フリーランス協会とは?登録することで得られるメリットなどをまとめてみた

shutterstock_592623779 (1)
The following two tabs change content below.
株式会社ITプロパートナーズ

株式会社ITプロパートナーズ

「IT起業家・フリーランスの自立を支える」というビジョンの元、「週2日からの業務委託案件を紹介する、ITプロパートナーズ」を運営。 ■BestVenture100に創業初年度で選出 ■取材記事:自立する覚悟が、働き方を変える
株式会社ITプロパートナーズ

最新記事 by 株式会社ITプロパートナーズ (全て見る)

こんにちは!ITエンジニア・webディレクター・webデザイナーなどのIT人材の自立・キャリアを支援するITプロパートナーズの木村です。

弊社では、独立精神旺盛な優秀なエンジニアの方々の独立・起業サポートや、フリーランス支援を行っています。
こちらでは、日々の現場でサポートさせていただいている中での、プロの目線で、エンジニアに役立つお話をしてまいります。

さて、フリーランス協会という協会があることをご存知でしょうか?
名前の通り「フリーランスとして働いている人のために立ち上げられた協会」ですが、

  • どのような人たちが集まっているのか
  • どのような活動をしているのか
  • 登録することで得ることのできるメリットは?

など気になることがたくさんあります。

そこで、フリーランス協会について気になることをまとめてみました。企業という後ろ盾のないフリーランスの方必見です!

フリーランス協会とは?

shutterstock_295721123

「プロフェッショナル&パラレルキャリアフリーランス協会(仮)」略してフリーランス協会は、プロフェッショナルな知識や技術を持つ人が企業に在籍することなくフリーランスとして活動していること。
企業に在籍しつつ副業として兼業しているパラレルワーカーと呼ばれる人の中の有志が主体となって設立されました。

フリーランス支援に力を入れ、携わっている企業や団体23社の支援の元で活動が行われています。
フリーランス協会を設立したキッカケについてフリーランス協会の代表理事である株式会社Waris代表取締役共同創業者の田中美和氏は、日本でフリーランスとして活動している人の数は、2016年に1,000万人を突破したことを紹介した上で、

・インターネットやモバイルの普及により、各業種のマッチングサービスの充実。

・価値観が多様化したこと。

などがフリーランスとして活動する人を増やしている理由としている。

これからは、会社員として企業に在籍しつつ、自分の持っている技術や知識を発揮するための副業や兼業を行うパラレルワーカーもさらに増加していくことを見据え、フリーランス、パラレルワーカーとして活躍する人を支援する機関の必要性を説明している。

フリーランス、パラレルワーカーとして活動している人が実際に直面している問題は、表面化しづらく、なおかつフリーランス、パラレルワーカーとして自分の知識や技術を最大限に発揮して活動したいと思っている人が踏み出せないという現状を打開するための支援も手がけていきたいとしています。

まだまだ設立から日の浅い「フリーランス協会」ですが、フリーランス、パラレルワーカーとして活動している人たちにとってなくてはならない協会になる日も近いうちに訪れる予感がします。

フリーランス協会が取り組んでいることとは?

shutterstock_333164462

フリーランス協会が実際に取り組んでいる活動について説明していきたいと思います。

フリーランスの認知を上げる取り組み

フリーランスとして活動している人たちがいるということを多くの人に知ってもらうための認知度を上げるための活動を積極的に行っています。

フリーランスに関する調査と研究

実際にフリーランスとして活動している人たちの仕事の内容、働き方、報酬などについて継続的な調査を行った上で、フリーランスの現状の研究を行っています。

フリーランスに関わる様々な情報発信

フリーランスに関する様々な情報を、WEBを通して発信しています。
これからフリーランスとして活動していきたいという人たちの疑問や不安を解決できるような内容のものも多く、今現在フリーランスとして活動しているという人たちが、自分と同じようにフリーランスとして活動している上で欲しい情報についても定期的に発信しています。

様々なイベントの開催

フリーランスをテーマとしたトークセミナーやエキスポといった様々なイベントを開催しています。
このようなイベントを開催することで、フリーランス同士の交流。企業とフリーランスの交流など、フリーランスとして活動している人が様々な人達との接点を持つことができるように展開しています。

このようにフリーランスの現状から今後フリーランスとして活動する人たちの必要な部分などあらゆる側面から調査を行い、フリーランスとして活動しやすい方向性を見出すための活動を支援するためにフリーランス協会では取り組んでいます。

フリーランス協会に入会する方法!

フリーランス協会には、申し込みを行えば誰もが入会できるというものでは残念ながらありません。
だからこそフリーランス協会に入会する意味はあるのかもしれません。

フリーランス協会に入会するには、入会条件に満たす必要があります。
入会申し込みを行うと、入会条件に満たされているかの審査が行われ、審査に合格した人のみが入会することができます。

それでは、フリーランス協会に入会する条件はどのようになっているのでしょうか?

入会条件は?

・フリーランス、パラレルワーカーとして現在活動している方

・フリーランス、パラレルワーカーのプロとして常にキャリアアップを目指している方

入会条件として特別な資格や職種、経歴が問われることはありません。ただし、本人確認のための審査は行われます。

現時点の入会は、幹事企業となっている企業(freee、Waris、クリエイターズマッチ、サーキュレーション、 タスカジ、ランサーズ)を経由した入会となっています。
幹事企業となっている6社のいずれかの利用または入会後、フリーランス協会への入会申し込みを行いましょう。

入会手続きの流れは?

