業務委託とアルバイトの違いは?それぞれのメリット・デメリットも解説

freelance

こんにちは、ITプロパートナーズ編集部です。

働き方改革の影響を受け、雇用契約ではなく業務委託契約に切り替えて人材を確保しようとする動きが出てきています。たとえば、電通やタニタなどの大手企業がこのような取り組みを開始しており、ニュースでも話題になりました。

このような状況において、業務委託契約と雇用契約(アルバイト含む)の違いについて気になっている人も多いのではないでしょうか。また、副業や独立を考えている人もいるかもしれません。

この記事では、業務委託とアルバイトの働き方の違いを、独立や副業を考えている会社員に向けて解説します。

なお、フリーランスについて基本的なことを知りたい方は「フリーランスとは」や「フリーランスと業務委託の違いとは?」の記事も参考にしてみてください。

弊社では、数多くの方にフリーランス案件を獲得していただいています。経験とスキルさえあれば、週2日から高収入案件をご紹介できます。まずは無料登録をして色々な案件をみて見てください。弊社からおすすめの案件をご紹介することも可能です。

そもそも業務委託契約とは

そもそも業務委託契約とはどのような働き方なのでしょうか。業務委託契約は、

  • 請負契約
  • 委任契約・準委任契約

に分けられます。それぞれについて解説します。

業務委託契約とは?働き方や請負・委任契約との違いもわかりやすく解説

請負契約とは

請負契約とは、納期までに成果物を提出することで報酬が発生する契約です。契約の条件は指定された成果物の提出であるため、作業する場所や時間などは問われません。たとえば、プログラマーの場合、プログラムを完成させて納期までに提出すると報酬を受け取れます。

委任契約・準委任契とは

業務内容が法律行為に該当する場合は委任契約、法律行為に該当しない場合は準委任契約となります。たとえば、弁護士に裁判の代理人としての業務を依頼するケースは委任契約です。一方、コンサルティングやシステム開発などを依頼するケースは準委任契約となります。

業務委託とアルバイトとの違い

業務委託は、アルバイトとは大きく異なる働き方です。それぞれにはどのような違いがあるのでしょうか。ここでは、さまざまなポイントから業務委託とアルバイトの違いについて説明します。

雇用契約の有無

業務委託契約は、ひとつの業務を遂行することを約束する契約です。雇用契約ではありません。一方、アルバイトは雇用契約であり、その企業に所属して働くという契約です。

雇用契約であるアルバイトでは企業の指揮命令権を行使できますが、雇用契約ではない業務委託では企業の指揮命令権は行使できません。指揮命令権とは業務の進め方について指示を出す権利です。

また、企業に雇用されているアルバイトには福利厚生が付与されます。しかし、業務委託契約は雇用契約ではないため、企業の福利厚生も付与されないのが一般的です。

賃金・勤務時間が違う

業務委託契約では、成果物や業務の遂行に対して報酬が支払われます。報酬が支払われるかどうかは成果で判断されるため、基本的に働いた時間は関係ありません。

それに対してアルバイトは、労働力の提供に対して給料が支払われます。あらかじめ時給や日給などが決められており、働いた時間に応じた給料が支払われるのが基本です。

保険に加入できるかどうかが違う

業務委託契約は雇用契約とは異なるため、契約している企業で社会保険や失業保険、労災保険への加入はできません。フリーランスとして業務委託契約を結んで仕事をする場合は、全額自己負担で社会保険に加入する必要があります。業務中に怪我をしても、すべて自己責任となります。また、原則として失業保険の対象にならないため、業務委託契約が終了して仕事がなくなっても保証は受けられません。

一方、アルバイトは雇用契約であり、一定の条件を満たせば社会保険や失業保険へ加入できます。

業務委託で働くメリット・デメリット

業務委託契約を結んで働く場合、メリットとデメリットの両方があります。ここでは、業務委託契約のメリットとデメリットの両方を確認しましょう。

業務委託で働くメリット

業務委託契約は、融通がききやすい点が大きなメリットです。業務委託契約のメリットについて、具体的に解説します。

自由度が高い

業務委託契約は自由度が高い働き方です。業務委託契約においては、契約内容を実現することで報酬が発生します。たとえば、指定された通りの成果物を作成して納品すると、報酬を受け取ることが可能です。この場合、働く場所や時間は問われません。求められているものを提供できれば、作業方法も問われないケースがほとんどです。

