【実は知らない!】フリーランスで最も大切な名刺の作り方とは

名刺の受け渡し

こんにちは、ITプロパートナーズ編集部です。

弊社では、数多くのエンジニアの方にフリーランス案件を獲得していただいています。経験とスキルさえあれば、週2日から高収入案件をご紹介できます。

まずは無料登録をして色々な案件をみて見てください。弊社からおすすめの案件をご紹介することも可能です。

それではここからはプロの目線としてフリーランスに役立つ情報をお伝えしていきます。

フリーランスとして活動する際には、自分の名前を売り込むための営業活動は欠かせません。

自分の存在を覚えてもらうことは、「あの人に仕事を頼もう」と思いついてもらう最初の一歩であり、それができないと安定して仕事を受けていくことができないでしょう。

しかし、このSNS時代ではフリーランス個人の情報は埋もれやすく、名前を覚えてもらうことは難しいです。

そこでおすすめなのが、「名刺」を使った営業活動です。

手元に残るフリーランスの名刺は、自分個人を強く相手にアピールする手法になります。

名刺を上手に使えるかどうかで、フリーランスとしての今後が決まるといっても過言ではないでしょう。

そこでこちらでは、フリーランスにとって名刺がどれくらい大事なものなのか、そしてどんな作り方が考えられるのかを確認します。

フリーランスになる予定なのに、まだ名刺を作っていないという方は、ぜひこの機会に名刺の重要性を再確認してみましょう。

freelance

フリーランスとして活動する場合名刺は必要?

フリーランスとして活動する際、名刺は必須アイテムのひとつです。

ただ対面で名前を名乗るだけの挨拶では、多くの場合相手の記憶に自分をとどめることはできません。

しかし、名刺があると後からでも自分を思い出してもらうことができ、仕事をする相手として選んでもらえる可能性が高まります。

相手の方からアプローチしてもらえる可能性を作れるという点は、名刺の大きなメリットです。

まだ自分の名前が売れていない、フリーランスとしての実績が少ないというときほど、名刺は有効な武器となるでしょう。

名刺はその手軽さから持ち運びが簡単なので、セミナーや飲み屋といったさまざまなシーンで手渡せます。

飲み屋で出会った初対面の人と名刺交換をしたために、仕事を紹介してもらえるようになったという事例は決して珍しくありません。

意外な場所での出会いも仕事につなげることができるため、フリーランス常に名刺を携帯しておくことがおすすめです。

フリーランスの名刺にはどんな項目が入ってればいいの?

フリーランスが名刺を作る際には、以下の項目が最低限必要になります。

・名前、屋号
⇨できるなら自分の事業内容をわかりやすく伝える屋号を記載し、一眼で自分のことを思い出してもらえるように工夫しましょう。

・電話番号
⇨仕事用とプライベート用で分けている場合には、仕事用だけを記載すればOKです。

・メールアドレス
⇨こちらも仕事用のメールアドレスを記載するだけで大丈夫です。なるべく事業内容や屋号に関係するアドレスにするとより効果的です。

・レンタルオフィスなどの住所
⇨フリーランスでもレンタルオフィスを借りている場合には、そちらを住所として記載します。実際に住んでいる家の住所は記載しなくてもOKです。

・SNS
⇨事業のアカウントとして運用しているTwitterやFacebookがあるのなら、こちらに記載してアクセスしてもらいましょう。QRコードなどを載せることも考えられます。

・GithubやHP
⇨業務に関するGithubやHPを所有しているのなら、その情報も記載しておきましょう。

フリーランスが名刺を作る際に注意すべき3つの点

フリーランスが名刺を作る際には、注意しておきたい3つのポイントがあります。

それぞれの内容を、以下から確認しておきましょう。

  • 名刺のサイズはどれくらいにすべき?
  • 台紙の材質は何がいい?
  • 台紙の色は何色がベスト?

名刺のサイズはどれくらいにすべき?

フリーランスとして利用する名刺のサイズは、一般的なサイズを使うことがおすすめです。

日本における一般的なサイズである「55×91mm」であれば、悪目立ちすることなくスムーズに手渡すことができるでしょう。

一般的なサイズであれば、市販されている名刺入れに収められるので、持ち運びが楽になります。

サイズが大きすぎたり小さすぎたりすると、受け取った相手がその後持ち帰りづらくなります。

渡す相手のことを第一に考えて、名刺は一般的なサイズにしましょう。

台紙の材質は何がいい?

フリーランスの名刺の台紙は、基本的に自由に選択してかまいません。

写真を載せやすい「アートポスト」、ツヤのある「エスプリコートEP」、一般的に使われてる紙である「上質紙」など、選択肢はいくつかあります。

できるならそれぞれの材質を実際に触って、気に入ったものを選ぶのがおすすめです。

台紙の色は何色がベスト?

フリーランスの名刺に使う台紙の色は、特別に指定があるわけではありません。

そのため何色を選んでも良いので、自分の好みや事業内容に合ったものを選びましょう。

しかし、何色でも良いといっても奇抜なカラーやデザインを選ぶのであれば、それなりの理由が必要です。

なぜ名刺の台紙にその色を選んだのかを説明できるようにしておくと、話のネタにもなるのでおすすめです。

フリーランスの名刺デザインはどこに頼むべき?