1)「一般会員登録フォーム」のボタンを押すと、googleアカウントへのログインが求められます。ログイン後、登録フォームに必要事項を入力します。

登録フォームには、氏名、ビジネスネーム、年齢、性別、住所、電話番号といったごく一般的な個人情報の入力後、仕事の形態について入力していきます。
仕事の形態は、就業形態、事業形態、職種の入力となり、最後に本人確認の書類を添付します。
本人確認の書類は、自動車運転免許証・パスポート・マイナンバーカードがあれば大丈夫です。

2)入力された内容を元に本人確認などの審査をフリーランス協会で行います。

3)審査に合格された方には、合格したことが登録フォームに入力したメールアドレスに届きます。

4)その後、年会費である1万円のカード決済が行われます。フリーランス協会の方で、カード決済が無事に行われたかどうかの確認が行われます。

5)カード決済が無事に行われると、フリーランス協会の会員番号と承認されたことの連絡が登録フォームに入力したメールアドレスに届きフリーランス協会の会員となります。
フリーランス協会の会員となると、会員特典としてまず「フリーランス賠償責任補償」福利厚生サービス「WELBOX」が自動付帯されます。

募集について

2017年7月1日~先行募集を開始

2017年秋以降は、一般募集開始

(2017年秋まではテストマーケティング期間となっています。)

会員特典は?

・「フリーランス賠償責任補償」「福利厚生サービス「WELBOX」」が自動付帯

・家事代行やコワーキングスペースやバーチャルオフィス、会計サービスなどの特別優待

など今後も拡充していく予定です!

メルマガ会員も同時募集

年会費は無料で、フリーランス協会の趣旨に賛同している人なら誰でも入会でき、フリーランスやパラレルワークに関するお得な情報などを定期的に配信。フリーランス協会主催のイベントの案内なども配信されます。

フリーランス協会に登録するメリットとは?

shutterstock_458395321

フリーランス協会に年会費を支払って登録するメリットはどこにあるのか気になりますよね。
そこでフリーランス協会に登録することで得ることのできるメリットについて紹介していきたいと思います。

フリーランスとして活動している人のほとんどは、企業で働いて得ることのできるキャリア形成などのサービスを受けることなく個人として活動しています。そのためフリーランス協会では、様々なサービスを提供しています。

スキルアップ、キャリアアップ支援

フリーランスとして活動する中で高めたいと感じる専門スキルやビジネススキルなどフリーランスの声を元にセミナーを実施。
スキルアップやキャリアアップ支援に力を入れています。

信頼性向上のための支援

フリーランスとして活動する上でクライアントとなる企業からの信頼性を向上させるための支援を行っています。
具体的には、フリーランス協会認定のロゴや、認定資格制度の導入などを検討。

事業支援サービス

フリーランスとして活動する上で必要となるワーキングスペースや報酬や経費などの会計、事務サポート、様々なトラブルに関する法務相談などの支援サービス行っています。

ベネフィットプランの開発

ベネフィットプランは、企業で働いていれば当然受けることのできる人間ドックや保険、融資などの福利厚生の部分をフリーランス協会では、フリーランスで活動している人を対象に人間ドッグや保険、融資、家事代行など様々な福利厚生を提供しています。

例えば、保険の場合は、損保ジャパンなどから提供されているフリーランス特有の賠償リスクに備えた「フリーランス賠償責任補償(自動付帯)」や思わぬ病気やケガなどで働けなくなった時に利用することのできる「所得補償制度」に加入することができます。女性に嬉しいサービスと言えば、家事代行サービスを1時間1,500円~利用できるなどフリーランスとして安心して快適に生活できるサービスが多く提供されています。

コワーキングスペースは日本全国に設置。フリーランス協会から発行される「会員ID]と「氏名」を提示することでワーキングスペースを格安でレンタルすることができます。

ネットワーキング支援など

フリーランスとして活動している人たちが集まる懇親イベントを職種や地域ごとに開催するなどの支援も行っています。

まとめ

shutterstock_559650997

フリーランス協会について紹介してきましたがいかがでしたでしょうか?
まだ設立から間もない協会ではありますが、フリーランスとして活動している人、パラレルワーカーとして活動している人の立場に立った支援を行っていこうという趣旨は理解することができると思います。

今後も働き方が多様していくであろう世の中で生きていく私たちにとってフリーランス協会の支援は心強い味方となるのではないでしょうか。

ITプロパートナーズに登録すると3つのメリットがあります!

①他には無い!弊社だけの週2日〜のフリーランス案件!

ITプロパートナーズでは、フリーランスエンジニアが週2日から働ける案件を数多く取り揃えております。 そのため、他案件やご自身が開発するサービスと並行可能です。 独立資金を貯めたい方や趣味に時間を費やしたい方には非常に重宝して頂いております。 契約期間も3ヶ月~で安定収入を実現しており、稼働文の請求となるのでリスクもないです。

②成長企業の直案件で高単価を実現!! 週3日で月額50万円も!!

弊社の95%以上が高単価の直案件になります。 常時、50件以上の週2~の案件を保有しています 社長の木村を始め、ITプロパートナーズの社員は圧倒的にITベンチャー出身者が多いです。 故に多くのベンチャー企業に精通しています。 スタートアップのベンチャー企業で最大限のバリューを発揮したい方にはオススメです。

③専属エージェントがしっかりサポート!!

希望に合致した案件をご紹介可能です。 また、契約交渉や債権管理を代行します。 契約が切れても、未稼働期間なしで次の継続的な案件を随時ご紹介します!