業務委託契約なら好きな場所や時間で働けます。案件ごとに契約を結ぶため、自分の得意分野を活かして活躍しやすいところもメリットです。

収入が上がりやすい

業務委託契約の仕事のなかにはさまざまな案件があります。スキルや実績があれば、条件のいい案件を獲得することも可能です。雇用契約を結んで働く場合よりも高収入を目指せる可能性もあります。

業務委託で働くデメリット

業務委託契約で仕事をする際は会社による保証がなく、すべてが自己責任となります。ここでは、業務委託契約のデメリットについて確認しましょう。

労働基準法の適用外になる

業務委託契約は雇用契約ではなく、労働基準法は適用されません。契約内容を遂行することが条件となるため、場合によっては雇用契約を結んで働くときよりも負担がかかる可能性もあるでしょう。実質的に長時間労働になっても、労働基準法の基準に基づく是正は要求できないことになっています。

また、すでに触れたとおり、企業が社員向けに提供する福利厚生は受けられません。休暇制度もないため、自分自身で適切にスケジュールを管理する必要があります。

自分で仕事を獲得する必要がある

案件ごとに業務委託契約を結ぶため、ひとつの仕事が完了すればまた次の仕事を探す必要があります。仕事を獲得できなければ収入も得られなくなる可能性があり、注意が必要です。業務委託契約では収入アップを目指せるケースもありますが、収入がゼロになるリスクもあります。

自分で仕事を獲得するには、一定以上のスキルや実績が必須です。スキルや実績が十分でないと、条件のいい仕事はなかなか獲得できません。常に自分自身の価値を高める努力が必要です。

税金・保険関係の手続きは自分でおこなう必要がある

業務委託契約で仕事をする場合、税金や保険に関する手続きも自分で対応しなければなりません。慣れればそれほど難しい手続きではありませんが、さまざまな取り決めを理解する必要があります。手続きの期限も決まっているため、着実に対応することが大切です。

企業と雇用契約を結んで働いていれば、税金や保険の手続きは基本的に企業が対応してくれます。業務以外の部分にかかる手間は、アルバイトや正社員のほうが少なめです。

業務委託契約の確定申告のやり方が知りたい!

会社員が副業でアルバイトするメリット・デメリット

本業とは別の企業でアルバイトを考えている人もいるでしょう。会社員が副業でアルバイトをすると、どのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。ここでは、それぞれについて説明します。

アルバイトするメリット

時給制のアルバイトを選べば、働いた時間に応じて着実に収入を増やせます。時給の高いアルバイトをみつけられた場合、より効率的にお金を稼げるでしょう。

また、アルバイトはシフト制になっており、自分の都合にあわせて働く時間を選べるケースも多いです。本業が忙しいときやプライベートを優先したいときは、アルバイトをセーブできます。無理なく働けるため、副業として取り組みやすいです。

アルバイトするデメリット

政府が進めている働き方改革に伴い、副業を認める企業も増えてきました。しかし、現在でも副業を禁止している企業は多く存在します。副業が禁止されているにもかかわらず無断で副業を始めると、ペナルティが課されるリスクがあるため要注意です。

副業が禁止されているかどうかは、就業規則で確認できます。原則として副業を禁止しているものの、届け出があれば副業を認めている企業もあるようです。状況に応じて適切な判断をし、無理のない範囲で副業としてアルバイトに取り組みましょう。

業務委託とアルバイトはそれぞれどんな人に向いている?

