フリーランス協会とは?評判や入会するメリット・デメリットを紹介

こんにちは、ITプロパートナーズ編集部です。

フリーランス協会という協会があることをご存知でしょうか?名前の通り「フリーランスとして働いている人のために立ち上げられた協会」ですが、

  • どのような人たちが集まっているのか
  • どのような活動をしているのか
  • 登録することで得ることのできるメリットは?

など気になることがたくさんあります。

そこで今回は、フリーランス協会について気になることをまとめてみました。企業という後ろ盾のないフリーランスの方必見です!

なお、フリーランスについて基本的なことを知りたい方は、「フリーランスとは」や「フリーランスになるには」といった記事も参考にしてみてください。

働き方の自由度を高めませんか?
  • 複業/フリーランスで月収80万以上を稼ぐ
  • 週2日、週10時間から働ける
  • フルリモートはもちろん柔軟な稼働時間
  • PM,PdMなど上流案件も多数

自分の強み×週1日〜フルタイム×リモート・フルリモートなど、働き方をカスタマイズして案件を探したい方へ

約6割が週1-3日案件のグラフ

フリーランス協会とは?

名称一般社団法人プロフェッショナル&パラレルキャリア・フリーランス協会
代表平田 麻莉
所在地〒104-0028
東京都中央区八重洲2-8-7 福岡ビル4F DIAGONAL RUN TOKYO内
事業内容フリーランス向けベネフィットプランの提供
フリーランス支援・啓発イベントの企画運営
フリーランスに関する各種調査の実施・政策提言
企業に対するフリーランス活用アドバイス・コーディネート

※参考:フリーランス協会

「プロフェッショナル&パラレルキャリア・フリーランス協会」略してフリーランス協会は、プロフェッショナルな知識や技術を持つ人が企業に在籍することなくフリーランスとして活動することを支援する団体です。

企業に在籍しつつ副業として兼業しているパラレルワーカーと呼ばれる人の中の有志が主体となって設立されました。

フリーランス支援に力を入れ、携わっている企業や団体23社の支援の元で活動が行われています。

フリーランス協会を設立したキッカケについてフリーランス協会の理事である株式会社Waris代表取締役共同創業者の田中美和氏は、日本でフリーランスとして活動している人の数が2016年に1,000万人を突破したことを紹介した上で、

・インターネットやモバイルの普及により、各業種のマッチングサービスの充実。
・価値観が多様化したこと。

などが、フリーランスとして活動する人を増やしている理由としています。

これからは、会社員として企業に在籍しつつ、自分の持っている技術や知識を発揮するための副業や兼業を行うパラレルワーカーもさらに増加していくことを見据え、フリーランス、パラレルワーカーとして活躍する人を支援する機関の必要性を説明しています。

フリーランス、パラレルワーカーとして活動している人が実際に直面している問題は、表面化しづらく、なおかつフリーランス、パラレルワーカーとして自分の知識や技術を最大限に発揮して活動したいと思っている人が踏み出せないという現状を打開するための支援も手がけていきたいとしています。

まだまだ設立から日の浅い「フリーランス協会」ですが、フリーランス、パラレルワーカーとして活動している人たちにとってなくてはならない協会になる日も近いうちに訪れる予感がします。

フリーランス協会が取り組んでいることとは?

フリーランス協会が実際に取り組んでいる活動について説明していきたいと思います。

フリーランスに関する調査と研究

実際にフリーランスとして活動している人たちの仕事の内容、働き方、報酬などについて継続的な調査を行った上で、フリーランスの現状の研究を行っています。

研究内容や調査の結果は、フリーランス白書などの資料として公開されています。フリーランス白書とは、実際にフリーランスとして働く人を対象としたアンケート調査の結果などが、詳しくまとめられたものです。

フリーランスに関わる様々な情報発信

フリーランスに関する様々な情報を、WEBを通して発信しています。
これからフリーランスとして活動していきたいという人たちの疑問や不安を解決できるような内容のものも多く、現在フリーランスとして活動しているという人たちが、自分と同じようにフリーランスとして活動している上で欲しい情報についても定期的に発信しています。

また、フリーランスとして活動している人たちがいるということを多くの人に知ってもらうため、認知度を上げるための活動も積極的に行っています。

そのほか、メルマガ会員も募集中です。年会費は無料で、フリーランス協会の趣旨に賛同している人なら誰でも入会でき、フリーランスやパラレルワークに関するお得な情報などを定期的に配信しています。フリーランス協会主催のイベントの案内なども配信されます。

