ISOなどにより標準化されており、日本でもJISにより選ばれています。
マイクロソフトの【.NET構想】における主要な開発言語であり、基本的なことから応用的なことまで幅広く使用することができます。他の.NETが使用できる言語のC++/CLIやVisual Basic.NETなどと比較しても生成性や機能性において、最も優れていると言われています。
プログラミング言語として、登場してから10年以上経過しており、バージョンもどんどん上がっています。それに伴い新しい機能や技術を取り入れていき、誕生当初の頃に比べて、とても成熟した言語となりました。

エンジニア・プログラマの新しい働き方を模索してみませんか?今より年収がグッと上がる働き方をご提示できるかもしれません!弊社(ITプロパートナーズでは,週2日からこなせる仕事を紹介しております。まずはこちらより、弊社のサービスにご登録後、お仕事の詳細をごらんください!

C#が辿ってきた歴史とは

プロローグとして、「C#」誕生以前を少し解説します。

世界でも最も多く使われていたプログラミング言語は、C言語でした。しかし、時代が経るにつれて、システムが大規模、複雑化していきました。そこへ新たなプログラミングの開発手法であるオブジェクト指向が登場してきて、さまざまなプログラミング言語に取り入れられていきました。C言語もオブジェクト指向を取り入れて拡張され「C++」となりました。「C++」はとても強力な言語で、爆発的に普及しました。とても多機能で、多くのことを容易に実現できました。
しかし、一方で、色々なことを自分で処理しなければならず、エンジニアの技術格差は広がっていきました。特にメモリの確保と解放は、多くのエンジニアを悩ませました。そこへ登場したのが、サン・マイクロシステムズが開発した「Java」です。これの大きな特徴の1つにメモリ管理を自動的にしてくれるガーベジコレクションという機能が盛り込まれていたことです。この機能を有するためエンジニアは、メモリ管理から解放されました。このこともあり、「Java」が瞬く間に普及しました。

C#の出現

2000年頃、マイクロソフトは相互運用性、共通の実行環境や言語への非依存性などを目標に基づいて「.NET Framework」を開発しました。それと同時に、アンダース・ヘルスバーグを筆頭にプログラミング言語「C#」を開発しています。C#は共通の実行環境である「.NET Framework」上でコンパイルされて実行することができます。さまざまなプログラミング言語から良い部分を取り入れ、基本的な文法がC言語に近いものなり、C++からの改良が加えられ、さらに「Java」に組み込まれていたガーベジコレクションも機能の1つとして盛り込まれました。
パソコンのOSのシェアはWindowsが多くを占めていたため、マイクロソフトが開発した「C#」は、とても親和性が良いことも普及を加速させました。また、「Java」と似ている部分も多くあるので、今までJavaで開発してきたエンジニアも、移りやすかったこともあるのかもしれません。

余談ではありますが、「C#」は「C++」に「++」をつけて「C++++」が「C#」になったと言われています。

C#の跳躍

「C#」が公開されて以降、着実に機能を充実させています。C#1.0→C#2.0・・・とバージョンも上がって言っており、2016年12月時点で、C#6.0となっています。
各バージョンには、目玉となる機能が必ず盛り込まれるようになっている。それを使うことによって、今までできなかったことができるようになったり、面倒くさい書き方をしなければならなかったことが、すっきりと書けるようになったり、開発者にとっては使いこなすことで生産性を確実に上げられる強力な武器となります。キーワードを上げておきますと、

  • C#2.0:「ジェネリック」、「イテレータ」
  • C#3.0:「LINQ」
  • C#4.0:「dynamic」、「COMの相互運用」
  • C#5.0:「非同期メソッド」
  • C#6.0:「C#コンパイラーのC#による実装化」、「オープンソース化」

その目玉機能の1つでもあり、C#の最も強力な機能の1つである「LINQ」は、C#3.0で実装されました。これは「統合言語クエリ」と言われ、「Language INtegrated Query」の頭文字から来ています。いろいろな種類のデータの集まりに対して、統一された方法でデータに問い合わせることが可能となりました。書き方が2種類あり、1つはSQLにとても似ているため、SQLを読み書き出来る人にとっては、非常に使いやすくなっています。もう1つの書き方は、今までにない書き方であるため、一見とっつきにくく、あまり好んで使用されていないかもしれない。しかし、こちらの方が書き方の方が強力であり、より多くの機能を兼ね備えています。と同時に、これを使いこなすために、導入されたクエリ式、拡張メソッド、ラムダ式、匿名型などの使い方も多少知らないとLINQの能力を発揮できません。これが導入されたことによって、データの集合の扱い方がガラリとかわりました。ここで言うデータの集合というのは、配列、コレクション、データベースやXMLデータなどです。これらのデータを統一されたやり方で共通的に扱うことができるようになったので、LINQを使う人と使わない人では、生産性が大きく変わってしまいました。しかし、見慣れない書き方から、現場では、SQLのような書き方が推奨されたり、使用すること自体が禁止されていることもあるらしい。それは、保守などでLINQを理解していない人がついてしまった場合に何もできなくなってしまうからで、担当が出来る人が限定されてしまうので、それを回避するために思い切って禁止などしているようです。

