コピーライターに資格は必要ない?役立つ試験の種類を調査!

コピーライターへの道は、企業へ就職する方法はもちろん、クラウドソーシングを利用して個人で始める方法などがあります。どのような形でコピーライターを始めるにしても、仕事として成り立たせるには実績が必要です。

実績を作る一つの手段としては資格取得がありますよね。コピーライターを始めるにあたり特に資格は必要ありませんが、自身のアピールポイントとして取得できる検定試験が存在します。

今回は、コピーライターの資格試験にはどのようなものがあるのか、その種類や勉強方法を調査しました。また、資格以外でコピーライターとしての価値を証明する方法についても紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

freelance

そもそもコピーライターの資格はある?

コピーライターという職種に就くにあたり、必要な資格はありません。しかし、コピーライターとしての知識やスキルを証明するための資格試験は存在します。

特にWebメディアを対象に執筆するコピーライターには、文章の質や語彙力、ITリテラシーやSEOなどの知識が必要です。しかし、これらは全て独学で学び、実績を積むことで習得していくスキルです。

幅広い分野の書籍を読み、多くのアウトプットを行うことが最大のスキルアップに繋がるのです。ですので、コピーライターにとってどうしても必要な資格というものは特にありません。

コピーライターが資格を取得するのは、スキルアップのためというよりも、自身が持つスキルを”一つの形“として証明し、アピールポイントを持つためだと考えて良いでしょう。

ただし、コピーライターの資格を取得するメリットはあります。資格試験の学習をすることで、これまで意識をしていなかった事項に目を向けられますし、改めて必要なスキルを学ぶことができるということです。

コピーライターに役立つ資格一覧

コピーライターに役立つ資格は、コピーライターとして必要なスキルを、学習を通して再度確認できる試験です。

特にWebライターとして活躍する人にとって、接続詞や助詞など文章に関する基本的な知識はもちろん、Web記事を検索上位に表示させるための知識であるSEOなども学ばなければなりません。

これらを網羅する資格試験には、以下のようなものがあります。

  • Webライター技能士検定
  • 実用ライティング検定

Webライター技能士検定

受験料 13,500円(税込)
試験時間 1時間30分
合格率 48.5%
受験環境 受験会場
解答方法 筆記試験
運営団体 一般社団法人 日本WEBライティング協会
公式サイト https://xn--web-pi4be7e0holjd5279abzjl89cqqd.com/

※現在は「Webライティング能力検定」へ名称変更されています。

2012年から「Webライター技能士検定」は現在、「Webライティング能力検定」として実施されています。

  • Webライティング能力検定は、受験科目として以下の事項が問われます。
  • 国語:誰でも理解できる正しい日本語を書けること
  • Webライティング:企業のオウンドメディアやネットショップにおいてのライティングスキル
  • コピーライティング・メールライティング:セールスライティングや顧客対応文書
  • SEO:検索上位をめざし、多くの訪問者と売上アップへ繋がるスキル
  • 倫理・法律・炎上対策:トラブルを回避するライティングスキル
  • Webライティングに関するミニ論文:的確な意図と信頼性の高い文章スキル

Webライティング能力検定には、1級から3級までがありますが、試験内容は同じです。同じ問題を受験して、その点数によって取得できる等級が決まります。

  • 3級:53点〜69点
  • 2級:70点〜79点
  • 1級:80点〜88点

53点未満の場合は資格取得はできません。

資格の有効期間は2年間ですので、2年ごとに資格を更新する必要があります。SEOの基準などは、常に最新の知識が必要ですので、2年に1度は知識のアップデートをしておきましょう。

※他社の検定に同じ名前の検定試験がありますので、間違えないように注意が必要です。

実用ライティング検定

受験料 3,000円
試験時間 2時間
合格率 不明
受験環境 受験会場
解答方法 筆記試験
運営団体 リビングくらしHOW研究所
公式サイト http://seminar.kurashihow.co.jp/

実用ライティング検定は、わかりやすく読みやすい文章の基準を習得するものです。ライターとしての基礎知識を学習することで、正しい表記方法やWebライティングの基礎、的確な要約や必要な法律の知識を学べます。

3級と2級が実施されており、3級を受験するにはまずベーシックコースの講座を修了する必要があります。ベーシックコースの講座でライティングに必要なスキルを学ぶことができますので、独学よりも学びやすい環境が用意されています。

  • 実用ライティング検定では、以下の事項を問われます。
  • 新聞の用事用語に則った表記方法
  • Webライティングの基礎値しき
  • ペルソナを意識した表現方法の理解
  • 要約
  • 校正の基礎知識
  • 法律知識(著作権など)
  • 取材やインタビューの基礎知識

全ての項目で70%以上を正解することで資格取得となります。

コピーライター資格取得のための勉強法

コピーライターの資格取得は、その他の資格試験学習と同じように、参考書や問題集といった学習手段があります。

上に紹介した「Webライティング能力検定」や「実用ライティング検定」は、過去問題集も用意されていますので、問題の傾向を把握し、繰り返しのライティングによるアウトプットを行いましょう。