業務委託とアルバイトは、それぞれ異なる特徴があります。それぞれに向いているのは、どのような人なのでしょうか。ここでは、業務委託とアルバイトに向いている人の特徴について説明します。

業務委託に向いている人

業務委託に向いているのは、自己管理ができる人です。業務委託では働く場所や時間が決められていないため、1人で作業を進めるケースもよくあります。納期までに指定された成果物を制作するには、自分でスケジュールや作業方法を適切に管理しなければなりません。自分に甘い人は、最後まできちんと業務を遂行できない可能性もあります。

業務委託は、成長意欲がある人にもおすすめです。常にレベルアップを目指している人ならスキルや実績も増やしやすく、条件のいい案件もスムーズに獲得できるでしょう。

また、業務委託は働き方の自由度が高いため、自分のペースで働きたい人にも適しています。自己管理ができれば、自分のライフスタイルや都合に応じた柔軟な働き方を実現可能です。

アルバイトに向いている人

アルバイトはシフト制で働く時間がきっちり決められている場合が多く、決まった時間に仕事がしたい人に向いています。時給で給料が計算されるため、働く時間と得られる収入を明確に把握したい人にもおすすめです。

また、たくさんの人と直接コミュニケーションをとりながら働きたい場合も、アルバイトが向いています。

「業務委託とアルバイト」それぞれの働く上での注意点

業務委託やアルバイトで働く上では、気をつけるべきこともあります。トラブルに巻き込まれずスムーズに働くためには、注意点を把握しておきましょう。

ここでは、業務委託やアルバイトで働く上でのそれぞれの注意点について解説します。

業務委託で働く場合の注意点

業務委託契約を結んで働くときは、契約形態が実態にあっているか確認しましょう。業務委託契約を結んでいても、実際に仕事を受けてみると雇用契約とほとんど変わらないケースもあります。たとえば、勤務時間が明確に定められていたり、仕事の進め方について細かい指示が出されたりしているなら、実質的には雇用契約となる可能性が高いです。その場合、労働基準法も適用されます。

更に詳しく注意点をチェックしたい方は以下の記事を参考にしてください。

業務委託契約の注意点は?フリーランス必見のポイント6つとトラブル事例

また、業務委託契約によるトラブルを防ぐためには、契約時に書面で業務委託契約書を締結しましょう。契約内容について明確に定めておけば、後から認識が食い違う場面があっても適切に対処できます。

業務委託契約書の書き方については、以下の記事を参考にしてください。

フリーランスの業務委託契約書テンプレート・雛形と記載すべき13項目

アルバイトで働く場合の注意点

本業の勤め先で副業が認められている場合でも、副業の業務内容には要注意です。副業の業務内容が本業と同じであれば、競業に該当します。企業は社員に対して競業避止義務を課しているケースが多く、違反すればトラブルに発展する可能性が高いです。たとえば、損害賠償請求がおこなわれたり、退職金が減額されたりする恐れもあります。アルバイトで副業を始めるときは、必ず業務内容をよく確認しましょう。

また、機密保持の義務にも注意が必要です。副業をしている企業で、本業で手に入れた情報をうっかり話してしまえば、大きな問題になります。本業と副業でメリハリをつけ、それぞれで問題が発生しないように気をつけましょう。

業務委託の仕事を探す方法

業務委託の仕事は、さまざまな方法で探せます。たとえば、知人から紹介されて仕事を受けるケースも珍しくありません。また、自ら営業活動をしたり、SNSで自分のスキルや実績をアピールしたりする方法もあります。

求人サイトやエージェントなどを活用し、さまざまな案件のなかから自分にあう仕事を選ぶのもひとつの手です。

全50社比較!フリーランスエンジニア専門おすすめエージェント【目的別】

まとめ

業務委託とアルバイトは似ている部分もありますが、それぞれ異なる働き方です。契約方法や実際の仕事の進め方も異なっており、メリットとデメリットにも違いがあります。両方の特徴を押さえたうえで、自分にあう契約方法を選びましょう。

副業として業務委託やアルバイトをする場合は、さまざまな注意点もあります。スムーズに副業に取り組むためには、あらかじめポイントを理解しておくことが大切です。

しっかり準備を整えたうえで、業務委託やアルバイトによる独立、副業に取り組みましょう。

フリーランスの方でこのようなお悩みありませんか?
  • 高額案件を定期的に紹介してもらいたい
  • 週2日、リモートワークなど自由な働き方をしてみたい
  • 面倒な契約周りはまかせて仕事に集中したい

そのような方はぜひ、ITプロパートナーズをご利用ください!

フリーランスの方に代わって高額案件を獲得
週2日、リモートなど自由な働き方ができる案件多数
専属エージェントが契約や請求をトータルサポート

まずは会員登録をして案件をチェック!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です