2016年に大きな転換点となることが起こりました。それは、マイクロソフトがある企業を買収したのです。その技術は、マイクロソフトが開発している統合開発環境の「Visual Studio」と統合することで、より多くのプラットフォームでを開発をすることができるになりました。元々の開発は、Windows向けの開発しかできませんでした。しかし、今後は.NET Frameworkを用いて、iOS/Androidのクロスプラットフォームの開発が可能となります。このことは、C#のプログラマが、Windowsのみではなく、iOSやAndroidなどのスマートフォンへ参入が用意となったことを示しています。

エンジニア・プログラマの新しい働き方を模索してみませんか?今より年収がグッと上がる働き方をご提示できるかもしれません!弊社(ITプロパートナーズでは,週2日からこなせる仕事を紹介しております。まずはこちらより、弊社のサービスにご登録後、お仕事の詳細をごらんください!

C#の未来

マイクロソフトは、近年オープンソース化に力を入れてきました。
その最たるものが「.NET Framework」のオープンソース化です。もともと、「.NET Framework」はオープンソースプロジェクトによる互換環境の実装はありました。しかし、本家のマイクロソフト自身が動き出しました。それでリリースされたのが「.NET Core」です。これは、Windows環境以外にも、Linux、macOS上などで動くソフトウェアを開発できるようになりました。「Visual Studio」の進化もあり、クロスプラットフォーム開発が容易にできるようなっています。このことは、Windowsの開発をしてきたC#プログラマに新しい選択肢が用意されることを意味し、C#を使って別の環境でも開発することができるようになりました。

C#の次期バージョン7.0の策定、実装も進められているようです。C#7.0では、パーフォマンス改善が予定されており、今よりも良くなることは確実でしょう。さらに目玉機能として、「タプル」、「パターンマッチング」の実装が予定されているようです。

これは、さらに生産性や機能性を上げることになり、ソフトウェア開発に使用されるプログラミング言語として、人気が大幅に上がる可能性を秘めています。

エンジニア・プログラマの新しい働き方を模索してみませんか?今より年収がグッと上がる働き方をご提示できるかもしれません!弊社(ITプロパートナーズでは,週2日からこなせる仕事を紹介しております。まずはこちらより、弊社のサービスにご登録後、お仕事の詳細をごらんください!

まとめ

いかがでしたでしょうか。

C#の歴史から始まり、今後までまとめてみました。「C#」が誕生して以来、バージョンアップを続けてくることで、現代のプログラミング言語として、無くてはならない言語にまで成長してきました。マイクロソフトの「.NET構想」の要となる言語であり、「.NET Framework」のオープンソース化よりWindow環境以外での活躍も期待されています。

バージョンアップごとに、目玉となる機能が盛り込まれていっています。これらは開発においてとても有効な手段であるにもかかわらず、すぐに使いこなせる人があまりいなく宝の持ち腐れとなってしまうことが多々あります。使えるものは使っていったほうがいいのではないでしょうか。どんどん使って行くべきだと思います。
さらにC#は、「Unity」というゲームを作成することができる開発環境で使用できるプログラミン言語の1つでもあります。システム開発以外にも、ゲーム業界でも多くの開発者に使用されています。

C#は、今後もさらに改善されてより良い言語へと進化していくと考えられます。また、Windows以外の開発にも使用されることになると思われるので、C#のプログラマは多くの現場で活躍することもあるでしょう。今のうちに、「C#」を初めて、さまざまなサービスや製品に携わっていきましょう。

エンジニア・プログラマの新しい働き方を模索してみませんか?今より年収がグッと上がる働き方をご提示できるかもしれません!弊社(ITプロパートナーズでは,週2日からこなせる仕事を紹介しております。まずはこちらより、弊社のサービスにご登録後、お仕事の詳細をごらんください!

bn04

もし、今あなたが

・フリーランスになるか悩んでる
・自分に合った案件があるのか不安
・そもそも何から始めればいいのか分からない

などお困りであれば、ぜひ弊社ITプロパートナーズのサポート内容を確認してみてください!

登録後、専属エージェントに無料相談もできますよ!

※週2日 / 30万〜のフリーランス案件を紹介中です
※ご経験やご希望によっては案件を紹介できない場合がございますのでご了承ください。


よく見られてる関連案件

b80c977483d024c14549510e194361fe 2_anken 3_anken