それぞれの勉強方法には以下のようなものがります。

  • 参考書
  • 問題集
  • 学習サイト

参考書

参考書を利用して学習をする場合には、公式テキストを利用しましょう。資格試験への申し込みと同時に公式が配布するテキストや、講座にて利用するテキストを参考にしましょう。

Webライティング能力検定公式テキスト(模擬問題付)

「Webライティング能力検定」では、公式テキストが配布されます。基本的にはメールでPDF形式で配布されるテキストですが、印刷したテキストでの郵送にも対応しています。

公式テキストを繰り返し学習してマスターすることで、1級を取得できます。Webライティング能力検定は受験の点数によって1級から3級までの取得等級が決まりますので、しっかりと学習することで、1級を目指しましょう。

問題集

「Webライティング能力検定」にも「実用ライティング検定」にも、公式問題集があります。資格試験を受験する前には、必ずこれらの問題集を繰り返し学習しておきましょう。

Webライティング能力検定公式テキスト(模擬問題付)

Webライティング能力検定の公式テキストには模擬問題が付属しています。テキストを学習した後には、しっかりと模擬問題を解いておきましょう。

また、公式では「Webライティングが2ランクUPする問題集」も提供しています。テキストについては印刷したテキストにも対応していますが、「Webライティングが2ランクUPする問題集」はPDFファイルのみです。

実用ライティング検定3級準拠 問題集

実用ライティング検定には、公式問題集の「実用ライティング検定3級問題集」があります。

80ページほどの読みやすいボリュームで、問題と解説で構成されており、繰り返し学習しやすい内容です。

実用ライティング検定はベーシックコースの講座を受講することが前提ですので、問題集を合わせて学習しましょう。

学習サイト

「Webライティング能力検定」や「実用ライティング検定」については、インターネット上での学習サイトはありませんが、「Webライティング能力検定」と似た名称の資格試験をPDFファイルで閲覧することができます。

「Webライティング能力検定」とは試験内容も違いますが、ライティングスキルを学ぶという意味では参考になるはずです。

日本クラウドソーシング検定協会

※参考元:日本クラウドソーシング検定協会

日本クラウドソーシング検定協会(CPAJ)は、解答速報として「Webライティング技能検定 本試験 解答速報」をPDFファイルで公開しています。

資格としては「Webライティング能力検定」とは異なるものですが、ライティングスキルをアップさせる勉強としては有用な学習サイトと言えます。

2019年7月20日現在、第1回から第44回までの過去本試験をPDFにて閲覧できます。解答速報に掲載されている解答は、記述式の4つの問題のみで、選択式の解答は掲載されていません。

また、同サイトには採点基準やよくある解答ミスについても掲載されていますので、参考にもなるでしょう。

コピーライターとしての価値を資格以外で証明するには?

資格以外でコピーライターの価値を証明する方法を調査して解説してください
コピーライターの資格試験も、自身のスキルを証明する方法ですが、その他にもコピライターとしての価値を示す方法を紹介します。

コピーライターの価値を証明するものは、実績や検索結果に現れます。価値を図る要素としては以下のようなものが挙げられます。

  • 受注実績数
  • クライアント評価
  • クラウドソーシングサイトの認定
  • メディアでの記名記事
  • 有名サイトへの記事掲載実績
  • 上位検索実績
  • 自身のブログ

など。

これは、企業に所属しているコピーライターにとっても、フリーランスのライターにとっても重要な評価基準です。仕事を受注する際には、自身のポートフォリオとして示すことになります。

読みやすくわかりやすい、そして上位に検索される記事は、情報を得たいユーザーにとって有用なライティングができていると言えるでしょう。

また、クラウドソーシングの実績は、数字で評価を確認することができますので、価値の証明としてはわかりやすいものです。

まとめ:コピーライターの資格はアピールポイントになる

コピーライターの資格を持っていることは、仕事を受注する上でもアピールポイントのひとつになります。

必ず取得すべきものとは言えませんが、まだまだ実績やアピールポイントが少ないというライターにとっては、ライティングの勉強も兼ねて取得するのもひとつの選択肢です。

また、コピーライターとして実績を持っている人にとっても、もう一度ライティングの基礎を見直すきっかけにもなるでしょう。

取得しなければならない資格ではありませんが、取ることによるデメリットもありませんので、勉強の一環として資格取得をめざしてもよいでしょう。

bn04

もし、今あなたが

・フリーランスになるか悩んでる
・自分に合った案件があるのか不安
・そもそも何から始めればいいのか分からない

などお困りであれば、ぜひ弊社ITプロパートナーズのサポート内容を確認してみてください!

登録後、専属エージェントに無料相談もできますよ!

※週2日 / 30万〜のフリーランス案件を紹介中です
※ご経験やご希望によっては案件を紹介できない場合がございますのでご了承ください。


よく見られてる関連案件

b80c977483d024c14549510e194361fe 2_anken 3_anken
The following two tabs change content below.
佐久森

佐久森

元ITインフラエンジニアで現役テックライター。暗号資産やブロックチェーン技術のライティングからIT技術全般を幅広く書く。福岡出身東京在住。
freelance