様々なイベントの開催

フリーランスをテーマとしたトークセミナーやエキスポといった様々なイベントを開催しています。

例えば、フリーランスとして活動する中で高めたいと感じる専門スキルやビジネススキルなどフリーランスの声を元にセミナーを実施。スキルアップやキャリアアップ支援にも力を入れています。

このようなイベントを開催することで、フリーランス同士の交流、企業とフリーランスの交流など、フリーランスとして活動している人が様々な人達との接点を持つことができるように展開しています。

このようにフリーランスの現状から今後フリーランスとして活動する人たちの必要な部分などあらゆる側面から調査を行い、フリーランスとして活動しやすい方向性を見出すための活動を支援するためにフリーランス協会では取り組んでいます。

フリーランス協会のプランの違い

フリーランス協会は、有料のベネフィットプランと無料プランの2種類が用意されています。有料プランの年会費は1万円で、無料プランでは利用できないサービスも利用できるのが特徴です。

例えば、コワーキングスペース優待サービスや福利厚生サービスなどは、有料会員でなければ利用できません。無料会員は、メールマガジン・フリーランスDB検索・フリーランスDB掲載が利用できます。

フリーランス協会の会員特典・メリット

フリーランス協会の会員になると、次のような特典やメリットがあります。

  • フリーランスDB
  • 保険・福利厚生
  • 会計・銀行
  • 法務相談
  • コワーキングスペース
  • 協会ロゴの利用

それぞれの特典内容について、詳しくみていきましょう。

フリーランスDB

フリーランスDBは、フリーランス人材のプロフィール掲載・検索サービスです。フリーランス協会の会員になると検索機能を利用できるだけでなく、フリーランスDBに自分のプロフィールを掲載することができます。

仕事を頼めるフリーランスを探している人も利用しているので、プロフィールを掲載してもらうことで仕事の依頼が増える可能性があります。

保険・福利厚生

ベネフィットプランは、企業で働いていれば当然受けることのできる人間ドックや保険、融資などの福利厚生の部分を、フリーランスで活動している人を対象に提供しています。

例えば、保険の場合は、損保ジャパンなどから提供されているフリーランス特有の賠償リスクに備えた「フリーランス賠償責任補償(自動付帯)」や、思わぬ病気やケガなどで働けなくなった時に利用できる「所得補償制度」に加入することができます。女性に嬉しいサービスと言えば、家事代行サービスを1時間1,500円~利用できるなどフリーランスとして安心して快適に生活できるサービスが多く提供されています。

会計・銀行

フリーランスとして活動する上で必要となる報酬や経費などの会計に関する支援サービスも行っています。

具体的には、報酬早期受取サービスや会計ソフトの利用料の割引、フリーランス向けのクレジットカードの紹介などがあります。

法務相談

何らかのトラブルが発生したときに利用できる、法務相談のサービスもあります。法律情報サイト「Legalus(リーガラス)」の弁護士Q&Aが無料で利用できるので、クライアントからの無理な要求や、報酬未払いといったトラブルが発生した場合に活用できます。

コワーキングスペース

提携するコワーキングスペースの優待サービスも利用できます。コワーキングスペースは日本全国に設置。フリーランス協会から発行される「会員ID」と「氏名」を提示することでワーキングスペースを格安でレンタルすることができます。

協会ロゴの利用

フリーランスとして活動する上で、クライアントとなる企業からの信頼性を向上させるための支援を行っています。
具体的には、フリーランス協会認定のロゴや、認定資格制度の導入などを検討。

フリーランス協会に入会する方法

フリーランス協会には、申し込みを行えば誰もが入会できるというものでは残念ながらありません。
だからこそフリーランス協会に入会する意味はあるのかもしれません。

フリーランス協会に入会するには、入会条件を満たす必要があります。
入会申し込みを行うと、入会条件に満たされているかの審査が行われ、審査に合格した人のみが入会することができます。

それでは、フリーランス協会に入会する条件はどのようになっているのでしょうか?