フリーランスの名刺を作る際には、そのためのデザインを考えることも必要です。

名刺デザインを頼むときには、以下の方法から選ぶのがおすすめです。

  • 印刷会社にまとめて依頼する
  • テンプレートから作成
  • クラウドソーシング

印刷会社にまとめて依頼する

印刷デザインを依頼するときには、印刷会社にまとめて頼むことがおすすめです。

デザインの考案から印刷まで一括で任せられるので、余計な工程を増やさずに作業を完了させられます。

特別に名刺デザインにこだわりがないときや、なるべくスピーディに名刺を作りたいときには印刷会社に依頼することを検討してみましょう。

テンプレートから作成

インターネットにあるテンプレートのデザインから自作することも、フリーランスの名刺を作るときにはおすすめの方法です。

テンプレートの枠組みや画像を使うことでも、きちんとした名刺を作ることはできます。

自分で作ったということがアピールにもなるので、特にデザインや芸術系の仕事の人は自分で作成してみるのもひとつの手段です。

既存のものを上手く工夫してデザインを作れる、自分でデザインすることが好きといった場合には、テンプレートを使ってみましょう。

クラウドソーシング

クラウドソーシングを使って外注することも、フリーランスの名刺デザインを作る際に考えられる方法です。

デザイン全てを依頼するのではなく、ロゴだけ、イラストだけといった形で外注することもできます。

こちらの意見を伝えた上でデザインを発注できるので、こだわりがある場合にはこちらの方法を選択してみましょう。

今時はプロレベルの腕を持つ人に安価で依頼できることもあるので、まずはクラウドソーシングをチェックしてみることがおすすめです。

フリーランスの名刺はどこに発注すべき?

初めてフリーランスの名刺を発注する際には、以下のようなサービスを利用することがおすすめです。

  • プリスタ
  • キンコーズ
  • ラクスル

プリスタ

「プリスタ」は、業界最安値の名刺100枚が150円〜からというコスパが魅力の印刷サービスです。

600種類以上のデザインと50種類以上の用紙、16時までの注文で当日出荷というスピード感などが売りになっています。

こだわりの名刺を素早く入手できるので、これからフリーランスになる人にもおすすめです。

参考:https://printsta.jp/

キンコーズ

「キンコーズ」は、ポスターや名刺などの印刷を請け負っている企業です。

最短3時間で準備が完了するため、翌日受け取りも可能です。

シンプルな名刺を想定しているときなどは、こちらでスピード発注を行ってみましょう。

参考:https://www.kinkos.co.jp/

ラクスル

CMでお馴染みの「ラクスル」でも、名刺の印刷が可能です。

無料のデザインテンプレートが豊富で、写真・イラスト・フォントなどが自由に利用できます。

両面カラー100枚が500円から利用できるため、気軽な発注が行えます。

参考:https://raksul.com/businesscard/

まとめ:フリーランスなら名刺を持ってアピールしよう!

フリーランスにとって、名刺は仕事を呼び込む重要なアイテムです。

上手に使うことができれば、今後の活動にさまざまなメリットを生むこともできます。

この機会に自分専用の名刺を作成して、フリーランスとしてアピールできる体制を整えていきましょう。

手前味噌ですが、弊社サービス「ITプロパートナーズ」では数多くのフリーランスエンジニア・デザイナー・マーケター・ディレクター・プロデューサー案件・求人を取り扱っています。もしご興味のある方はご相談ください!

スクリーンショット 2020-07-30 15.22.51

■ ITプロパートナーズの特徴

  • 週2やリモートOKの案件多数
  • 取引企業数2,000社以上!有名ベンチャーや有名大手の高額案件多数
  • 高等技術、最新技術案件あり
  • 専属エージェントによるサポートあり
  • ITプロトータルサポートで所得補償(休業保険/フリーランス協会)・確定申告代行あり

bn04

もし、今あなたが

・フリーランスになるか悩んでる
・自分に合った案件があるのか不安
・そもそも何から始めればいいのか分からない

などお困りであれば、ぜひ弊社ITプロパートナーズのサポート内容を確認してみてください!

登録後、専属エージェントに無料相談もできますよ!

※週2日 / 30万〜のフリーランス案件を紹介中です
※ご経験やご希望によっては案件を紹介できない場合がございますのでご了承ください。


よく見られてる関連案件

b80c977483d024c14549510e194361fe 2_anken 3_anken
The following two tabs change content below.
ITプロパートナーズ 代表取締役 木村 直人

ITプロパートナーズ 代表取締役 木村 直人

「すべらない起業論」編集長であり、エンジニアの起業・独立・フリーランス支援のプロエージェント。大手損害保険会社を経て、I&G Partners(現アトラエ)入社。成功報酬型求人サイト「Green」の立ち上げから関わる。その後、「IT起業家・フリーランスの自立を支える」というビジョンの元、「週2日からの業務委託案件を紹介する、ITプロパートナーズ」を立ち上げる。 ■BestVenture100に創業初年度で選出 ■取材記事:自立する覚悟が、働き方を変える
ITプロパートナーズ 代表取締役 木村 直人

最新記事 by ITプロパートナーズ 代表取締役 木村 直人 (全て見る)

freelance

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です