入会条件

フリーランス協会の入会条件は、以下です。

・フリーランスとして働いている方
(個人事業主、それ以外など、就労形態は問いません)
・法人成りした会社経営者(アルバイトを含む雇用者が5名以内)
・パラレルキャリアで兼業副業をしている会社員の方
・フリーランスやパラレルキャリアを目指すすべての方

引用:フリーランス協会

入会条件として特別な資格や職種、経歴が問われることはありません。ただし、本人確認のための審査は行われます。

必要な書類

入会には、本人確認のための書類が必要です。健康保険証や運転免許証、パスポートなどの身分証をいずれかひとつ準備してください。年会費支払いのために、クレジットカードまたはデビットカードも必要です。ただし、2019年12月からは銀行振込も選べるようになっています。

入会手順

1)「一般会員登録フォーム」のボタンを押すと、googleアカウントへのログインが求められます。ログイン後、登録フォームに必要事項を入力します。

登録フォームには、氏名、ビジネスネーム、年齢、性別、住所、電話番号といったごく一般的な個人情報の入力後、仕事の形態について入力していきます。
仕事の形態は、就業形態、事業形態、職種の入力となり、最後に本人確認の書類を添付します。
本人確認の書類は、自動車運転免許証・パスポート・マイナンバーカードがあれば大丈夫です。

2)入力された内容を元に本人確認などの審査をフリーランス協会で行います。

3)審査に合格された方には、合格したことが登録フォームに入力したメールアドレスに届きます。

4)その後、年会費である1万円のカード決済が行われます。フリーランス協会の方で、カード決済が無事に行われたかどうかの確認が行われます。銀行振込の場合は、指定の期日までに振込を行ってください。

5)決済が無事に行われると、フリーランス協会の会員番号と承認されたことの連絡が登録フォームに入力したメールアドレスに届きフリーランス協会の会員となります。
フリーランス協会の会員となると、会員特典としてまず「フリーランス賠償責任補償」福利厚生サービス「WELBOX」が自動付帯されます。

フリーランス協会に入会する際の注意点

フリーランス協会に入会する際は、以下の点に注意してください。

  • 有料プランには入会審査がある
  • 年会費の計上を忘れずに行う

それぞれの注意点について、以下で解説します。

有料プランには入会審査がある

無料アカウントの作成には審査がありませんが、有料会員になるためには審査があります。ただし、先ほども触れたように審査といってもなりすましなどを防ぐための本人確認審査なので、入会条件を満たして正しい身分証を提示すれば、基本的に審査に落ちることはありません。

年会費の計上を忘れずに行う

フリーランス協会の年会費は、必要経費として申告できます。領収書はHPからダウンロードできるので、確定申告の際には忘れず経費として計上しておきましょう。

フリーランス協会に入会した人の口コミ・評判

フリーランス協会へ入会する前に、実際に入会した人の口コミが気になるという人も多いでしょう。ここでは、フリーランス協会に入会した人の口コミを紹介します。

良い口コミと悪い口コミの両方を紹介するので、チェックしてみてください。

良い口コミ

https://twitter.com/Aobuuuu/status/1374622509660831745
https://twitter.com/nonaka_shiomi/status/1436133565108928513

こちらは、良い口コミです。福利厚生として各種保険が利用できる点を魅力に感じている人が多いようです。フリーランスの場合はトラブルに巻き込まれても自分で対処しなければならないので、弁護士保険や賠償保険が提供されているのは大きなメリットといえます。

悪い口コミ

こちらは、悪い口コミです。福利厚生の内容に満足できないという声や、補償に関する書類がわかりにくいという声がありました。

「怪しい」という口コミは、フリーランス協会設立直後である2017年のものです。2021年10月時点で政府への政策提言や各種メディアへの掲載などの実績があり、怪しい団体ではありません。

フリーランス協会に並んで活用できるサービス

フリーランスが活用できるインフラとして、「フリーナンス」というサービスもあります。利用料金は無料で、報酬振込先にフリーナンスの口座を使うことで補償や保険、即日払いなどのサービスが受けられます。

まとめ

フリーランス協会について紹介してきましたがいかがでしたでしょうか?まだ設立から間もない協会ではありますが、フリーランスとして活動している人、パラレルワーカーとして活動している人の立場に立った支援を行っていこうという趣旨は理解することができると思います。

今後も働き方が多様していくであろう世の中で生きていく私たちにとって、フリーランス協会の支援は心強い味方となるのではないでしょうか。

フリーランスの方でこのようなお悩みありませんか?
  • 高額案件を定期的に紹介してもらいたい
  • 週2日、リモートワークなど自由な働き方をしてみたい
  • 面倒な契約周りはまかせて仕事に集中したい

そのような方はぜひ、ITプロパートナーズをご利用ください!

フリーランスの方に代わって高額案件を獲得
週2日、リモートなど自由な働き方ができる案件多数
専属エージェントが契約や請求をトータルサポート

まずは会員登録をして案件をチェック!

この記事を書いた人
ITプロパートナーズ編集部
ITプロパートナーズはITフリーランスの方に案件紹介をしているエージェントです。当メディア「アトオシ」では、フリーランスの働き方から仕事探しまで幅広い情報を日々発信しています。